僧侶なしでも家族葬はできる?無宗教葬のメリットや費用もご紹介

近年、近親者だけで営まれる家族葬を希望される方が増えています。アットホームな葬儀を好む方の中には、僧侶も読経も不要と考える方もいらっしゃるでしょう。実際に僧侶なしで葬儀を営む方も増える傾向にあります。そこで、今回は無宗教で執り行われる家族葬について解説します。

目次

  1. 僧侶なしでも家族葬はできる?
  2. 家族葬とは
  3. 僧侶なしでも家族葬は行えるの?
  4. 僧侶無しの家族葬の場合の費用はどうなる?
  5. 僧侶なしの家族葬を行う際の注意点
  6. 僧侶なしでも家族葬はできるかのまとめ

僧侶なしでも家族葬はできる?

葬儀

最近、葬儀を家族葬で営む人が増えていると思いませんか?
特に都会では参列者の多い大規模な葬儀は少なくなっており、小規模な葬儀を選ぶ方が増えています。
檀家制度が崩れていることもあり、従来のように葬儀に僧侶を呼ぶ必要がないと考える方も増加しています。
そこで今回、終活ねっとでは僧侶なしでも家族葬は行えるかについて詳しく解説していきます。

  • そもそも家族葬ってどんなもの?
  • 僧侶なしで家族葬は行える?
  • 僧侶なしの家族葬を選んだ場合、費用はどのようになるの?
  • 僧侶なしの家族葬を行う際に注意すべき点とは?

以上の4点を軸に話を進めていきたいと思います。
僧侶なしの家族葬の費用や注意点について詳しく解説していきたいと思います。

ご自身や家族の葬儀を検討していく中で、家族葬が選択肢に挙がっている方には必見の内容となっております。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とは

葬儀

まず、家族葬というのはどんな形式の葬儀のことを指すのでしょうか?

家族葬とは、近親者だけが参列して営まれる葬儀のことを言います。
従来の葬儀と異なり、参列者が少ないということが大きな特徴です。
参列者が限られることで、葬儀にかかる費用は抑えることができ、金銭的にも精神的にもご遺族の負担が少なく済む葬儀の形です。

家族葬にはどこまでの範囲の方が参列するのが適当なのかについて、以下の記事では解説しています。
人によって参列すべきと考える範囲は異なりますので、参考にされると良いでしょう。

こちらも読まれています

家族葬の参列の範囲は誰まで?ご遺族・参列者側それぞれから解説

最近は家族葬を選択される方も増えています。家族葬は、本当に親しい人の範囲だけを呼ぶので故人を偲ぶ時間をゆっくりと持つことのできる葬儀と言われています。今回は家族葬の参列の範囲について、ご遺族・参列者側それぞれの視点から解説します。

僧侶なしでも家族葬は行えるの?

葬儀

上記のように、近親者のみで小規模に営まれる家族葬ですが、僧侶を招かずに葬儀を執り行うことは可能なのでしょうか?

ここから、僧侶なしの家族葬について詳しく解説していきます。

僧侶なしでも家族葬は行えます

まず、僧侶なしで家族葬を行えるかどうかという疑問について、端的に答えると僧侶なしでの家族葬を行うことは可能だと言えます。

もし、故人の信仰している宗教が仏教でない場合、葬儀に招く宗教者は僧侶ではありません。
キリスト教の場合には、神父や牧師を招いた葬儀になるでしょう。
また、無宗教の方で、故人が無宗教での葬儀を希望していた場合も、僧侶なしの家族葬を行うことができます。

そう考えると、必ずしも葬儀に僧侶が必須という訳ではなく、特にこだわりがない方でも僧侶なしの葬儀を希望することもあります。
僧侶なしのほうが、身内だけでアットホームな雰囲気の中最後のお別れができるという考えからです。

僧侶なしの家族葬とは

それでは、実際に僧侶なしの家族葬を営む場合、どんな葬儀になるのでしょうか?

僧侶だけでなく、宗教者不在の家族葬のことを、無宗教式家族葬や自由葬と呼びます。
葬儀というと一般的には厳粛な雰囲気の中で営まれるものですが、宗教者を招かない葬儀は少し違う雰囲気に感じられる方もいらっしゃるでしょう。

まず、無宗教式家族葬の場合に一般の葬儀と大きく異なる点が、故人の好きだった音楽などをBGMに流すことができる点です。
一般の葬儀では参列者がお焼香をする際に、たいてい僧侶の読経が続いています。
無宗教式の家族葬や自由葬では読経の代わりに故人の好きだった音楽を流すことが多いので、葬儀はカジュアルな雰囲気になります。

また、参列者のお焼香も、多くの場合は黙祷に替わります。
家族葬では参列者が少ないため、従来の葬儀よりも短時間で葬儀が終わる傾向になりますが、無宗教式だと時間はより短縮されることがあります。

無宗教式の家族葬のメリット

無宗教式の家族葬の最大のメリットは、故人やご遺族の意向に沿った形での葬儀を行えるということです。

先ほども例に挙げましたが、葬儀のBGMとして故人の好きだった曲をかけることができるというのは、無宗教式ならではのものでしょう。
また、葬議場のスタッフや司会者は同席するものの、宗教者がいないということで、より家庭的な雰囲気で故人を送り出すことができます。
堅苦しいことが苦手だった故人にとっては、快適な最後のお別れになるかもしれません。

僧侶無しの家族葬の場合の費用はどうなる?

お金

それでは、僧侶なしの家族葬の場合、その費用はどの程度かかるのでしょうか?
ここでは、一般的な家族葬の費用の相場と比較してみたいと思います。

家族葬の費用相場

まず、一般的な家族葬の費用の相場はいくらくらいだと思いますか?

従来の葬儀に比べて格安というイメージの強い家族葬ですが、全国の平均金額は150万円から160万円といわれています。
葬儀費用の全国平均は196万円ですので、それに比べると確かに安いです。
しかしながら、思っていたほど安くないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

家族葬の費用内訳

それでは、家族葬にかかる費用の内訳を見ていきたいと思います。
家族葬において準備する必要がある項目と、それぞれの項目についての平均金額を挙げていきます。

  • 葬儀一式の費用(約65万円)

    家族葬を扱っている葬祭業者の多くが、葬儀一式がセットになったパッケージプランを出しています。
    葬儀一式の費用の中には、「会場・祭壇・棺・遺影の写真・ドライアイス・位牌・骨壷・霊柩車・式の運営スタッフ」といった、葬儀を行う上で必要最低限のものが含まれています。
    もし、祭壇を生花で飾った華やかなものにしたかったり、斎場と火葬場までの距離が遠かったりなどということがあれば、この基準の費用に追加料金が発生します。

  • 会食にかかる費用(参列者10名で約15万円)

    会食にかかる費用とは、通夜振る舞いや精進振る舞いで参列者と会食するためにかかる飲食代です。
    会席料理や寿司などの料理の他、お酒類も準備します。
    どの程度お酒を飲むかによって費用は異なりますが、1人あたり1万円から2万円程度かかるといわれています。

  • 宗教者への支払い費用(約40万円~80万円)

    宗教者への支払いは、戒名にかかる費用と読経をしてもらうための費用の2つがあります。
    戒名のランクによってお布施で包むべき金額は大きく異なりますので、ご遺族間で相談する必要があります。
    読経へのお布施としては、お通夜から初七日までの一連の葬儀での読経で約30万円が相場となっています。
    その他、お車代や食事代として、1日5,000円程度包むのが一般的です。

僧侶無しの家族葬ならお布施料は不要

もし、僧侶なしの家族葬の場合、上記に挙げた家族葬の費用内訳の中で、宗教者への支払いが不必要になります。

戒名のランクにもよりますが、約40万円から80万円ほどの支払いがなくなるのは、金銭的な負担がかなり軽減するといえるでしょう。

以下の記事ではさらに詳しく、家族葬の費用について解説しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

僧侶なしの家族葬を行う際の注意点

困った人々

これまで、僧侶なしの葬儀について金銭的な負担が軽減されたり、より家庭的な雰囲気の自由な葬儀ができたりといった、メリットを多く説明していきました。

けれども、僧侶なしの家族葬を実際行う際には注意しておきたい点があります。

菩提寺がないか確認する

まず、故人に菩提寺がないか確認する必要があります。
もし、菩提がある場合、僧侶なしでの葬儀を行ってしまうと、菩提寺への納骨を拒否されることがあるからです。
菩提寺があって、僧侶なしの葬儀を希望している場合には、菩提寺に事前に相談する必要があります。

親族としっかり話し合う

葬儀の内容については、親族間でしっかりと話し合うほうが良いでしょう。

近年僧侶なしの家族葬が増えつつありますが、やはりきちんと読経をあげて故人を送り出すのが供養だと考えている方も多くいらっしゃいます。
後々、後悔や禍根を残さないためにも、事前の話し合いが大切です。

以下の記事では、家族葬でのトラブルとその予防策について解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介

近年需要が高まっている家族葬ですが、比較的新しい葬儀の形式なのでまだ一般にマナーが認知されておらず、トラブルも多く聞かれます。今回、家族葬のトラブルの前例や予防策に関して詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までお読みになってスムーズな葬儀に役立ててください。

僧侶なしでも家族葬はできるかのまとめ

葬儀

ここまで、僧侶なしの家族葬について、メリットや注意点を中心に話をしてきました。

  • 家族葬とは、近親者のみの参列で行われる小規模な葬儀のことです。
  • 僧侶なしでも家族葬を行うことは可能です。僧侶なしで行う家族葬のことを、無宗教式家族葬や自由葬と言います。
    僧侶なしで行うことで、故人やご遺族の希望に沿った自由な葬儀を行うことができるというメリットがあります。
  • 家族葬にかかる費用の全国平均が、約150万円から160万円と言われています。
    僧侶なしで家族葬を行う場合には、その中の宗教者への支払いである約40万円から80万円が必要ないので、金銭的負担が軽減されます。
  • 僧侶なしで家族葬を行う場合に注意すべきこととは?故人に菩提寺がある場合に、僧侶なしの葬儀を行うと菩提寺での納骨を拒否されることがあります。
    また、親族間で葬儀について事前に話し合わないと、きちんと供養をしなかったと後々後悔することになりかねません。
    菩提寺に対しても、親族に対しても、事前の相談が大切です。

以上が、僧侶なしの家族葬についてのまとめとなります。

近年、菩提寺を持たず無宗教だと考える人が増える中で、僧侶なしでの家族葬を希望される方も多くなっています。
確かに金銭的な負担が少なく、希望に沿った葬儀を行うことができることが、僧侶なしの家族葬のメリットでしょう。
しかしながら、事前に親族間で話し合いをしておかないと、後悔の種を残すことにもなりかねません。

終活ねっとでは、家族葬についてメリット・デメリットをまとめた記事も掲載しています。
葬儀は小規模な家族葬で行おうと考えていらっしゃる方は、ぜひお読みくださいませ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

シェアする

「家族葬・僧侶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・僧侶」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介のサムネイル画像

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!のサムネイル画像

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!

家族葬の告別式の流れ・かかる時間は?喪主・参列者のマナーも解説のサムネイル画像

家族葬の告別式の流れ・かかる時間は?喪主・参列者のマナーも解説

お坊さんなしで家族葬は可能?無宗派家族葬の内容・流れや特徴を紹介のサムネイル画像

お坊さんなしで家族葬は可能?無宗派家族葬の内容・流れや特徴を紹介

家族葬でも手伝い係は必要?誰に頼むべきか・仕事内容などを解説のサムネイル画像

家族葬でも手伝い係は必要?誰に頼むべきか・仕事内容などを解説

家族葬を執り行う際の費用や訃報連絡の仕方とは?香典マナーも解説のサムネイル画像

家族葬を執り行う際の費用や訃報連絡の仕方とは?香典マナーも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・僧侶」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介のサムネイル画像

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと