家族葬参列の判断基準とは?行かない場合の弔問・香典マナーもご紹介

家族葬参列の判断基準とは?行かない場合の弔問・香典マナーもご紹介

最近は一般葬ではなく家族葬を行う人が増えてきています。身近な人のみで行う家族葬ですが、知人の葬儀が家族葬の場合、参列をしてもいいのでしょうか。今回は家族葬に行くか行かないかについて、判断基準や行かない場合のマナー、行く場合のマナーについても含めて解説します。

最終更新日: 2020年12月01日

家族葬には行かないべきかについて

葬儀

近年人気の葬儀形式として、家族葬があります。
家族葬はご遺族や親族を中心として行われる比較的規模が小さな葬儀です。

では、知人の葬儀が家族葬であった場合、葬儀には行かないべきなのでしょうか。
また、行かない場合はどのような対応をすればよいのでしょうか。
葬儀があることを知りながら何もしないわけにもいかない気がします。
何か弔意を表す方法はないのか知りたいものです。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬には行かないべきかについて、以下の項目を中心に解説していきます。

  • 家族葬ってなに?

  • 家族葬に参列してもよいのか?

  • 家族葬に行かない場合の対応について

  • 家族葬に行く場合のマナーについて

家族葬の参列判断基準や行かない場合の対応について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧いただき、理解を深めていただければと思います。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「DMMのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは?

葬儀

家族葬とは、ご遺族や親族を中心に行われる葬儀です。
また、ご遺族の希望次第で故人と親しい友人や知人も参列することができます。
一般葬に比べると規模が小さく、20人程度の人数で執り行われる場合がほとんどです。
会社関係の人の参列は辞退する場合が多いです。

経済的に葬儀費用を抑えることができることや、故人との最期の時をゆっくりと過ごすことができること、葬儀内容に自由度があるという点から家族葬を選ぶ人が増えてきています。

一般葬も家族葬も葬儀の進行には変わりはありません。
お通夜式があって葬儀・告別式があるというのが基本スタイルです。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。
また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの登録割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

家族葬のプランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。
"



家族葬には行かない方がいいの?

葬儀

知人の葬儀が家族葬であった場合、葬儀には行かない方がよいのでしょうか。
ここでは、家族葬の参列の判断基準について解説します。

基本的に親族以外は参列しない

一般葬ではなく家族葬で葬儀を行うということは、小規模の葬儀を行いたいというご遺族の意思の表れです。
そのため、家族葬は基本的に親族のみで執り行います。

故人とかなり親しかった友人などは葬儀に参列する場合もありますが、多くの知人や友人は、頼まれてもいないのに参列することはマナー違反になるので注意しましょう。

家族葬への参列の判断基準

家族葬と言っても明確な定義があるわけではありません。
葬儀によっては家族葬であっても親族以外の参列も許容している場合もあります。
では、実際に家族葬に行くか行かないかの判断基準について解説します。

葬儀に行ってもよい場合

葬儀に参列してもよい場合は以下の通りです。

  • ご遺族から直接依頼があった場合

    ご遺族は、参列を依頼したい方には直接連絡を入れます
    そのため、依頼された場合は参列するようにしましょう。

  • 訃報連絡で葬儀の詳細が知らされた場合

    訃報連絡の中で葬儀の日時や場所が知らされた場合、参列を依頼されたと判断していいでしょう。

葬儀に行かない方がよい場合

葬儀に行かないほうがよい場合は以下の通りです。

  • 参列辞退の旨が伝えられた場合

    訃報報告の中に葬儀への参列辞退の旨が明確に書いてあった場合、参列することは控えましょう。

  • 訃報連絡の中で葬儀の詳細が知らされていない場合

    家族葬で行う旨を伝えられ、葬儀の詳細について伝えられなかった場合は、参列を遠慮します。

  • ご遺族から訃報連絡がない場合

    人づてに訃報を聞いたとしても、ご遺族から直接訃報の連絡がない場合は参列しないようにしましょう。

迷ったら喪主に相談する

訃報報告を見ると明確に参列を辞退する旨が記載されてない場合もあります。
その場合は、はっきりとしないので喪主に参列可否を相談しましょう。

また、香典や供花などについての記載も確認しましょう。
こちらも明確に辞退と記載されている場合は良いのですが、何も記載がない場合はどちらとも取れるので喪主に確認をしましょう。

家族葬の通夜に参列してもいいの?

では、家族葬の通夜には参列してもいいのでしょうか。
通夜も告別式と同様、ご遺族から依頼された場合のみ参列するようにしましょう。
また、訃報連絡の中で通夜の詳細が伝えられた場合も通夜に参列することができます。

家族葬は通夜なしで行えるのかについて気になる方は、以下の記事を参考にしてください。

家族葬に行かない場合はどうする?

困った人々

家族葬には参列することができなかった場合、どうすれば良いのでしょうか。
訃報報告を頂いているのに、何もしないというわけにはいきません。
ここでは、家族葬に行かない場合はどうすればよいかを解説します。

弔電を送る

家族葬の場合は参列以外にも香典や供花など辞退されることが多いです。
ただし、弔電に関しては基本的に迷惑にはならないので送っても構わないとされています。

弔電の手配の仕方

弔電は電話やインターネットで申し込みができます。
最もポピュラーなNTTの場合ですと、電話なら8時から22時まで局番なしの115にダイヤルをすれば、オペレーターの指示に従って、内容を決めていくうちに弔電が完成します。

インターネットの場合は24時間対応で手順通りに進めていくと簡単に弔電が完成します。

いずれも喪主に確認し、通夜式や葬儀式・告別式が始まる前に届くように手配します。

弔電の費用

弔電にかかる費用は、メッセージと差出人を合わせた文字数分の料金と台紙料金となります。
場合によってはオプション料金を加えます。
その金額に消費税分を足したものになります。

支払い方法は電話料金と一緒に支払うか、クレジットカード払いが基本となります。

家族葬の後日弔問にいく

家族葬に行かなかった場合、後日に弔問に行くという方法があります。
弔問に関してのマナーは以下の通りです。

  • 弔問するタイミング

    弔問をするのであれば、葬儀後3日以降〜四十九日頃までを目安にしてください。
    なお、事前に連絡を入れて確認をとってから出かけましょう。

  • 服装

    家族葬後に弔問をする際、喪服を着用して行ってはいけません。
    対応されるご遺族は葬儀が終わり、日常の生活に戻ろうとしているので普段着で対応をされます。
    弔問する側もそれに応じる形で平服でいきましょう
    色は黒ではなく、グレーや紺色などの派手ではないものを選びましょう。

  • お供え物

    弔問の際には手土産は不要とされています。
    ですが、お供え物は持参して構いません。
    お線香や花、お菓子などを持参すると良いでしょう。
    ただし、弔問時のお供え物についても辞退される場合もあるので、事前に確認をとっておくほうが良いでしょう。

家族葬においての弔問・訪問についてのマナーについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

香典は送らない

一般の葬儀であれば、参列が出来なかった場合は後日、香典を郵送で送ることはよくある話です。
ところが、家族葬はそうは行かない場合が多いので注意しましょう。

家族葬でも香典も受け付けている家族葬なら、香典を送っても問題はありません。
しかし、家族葬では香典を辞退している場合が多いです。

香典を辞退するのは、余計な費用をかけなたくないというご遺族の思いもあってのことです。
葬儀で香典を辞退していたのであれば、香典を郵送で送ることも止めましょう。
良かれと思っていることが、かえって迷惑になる可能性が高いのです。

家族葬に行く場合のマナー

葬儀

では、家族葬に参列する場合はどのような点に気を付けるべきなのでしょうか。
ここでは、家族葬に行く場合のマナーについて解説します。

香典について

家族葬への参列を依頼する連絡の中で香典辞退の旨が伝えられた場合、香典を持参しないようにしましょう。
ご遺族の気持ちを尊重することが大切です。

一方で香典は辞退されていない場合、香典を持っていくようにしましょう。
香典は受付で渡します。
また金額の相場ですが、一般の葬儀でお包みする金額と同じです。
故人との関係やご自身の年齢によって金額が変わってきます。

服装について

家族葬のに参列する場合、準喪服を着用することが一般的です。
喪主やご遺族の方より高い格式の喪服を着ないようにしましょう。
男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルを着用します。

またご遺族から平服を指定された場合は平服を着用していきます。
平服は普段着のことではないので注意してください。

家族葬での服装のマナーについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

家族葬に行かないべきかについてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、家族葬には行かないべきかについて解説してきました。
記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 家族葬とはご遺族や親族のみで行う小規模の葬儀である。

  • 家族葬の参列は基本的に親族のみとなるが、中には親族以外の参列も許容している家族葬もあるので、訃報報告を確認して判断する。

  • 家族葬に行かない場合、基本的に香典は不要であるが、弔電を出すことは問題ない。

  • 家族葬後に弔問に行く際は葬儀後1週間を目安にし、ご遺族に連絡の上、平服で行くべきである。

  • 家族葬に行く場合は、香典の辞退について確認し、服装は準喪服を着用する。

家族葬は親族のみで行うものですが、参列や香典などに関しては訃報連絡を確認することが大切です。
それでもわからないことは、喪主に確認するのが1番確かな方法です。

家族葬に行かない場合でも、弔電や後日の弔問などを行うことで弔意を表すことが出来ることもわかりました。
いずれにしても、家族葬ならではの一般葬とは違うマナーを理解しておくことは大切だと言えそうです。

終活ねっとでは、この他にも葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、家族葬の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひこちらもお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事