家族葬を執り行う際の費用や訃報連絡の仕方とは?香典マナーも解説

現代にはさまざまなタイプの葬儀が沢山あり、家族葬もその内の1つです。家族葬を執り行う際はどのような点に気をつければいいのでしょうか。この記事では、家族葬を執り行う際の費用や訃報連絡の方法、香典マナーなどについて解説しています。

目次

  1. 家族葬を執り行う際の注意点とは
  2. 家族葬を執り行う際の基本情報
  3. 家族葬を執り行う際の参列に関する注意点
  4. 家族葬を執り行う際の香典に関するマナー
  5. 家族葬を執り行う際の注意点に関するまとめ

家族葬を執り行う際の注意点とは

葬儀

現代においては葬儀の形式は多様化してきており、以前と比べ、伝統にこだわらない葬儀の形も増えてきています。
家族葬もその内の1つで、まだ広く浸透しているとは言い難い、新しい葬儀形態です。

そのため、家族葬に参列経験のある人が少なく、従来の葬儀を参考にするわけにもいかないので戸惑われる人は数多くいらっしゃることでしょう。

もしも家族葬を執り行うことになった場合、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。
他にも「家族葬特有のメリット・デメリットが知りたい」「家族葬の訃報連絡の方法とは」など、多くの疑問を感じていることと思います。

今回終活ねっとでは、家族葬を執り行う際の注意点を中心に、参列者側の注意点や香典マナーも解説していきます。
解説する内容は以下の通りです。

  • 家族葬とは?
  • 家族葬のメリット・デメリット
  • 家族葬に呼ぶのは誰まで?
  • 家族葬における訃報連絡について
  • 家族葬における香典関連のマナー

家族葬で香典の辞退が多い理由についても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬を執り行う際の基本情報

葬儀

家族葬がどんなものか知らなければ、自分たちに適した葬儀なのかどうか分かりません。
また、費用がどれくらいかかるのかも知らなければ、自分たちの希望に見合う予算を立てにくくなります。

ここでは家族葬を執り行う上で必要な、家族葬に関する基本的な情報についてご紹介します。

家族葬とは

家族葬は、近親者だけで執り行う小規模な葬儀のことです。

参列者になるのは、故人のご家族や親族、生前に深い交流を持っていたご友人などが挙げられます。
反対に上記以外の方々には、家族葬への参列をお断りすることとなります。

参列者が少人数になるというだけで、葬儀の内容は特に希望がなければ一般的な葬儀とあまり変わりません。

家族葬と似たような葬儀として「密葬」がありますが、大きく違う点はあります。
以下の記事では、その違いについて詳しく解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

密葬と家族葬の違いについて調査しました!

最近では、葬儀は自分たちの家族だけで行う家族葬というのが増えてきていますよね。ところで密葬という言葉を聞いたことはありませんか?密葬と家族葬の違いって何なのでしょう?そこで密葬と家族葬の違いについて調べてみました。

家族葬の費用

家族葬にかかる費用の相場として、約50万円〜100万円です。

葬儀には、さまざまな場面でお金がかかります。
例えば葬儀会場の使用料や棺桶代、参列者に振る舞う会食費用、会葬返礼品などが挙げられます。
葬儀が仏式でお坊さんを呼ぶ場合は、お布施も用意しなければなりません。

依頼する葬儀社や費用をどの程度かけるかによって、金額は大きく変わります。
そのため葬儀社はサービスプランを吟味しつつ、複数の葬儀社を比較しましょう。

予算とプランを、理想に近づけていくことが大切です。

家族葬のメリット

先述したように、家族葬の内容は一般的な葬儀と大きな違いはありません。
それでも家族葬を選ぶのは、大きなメリットがあるからです。

家族葬のメリットは以下の通りです。

  • 故人を見送るための時間が多く持てる

    家族葬の参列者は少人数なので、多くの参列者の対応に時間を割く必要がありません。
    ご遺族たちは故人をゆっくりと見送る時間を持つことができます。

  • 通常の葬儀よりも比較的費用が安い

    通常の葬儀では参列者が多いため、費用もその分だけ高くなります。
    しかし家族葬は少人数なので、比較的費用は安く抑えることができます。

  • 故人やご遺族の希望を取り入れやすい

    人目を気にする必要がないため、故人やご遺族が望む内容を反映させやすいです。
    例えば仏式だけどお坊さんは呼ばない、故人が好きだった音楽を流すなど、自由度の高い葬儀ができます。

家族葬のデメリット

家族葬のメリットについてはお分かりいただけたことと思います。
次は、家族葬を執り行うことで生まれるデメリットについてご紹介します。

  • 周囲に強く反対される可能性が高い

    参列者を制限して身内だけで行うという考えを、受け入れられない人も一定数います。
    そのため、家族葬を執り行うには、反対する人の説得から始める必要があるのです。

  • 後日弔問をする人の割合が通常の葬儀よりも多い

    家族葬に参列できなかった人が「一度は仏前に手を合わせたい」と弔問に来る場合があります。
    参列していない人の方が多いため、弔問客も通常の葬儀より増えやすく、ご遺族はその対応に追われることになります。

家族葬を執り行う際の参列に関する注意点

困った人々

葬儀において、ご遺族側は参列者へ訃報連絡をする必要があります。

さらに家族葬ですから、参列を依頼するよりも参列辞退を伝える方が多いのです。
ここでは、相手によって異なる訃報連絡の仕方や参列者を呼ぶ範囲など、参列に関する注意点をご紹介します。

参列者はどこまで呼ぶべきか

家族葬に参列者はどこまで呼べばいいのか、判断に悩む人は多いことと思います。
しかし、結論から言って家族葬の明確な決まりは存在しません。

誰を呼ぼうか迷っている依頼人に対し、葬儀社が一般的な家族葬の規模から範囲を提案することはあります。

一般的には以下の表のように、葬儀の規模に応じた決め方をします。
そこからさらにご友人など、呼びたいと思う人を呼ぶのが良いでしょう。

参列者の人数 10人 20人 30人
参列者を呼ぶ範囲 故人の配偶者や子供、それぞれに連なるご家族 故人の兄弟姉妹、それぞれの配偶者 故人のいとこ、甥御・姪御

訃報連絡の仕方

故人の訃報連絡をする際、相手によって参列依頼、もしくは辞退することを合わせて伝える必要があります。
ここでは参列の依頼・辞退それぞれの場合の訃報連絡方法をご紹介します。

参列依頼の場合

家族葬に参列してほしい相手に訃報連絡をする場合、以下の例文を参考にしてください。

例文では横書きですが、案内状で通知するなら多くは縦書きになるため「左記の通り」と表現しています。
左記と示した部分には葬儀・告別式を執り行う日時や場所、連絡先などを記載しましょう。

参列依頼時、連絡に含めるべき内容として重要なのは日程や場所です。
日程や葬儀会場の場所が分からないと行くことができないため、正確な情報を載せます。

母◯◯は、◯月◯日享年90歳で永眠いたしました。
生前のご厚誼に対し、深く感謝の意を申し上げます
葬儀及び告別式は左記の通り、執り行います。

故 ○○ ○○ 儀 葬儀告別式

通夜式:平成○○年◯月◯日 19:00~
告別式:平成○○年◯月◯日 12:00~

式場:◯◯斎場
住所:

喪主:○○ ○○ (故人との続柄: 息子)
連絡先:090-XXX-XXXX
儀式形態:仏式

葬儀に際しましては、故人ならびに遺族の遺志により、近親者のみで執り行います。
誠に勝手ながら、御香典・御供花の儀はご辞退申し上げます。

平成◯年○月○日
住所:
喪主 ○○ ○○

参列辞退の場合

家族葬への参列を遠慮してほしい相手に訃報連絡をする場合、以下の例文を参考にしてください。

参列辞退時、連絡内容において日程や場所は省略するようにしましょう。
案内の最後に参列を辞退するよう伝えているにも関わらず、葬儀の日程や場所を明記していれば、受け取った人が困惑してしまうためです。

また、参列の判断に関して混乱を起こさないよう、葬儀後に事後報告するという辞退の方法もあります。

以下が、参列辞退の例文です。

母〇〇は、〇月〇日享年〇歳で永眠いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。

尚、故人の遺言により、家族葬で執り行うこととなりました。
つきましては、ご参列・ご香典はご辞退いただけますよう、お願い申し上げます。

誠に勝手ながら、御香典・御供花の儀につきましてもご辞退申し上げます。

平成◯年○月○日
住所:
喪主 ○○ ○○

会社に家族葬を連絡する場合

故人が会社に勤めていた場合、職場にも連絡をしなければなりません。

会社関係者の参列も基本的にはお断りすることが多いため、連絡時に参列を辞退することをはっきり伝えておきます。
また、故人が亡くなったことで、職場では死亡退職金の計算、香典や弔電の準備など、会社側もやるべきことが出てきます。

そのため、なるべく早めに連絡し、家族葬を執り行うから香典や弔電も辞退することを合わせて話しておくと良いでしょう。

ご遺族も自身が務めている勤務先を休むことになるため、会社への連絡は早急に行う必要があります。
忌引休暇を取得するための手続き、同僚に自分の仕事の引継ぎを頼むなど、休む前にすべきことが多いためです。

家族葬を執り行う際の香典に関するマナー

葬儀

葬儀に参列する際に持参するものの1つが香典です。

しかし、家族葬では香典を辞退することの方が多いことをご存知でしょうか。
ここでは香典辞退の理由や、それでもなお渡してきた相手への対応など、香典に関するマナーをご紹介します。

どうして家族葬では香典の辞退が多いか

家族葬では香典の辞退をする場合が多いです。
理由としては、葬儀をより簡易的なものにするためです。

家族葬を選ぶ人の多くは、香典で得られる葬儀費用の援助よりも手間を省くことを重要視しています。
通常の葬儀だと、香典を受け取るために受付の設置が必要になります。
家族葬で香典を辞退すれば受付は必要ないので、より簡易的な葬儀にできるという意味です。

また、香典をいただくと返礼品の用意が必要となります。
このように、家族葬を執り行う側の負担を減らし、故人との別れに少しでも時間を割くために香典を辞退するのです。

香典を受け取った場合の対応

繰り返しになりますが、家族葬の香典を辞退する際は相手に明確に伝えないといけません。
しかし、それでも香典をいただく場合、どう対応すればいいのでしょうか。

ここでは香典を辞退している家族葬で、香典を渡された場合の対応について解説いたします。

親族・近所の方・友人の場合

ご親族やご友人、近所の方などから受け取った場合は香典返しが必要です。
香典の辞退を伝えている上で渡してくる場合、香典返しを気にしていない可能性は高いでしょう。

香典を辞退していることを再び伝え、一度は丁重にお断りしましょう。
それでもと渡された場合は、弔意を無下にしないためにも受け取ります。

しかし、受け取った以上はけじめや礼儀として、香典返しはしっかり行いましょう。

会社名義の場合

香典が会社名義の場合、断らずに受け取って良いでしょう。
これは会社が規則として定めている福利厚生に従い、慶弔見舞金を香典として用意していることになります。

会社の経費扱いになるため、香典返しをする必要はありません。

以下の記事では、香典の辞退について解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説

近年ごく親しい身内のみで執り行う家族葬が増加の傾向にあります。家族葬では香典を辞退するケースが多いようですが、訃報を受けた側からすると香典なしで問題ないのか悩みます。家族葬は香典なしで本当に良いのか、香典を辞退する際の注意点も交え解説します。

家族葬を執り行う際の注意点に関するまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の終活ねっとでは、家族葬を執り行う際の注意点について、以下のことを解説してきました。

  • 家族葬は近親者のみの小規模な葬儀、、費用は約50万円〜100万円。
  • 家族葬のメリットは「故人を見送る時間を作れる」「費用が安い」「ご遺族の希望を取り入れやすい」。
    デメリットは「反対される可能性が高い」「通常よりも弔問客が多い」。
  • 参列者を呼ぶ範囲は、故人に近しい関係から順に、葬儀の規模に応じて決める。
    辞退する際は日程や場所を省き、参列・香典の辞退を明確に記載する。
  • 会社側も対応すべきことがあるため、訃報連絡は早めにする。
    香典辞退が多い理由は、葬儀をより簡易的にしたいからである。
  • 辞退しているにも関わらず香典を受け取った場合、香典返しは必要になるが、会社名義でいただいた場合は香典返しは不要。

参列や香典辞退の意志が伝わらなければ、相手も戸惑ってしまうため、訃報連絡の際は分かりやすく明確に表記しておきましょう。

終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を数多く掲載しておりますので、合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

シェアする

「家族葬・執り行う」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・執り行う」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

家族葬の告別式の流れ・かかる時間は?喪主・参列者のマナーも解説のサムネイル画像

家族葬の告別式の流れ・かかる時間は?喪主・参列者のマナーも解説

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

会社への家族葬の連絡マナーとは?伝えるべき内容や文例をご紹介のサムネイル画像

会社への家族葬の連絡マナーとは?伝えるべき内容や文例をご紹介

家族葬を会社に連絡する際の方法や注意点とは?連絡時の文例もご紹介のサムネイル画像

家族葬を会社に連絡する際の方法や注意点とは?連絡時の文例もご紹介

家族葬の香典の相場とは?家族葬における香典・参列マナーをご紹介のサムネイル画像

家族葬の香典の相場とは?家族葬における香典・参列マナーをご紹介

友人への家族葬の連絡の仕方や内容とは?参列依頼・辞退別にご紹介のサムネイル画像

友人への家族葬の連絡の仕方や内容とは?参列依頼・辞退別にご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・執り行う」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

家族葬の告別式の流れ・かかる時間は?喪主・参列者のマナーも解説のサムネイル画像

家族葬の告別式の流れ・かかる時間は?喪主・参列者のマナーも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと