家族葬が人気の理由って?メリット・デメリットや注意点も紹介

近年葬儀を家族葬にする人が増えています。一体なぜ家族葬は人気があるのでしょうか。今回終活ねっとでは、家族葬が人気である理由とともに、家族葬を選ぶメリットと知っておきたいデメリットを中心に、家族葬をする際の注意点・かかる費用についても解説していきます。

目次

  1. 家族葬が人気の理由について
  2. 家族葬とは?
  3. 家族葬が人気の理由
  4. 家族葬のメリット・デメリット
  5. 家族葬への参列の断り方
  6. 家族葬をする際の注意点
  7. 家族葬の費用を抑えるには
  8. 家族葬以外の葬儀も増えている?
  9. 家族葬が人気な理由まとめ

家族葬が人気の理由について

葬儀

一般的な葬儀は家族や近親者のみならず、故人と縁のあった方達や、会社関係の方が参列されます。
多くの弔問客が訪れ、盛大な葬儀になることも珍しくありませんでした。

しかし現代では「家族葬」と呼ばれる小規模な葬儀を選ぶ方が増えています。
一体なぜ家族葬を選ぶ方が増えているのでしょうか。

今回終活ねっとでは、家族葬が人気な理由について

  • 家族葬とは
  • 家族葬が人気となった理由
  • 家族葬のメリットとデメリット
  • 家族層への参列をお断りしたい場合
  • 家族葬をする際の注意点
  • 家族葬の費用を抑えるためには
  • 家族葬以外にも人気が高まりつつある葬儀の形態

以上の点を中心に解説をさせていただきたいと思います。

家族葬が人気になった理由に加えて、家族葬のメリット・デメリットも紹介いたします。
また、家族葬以外の葬儀形態も解説しております。
良い点も悪い点も把握し、故人や家族にとって最適な葬儀の形態を選べるように備えてみませんか。

ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

家族葬とは?

葬儀

本題に入ります前に、家族葬とは何かについて解説をさせていただきたいと思います。
家族葬とは近親者や故人と親しかった友人や知人といった、限られた人だけが参列することのできる小規模な葬儀のことを指します。

「家族」とつきますから近親者のみしか参列できないイメージがありますが、親しい友人や知人も遺族からの参列願いがあれば参加することができます。
しかし、一般葬と比較すると、かなり少人数で行う葬儀となっています。

家族葬が人気になってきたのは近年のことであり、新しい葬儀形態であるといえます。
その分あまり馴染みのない世代があり、理解が得られないこともあります。
もちろん家族葬にデメリットは存在しますがメリットも多くありますから、ぜひこの記事を最後まで読んで利点を家族に説明し、家族葬に対する理解を深めていただければ幸いです。

家族葬が人気の理由

葬儀

では早速家族葬が人気となっている理由から見ていきましょう。
家族葬が選ばれるようになったのには、いくつかの理由が存在しているようです。

葬儀に対する意識の変化

昔は葬儀となりますと近親者はもちろん、友人や知人、会社の関係者、近所の方などが参列し、たくさんの人を招いたものになっていました。
しかし現代の日本は高齢化が進み、核家族化していることもあって参列したくてもできない、もしくは参列してもらう人がいない状態になっていることも珍しくありません。

また、葬儀やお墓にお金をかけるという価値観も変わりつつあります。
故人自身が残された家族に迷惑をかけたくないから自分の葬儀は小規模で行いたいということがあります。
また、葬儀やお墓にお金をかけるのではなく、それ以外の部分にお金をかけて故人を弔いたいという意識から、葬儀やお墓が簡素化されつつあります。

このように葬儀に対する価値観が大幅に変化したことにより、一般葬から家族葬、その他の葬儀を選択する人が増えています。

一般葬よりも安価に抑えられる

一般葬の葬儀費用は平均して100万円程度が相場と言われています。
対して家族葬は規模にもよりますが、60万円程度、場合によってはそれ以下の費用で執り行うことができます。

こういった費用の安さが家族葬が選ばれる理由の一因となっています。
仏教でしたらこれ以外に僧侶へのお礼や戒名の代金があります。
故人を弔うには葬儀以外でもお金がかかるものですから、なるべく負担を抑えるために費用が安い家族葬を選ぶ人が増えているのでしょう。

一般葬より負担が少ない

家族葬は近親者のみで執り行ったり、気心の知れている方のみの参列となります。
一般葬に比べて参列客に気を遣う必要がなく、故人を亡くして間もない頃に精神的負担が小さくなります

精神的な面以外でも御香典がないので香典返しの準備が不要であったり、家族葬は会食を行わないことが多いので手配をする必要がないだとか、行動面でも負担が軽減できます。
決めなければいけないことが少ないこともありますし、参列する人の都合を合わせやすいので、葬儀の段取りも一般葬に比べて早くに終わらせることが可能です。

自由な形式で行える

一般葬でしたら宗教に沿った葬儀を執り行う必要があります。
しかし家族葬でしたら比較的自由な葬儀の内容にすることが可能です。
参列客が少ないので、参列客ひとりひとりがしっかりと故人の顔を見てお別れの言葉をかけるといったこともできます。

それに最近は宗教に縛られない無宗教葬というものも人気が高まっています。
無宗教葬は葬儀が関与しませんから、故人の好きなもので彩った葬儀にすることもできます。
近親者や理解のある人しかいませんので、他者の目を気にすることなく心をこめた葬儀の内容にすることができるため、家族葬は人気となっています。

家族葬のメリット・デメリット

葬儀

続いて家族葬を選択することによるメリットとデメリットについて解説をさせていただきたいと思います。
メリットは人気の理由と被るものもありますが、ここではもっと詳細に解説していきます。

家族葬のメリット

まずは家族葬のメリットから見ていきましょう。
家族葬にはたくさんのメリットが存在します。

  • 葬儀費用を抑えられる

    家族葬が人気の理由でもお伝えしましたが、家族葬の規模によっては一般葬の相場の半額程度で葬儀をすることが可能です。
    しかしデメリットでもご紹介しますが、葬儀の費用は抑えられても出費は抑えられないこともありますので、ぜひデメリットもご参考になさってみてください。

  • 死因の特定や内情を探られることがない

    例えば故人の死因が自殺であったり、損傷のひどい事故が原因で亡くなった場合はあまり故人の亡骸を人に見せたくないものです。家族葬なら本当に理解がある人のみが参列しますから、死因の特定や内情について気を遣う必要がありません。

  • 身内だけで心をこめたお見送りができる

    家族葬は参列者が少ないですから、参列者と故人が向き合う時間を大きく取れるのが特徴です。御焼香の時間や最後にお棺にお花を入れるときなど、十分な時間を割くことができるのが利点と言えるでしょう。

  • 精神的にも体力的にも負担が少なく済む

    参列者が多ければ多いほど気疲れしてしまいます。故人を亡くした悲しみもまだ癒えぬ状態で、参列者の世話をするのは想像以上に辛いものがあります。家族葬で近親者のみの参列ならば気遣いも少なくて済みますし、近親者が同じ感情を持って葬儀をしますから一般葬よりも心が軽く済むという意見が多いです。

    また家族葬ならば用意しないといけないものも一般葬に比べてかなり少ないです。そういった手配が少なくて済むのは体力的に楽であるといえます。

  • スピーディーに葬儀を終わらせることができる

    参列者が少なければ少ないほど、葬儀の日程のすり合わせをしやすくなります。その結果、お通夜から葬儀、火葬までを一般葬に比べてスピーディーに終わらせることが可能です。

    もちろん葬儀会社の都合や火葬場の状態次第で一般葬と同じくらいの日程がかかることもありますのでご注意ください。

家族葬のデメリット

家族葬は良いところばかりではありません。
デメリットにもしっかりと目を向けて、起こりうる弊害のことも頭に入れて家族葬を選択する判断基準になさってみてください。

  • 葬儀費用は抑えられるが出費は抑えにくい

    家族葬が人気の理由や家族葬のメリットにおいて、家族葬は低価格で葬儀ができるとお伝えしました。確かに葬儀自体の金額は安くなりますが、出費が安くなるわけではありません。

    実は、御香典がない、もしくは少ないので御香典を葬儀費用に充てることができないのです。一般葬でしたらある程度の金額を葬儀費用に充てることができますので、出費を少し抑えることができます。

    家族葬をするのであれば葬儀にかかる費用は全て負担しなければならないと思っておくと良いでしょう。

  • 呼ばれなかった方からの批判

    家族葬は葬儀の規模の関係から、全ての故人の友人や知人を呼ぶことができません。遠い親せき筋の方にも声をかけない場合もあるでしょう。
    そういった方々が葬儀があったことをあとから知った場合、「なぜ葬儀に呼んでくれなかったのか」と遺族側に批判を寄せることがあります。

    こういったことで揉めるのは大変心が痛いものです。
    しかしながら参列客を選別しなければいけないのが家族葬です。
    こういった事態も想定しておく必要があります。

  • 家族葬への理解が得にくいかもしれない

    家族葬は最近流行の葬儀形態ですから、比較的若い世代には理解があります。

    しかしながら昔ながらの葬儀に慣れ親しんだ世代は、家族葬に対して嫌悪感を示すかもしれません。
    こういった方々へ家族葬のメリットを説いて理解を得るのは少し大変です。

    生前から故人に葬儀形態の好みを聞いておき、家族葬でという言葉があれば理解を得やすいかもしれません。こういった葬儀形態を決めるといった部分でも終活をしておくと揉め事を回避できるのでおすすめです。

  • 葬儀後の対応に追われることがある

    家族葬に理解を示して葬儀への参列を控えてくれた方たちも、できれば故人とお別れをしたいと考えています。
    葬儀後から四十九日法要までの間に、弔問に訪れることが考えられます。

    家族葬で参列を辞退してもらった手前、弔問までお断りするのは気が引けます。
    それに弔問に来たいと言ってくださるのは大変幸せなことであり、故人の人柄のたまものです。しかし、家族葬を行った場合は、その後の弔問客の対応で忙しくなることが考えられます。

    葬儀後少し休みたいとお考えの場合は、弔問したいという意見に対しある程度葬儀から時間を空けた日にちを提案すると良いでしょう。

家族葬への参列の断り方

困った人々

ここからは家族葬を行うため葬儀への参列を辞退して欲しい、葬儀への参列を断りたい場合の断り方をお伝えしていきたいと思います。
どうお伝えすればトラブルなくご理解していただくことができるのでしょうか。

訃報通知に家族葬と明記する

人が亡くなったとき、訃報通知というものを出します。
一般葬であればそこにお通夜の日時と場所、葬儀の日時と場所を明記します。
家族葬にするのであればこの訃報通知に家族葬で執り行いますと明記すると良いでしょう。

または、葬儀の場所や日程の記載をしないことで参列の辞退をやんわりお断りできます。

葬儀後に報告する

訃報通知は出さずに葬儀後に通知を出すのも、近親者と親しい方以外の参列をお断りできる方法となります。

最近では死去後に訃報通知は出さず、葬儀が終わってから事後報告をする方も増えています。
葬儀に招待した人以外の参列を防ぎたいのであれば一番有効な手段と言えます。

しかしながら故人と深い関係性にあった方に事後報告をしてしまうと、「なぜ呼んでくれなかったのか」とトラブルになりかねません。
できれば禍根を残さないよう、故人の遺志であることや家族の総意であることを伝え、ご理解いただくよう誠意を持ってお話をすると良いでしょう。

家族葬をする際の注意点

葬儀

家族葬を執り行うにおいて、注意しておくべき事柄はあるのでしょうか。
ここでは家族葬をする前に知っておきたい注意点をお伝えしていきたいと思います。

規模を大きくしすぎない

家族葬の規模に明確な決まりはありませんが、葬儀会社さんの提案する家族葬の規模は多くても50人程度です。
一般的には30人から40人が家族葬の規模の相場のようです。

呼びたい人を選別しきれず大きな規模の葬儀にしてしまうと葬儀を執り行う側にも負担がかかることになります。
一般葬と変わらない状態になり家族葬のメリットを感じることができなくなってしまいますので、家族葬の規模には注意をしておいた方が良いでしょう。

香典の辞退を明確にする

家族葬では香典や供花は辞退することが多く、その後の会食も執り行わないことがほとんどです。

葬儀に参列いただきたい人に向けて葬儀の日時や場所を書いた訃報通知を出すかと思いますが、そこに香典や供花は辞退するのかどうかしっかり明記しておきましょう。
また服装についての明記もあると参列する側はとても助かりますので、平服でよいのであれば服装の指定も書くように心がけましょう。

また家族葬で参列はできないけれど弔電は送りたい、葬儀後に弔問に訪れたいと思ってくださる方もいらっしゃいます。
こういったものを辞退したい場合も、やはり訃報通知なり事後報告の通知に明記しておきましょう。

記載をしていないと弔電が届いたり、アポイントメントのない弔問が発生するかもしれません。
お互いに勘違いして嫌な思いをしないためにも、通知は漏れのないよう、重要事項は明記するようにしましょう。

後日の弔問の準備

家族葬にしてしまうと、どうしても後日弔問に訪れたいという申し出を聞くことになります
葬儀後は心に余裕がなく休みたいという気持ちもあるかと思いますので、弔問の申し出があった場合はある程度時間をあけてお願いするようにすると良いでしょう。

また弔問の際に香典を持参してくださる方や、供花やお供え物をお持ちいただくこともあります。
こういったものを辞退したいのであれば、弔問の申し出があったときにはっきりと辞退しておきましょう。
辞退しておかないとお返しの準備をする必要性がでてきます。

先にも申しましたが、弔問に訪れたいと申し出る方々は、故人のことを慕ってくれている方です。
葬儀後心も体も落ち着いた頃に、ぜひお気持ちを受け取ってあげますと故人もきっとお喜びになることでしょう。

以下の記事では家族葬で弔電を辞退する際の連絡方法や文例を紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

故人の遺志で関係者に伝えることなく、家族葬でお別れすることがあります。家族葬のときに弔電を辞退することがありますが、どのようにするのが良いのでしょうか。弔電を辞退するときの連絡方法や文例について紹介します。

家族葬の費用を抑えるには

葬儀

家族葬は費用が抑えられる葬儀ではありますが、それでも高額な出費になることは間違いありません。
できる限り葬儀の費用を抑えたいと思っている方に向けて、家族葬の葬儀費用を安くする方法についてお伝えしていきたいと思います。

葬祭の補助を利用する

葬儀の費用そのものを安くする制度ではありませんが、葬儀後に申請をすることで給付金を得ることが可能です。

例えば国民年金保険に加入している方の葬儀であった場合、5万円から7万円程度の給付金を受け取ることが可能とされています。
この場合の問い合わせ先はお住まいの自治体の保険や年金を取り扱う課となります。

また国民健康保険や社会健康保険に加入していた場合も給付金を受け取ることができます。
国民健康保険の加入者でしたら3万円から5万円程度、お住まいの自治体の国民健康保険課に申請を行います。

社会保険でしたら対応する社会保険の事務所に申請をすることで5万円程度の給付金を受け取ることができます。
また生活保護受給者が故人となった場合と喪主になった場合、葬儀費用が免除されることもあります。

これらは自治体や保険事務所によって申請方法や金額が異なります
まずはお住まいの自治体や故人が入っていた保険の事務所などに問い合わせをしてみましょう。
その際葬儀の領収書や保険証、死亡通知書などが必要となることもありますので、合わせて必要なものも問い合わせておきましょう。

複数の葬儀社から見積もりを取る

故人が亡くなってから葬儀会社を決めるまでの時間というのはかなり短いものです。
しかしながら葬儀会社によって葬儀の費用に大きな差があることがあります。
焦って一社の葬儀会社に決めてしまうと、その葬儀費用が適正かどうかわからないまま葬儀を進めてしまうことになります。

複数の葬儀会社から見積もりを取ることで各項目の適正価格が見えてきますし、葬儀会社に金額の違いや葬儀の内容についての指摘をすることができます。
心穏やかな状態ではないと思いますが、残された家族で支え合って葬儀会社の選定をしてみてください。

自宅葬にする

家族葬、さらに20人以下の規模の葬儀を検討している場合は会場を自宅にするのも費用削減の一手となります。
葬儀会社の会場を抑えるから費用も高額になるわけですので、自宅を会場にしてしまえばその分費用を安くすることができます。

ただし遺体を安置するスペースがあるかどうか、ストレッチャーが入れるかどうか、棺桶の出し入れに十分な余裕があるかなど、確認すべき点は多々あります。
こういった部分は葬儀会社に会場を自宅にしたいといえば相談に乗ってくれますので、ぜひ提案をして葬儀が可能かどうか見てもらうと良いでしょう。

葬儀を簡素にする

家族葬ですと葬儀後の会食はありませんし、香典返しも不要なことがほとんどです。
それ以外の部分で費用を削減しようとなると、葬儀の内容を簡素化することになります。
例えば祭壇を質素なものにするとか、生花の使用を抑えるなどすれば費用削減に効果があるでしょう。

また無宗教なのであれば、無宗教葬にすることで宗教に関連する部分の費用が不要となります。
無宗教でしたら無理に僧侶に依頼をせずに、宗教の関与しない葬儀を検討してみても良いかもしれません。

しかしながら葬儀で必要なものを簡素にしていってしまうと、とても寂しいイメージの葬儀になることがあります。
無宗教葬にすることで、他の近親者から異論が上がる場合もあります。

葬儀は故人との一番最後の別れとなります。
後悔しないように、近親者一同で納得いくまで話し合いをした上で、葬儀の内容を決めることが大切です。

以下の記事では家族葬の費用について詳しく解説しております。
気になる方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

家族葬以外の葬儀も増えている?

葬儀

最近人気が高まっているのは家族葬だけではありません。
ここでは家族葬以外で人気となっている葬儀の形態についてお伝えしていきたいと思います。

密葬

よく密葬と家族葬を同じものだと考える方がいらっしゃいますが、厳密に言いますと違います。
密葬は家族葬のようにごく身内だけでお通夜、葬儀、火葬を済ませてしまいます。
しかし家族葬と違ってそのあとに密葬では本葬と呼ばれる一般参列客を交えた葬儀を行います。

有名人の葬儀は密葬の形態がとられることが多く、後からお別れ会が開かれています。
故人とのお別れは身内だけで済まし、生前お世話になった人もしっかりと本葬でお別れができるという一般葬と家族葬の良い部分を集めたのが密葬と言えます。

一日葬

通常葬儀を行う前にお通夜を執り行います。
そのお通夜を省いた葬儀の形態が一日葬です。
お通夜がない分費用もとても安く、そして体力的な負担もなく葬儀を執り行えるとして近年人気が高まっています。

ただし仏教を信仰している場合はお通夜から火葬までの流れを大切にしているため、あまり好ましく思われないこともあります。
近親者の十分な理解を得た上で執り行える葬儀と言えるでしょう。

直葬

お通夜も葬儀も省いて火葬を執り行う葬儀の形態を直葬と呼びます。
火葬場には本当に近い身内しか集まらないので、身内だけで見送りたいという方には最適な葬儀の形態といえます。

しかもお通夜や葬儀がないので費用が格段に抑えられます
参列客もありませんから精神的にも負担がかからず、お通夜や葬儀の打ち合わせなどで体力を削られることもありません。

ただやはり直葬もまだまだ理解が深まっていない葬儀であり、あまりに簡素化しすぎているせいで受け入れがたいとする人が多いようです。
故人の遺志でないのであれば、残された家族でしっかりと話し合って葬儀の形態を決めたいところです。

家族葬が人気な理由まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、近年人気の高まる家族葬の人気の理由について以下のことについて説明してきました。

  • 家族葬とは近親者やごく一部の親しい友人知人を呼んで執り行う最近流行りつつある葬儀の形態である
  • 家族葬が人気になりつつあるのは葬儀に対する価値観の変化、一般葬より低価格で執り行えること、近親者のみで心をこめた葬儀ができるからである
  • 家族葬のメリットは一般葬よりも低価格で葬儀ができること、死因や内情について深く探られないこと、精神的にも肉体的にも負担が軽いことなどが挙げられる
  • 家族葬のデメリットは香典で葬儀費用を賄えないことやまだまだ家族葬に理解を示さない人がいて葬儀の形態でもめることがなどである
  • 葬儀への参列をお断りしたい場合は訃報通知に参列を辞退する旨を書くか、葬儀会場や日時を書かないなどが有効である
  • 家族葬をする際は再度葬儀の規模を確認し、香典や弔電、供花などの辞退をする場合は明確に知らせておくことが挙げられる
  • 家族葬の費用を抑えるには給付金の申請をしたり、葬儀の内容自体を簡素にすると効果的であるがあまり簡素にし過ぎると後悔する葬儀になるのでよく話し合うことが必要
  • 最近では家族葬以外に密葬、一日葬、直葬が人気となっており、昔と葬儀に対する考え方が変わりつつある

以上のように家族葬にはメリットがたくさんありますので、今後も需要が高まっていくことでしょう。

しかし残された家族が家族葬への理解がなければ後悔の残る葬儀となってしまいます。
家族葬のメリットとデメリットをしっかりと理解しておけば、説明をするのにも困りません。
またご自身の望む葬儀の形として家族葬を選択しておけば、残された家族の負担を軽減することができます。

この記事を読んで家族葬を検討されている方の助けになれば幸いです。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
その他終活ねっとでは葬儀に関するたくさんの記事を紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

以下の記事では家族葬に呼ばない人への断り方や断るケースなどの解説をおこなっております。
気になる方はチェックしてみてください。

こちらも読まれています

家族葬に義両親を招待するのは当然?断るケースや方法も紹介!

最近、新しい葬儀の形として定着しつつあるのが家族葬です。親族のみで穏やかに故人を送ることのできる葬儀として注目を集めています。しかし、義両親を呼ぶべきかお悩みの方もいるのではないでしょうか。今回は家族葬に義両親を呼ぶべきかや、香典についてもまとめました。

シェアする

「家族葬・人気」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・人気」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介のサムネイル画像

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!のサムネイル画像

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介のサムネイル画像

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・人気」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介のサムネイル画像

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと