会社への家族葬の連絡マナーとは?伝えるべき内容や文例をご紹介

近年、家族葬を行う人が増えてきました。家族葬は比較的新しい形式の葬儀なので家族葬を行う際、会社への対応に困ってしまう方もいるのではないでしょうか?今回、終活ねっとでは家族葬を行う場合の会社への連絡マナー、訃報を受けた会社側のマナーなどを解説します。

目次

  1. 会社への家族葬の連絡マナーとは
  2. 家族葬とは
  3. 会社に家族葬の連絡をした方がいい?
  4. 家族葬の際の会社への連絡マナーとは
  5. 会社の方の伝達ミスがあった場合
  6. 家族葬では忌引き休暇は何日もらえるか
  7. 会社側の家族葬の連絡に対するマナー
  8. 会社への家族葬の連絡マナーに関するまとめ

会社への家族葬の連絡マナーとは

葬儀

近年、高齢化や核家族化などを背景に、身内だけで執り行う家族葬を行う方が増えてきました。
家族葬は比較的新しい形式の葬儀なので、きちんと対応できるか不安な方は多いと思います。

家族葬で葬儀を行う場合、故人や遺族の会社にはどのように死去を伝えればよいのでしょうか?
また、訃報を受け取った会社側は、どのような対応をとればよいのでしょうか?

今回、終活ねっとでは会社への家族葬の連絡マナーについて以下の項目を軸に解説していきます。

  • そもそも家族葬ってなに?
  • 会社に家族葬の連絡はしたほうがいいの?
  • 会社の誰に連絡をしたほうがいいの?
  • 会社にはどのような内容を伝えればいいの?
  • 会社に通知する際に気を付けなければいけないことってなに?
  • 会社に伝える際の文例は?
  • 社内通知がうまく伝わっていなかった場合はどのように対応すればいいの?
  • 家族葬ではどのくらい忌引き休暇が取れるの?
  • 家族葬の連絡を受け取ったら会社側はどのような対応を取ればいいの?

遺族側のマナーや対応に加えて、会社側の対応も解説してます。
特に家族葬を予定している方や会社で家族葬の通知を受け取った方はぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とは

葬儀

そもそも家族葬とは、身内だけで行う比較的小規模な葬儀の形です。
基本的な参列者は親族で、特に交友の深い関係の方を葬儀に呼ぶ場合もあります。

家族葬のメリットとしては、一般葬に比べて参列者が少ないので返礼品や会食費などの費用を抑えられること、故人とのお別れがゆっくりできることが主に挙げられます。
家族葬のデメリットとしては、故人と関わりのある人すべての方を葬儀に呼べないので参列をお断りする方が出てきてしまうことが主に挙げられます。

もし家族葬に関してさらに知りたいことがある方は、以下の記事に詳しく掲載していますので、ぜひご参照ください。

こちらも読まれています

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

近年、葬儀のスタイルは多様化していると言います。中でも、家族葬は特に注目をされています。家族葬とはどんな葬儀で、どのように執り行うのでしょうか?この記事では家族葬の特徴、流れやマナー、費用相場の詳細と共に解説していきます。

会社に家族葬の連絡をした方がいい?

葬儀

家族葬は参列者を限定するので、家族葬は基本的に参列をお願いする方のみに連絡をし、参列をお断りする方には葬儀が終わった後に通知をするのが一般的です。

会社関係者の方には、家族葬の参列を基本的にお断りします。
しかし、故人が現役で会社に勤めていた場合は、死去に関する手続きをしてもらわなければりません。
また、遺族が現役で会社に勤めている場合は、休暇や見舞金を取得する手続きをしなければいけません。
そのため、会社には速やかに死去の連絡をするのがマナーです。

参列をお断りするからといって、連絡なしに休暇を取ることはしないようにしましょう。

家族葬の際の会社への連絡マナーとは

困った人々

家族葬を行うとき、会社への連絡が必要であることは理解できたと思います。

では、実際に家族葬を行う旨を会社に連絡する際は、どのようなマナーがあるのでしょうか?

誰にどうやって伝えるか

まず諸手続きをしていただく総務部と直属の上司へ速やかに口頭で伝えます。

遺族の場合、休暇中に自分の仕事を他の方に代理してもらうこともあります。
ですので、同僚や同じチームの方などにも連絡をしておくと良いでしょう。

会社に伝えるべき内容

会社に伝えるべき内容は以下の通りです。

  • 亡くなった方と自分の関係

    故人との続柄によって取得できる休暇の日数が変わってきます。

  • 家族葬で葬儀を行うこと

    家族葬であることを明確に伝えないと、一般葬だと思い参列に来てしまいます。
    故人の遺志により家族葬を行うと伝えるのが良いでしょう。

  • 弔問・香典等のお断り

    家族葬なので、弔問は控えていただくよう伝えます。
    香典、供花、供物等も故人の遺志により辞退する旨を伝えます。

  • 休む日数

    取得できる慶弔休暇よりも長い場合は有休を合わせて取ることにもなるので、実際に休暇する日数を前もって伝える必要があります。

特に、参列のお断りや香典等の辞退は、会社側がはっきりわかるように伝えましょう。

会社に連絡する際の注意点

会社に連絡する際、主に以下の二点に気を付けると良いです。

口頭だけでなく文面でも伝える

まずは速やかに連絡する必要があるため、口頭で伝えなければいけません

しかし、家族葬であることをしっかり伝えなければいけないので、その後、メールやFAXなどの文面で再度伝え、情報の確実性を高めましょう。

必要であれば取引先にも報告

総務部と上司に報告したのち、必要があれば取引先にも報告しましょう。

取引中の仕事がある場合、上司や同僚が引き継ぐことになるかもしれません。
何も伝えないまま引き継ぎや取引の中止をするよりも、取引先に自ら事情を話す方が印象が良いです。
余裕があれば口頭で伝えたのち書面でも報告すると確実でしょう。

会社に伝える際の文例

口頭で会社に訃報を通知する場合の文例です。
伝えるべきことを抑え、はっきりとわかるように伝えましょう。

○○部○○課の○○です。
今朝○時○分、父が亡くなりました。

故人の遺志により家族葬にて執り行わさせていただきますので、ご参列は控えていただきますようお願い申し上げます。

御香典、御供花、御供物に関しましても故人の遺志により辞退申し上げます。

つきましては、誠に勝手ながら〇月〇日から〇月〇日までの○日間お休みをいただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

口頭で伝えたのち、書面で会社で定められた就業規則に則った報告をします。
以下は書面で伝える際の文例なので参考にしてください。

平成○○年○月○日
○○課長 ○○様
父○○儀 平成○○年○月○日に永眠いたしました
生前のご厚誼に深謝し、以下ご報告申し上げます

故人の名前と享年  [故人の名前と享年を記入]
死因        [死因を記入]
喪主        [喪主の名前と故人との続柄を記入]
備考        就業規則第○条により○月○日から7日間の慶弔休暇を申請させていただきます

故人の遺志により葬儀は家族葬にて執り行わさせていただきます
誠に勝手ながら 御香典 御供花 御供物につきましては固く辞退させていただきます

みなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご配慮のほどよろしくお願い申し上げます

[自分の名前と連絡先を記入]

葬儀が終わったらお礼・報告をする

忌引き休暇は規則で定められたものですが、突然休暇に入ってしまうことも少なくありません。
葬儀が終わったら、お世話になった方に葬儀が無事に終了したことを報告し、お礼を言うのがマナーです。
小分けのお菓子などを持っていくと良いです。

また、葬儀前に訃報を関係者のみしか伝えていなかった場合は、葬儀後に訃報を通知しましょう
故人の遺志により家族葬にて執り行ったこと、弔問や香典は辞退していること、事後報告になってしまったお詫び、無事に葬儀が終了したことへの感謝を伝えましょう。

また、弔電はお返しがいらないので、特に断りがない場合は会社は弔電を送っても良いとされるのが一般的です。
弔電を頂いた場合は、書面でお礼状を送ったうえでお礼を直接言いましょう。

終活ねっとでは、家族葬で弔電を辞退する際に伝える方法や文例も紹介しています。
もし弔電を辞退する場合はぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

故人の遺志で関係者に伝えることなく、家族葬でお別れすることがあります。家族葬のときに弔電を辞退することがありますが、どのようにするのが良いのでしょうか。弔電を辞退するときの連絡方法や文例について紹介します。

会社の方の伝達ミスがあった場合

困った人々

会社の内部で伝達ミスがあり、こちらが辞退したにも関わらず、社員が参列に来てしまったり香典を送ってしまったりした場合の対処法を解説します。

会社の方が参列に来てしまった

参列を控えていただくようお願いしたのに、伝達ミスで会社の方が参列に来てしまった場合はどのように対応すればよいでしょうか?
確かに、参列をお断りしたのに参列に向かうのはマナー違反ですが、せっかく来ていただいたのにも関わらず帰してしまうのは失礼に当たります。
弔意を受け取ってお焼香だけなど可能な範囲で参列していただくよう申し出るようにしましょう。

その際に家族葬である旨を伝え、香典等の辞退をはっきり述べるようにしましょう。

会社の方が香典を準備してしまった

香典の辞退の旨を伝えたにも関わらず会社の方が香典を準備してしまった場合は一度お断りしましょう。
一度お断りした上で「それでも」ということであれば、弔意の気持ちを受け取ってありがたく香典を頂きましょう
香典を頂いた場合、マナーとして香典返しをしましょう

ただ、香典返しがいらない会社名義の香典は受け取る場合もあります。
部署の連名で頂いた場合は香典返しが必要なので注意して区別しましょう。

家族葬では忌引き休暇は何日もらえるか

人々

多くの会社には、福利厚生の一環として忌引き休暇が認められています。
忌引き休暇は、法律等で定められているものではありませんので、会社によっては忌引き休暇自体がないところもあります。

一般的に、血縁関係が濃いほど取得できる休暇日数が長くなります。
ただ、喪主をするなどの状況次第では規定よりも長く休暇が取れる場合もあるので確認してみましょう。

以下は一般的な忌引き休暇の日数です。
会社ごとに異なるので注意してください。

故人 日数
配偶者 10日間
父母 7日間
5日間
兄弟姉妹 3日間
祖父母 3日間
配偶者の父母 3日間
1日間
叔父叔母 1日間
配偶者の祖父母 1日間
配偶者の兄弟 1日間

会社側の家族葬の連絡に対するマナー

葬儀

会社に連絡する方法は理解できたと思います。
では、家族葬で行う旨の記された訃報を受けた会社側の対応にはどのようなマナーがあるのでしょうか?

社内報告の際にも家族葬であることを伝える

訃報の連絡を受けたのち、会社の内部にも訃報を伝えます
訃報を受け取った際に、会社内のどこまでに通知してよいかを遺族に確認しておきましょう。

内部に伝える際に故人の遺志により家族葬であること、参列や香典等は辞退していることは伝えるようにしましょう。


送られてくるFAXには、弔電のために斎場の住所等が記されている場合がありますが、間違えて参列する人が出ないように葬儀の具体的な日時や場所は伝えないよう気をつけましょう。

弔慰金の制度がある場合は対応する

会社によっては、弔慰金が規定されている場合があります。
弔慰金は福利厚生の一環として設定されているためお返しが必要なく、葬儀後でも渡せます。

弔慰金は遺族を慰める目的があるので、香典とは異なるものと認識されます。
香典とを渡す場合は香典とは別に準備しましょう

会社への家族葬の連絡マナーに関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとでは会社への家族葬の連絡マナーについて以下の項目を軸に解説していきました。

  • 家族葬とは、身内だけで行う比較的小規模な葬儀である。
  • 故人が現役で働いていた場合は、死去手続きがあるため、遺族が現役で働いていた場合は休暇の手続きがあるため、葬儀の形式が家族葬でも速やかに会社に連絡しなくてはいけない。
  • 会社に連絡する場合は、まずは総務部と上司に連絡をし、必要であれば同僚や取引先にも伝える。
  • 会社には、故人との続柄、故人の遺志により家族葬を行うため参列は控えていただくこと、香典等は一切辞退すること、休暇日数を伝える。
  • 連絡は電話で伝えた後、FAXやメール等の文面で再度伝えると確実。
  • 葬儀が終わったら葬儀が無事に終了した報告とお礼を述べるのがマナー。
  • 会社内の伝達ミスで、会社の方が参列に来てしまったら、可能な範囲で参列してもらう。
  • 会社内の伝達ミスで、会社の方が香典を持ってきてしまったら、一度お断りする。
    そのうえで、「どうしても」と渡してくださる場合はありがたく頂戴し、香典返しを行うのがマナー。
  • 家族葬において忌引き休暇は会社の規定によって異なるが、一般的に血縁関係の濃いほうが長く休暇を得られる。
  • 会社の方が訃報を受け取った際、社内報告では、家族葬で行うため参列は控えること、香典等を辞退していることは必ず伝える。
  • 会社の規定によって弔慰金の制度がある場合は弔慰金の対応をする。

家族葬を行うにあたって多くの方は会社に連絡しなければいけない局面が出てくると思います。
家族葬の場合、会社の方は故人や遺族の意志を汲み取って対応しなければいけないので、遺族側は会社側にはっきり伝わるような連絡をしましょう。

この記事で家族葬の会社に関する疑問が少しでも解決されたら嬉しく思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

シェアする

「家族葬・マナー・会社」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・マナー・会社」についてさらに知りたい方へ

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説のサムネイル画像

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬の場合は会社に連絡する?伝え方や会社側の対応も紹介します!のサムネイル画像

家族葬の場合は会社に連絡する?伝え方や会社側の対応も紹介します!

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介のサムネイル画像

家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

家族葬の告別式の流れ・かかる時間は?喪主・参列者のマナーも解説のサムネイル画像

家族葬の告別式の流れ・かかる時間は?喪主・参列者のマナーも解説

家族葬を会社に連絡する際の方法や注意点とは?連絡時の文例もご紹介のサムネイル画像

家族葬を会社に連絡する際の方法や注意点とは?連絡時の文例もご紹介

友人への家族葬の連絡の仕方や内容とは?参列依頼・辞退別にご紹介のサムネイル画像

友人への家族葬の連絡の仕方や内容とは?参列依頼・辞退別にご紹介

適切な家族葬への対応とは?参列判断や喪主の連絡・香典対応をご紹介のサムネイル画像

適切な家族葬への対応とは?参列判断や喪主の連絡・香典対応をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・マナー・会社」についてさらに知りたい方へ

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説のサムネイル画像

葬儀による会社の休み連絡の方法と文例は?日数や家族葬の場合も解説

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬の場合は会社に連絡する?伝え方や会社側の対応も紹介します!のサムネイル画像

家族葬の場合は会社に連絡する?伝え方や会社側の対応も紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと