家族葬後の新盆は普通と違う?香典や無宗教の場合についても紹介

最近の葬儀の形として家族葬を執り行う事が多くなってきました。家族葬後の新盆はどうすればいいのか疑問に思ってる人が多いと思います。新盆の意味とは?家族葬後の香典や無宗教の場合などについて詳しく紹介していきたいと思います。

目次

  1. 家族葬後の新盆について
  2. 新盆とは?
  3. 家族葬後の新盆について
  4. 無宗教で家族葬を行った後の新盆は?
  5. 家族葬後の新盆についてまとめ

家族葬後の新盆について

葬儀

最近、家族葬が多いのだけど一般葬後の初盆とどう違うのか分からないという疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

香典や供物を辞退する喪主も多いとか普通の初盆と相違点があるようです。
恥をかかないためにも、家族葬について正しい知識を持ったほうがいいのかもしれませんね。

そこで今回の終活ねっとでは、家族葬後の新盆を中心に無宗教の場合など疑問に思う事や相違点などを紹介していきたいと思います。
解説する内容は以下の通りです。

  • 新盆ってなに?
  • 家族葬後の新盆はどうすればいいの?
  • 無宗教で家族葬を行った場合の新盆は?

家族葬後の不安、家族葬をしたお宅の新盆の対応について悩んでる人が少しでも安心してもらえるように記事に詳しくまとめてみました。
家族葬後のお盆についてお悩みの方に少しでも参考になれば幸いです。
ぜひ最後までお読み下さい。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お盆の期間はいつからいつまで?お盆の準備やしきたりを徹底解説!

日本ではよく耳にするお盆とは一体どんなものなのでしょうか。お盆の由来、お盆の期間、お盆のために準備すること、お盆に参列する際のマナーや宗教別のお盆についても解説していきます。お盆におすすめの海外旅行スポットもご紹介しています。

新盆とは?

葬儀

お盆には、「旧盆」と「新盆」の2種類がありますので注意してくださいね。
新盆と旧盆は、1ヶ月違いと覚えておくといいでしょう。

  • 旧盆の地域

    地方では、8月13日~16日までがお盆の時期です。

  • 新盆の地域

    東京や一部地域では、7月13日~16日がお盆の時期です。

家族葬後の新盆(にいぼん)とは、故人が亡くなった後、忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆をさします。
読み方なんですが初盆(はつぼん・あらぼん・しんぼん)とも読みます。
そのため、四十九日以内にお盆がくれば、その年ではなくて翌年が新盆になります。

初盆の場合は通常のお盆とは異なり、やるべき事が多くなっています。
通常のお盆よりも念入りに供養の用意をします。
初めて帰ってくる故人の霊が迷わないように白提灯を玄関先や軒先に吊り下げますが、この白提灯は初盆の時しか使いませんので、送り火の時に燃やすなど処分しましょう。

中には、お盆がない宗教もあるので、前もって確認するといいですね。
浄土真宗はご先祖さまは、「浄土で仏さま」になっているので、霊となってこっちの世界とあの世の世界を行ったり来たりする事がないという考えからお盆はありません。

以下の記事では家族葬の費用について解説しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

家族葬後の新盆について

お墓

家族葬とは、気を遣わず家族だけで故人をゆっくりと見送れるというメリットがあるのです。

しかし、故人と生前親しかった友人などが見送れず寂しい思いをさせてしまうなどトラブルになる可能性もでてきます。
トラブルを起こさないよう、あらかじめ故人の交友関係をちゃんと調べて、家族葬や初盆に呼ぶ人をピックアップしておくとよいでしょう。
家族葬で呼べなかった故人と特別に親しかった人がいるのならば、後日初盆に呼ぶのもいいかもしれません。

家族葬には、堅苦しい決まり事はないため、喪主が周りの目を気にせず自由に決めることができます。
極端な話しですが、初盆の服装は気楽な格好で食事会を行う事もできます。
前もって、どのように段取りを進めるのか周りに伝えておくといいでしょう。

家族葬で故人を見送ったお宅が初盆を迎える場合は、前もって周りの人にお供えや香典を辞退しますと伝えてあげるのが親切です。

辞退しているのにもかかわらずお供えや香典を持ってくる場合、どうすればいいのか悩む事があるかもしれませんが、家族葬であるからと頑なに断るのも失礼にあたります。
その地域特有の習慣もあるので、柔軟な対応を心掛けるといいでしょう。

一般葬後の新盆と違いはある?

一般葬後の初盆との違いはありませんが、供物を辞退する場合もあります。
それでも気持ちだけでもお供えしたいと供物をもって足を運んでくる人も多いと思います。
そうゆう場合は失礼のないように受け取るのが礼儀でしょう。

僧侶の手配

一般葬との違いはありません。
お盆は混みますので、早めにお坊さんに連絡するのがいいでしょう。

初盆の場合お布施の目安は3万円~5万円前後です。
また家に来ていただく場合は、御車代として、5千円~1万円をお渡しするといいでしょう。

地域ごとに読経後に僧侶を迎えて食事会を開く事もあります。
3千円~5千円ぐらいの折詰弁当をお持ち帰りしていただく場合や「御膳料」として渡す場合もあるでしょう。

表書きは普通の黒墨で「御布施」「後経料」と書きます。
裏側は、名前や住所を書いておきます。
名前は「○○家」か「フルネーム」どちらでもよいでしょう。

丁寧にしたい場合は、3枚のお布施袋を用意して「御布施」「御車代」「御膳料」と書いてお盆にのせてお坊さんに渡しましょう。

お気持ちですので、無理に高額な金額を渡す事はないです。
地域によって金額が決まってる場合もあります。

招待する人への連絡

招待する人への連絡ですが、規模の大きい家族葬でなかった場合、葬儀に招待した人で問題ないでしょう。
後は家族葬に呼べなかった故人と親しかった友人などに声をかけておくのもよいですね。

初盆に誰を呼ぶなどの決まり事はありません。
その後に会食をするので、大勢の人と賑やかに故人を偲ぶのもよいですね。

前もって香典や供物の辞退するという事を早めに伝えてあげましょう。
初盆の案内状ハガキに御仏前等の心遣いはご無用と一言添えるといいのかもしれません。

会場の手配

通常寺院で行う事もあるのですが、家族葬の規模であれば自宅で行う事が多いようです。

必要な用具の手配

一般葬との違いはありません。
終活ねっとでは、初盆を迎える準備に必要なものリストを詳しくまとめました。

  • 盆棚・精霊棚

    先祖の霊を迎える棚の事です。祭壇の下に真菰(まこも)を敷き、台の四隅に葉の付いた青竹を飾ります。

  • 精霊馬(しょうりょううま)

    お盆の飾りの定番できゅうりと茄子と割り箸で馬と牛を作ります。

  • 白提灯

    初めて帰ってくる故人が迷わないようにするための特別な提灯です。
    玄関や軒下などわかりやすい場所に吊らします。
    初盆にしか使わない提灯ですので、初盆を過ぎたら送り火の時に一緒に燃やすといいでしょう。

  • お供え物

    日持ちのするお菓子や乾麺昆布・海苔・ジュースや果物です。
    お花や線香・ろうそく・五供(ごくう)「香」「花」「灯明」「水」「飲食」をお供えします。

  • お供えするお膳

    お盆のお膳の正式名は「霊供膳(りょうぐぜん)」といいます。
    「御霊供膳(おりょうぐぜん)」ともいいます。
    その他色んな呼び方があります。

    飯碗(めしわん):ご飯を大盛りにして上を丸く整える

    汁椀(しるわん):お味噌汁・お吸い物の出汁は昆布で、具は豆腐・お麩・油揚げや季節の野菜など使いましょう。

    平椀(ひらわん):煮込み料理は、お肉を使わず3~4種類の野菜で作りましょう。

    高坏(たかつき):漬物は、きゅうりの塩もみ、梅干し、たくあんなど二切れ添えるのが原則です。

    壺椀(つぼわん):平椀よりもサイドメニューらしいもので、煮豆、胡麻和え、おひたし、白あえ、酢の物等です。高さをつけ盛り付けましょう。

  • 盆提灯

    盆提灯は、迎え火・送り火の大切な役割があります。
    故人の親戚などが絵柄の入った盆提灯を贈るのが一般的です。
    頂いた盆提灯は、精霊棚や仏壇の前に飾りましょう。
    毎年初盆には飾るものなので、大切に保管しましょう。

料理の手配

一般葬と違いはありません。
新盆の法要後に自宅か、どこかの料理屋で会食するかのどちらかになるでしよう。

仕出し弁当を注文しても良いです。
料理屋や仕出し弁当の予約をする際には、新盆での会食として利用する事を伝えましょう。

家族葬の料理については以下の記事でより詳しくご紹介しております。
あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の場合お料理は用意する?オススメ料理や注意点も紹介!

近年葬儀を行う際に、家族葬を選択される方が増えてきています。自由な形式で行うことができる家族葬ですが、その場合お料理を用意する必要があるのでしょうか?この記事では、家族葬でのお料理の必要性、オススメ料理及び注意点をご紹介していきます。

返礼品について

返礼品とは、お通夜・告別式にご参列頂いた方への御礼状を添えてお渡しする品です。
返礼品は必ずお渡しすべきなどという決まりはないです。

なので香典・供物の辞退をした場合は用意しなくても問題ありません。
ただし最後にお顔を見たいなど目上の親族や、遠方から来られる方もいるでしょう。

今まで関わってきた介護職員や近所の方など参列に来られる場合も多いです。
気になるのなら、礼儀として、10~20個用意しておくのが安心かもしれませんね。
返礼品の額は、約300円~1,000円までの間が相場です。

当日の流れ

特に一般葬と違いはありません。
下記に、初盆当日の流れを順番に詳しくまとめました。

  • 僧侶入場

    お坊さんにがきたら、挨拶をして家にあがってもらいましょう。

  • 喪主による開始の挨拶

    参列者に忙しい中、来てくれた事への感謝の気持ちを告げましょう。
    今からお坊さんにお経を唱えてもらうなど、お坊さんにも挨拶します。

  • 僧侶の読経

    お坊さんの読経が始まりますので、静かにお経を聞きましょう。

  • 法話

    読経が終わるとお坊さんがお話しをしてくれます。
    法話が終わったタイミングでお布施をお盆にのせて渡すのがスマートでしょう。

  • 僧侶退場

    お坊さんが会食をしない場合は、お経が終わると帰ります。
    その場合は「御膳料」として、御布施と一緒に渡すのもいいですし、仕出し弁当を持たせるのもいいでしょう。

  • 喪主による終了の挨拶

    皆様のおかげで、法要を済ませる事ができたと感謝の気持ちを伝えましょう。
    堅苦しく考える必要はありません。

  • 会食

    皆で賑やかに明るい雰囲気で食事をしながら、故人を偲びましょう。

8月12日までに、盆提灯や精霊棚の準備をしておきましょう。

8月13日(地域によって7月13日)がお盆の初日にお墓参りにいき掃除をしまして迎え火をします。
8月14・15日(盆中日)この時期に僧侶を呼び法要をします。

香典について

家族葬をしたのなら香典は辞退する事が多いため、用意しなくても失礼にあたりません。

しかし、ご香典を辞退しない場合もありますので喪主に確認しましょう。
家族葬に呼ばれてる親族は、多めに香典を用意しておいて下さいね。

基本的には受け取らない

家族葬をしたのなら、香典もご供物も辞退する事が多いです。
基本的には受け取りませんが、頂いた場合は一般葬と同じように三分の一を目安にお返しをしましょう。

香典の相場

家族葬だからといって香典の金額が一般葬と変わるわけではありません。
大体の香典の目安をわかりやすく表にしました。

家族葬に呼ばれたけど、香典は持参しなくてもよいだろうという自己判断は禁物です。
葬儀に呼ばれない場合は香典は用意しなくてもいいですが、家族葬に参列したのなら香典は用意しておいてくださいね。

ごく一部の親しい方、親族で行われる家族葬に呼ばれたのですから、相場より多めに御香典を包んでおいたほうが無難でしょう。

故人との関係 金額
両親 5万円~10万円
兄弟・姉妹 3万円~5万円
祖父母 1万円~3万円
その他親族 5千円~1万円
友人 5千円~1万円
知人 3千円~5千円
勤務先(上司) 5千円~1万円
勤務先(同僚・部下) 3千円~1万円

服装について

三回忌までは喪服が一般的ですが、喪主が気楽な服装でしたいという場合は、それに合わせましょう。

無宗教で家族葬を行った後の新盆は?

仏壇

家族葬は無宗教葬でも多く執り行われています。
お坊さんを呼ばないため戒名もありません。
そもそも初盆をそのような行う必要はありませんが、親族で集まって供養する場合は自由に行う事ができます。

時期は?

新盆の考え方は仏教のものなので、時期にはこだわらなくていいです。
故人の誕生日であるため、集まってお茶を飲みながら故人を偲ぶのも供養のうちの一つでしょう。

場所は?

場所は、寺院や自宅で行う必要ではなく、自由に選んでも構わないのではないでしょうか?

実は、家族葬を行った後の新盆は、寺院や自宅で行う必要はありません。
故人が好きだった公園などでもいいでしょう。

何をすればいい?

家族葬後の新盆では、何をすればいいのでしょうか?

新盆では、僧侶を呼ぶ必要などもありません。
供養の形は自由なので、故人の好きだった料理を食べる、好きだった作品を観るなど自由です。
故人を想う気持ちが一番大切なので、形式にとらわれる必要はないでしょう。

無宗教の葬儀については以下の記事で詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

お経なし・戒名なしで家族葬はできる?直葬や無宗教式家族葬をご紹介

葬儀の形式が多様化してきた近年では、親族や親しい方だけで行う家族葬も一般的なものになりました。家族葬を行う際にお経なし、戒名なしで葬儀を行ってもいいものなのでしょうか。今回終活ねっとではお経なし、戒名なしで家族葬ができるのか解説していきます。

家族葬後の新盆についてまとめ

仏壇

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、家族葬後の新盆に関する疑問などについて、以下の事を解説してきました。

  • 新盆とは、故人が四十九日法要を過ぎて初めて迎えるお盆の事です。
  • 家族葬後の新盆は、普通の新盆と同じですが、ご供物を辞退する事を周りにちゃんと伝える必要がある事と配慮が必要です。
  • まだ全体的に一般葬が多いので、トラブルのないように早めに「家族葬」をする事を周りの人やお寺さんに伝える。
  • 無宗教でも、初盆をするべきという事はなく、故人を偲ぶという気持ちが大切にしましょう。
    場所は、どこでも良いです。
  • 初盆は、故人が初めて家に帰って来る特別な日です。
    故人が迷わず帰ってこれるように白提灯を玄関など目立つ所に吊らしてあげましょう。
    早めに精霊棚などを準備するのがよろしいかと思います。
  • 家族葬だから香典なしと決めつけないで、呼ばれたら通常より多めに香典を包んで行くとよいですね。
  • お坊さんに渡すお布施は、初盆は3万円~5万円で、通常のお盆よりしてもらう事が多いため少し高いです。お布施はお盆にのせてお坊さん渡しましょう。
    その際は三枚の御布施袋に「御布施」「御車代」「御膳料」と普通の濃い墨で書いて下さいね。ただし地域によって違います。
  • 家族葬でも、最後にお顔を見たいと近所の方や介護職員の方が訪ねてくる場合も多いので返礼品は、10~20個を用意しておくとよいでしょう。

最近では、高齢化や少子化の影響などから家族葬や、無宗教の人も増えてきました。
お葬式の形もかわりつつあります。

家族葬は、家族だけで執り行いますので、故人と交友が深い方が後になってお葬式の事を知り愕然とする事もあるようです。
なのでトラブルのないように故人と親しい人は誰なのか生前話し合う必要があるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

シェアする

「家族葬・新盆」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・新盆」についてさらに知りたい方へ

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!のサムネイル画像

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!のサムネイル画像

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介のサムネイル画像

家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・新盆」についてさらに知りたい方へ

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬でのトラブルとその予防策とは?参列者の範囲やマナーもご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと