家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーとは?喪主・参列者別に解説

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーとは?喪主・参列者別に解説

近年では遺族の負担を軽減できるため、葬儀は家族葬で行うという人が増加しています。家族葬は一般葬と流れ的には変わりませんが、弔問や訪問に際してのマナーには違いがあります。この記事では、家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーを喪主、参列者別に解説していきます。

最終更新日: 2020年02月10日

家族葬後の弔問・訪問マナーとは

葬儀

葬儀に幾つかの種類がありますが、近年は家族葬を選択する人が増えています。
メリットが大きいため多くの人たちから支持をされているのですが、弔問や訪問に関しては気を付けなくてはいけない点があることをご存知でしょうか。
家族葬には一般葬とは違ったマナーが存在しているのです。

そこで今回「終活ねっと」では、家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーを以下の項目を中心に解説していきます。

  • 家族葬とは?

  • 喪主側の家族葬前~当日の弔問・訪問マナーについて

  • 参列者側の家族葬前~当日の弔問・訪問マナーについて

  • 喪主側の家族葬後日の弔問・訪問マナーについて

  • 参列者側の家族葬後日の弔問・訪問マナーについて

家族葬前から当日、また家族葬後の弔問・訪問マナーについて参列者、喪主別に詳しく紹介しております。
家族葬はまだ浸透していないルールが多く、わからない部分が多いと思います。
今回の記事ではそんな皆さんのお役に立てる有益な情報をたくさん紹介しております。

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーを詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧いただき、理解を深めていただければと思います。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは

困った人々

葬儀と言えば、お通夜と葬儀・告別式が2日に渡って行われ、故人と縁のあった人達が集まり故人を偲ぶという一般葬が当然のように執り行われていました。
最近話題の家族葬も流れ的には一般葬と何も変わりはありません

大きな違いは一般葬と比べると規模が小さく、参列者の人数も20人~30人程度のこじんまりとした葬儀であることです。
参列する人も遺族・親族を中心として行われ、友人や知人、会社関係者は参列を辞退することが一般的です。

香典は辞退することが多く、香典返しなどの経済的負担の軽減が見込めます。
また、参列者の対応が不要で、故人とのお別れの時間を有意義に過ごすことができるメリットもあります。

以下の記事では、家族葬の流れやマナー・費用相場について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

家族葬前〜当日の弔問・訪問マナーとは

葬儀

家族葬のマナーで気を付けたいのは、参列と香典をどうするのかという点になります。
ここでは、喪主側、参列者側それぞれの立場での家族葬前~当日の弔問・訪問マナーを解説します。

喪主側

家族葬では喪主側は葬儀への参列を依頼する人、辞退する人の選別を行わなくてはいけません。
それぞれの場合の訃報連絡の仕方は以下のようになります。

参列をお願いする方への訃報連絡の仕方

葬儀に参列をお願いする方への訃報連絡は、一般葬の際と同様の対応をして問題はありません
基本的に電話で訃報の一報を入れて、詳細はFAXなどで送るのが一般的でしょう。
お通夜と葬儀の日時、場所を忘れずに伝えましょう。

なお、家族葬で行う旨はしっかりと伝えましょう。
限られた方たちのみで執り行う家族葬なので、周囲の人達に他言されないようにお願いをしておくと良いでしょう。

参列辞退の方への訃報連絡の仕方

参列を辞退する人へも葬儀前の訃報の連絡は必要です。
連絡は電話連絡が基本ですが、訃報の一報と家族葬のため参列は辞退する旨をしっかりと伝えます

葬儀の場所や日時はお知らせしないように気を付けましょう。
また、香典や供花、供物も辞退することを忘れずに伝えましょう。

訃報の連絡をすべての人に入れるのは現実的に無理があります。
そのため、葬儀後には訃報の連絡を入れることができなかった方々を中心に、死亡通知と共に葬儀が無事に家族葬で執り行われたことを文書にて送りましょう。
通知にはなくなった日時と葬儀の日付を忘れずに入れましょう。

当日突然来られた参列者への対応

家族葬で限られた人にしか参列の依頼をしていなくても、どこからか葬儀の話を聞きつけて参列を依頼していない人が弔問されることがあります。
そのよう場合は、家族葬であることを知らずに来られている場合が多いです。
断るのではなくお参りをしていただきましょう

香典や供花などは原則、辞退して構わないですが、どうしても受け取りを依頼される場合は受け付けましょう。
後日、香典返しなどを送ることで対応することになります。

家族葬の喪主挨拶については以下の記事で詳しく解説しております。
あわせてご覧ください。

参列者側

葬儀が家族葬で行われると知った際には、自分が葬儀に参列するべきかどうかを判断しなくてはいけません。
一般葬と違い家族葬は参列できる人が限られているためです。
参列していいのかどうかや香典の持参に関しての判断は以下の通りになります。

参列していいかの判断法

訃報の連絡の第一報は電話連絡で入るかも知れません。
その際に、家族葬であることや参列に関しての連絡が入れば、それで判断をすれば良いでしょう。
また、後ほどFAXやハガキなどで送られてくる訃報連絡を確認することで参列をしてもいいのかどうかの判断をすることも可能です。

訃報連絡に葬儀の日時や場所の記載があり、参列を辞退する旨が書かれていなければ参列してもいい可能性は高いです。
しかし、葬儀の日時や場所の記載がなかったり、参列を辞退する旨の記載があれば葬儀には参列するべきではありません
葬儀の詳細が載っていなくても記載漏れではないので遺族に確認などをしないようにしましょう。

迷ったら喪主に相談

訃報連絡で参列を辞退することが明確にわかれば良いのですが、場合によってははっきりしない場合もあります。
訃報連絡の文面等から参列の判断をすることが難しいこともあるのです。

参列できたのにしない、参列するべきではないのにうかがった。
いずれの場合もマナー違反になりかねません
迷ったら喪主に確認をしましょう

そのほうが間違いなく確実です。

香典はどうする?

葬儀に参列できるとわかれば、葬儀案内を元に弔問にうかがうことになります。

家族葬では香典を辞退している場合が多いと聞きます。
何も考えずに香典を持参しなくても良いのでしょうか。
香典の持参に関しての判断は以下のようになります。

香典は葬儀案内に従う

前述のように香典に関しては家族葬では辞退をされる場合が多いようです。
しかし、家族葬だからと言って絶対に香典を辞退されるとは限らないので気をつける必要はあります。

葬儀案内を確認してみましょう
その中で、香典辞退の記述があれば香典は持参する必要はありません。
しかし、何の記載もないのであれば念の為、香典は持参したほうが良いでしょう。

持参しても断られる場合もある

葬儀案内に香典辞退の記述がなくても、葬儀場の受付で香典の受け取りを断られることもあります。
その場合は、無理に香典を受け付けてもらおうとするのではなく持ち帰りましょう
マナー違反にはなりません。

家族葬後日の弔問・訪問マナー

仏壇

家族葬が無事に終わると、葬儀に参列できなかった方々を中心に喪主のところへ弔問・訪問される方が出てきます。
ここでは、家族葬後日の弔問・訪問マナーについて喪主側、参列者側に分けて解説します。

喪主側

家族葬に参列できるのは身内を中心とした人たちのみなので、葬儀が終わると参列できなかった故人の友人や知人などが弔問に訪れる可能性があります。
一般葬で葬儀を行った場合よりも葬儀後の弔問が多くなる可能性があることを喪主は予め理解しておいたほうが良いでしょう。

ある程度の弔問客を想定し、葬儀の際に渡した返礼品を弔問される方にも渡せるようにいくつか準備しておきましょう。

参列者側

家族葬には参列することはできなかったけれど、せめて弔問はしたいという場合、どのようなマナーにきをつければいいのでしょうか。
家族葬後に弔問にうかがう際の注意点は以下のようになります。

弔問可能か確認をとる

葬儀に参列できなかったため弔問にうかがうことは、故人に対して弔意を表すための適した方法です。
しかし、自分の都合の良いタイミングで勝手に弔問するのは止めましょう
マナー違反です。

予め、喪主に弔問が可能な日時を確認してからうかがいましょう。
あくまでも、喪主側の都合を第一に考えることが大切です。

弔問のタイミング

弔問のタイミングは早すぎてもいけません。
葬儀後は喪主は整理や手続きなどでバタバタしています。
かと言って、遅すぎるのもよろしくありません。

適しているのは葬儀後1週間以降で、遅くとも四十九日までにはうかがいましょう。

弔問時の服装

弔問時は喪主側は喪服を着用していることはありません。
弔問する側も平服で訪問しましょう
紺系やグレーの地味目な装いで派手すぎない格好が適しています。

弔問時の持ち物

葬儀の際に香典を辞退されていた場合は、弔問時も香典を持参する必要はありません
手土産も不要となります。
お線香やお菓子、お花などをお供えとして持参するのは問題ありません。

弔問時のお線香マナー

弔問時はお仏壇に線香を上げます
その際には、ろうそくに火を付け、ろうそくからお線香に点火します。
線香から火が出ている時は、手であおって炎を消します。

その後、お線香を香炉に差すか横に置くことになります。
お線香の本数や香炉に差すか横に置くかは宗派により違ってきます
喪主側の宗派に合わせた対応をすることになりますが、不明な時は喪主に確認して対処しましょう。

以下の記事では、家族葬後の弔問のマナー、お線香について解説しております。
あわせてご覧ください。

家族葬後の訪問マナーに関するまとめ

葬儀

家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーに関しておわかりいただけましたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、喪主・参列者別に家族葬前から後日までの弔問・訪問マナーついて以下のことを解説してきました。

  • 家族葬とは親族を中心として行われる小規模の葬儀で、友人や知人などは基本的に参列辞退する事が多いということ。

  • 家族葬前~当日の弔問・訪問マナーでは喪主側は、参列をお願いする人と辞退する人を分けて連絡する必要があるということ。

  • 家族葬前~当日の弔問・訪問マナーでは参列者側は、訃報連絡や葬儀案内で参列してよいか、香典を持参するかどうかなどを判断できるということ。

  • 家族葬後日の弔問・訪問マナーで喪主側は、弔問に来る人のために準備をしておく必要があるということ。

  • 家族葬後日の弔問・訪問マナーで参列者側は、弔問の連絡を喪主に確認して葬儀後1週間くらいを目安に訪問すると良いということ。

  • 家族葬後日の弔問・訪問マナーで参列者側は、服装は平服でお供えを持参して、お線香のマナーに気をつけて弔問するということ。

家族葬は一般葬とは違うマナーがあります。
家族葬前後の弔問・訪問でも、独特のマナーがあるのだということが理解できました。
ただ、いずれにおいても、一番念頭に入れておくべきことは遺族側の都合を優先させるということに変わりはなさそうです。

「終活ねっと」では「家族葬前から後日までの弔問・訪問マナー」に関する記事以外にも、家族葬に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では、家族葬の費用について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事