家族葬は通夜なしでもいいの?流れやメリット・デメリットも紹介

家族葬は通夜なしでもいいの?流れやメリット・デメリットも紹介

家族葬はご遺族や親しい人のみで行う小規模な葬儀として近年注目されている葬儀形式のひとつですが、家族葬は通夜なしでも良いのでしょうか。通夜をなしにする理由には何があるのでしょう。今回は、家族葬は通夜なしでも良いかについて、メリットやデメリットとともに解説します。

最終更新日: 2020年02月29日

家族葬は通夜なしでも良いかについて

葬儀

近年、葬儀の形態として家族葬を選ぶ方が増えています。
自由度の高い葬儀ですが、小規模な家族葬なら通夜なしで葬儀を行っても良いのでしょうか?

もし通夜なしの家族葬ができるとしたら、その際のメリットとデメリットが知りたいという方も多いと思います。
実際に家族葬の葬儀を執り行う前に、きちんと調べておきたいものです。

今回「終活ねっと」では、家族葬では通夜なしでも良いのかということについて以下のポイントを中心に解説します。

  • 家族葬とは

  • 家族葬の通夜はなしでも良いの?

  • 通夜をなしにするメリット・デメリット

  • 通夜を行わない一日葬・直葬の流れと費用

  • 自宅で行える家族葬もあるの?

家族葬を通夜なしでもできるかに加えて、通夜なしで行う家族葬のメリット・デメリットもご紹介します。

葬儀を通夜・告別式と二日に分けて行うことは、費用・時間的にも負担がかかることなので、できることなら家族葬でも通夜なしで葬儀を行いたいと考える方は多いと思います。

今後家族葬を執り行うことを考えているという方はぜひ最後までご覧いただき、参考にしていただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬って?

葬儀

そもそも家族葬とはどのようなお葬式なのでしょうか?
家族葬とは家族や親族を含めた親しい人のみで執り行う葬儀のことです。

通常のお葬式とは違い、家族葬では近所の方や勤務先の関係者などの一般客の参列は辞退し、小規模に行われます。

今では身内だけでこじんまりと済ませたい、費用を抑えたいという理由から家族葬を執り行う人が増えてきました。
身内だけで静かにお見送りしてあげたいと考えている人などが多く、家族葬の認知度は上昇しています。

家族葬の通夜はなしでも良い?

葬儀

家族葬は通常のお葬式よりも負担を軽減することはできるけれど、通夜なしでも良いのでしょうか?

ここからは家族葬ではお通夜は行わなくても良いのかということについて詳しく解説します。
家族葬を考えている方はぜひご覧ください。

通夜は行わなくても良い

近年家族葬を執り行う人が増えている理由の一つとして、お葬式のスタイルを自由に決めることができるということが挙げられているように通夜を行わなくても問題ありません

通夜を行わない葬儀には、一日葬や密葬などがあります。
一日葬や密葬は以下の通りです。

  • 一日葬

    一日葬は通夜を行わず、告別式と火葬だけを執り行う葬儀で、基本的には通夜から告別式まで2日かかる葬儀も一日で済みます。

    そのため遠方の方は日帰りで葬儀に参加することができ、親族への精神的・身体的負担を減らすことができます。

  • 密葬

    密葬とは家族葬とは違い先に親族や故人としたしかった人達のみで葬儀を執り行い、後日一般の火葬者を招いて葬儀を執り行うことを言います。
    密葬の場合も通夜を行わず、告別式と火葬だけ執り行うことが可能です。

    密葬の場合は火葬を済ませるため、その後一般の会葬者が参列する葬儀ではご遺骨の状態で執り行われることがほとんどです。

また、家族葬で通夜をなしにする理由を以下にご説明します。
家族葬はご遺族の希望や故人の遺志が最優先されます。

通夜と告別式を分ける必要がない

昔から通夜はご遺族や親族のため、告別式はそれ以外の一般の参列客のためとされてきました。
そのため、一般の参列客はほぼいない家族葬では、通夜と告別式を分ける必要がありません

したがって通夜をなしにするのと同じように、告別式をなしにすることも可能です。

故人をおくる時間が減るわけではない

通夜を行わないということは故人をおくる時間が減ってしまうのではと思う方も多いと思います。
しかし、通夜を行わないからといって決して故人をおくる時間が減るわけではありません

通夜を行わないということは、弔問客を招いて葬儀を行わないという意味なので、その分ご遺族などで故人とゆっくりお別れをすることができます。

また、亡くなってから24時間以内に火葬してはいけないという法律があるため、その間は故人と十分お別れをする時間があります。

通夜という儀式を行わないと決めたのであれば、告別式や火葬で悔いのないよう故人をおくるようにしましょう。

また、家族葬のお通夜に関しては以下の記事でも解説しておりますので、合わせてご覧ください。

通夜をなしにするメリット・デメリット

困った人々

家族葬では通夜を行わなくても問題ないとご説明しましたが、通夜をなしにするメリットとデメリットはどんなことがあるのでしょうか?
通夜なしの家族葬を執り行う前に、メリットとデメリットを知っておきたい方もいるのではないでしょうか。

ここからは通夜をなしにするメリットとデメリットを詳しく解説します。

メリット

始めに通夜を行わない場合のメリットについてご説明します。
通夜を行わない場合、どのようなメリットがあるのか知っておきましょう。

  • 費用を抑えることができる

    通夜を行わないため、通夜振る舞いなどの接待飲食費や施設使用料が1日分しかかからず、費用は通常より安く抑えることができます。

  • ご遺族の負担を軽減することができる

    通夜・告別式などは通常2日に渡って行われるため斎場までの移動や、弔問客の接待などでご遺族の方は精神的・身体的にも負担がかかります。

    通夜を行わないことにより、そういった負担を軽減することができます。

デメリット

続いて通夜を行わない場合のデメリットについてご説明します。
通夜を行わない場合はメリットだけではなくデメリットもあるため、デメリットもきちんと理解しておきましょう。

  • 通夜に参列できない弔問客の対応の負担が増す

    通夜を行わない場合、参列できない弔問客がいます。
    そのため、葬儀終了後に自宅の弔問がある場合があり、その際は弔問客対応の負担が通常より増す可能性があります。

  • 通夜なしでも費用が変わらない場合がある

    斎場によっては、前日の準備というかたちで費用が2日分かかる場合があります。
    その際には通夜なしの場合でも費用があまり変わらないということがありますので、注意が必要です。

  • 都合がつかない参列客が出る場合がある

    通夜があって葬儀が2日にわたっていれば、どちらかには参列することができるという参列客もいるでしょう。

    しかし通夜をなしにしてしまうと、葬儀は1日で終わってしまうため都合がつかない参列客が出る場合があります。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬のメリットとデメリットについて解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

通夜を行わない一日葬・直葬の流れと費用

お金

では実際に通夜を行わない場合、基本的な一日葬・直葬の流れと費用はどのようになっているのでしょうか。

ここからは基本的な一日葬・直葬の流れとその費用について詳しくご説明します。

基本的な流れ

始めに基本的な流れをみていきましょう。
一日葬と直葬の流れを分けて解説します。

一日葬の場合

  • 葬儀社との打ち合わせ

    亡くなってから医師より死亡診断書を受け取りご遺体を安置し、その後に葬儀社との葬儀詳細の打ち合わせになります。
    故人の遺志やご遺族の希望がある場合はきちんと伝えるようにしましょう。

  • 旅支度の後に告別式

    一日葬では通夜を行わないため、家族や親族のみが告別式の前に集まり旅支度を行い、告別式へと移ります。
    告別式の流れは一般的な葬儀の場合と変わりはありません。

  • 出棺後に火葬へ

    告別式が終了すると出棺となり、その後喪主の挨拶を済ませてから火葬場へ移動します。

    火葬場へ到着した後は故人との最後のひと時となる納めの式が行われます。
    納めの式の後に火葬が行われます。

  • 骨上げ後、精進落とし

    火葬が終了すると、家族や親族で骨上げとなります。
    骨上げ終えると斎場へ戻り精進落としとなり、故人を囲んでみんなで食事を行します。

直葬の場合

直葬の特徴として、通夜も告別式がないことがあげられます。
基本的な流れは一日葬の流れとほぼ変わらず、告別式を行わないという点だけ異なります。

費用相場

次に、一日葬と直葬の費用相場についてみてみましょう。
どこに違いがあるのでしょうか。

一日葬の場合

まずは家族葬で行う一日葬の費用相場についてです。

家族葬で行う一日葬の費用相場は約45万円となっています。
一般葬の費用平均が約90万円、通夜を行う家族葬の費用相場が約50万円となっているように、家族葬で行う一日葬の費用相場は低くなっています。

直葬の場合

直葬は通夜と告別式を行わないため、費用相場は10万円~30万円と葬儀の中では非常に安くなっています。

先程ご説明した通り、一日葬の費用相場が約45万円となっているように告別式と行わないだけでも約20万円の差が発生します。

直葬の場合10万円を切る時もあり、また色々な追加料金が発生し30万円を超えることもあります。
直葬を行う場合、費用についてもきちんと葬儀社に確認をしておくと良いでしょう。

家族葬のプランは、税込493,000円よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大7万円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



自宅で行える家族葬もある?

困った人々

最近では、家族葬を自宅で行う人も増えてきました。
自宅で家族葬を行うことを自宅葬といい、自宅葬とは自宅で家族や故人と親しかった人だけで執り行う葬儀のことです。

故人との思い出の家でお別れをしたい、時間を気にせずゆっくりとお別れをしたい、費用を抑えたいという理由などから自宅葬を執り行うケースが増えています。

自宅で葬儀を行うため式場代などはかかりませんが、通常通りの葬儀を執り行うことができます。

費用の関係で通夜を省略したいと考えている方は、自宅葬という葬儀方法もあるということを覚えておくと良いかもしれません。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、自宅葬について詳しく解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

家族葬は通夜なしで良いかについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回の「終活ねっと」では家族葬は通夜なしでも良いかについて以下のポイントを中心に解説しました。

  • ご遺族・親族や故人の親しかった人のみで執り行うお葬式のことを家族葬という。

  • 家族葬ではお葬式のスタイルを自由に決めることができるということが挙げられているように通夜を行わなくても問題なく、一日葬や密葬などがある。

  • 一日葬は通夜を行わず、告別式と火葬だけを執り行う葬儀で、基本的には通夜から告別式まで2日かかる葬儀も一日で済む。

    密葬とは家族葬とは違い先にご遺族や親しかった人達のみで葬儀を執り行い、後日一般の火葬者を招いて葬儀を執り行う。

  • 亡くなってから24時間以内に火葬してはいけないという法律があり、通夜を行わないからといって故人とのお別れの時間が減るわけではない

  • 通夜なしの場合は費用を抑える、ご遺族の精神的・身体的負担を軽減することができるなどのメリットがある。

    通夜なしの場合は通夜に参列できない弔問客の対応の負担が増す場合や、費用があまり変わらない場合などのデメリットもある。

  • 基本的な流れは一日葬も直葬も変わらず、直葬は告別式がないということだけが異なる点である。

    直葬は通夜と告別式を行わないため、費用相場は10万円~30万円となっている。

  • 自宅で家族や故人と親しかった人だけで執り行う葬儀のことを自宅葬といい、自宅で葬儀を行うため、式場代などがかからずに通常通りの葬儀を執り行うことができる

家族や親族、親しかった友人のみでゆっくりとお別れをすることが出来る家族葬はまだまだ認知度の低い葬儀です。

しかし今回の記事で、家族葬では通夜なしでも行うことができ、さらに、一般的な家族葬だけでなく、より費用を抑え時間がかからない一日葬や直葬があることがおわかりいただけたでしょうか。

家族葬を考えている方は、様々な葬儀を検討して、ご自身の納得のいく葬儀となるようにしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬の費用を内訳や安く抑える方法について解説しています。
ぜひあわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 通夜なしの葬儀、一日葬・直葬とは?家族葬の通夜は行うべきかも解説のサムネイル画像
    通夜なしの葬儀、一日葬・直葬とは?家族葬の通夜は行うべきかも解説

    近年、高額の葬儀費用を捻出するのが困難で、通夜や告別式なしの葬儀を選び費用を節約する人が増えています。そこで今回終活ねっとでは、通夜や告別式がない新しい形の葬儀である一日葬・直葬について解説し、家族葬の通夜はなしでもいいの?という疑問についてもお答えします!

  • 家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像
    家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

    家族葬は、家族や親族のみで行う葬儀の形式のため、ご自宅で執り行う場合もあります。今回、終活ねっとでは、家族葬を家で行う際の準備や注意点を中心に解説していきます。あわせてマナーや家族葬にかかる費用、メリット・デメリットについてもご紹介していきます。

  • 家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介のサムネイル画像
    家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

    最近増えてきている葬儀の1つに家族葬があります。家族葬は基本的に近親者だけで執り行う葬儀ですが、一般的にはどのくらいの規模で行われているのでしょうか。今回終活ねっとでは、家族葬の規模についてを中心に、家族葬の平均参列者数や会場の規模もご紹介していきます。

  • 家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像
    家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

    家族葬とは最近増加してきている、親族や親しい人だけで行う葬儀のことです。しかしいくら家族葬とはいえ、5人の場合は行うことはできるのでしょうか?今回、家族葬は5人という少人数でも行えるのかについてを中心に、費用の内訳や他の葬儀形式もあわせてご紹介します。

  • 3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!のサムネイル画像
    3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!

    核家族化が進み、葬儀の規模は都市部を中心に、ますます小さくなってきています。少人数で行う印象の強い家族葬ですが、3人だけでも行うことができるのでしょうか。今回は。家族葬は3人だけでも行うことができるのかについて、他の葬儀形式や費用と合わせて紹介していきます。

  • 2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像
    2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

    最近は家族葬を希望されるご遺族が増えています。家族葬の増加には、高齢化社会と核家族化の影響があると言われいますが、核家族でご遺族が2人しかいなくても家族葬は執り行えるのでしょうか?今回は、2人で行う家族葬について具体的な費用や呼ばない人への対応を解説します。

  • 家族葬にかかる葬儀費用はいくら?費用内訳や安くするポイントを紹介のサムネイル画像
    家族葬にかかる葬儀費用はいくら?費用内訳や安くするポイントを紹介

    葬儀の形式が多様化する中で、従来型の大きな葬儀ではなく、家族葬などに代表される小さな葬儀を選択される方も増えてきています。今回、終活ねっとでは、家族葬にかかる葬儀費用はいくらくらいになるのか、費用内訳や費用を安くするポイントについても紹介していきます。

  • 家族葬の費用を安くするには?注意点やさらに安い葬儀形式も紹介!のサムネイル画像
    家族葬の費用を安くするには?注意点やさらに安い葬儀形式も紹介!

    一般葬に比べて費用が安い家族葬ですが、一般的な葬儀形式でないだけに、料金などに不安を覚えてしまう方も多いでしょう。そこで今回は、家族葬の費用を安くする方法について、家族葬の料金の相場や内訳、注意点やより安く済む葬儀形式についても交えながら解説していきます。

  • 家族葬の通夜を行う場所って?必要な費用や通夜を行わない葬儀も紹介のサムネイル画像
    家族葬の通夜を行う場所って?必要な費用や通夜を行わない葬儀も紹介

    近しい人たちだけで故人をお見送りすることができる葬儀として注目を集めている家族葬。特に通夜について場所や費用など、知っている方は少ないのではないでしょうか。気になることが多い家族葬について、ここでは通夜の場所の選択や費用などについてご説明いたします。

  • 家族葬の平均費用はいくら?内訳や費用を抑える方法も紹介しますのサムネイル画像
    家族葬の平均費用はいくら?内訳や費用を抑える方法も紹介します

    家族葬は費用が抑えられることから近年人気が高まっています。しかし、平均でいくらぐらい費用がかかるか知らない方も多いのではないでしょうか?また、費用の内訳も気になるところです。今回は、家族葬の平均費用や内訳のほか、家族葬の費用を抑える方法についてもご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事