家族葬への持ち物は?参列する際の服装と家族葬の流れについても解説

家族葬への持ち物は?参列する際の服装と家族葬の流れについても解説

葬儀に関するマナーは多いですが、家族葬への持ち物についてご存知ですか?従来の一般葬との違いはあるのか、なにか特別な持ち物はないか、など気になる点が多いと思います。そこで今回は家族葬への持ち物や服装のマナーについて、家族葬の流れとあわせて解説します。

最終更新日: 2020年12月15日

家族葬の持ち物について

葬儀

増加傾向にある家族葬ですが、家族葬に参列する際のマナーについてご存知ですか?
葬儀に関するマナーは多くありますが、家族葬の服装や持ち物のマナーについてご存知ない方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀に関するマナーの中でも家族葬の持ち物について、下記の点を中心に解説いたします。

  • そもそも家族葬とは?

  • 家族葬の持ち物について

  • 家族葬の服装のマナーについて

  • 家族葬の流れについて

一般の葬儀と違って、家族葬に参列する際は親族や親しい仲の方が多いのでより一層マナーには気をつけたいものです。
葬儀の際に忘れものがあったら困りますし、服装も家族葬に準じた服装でないと恥ずかしい思いをしてしまいます。

この記事を読めば家族葬の持ち物や服装のマナーについて、しっかりとご理解いただけると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とは

葬儀

家族葬とはご遺族や親族、親しい友人たちで執り行う少人数規模向けの葬儀の形式です。

近年の高齢化社会を背景に、家族葬を選択される方は増加傾向にあります。
家族葬は、一般の葬儀より費用を抑えることができる点や、葬儀内容や葬儀に呼ぶ範囲を故人や喪主が比較的自由に決められる点が人気の理由です。

家族葬にかかる費用についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

家族葬の持ち物

葬儀

葬儀に関するマナーは多く、葬儀に持参する持ち物にもマナーがあります。
葬儀の服装として喪服を用意されている方は多いかもしれませんが、家族葬に持参する持ち物を事前に用意されている方は多くないかもしれません。

葬儀は突然のことなので、持ち物に関しても事前に準備しておかないと対応できないことがあります。
今回は、家族葬の持ち物としてバック・ハンカチ・数珠・香典と袱紗(ふくさ)やその他の持ち物についてご紹介します。

葬儀用として、それぞれ1個ずつでも準備しておくと慌てることがありませんので、ぜひ参考にしてください。

バック

家族葬のバックを男性用と女性用に分けてご紹介します。

  • 家族葬の男性のバック

    黒色で光沢のない小さめのバッグが望ましいです。
    派手な金具や、殺生を連想させる爬虫類などの革製品はマナー違反になります。

  • 家族葬の女性のバック

    黒色で布製の光沢のないハンドバックが望ましいです。
    派手な装飾や、殺生を連想させる爬虫類などの革製品はマナー違反になります。

家族葬用のバッグは以上のようなものになります。

男性の場合は、バックを持たないで参列される方も多いと思います。
その場合は、持ち物でポケットが膨らまないように気を付けましょう

ハンカチ

家族葬用のハンカチは、色は黒か白で無地のが望ましいです。
基本的には無地のハンカチがいいですが、控えめなレースの縁取りなどは問題ありません。
大き目なブランドのロゴの刺繍や、ラメ入りなどはマナー違反になります。

ハンカチの素材としては、綿が吸収性がいいのでオススメです。
吸収性だけで言えばタオル生地もありますが、見た目からあまり葬儀にはおすすめできません。

数珠

数珠の本来の用途はお経を読む回数を数える道具でしたが、現在では葬儀や法要には欠かせない仏具となっています。
また、数珠は人に貸したり、借りたりするのではなくて自分専用の数珠を持つようにしましょう。

それでは数珠の選び方についてご紹介します。

  • 数珠の種類を決める。

    数珠には宗派ごとの正式な本式数珠と略式数珠があります。

  • 男性用か女性用かを決める。

    数珠には男性用と女性用があります。

  • 数珠の価格で絞り込む。

    数珠はその材質(天然石・人工石や木)や加工によって値段が変わります。

  • 材質や色で好みのものを選ぶ。

    材質(天然石・人口石や木)や色やデザインから好みのものを選びます。

数珠の選び方は以上のようになります。

香典・袱紗(ふくさ)

家族葬では、故人を偲ぶ時間をゆっくりと持ちたいなどの理由から、香典を辞退するケースが多いです。
ただし、喪主次第なので香典については葬儀案内や、受付などを確認して決めるようにしましょう。

家族葬で香典を持参する場合は、一般葬での香典のマナーと違いはありません
香典には不祝儀袋に包み、水引きは黒白または双銀の結び切りを選びます。

葬儀に香典を持参する場合は、袱紗に包んで持参しましょう。
葬儀などの弔事で使える袱紗の色は寒色系になります。
寒色系とは紺・深緑・灰緑・緑・うぐいす・灰青・グレー・紫になります。

袱紗を1つ持つなら、結婚式などの慶事や葬式などの弔事にも使用できる紫色の袱紗がおすすめです。

その他

家族葬の持ち物としてその他には傘や手袋などもあります。

傘には葬儀専用の傘というものがないので、黒色やグレー、紺色などの柄のないシンプルなものであれば問題ありません。
また、どうしてもない場合はコンビニエンスストアなどで販売している白色や透明な柄のない傘でも問題ありません。

家族葬での手袋は、黒色で布製のものが望ましいでしょう。
レース生地であれば目の細かいものを選びましょう。

家族葬でお手伝いを頼まれた場合は、エプロンが必要になります。
葬儀の手伝いで身に着けるエプロンは、黒か白の無地がいいでしょう。
ただし、大きな刺繍や柄などが入っているものは避けましょう。

割烹着やエプロンなどの色で悩む場合は、事前に確認し準備することをおすすめします。

家族葬の服装のマナー

葬儀

家族葬の服装のマナーについて、夏と冬の違いもあわせてご紹介します。
また、髪型・メイク・アクセサリー・靴などについてもご紹介しますので、ちょっと自信がないと思う方は、確認してみてください。

男性の服装

家族葬の男性の服装マナーは以下の通りです。

  • 男性の服装に関するマナー

    ブラックスーツにワイシャツは白色の無地で、黒色の無地のネクタイになります。
    靴は関具が付いていないシンプルな黒色で、靴下も黒になります。
    アクセサリーは結婚指輪以外は付けないのが望ましいです。
    髪型は清潔感のある髪型が望ましく、長髪の場合はゴムで後ろにまとめるなど気を付けましょう。

  • 夏と冬の服装のマナーの違い

    夏と冬での大きな違いはありませんが、夏場は暑いのでワイシャツは半袖でも問題ありません。
    しかし、葬儀では上着を脱ぐのはマナー違反になりますので注意しましょう。

女性の服装

家族葬の女性の服装マナーは以下の通りです。

  • 女性の服装に関するマナー

    黒のワンピースかスーツに黒のストッキングになります。
    靴は黒の低めのパンプスで、バックは布製の光沢のない無地のものにしましょう。
    アクセサリーは結婚指輪のみが基本ですが、光沢の少ないパールのネックレスなら問題ないでしょう。
    髪型がセミロングやロングの場合は、黒のヘアゴムでまとめるようにして焼香の時に邪魔にならないように気を付けましょう。
    メイクは派手にならないように気を付け、アイシャドーやチークはやめましょう。

  • 夏と冬の服装のマナーの違い

    女性は夏は黒のワンピースのみでも問題ありません。
    基本はワンピースにジャケットを羽織るのが一般的ですが、夏であれば袖の長さが5分や7分のワンピースであればジャケット無しでもいいでしょう。

子供の服装

家族葬の子供の服装マナーは以下の通りです。

  • 子供の服装に関するマナー

    制服がある場合は、制服が無難です。
    制服がない場合は、白シャツやブラウスに黒や紺のズボンやスカート、黒や紺などのセーターやブレザーがいいでしょう。
    落ち着いた色合いのものを選ぶのが大切です。

家族葬の流れ

葬儀

家族葬の流れは人数による規模の差はありますが、一般葬の流れと大差ありません

家族葬ではお通夜を行わないケースもありますが、お通夜を行う場合の基本的流れは下記の通りです。

  • ご臨終・搬送

    病院などで亡くなられた場合は、ご自宅や斎場、安置所などへご遺体を搬送します。

  • ご遺体の安置

    ご遺体をご自宅や斎場、安置所などで安置します。
    日本の法律ではご臨終から24時間は火葬ができません。

  • お通夜

    告別式の前日の夕方から行われるのが一般的です。

  • 葬儀・告別式

    葬儀式と告別式を執り行います。
    一般葬に比べると短く所要時間は40分~1時間程度になります。

  • 火葬

    一般葬と同じように火葬をし、お骨を骨壺におさめます。

  • 初七日法要

    ご臨終から七日以内に初七日法要を行います。
    火葬後に行う場合や、告別式後に行う場合など様々です。

家族葬の流れは以上のようになります。

下記の記事では、家族葬にかかる時間について、開始時間や流れとあわせて解説しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

家族葬の持ち物まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、家族葬の持ち物について解説してきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 家族葬とはご遺族や親族、親しい友人たちで執り行う少人数向けの葬儀の形式です。

  • 家族葬の持ち物にはバッグ・ハンカチ・数珠・香典と袱紗・傘・ハンカチ・エプロンなどがありますが、一般葬と大きな違いはありません。
    家族葬では香典は辞退される場合が多いので確認が必要です。

  • 家族葬の服装のマナーは、男性女性ともに一般葬の服装で問題ありません。
    男性の夏場の服装は白シャツは半袖でも問題ありませんが、上着は脱がないようにしましょう。
    女性の夏場の服装はワンピースであれば、上着は脱いでいても問題ありませんが、ワンピースの袖は5分か7分が望ましいでしょう。

  • 家族葬の流れは人数による規模の差はありますが、一般葬の流れと大きな違いはありません。
    家族葬ではお通夜を執り行わない場合もあります。

家族葬の持ち物や服装も従来の一般葬とあまり変わりがないことがわかりました。
違いは香典を辞退する場合が多く、香典を持っていく必要がない場合があることです。

葬儀に関するマナーは多く、事前に準備していないと対応できないものもあります。
この記事が家族葬の持ち物や服装について悩んでいた方のの助けになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
その他「終活ねっと」では葬儀に関するたくさんの情報を掲載しているので、そちらもあわせてご覧ください。

以下の記事では家族葬の供花について紹介しております。
気になる方はぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事