家族葬はどんな人におすすめ?おすすめポイントや注意点も紹介

近年、注目をされている葬儀のスタイルに家族葬があります。一般葬にないメリットが支持をされているようです。家族葬とはどのような葬儀なのでしょうか。この記事では、家族葬はどんな人におすすめか、おすすめポイントや注意点と共に解説していきます。

目次

  1. 家族葬のおすすめポイントとは?
  2. 家族葬とは?
  3. 家族葬のおすすめポイントとは?
  4. こんな人に家族葬はおすすめ
  5. 家族葬の注意ポイント
  6. 家族葬のおすすめポイントに関するまとめ

家族葬のおすすめポイントとは?

葬儀

葬儀のスタイルで家族葬が大きな支持を得ています。
従来の一般葬よりもメリットが大きいために家族葬を検討する人が増えているのです。

家族葬が支持される理由はどんなことなのでしょうか。
葬儀の知識として知っておいて損はないと言えそうです。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬はどんな人におすすめなのかについて、

  • 家族葬とは?
  • 家族葬のおすすめポイントとは?
  • 家族葬がおすすめな人とは?
  • 家族葬の注意ポイントとは?

以上のポイントを中心に説明していきます。
家族葬のおすすめポイントだけでなく、注意点も紹介しております。

家族葬をお考えの方は、家族葬のデメリットも知った上で検討していただきたいので、ぜひ最後までご覧いただき、知識を深めていただければと思います。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは?

葬儀

家族葬は葬儀の流れや内容に関しては、一般葬と何も変わりがありません。
最も大きな違いは規模だと言えます。

従来の一般葬は遺族や親族の他にも故人と縁があった人たちが多く参列し比較的大々的に行われました。
家族葬は遺族や親族を中心として行われる規模が小さな葬儀で、参列者の人数は30人程度までで行われることが一般的です。
そのため、一般葬では参列することになる友人や知人、会社関係者や近所の人などに対しては参列を辞退されることがほとんどです。

以下の記事では、家族以外が家族葬に参列してもいいのかどうか、参列の判断方法やマナーと併せて解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族以外が家族葬に参列してもいいの?参列の判断方法やマナーを解説

家族葬というと家族のみで行う葬儀のように思えます。実際のところ、家族葬に参列する人に家族以外の人はいないのでしょうか。この記事では家族以外が家族葬に参列してもいいのかを、参列の判断方法やマナーと共に解説していきます。

家族葬のおすすめポイントとは?

人々

家族葬は一般葬と葬儀内容は変わりないのですが、一般葬にはないメリットがあります。
ここでは、家族葬のおすすめポイントを解説します。

故人とのお別れがゆっくりできる

家族葬は遺族や親族のみで行われることが基本です。
つまり、参列者はお互いに知っているもの同士になります。
一般葬のように故人の知り合いでも、遺族にとっては全く知らない人が参列するというようなことがないことになります。

そのため、気兼ねすることなく故人とのお別れがゆっくりできるというメリットがあります。
アットホームな葬儀になることは、一般葬では出来そうで出来ないおすすめポイントです。

葬儀内容の裁量が自由

家族葬では身内を中心とした葬儀になるので、遺族や親族が了解の元であれば葬儀内容を自由にアレンジできます
従来からの宗教や古いしきたりなどに縛られることのない葬儀を行うことも可能です。
たとえば、宗教者のいない無宗教葬や故人の好きな音楽で送る音楽葬なども可能になります。

故人や遺族が希望する形の葬儀を行えることとなり、内容にわせて葬儀規模や人数を調整することも可能です。

一般葬より費用が安い

家族葬は規模が小さいこじんまりとした葬儀になります。
それは参列者が少ないことを意味します。
そのため、会食などにかかる費用を抑えることが可能です。

また、香典や供花や供物といったお返しが必要になる可能性があるものは原則として辞退されることが多いのも家族葬の特徴です。
つまり、お返しにかかる費用なども抑えることが可能になるということになります。
総じて、一般葬よりも費用が安くなる可能性が高いというメリットがあるのです。

ただし、場合によっては結果的に一般葬よりも費用がかかってしまう可能性があるので注意が必要です。
これについては、後の段落で説明いたします。

家族葬にかかる費用についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

遺族の参列者対応への負担が減る

家族葬は一般葬とは違い、参列者が限られています。
その参列者も親族が中心なので、受付の対応や会食の対応など全てにおいて参列者への対応が激減されることになります。
遺族の負担が軽減されるのです。

葬儀はどうしても喪主や遺族がバタバタしてしまうものですが、そうしたことがなく葬儀を落ち着いて進行できるメリットがあるのです。

こんな人に家族葬はおすすめ

葬儀

家族葬が注目をされているとは言え、現在でも主流は従来からの一般葬です。
家族葬に興味があり、家族葬で葬儀を行いたと思っても、様々な事情で一般葬でしか対応しきれない人もいるのも事実です。

では、家族葬をおすすめできる人とはどのような人なのでしょうか。
家族葬での葬儀が向いている人は以下のような人たちになります。

  • 知人・地域の方との交流が少ない

    家族葬は親族のみで行うことがベースになります。
    そのため、知人や近所の人は参列を辞退してもらうのが一般的です。

    故人が知人や友人が多い交友関係の広い人や、昔から地域に住んでいて地元の人たちと頻繁に交流をしていたような人なら家族葬を行うと支障が出てきます。
    葬儀後の弔問の対応などが葬儀以上に大変になる可能性もあるのです。

    その意味では、知人が少なく地域の方との交流が少ない人であれば支障なく家族葬を行えます。
    一般葬で葬儀を行うよりも家族葬で行うほうがメリットが大きいと言えるのです。

  • 故人が生前から小規模な葬儀を希望していた

    葬儀に対する考え方は昔と変わってきています。
    昔なら、葬儀は故人と縁がある人が大々的に集まって行われました。
    それが当然で費用がかかっても仕方がないという意識があったと言えます。

    ところが、近年は葬儀にお金をけることに抵抗がある人も増えてきています。
    葬儀に費用をかけることで、残された人たちの生活を圧迫することに疑問を感じる人が増えてきているのです。

    そうした人たちは生前から小規模の葬儀を希望しています。
    家族葬という親族中心のこじんまりとした葬儀がおすすめだと言えるのです。

  • 突然の死去で心の整理がつかない方

    人の死は突然やってきます。病床に伏せっていた故人ならまだしも、いきなり事故などで亡くなると残された遺族は動揺が激しいものです。
    そんな折でも、葬儀は行われます。

    当然、大勢の参列者に対応できる心の余裕はないかも知れません。
    心の整理がつかず、まともな応対ができるとは思えないこともあるのではないでしょうか。

    そのような時には、親族のみで家族葬を行う事は向いていると言えます。
    親族だけなら限られた人数で助け合いながら葬儀を行うことが可能なのです。

家族葬の注意ポイント

困った人々

メリットが多いように思える家族葬ですが、デメリットがないわけではありません。
家族葬にしたことで後悔する可能性もあるので、注意しておきたいこともあるのです。
ここでは、家族葬の注意ポイントに関して解説します。

費用が一般葬を上回ってしまう可能性がある

家族葬は親族を中心として行われる規模が小さい葬儀です。
香典も辞退することが多く、香典返しにかかる費用も不要です。
全般的に見ても費用削減が効率的に行える葬儀に見えます。

しかし、費用面には注意が必要です。
一般葬では香典を受け取ります。
確かに香典返しは必要ですが、お返しする額はいただいた香典の半分ほどです。
残りは収入と考えることができるのです。

家族葬では収入となる香典の費用がない、もしくは少ないです。
そのため、会食の内容や葬儀内容によっては一般葬よりも実質費用がかかってしまうことがあるのです。
葬儀全般の内容に関して慎重に吟味する必要があると言えるでしょう。

弔問対応に追われてしまう可能性がある

家族葬では親族のみの参列となる事が多いので、多くの友人や知人は葬儀に参列したくても出来ないことになります。
故人が多くの人と親交がある場合だと、たくさんの知人や友人がせめて弔問だけでもして弔意を表したいと思ってやってきます。

家族葬でゆったりした時間を過ごせたとしても、葬儀後は弔問客に追われるという可能性もあるのです。
故人の交友関係などもしっかりと把握して、家族葬が適しているのか考える必要があります。

ご近所・親戚トラブルの可能性がある

身内だけで行う家族葬は、訃報を周りの人たちに口外されることなく行われることが多いです。
葬儀が終わって初めて、死亡報告を公に出すということが一般的なのです。

当然、呼ばれていない親戚、友人や知人、近所の人達などは葬儀後に故人の事を知り驚くことになります。
さらに、葬儀のことを知らせてくれなかったことに対して不満の声が上がることがあります。

家族葬は注目をされているとは言え、まだ全ての人に浸透しているわけではありません。
身内のみで葬儀を行ったことに対して理解をしてもらえず、トラブルになる可能性があるので注意が必要なのです。
都心部よりも地方において、そうした傾向が強いようなので承知しておいたほうが良いでしょう。

家族葬のおすすめポイントに関するまとめ

葬儀

家族葬のおすすめポイントに関して、おわかりただけたでしょうか。
今回終活ねっとでは、家族葬はどんな人におすすめかについて以下のことを解説してきました。

  • 家族葬は親族を中心に30人程度のこじんまりとした小規模の葬儀で、友人や知人、近所の人や会社関係の人達は参列を辞退されることが多いということ。
  • 家族葬のおすすめポイントは、故人とゆっくりお別れができることや葬儀内容の裁量が自由であるということ。
  • 家族葬のおすすめポイントには、一般葬と比べると費用が安くなるということや参列者への遺族の負担が軽減されるということも挙げられるということ。
  • 家族葬がおすすめの人は、知人・地域の方との交流が少ない人や故人が生前から小規模葬儀を希望していた場合、突然の死去で心の整理がつかない方などであるということ。
  • 家族葬では費用が一般葬よりもかかることや弔問対応に追われる可能性があること、ご近所や親戚トラブルの可能性があることが注意ポイントであるということ。

家族葬は費用面や遺族の負担などを考えると、おすすめのポイントが多くあることがわかりしまた。
しかし、考えてもいなかったデメリットなども存在するようです。
家族葬の認知度は高まっているとは言え、家族葬で葬儀を行うことが適しているかどうかは慎重に検討したほうが良さそうです。

終活ねっとでは「家族葬はどんな人におすすめ?」に関する記事以外にも、家族葬に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では家族葬って一人でもできるのかを、注意点や直葬という選択肢を加えて解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬って一人でもできるの?注意点や直葬という選択肢も紹介

親しい人が亡くなってしまったとき、どのようなお葬式をしようか考えたことがありますか?一人で家族葬がしたいけれど一人でできるのか不安にと思う人もいるでしょう。今回は本当に一人で家族葬を執り行うことができるのか、家族葬というものに詳しく触れながら見ていきましょう。

「家族葬・おすすめ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・おすすめ」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!のサムネイル画像

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!のサムネイル画像

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介のサムネイル画像

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「家族葬・おすすめ」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと