家族葬の香典の表書きは御霊前でいい?金額相場やマナーについて解説

家族葬の香典の表書きは御霊前でいい?金額相場やマナーについて解説

近年行われることが多くなってきた家族葬ですが、一般葬に比べ作法についてよくわからないという方も多いです。葬儀で守るべき重要な作法の1つに香典の表書きがありますが、一般葬と同じように御霊前でも問題はないでしょうか?今回は家族葬で御霊前が使えるのかを見ていきます。

最終更新日: 2020年03月10日

家族葬の香典の書き方は御霊前でいいの?

葬儀

近年では、普通のお葬式である一般葬以外の葬儀も行われることが多くなってきました。
その中でも、故人のご遺族やご親族のみといった比較的小規模で行う形態の葬儀が家族葬です。
家族葬は期間こそ一般葬と同じく2日間ですが、ほかの参列者がいないこともあって費用が安く、葬儀にかける時間も短く済むのが特徴といえます。

とはいえ、家族葬にまつわる作法については今でもよくわからない方も多いでしょう。
特に葬儀の際に欠かせない香典の表書きを、家族葬の場合でも御霊前として良いのかどうかはよく挙げられる疑問の1つです。

そこで今回「終活ねっと」では、家族葬で持参する香典の表書きも御霊前で良いのかどうかについて見ていきましょう。

  • 家族葬での香典の表書きは御霊前で良いのか?

  • 家族葬で香典を持参する際の注意点とは?

  • 家族葬での香典マナーとは?

  • 家族葬に参列する際のマナーとは?

近く家族葬に参列する予定がある方や家族葬について知っておきたいという方にとって有益な情報が多いですので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬の香典の書き方は御霊前でいい?

困った人々

今でこそ家族葬が多く行われるようになってきたとはいえ、作法の面でわからないことがあるという方も多いのではないでしょうか?
ここではまず、家族葬へ参列する際に持参する香典の表書きについて詳しく見ていきましょう。

仏式の家族葬なら御霊前と書く

一般的な葬儀に持参する香典であれば表書きに御霊前と書くのが一般的ですが、家族葬の場合はどのように書けば良いのでしょうか?
結論から先に書けば仏式の場合は、家族葬であっても表書きは御霊前としても問題はありません

家族葬はたしかに一般葬と異なり、参列者は故人のご遺族やご親族と少なめです。
しかし、規模が小さいだけにすぎませんので、仏式の家族葬の場合は香典の表書きとして御霊前を使うという点は特に問題ないといって良いでしょう。

宗派によって異なる表書きの書き方

一般葬の場合でも、葬儀の宗教や宗派によって使うのに適した表書きは異なります。
家族葬の場合は一般葬よりも規模が小さいだけですので、一般葬と同じように宗教や宗派の形式に注意したうえで、それぞれに適した表書きを使うようにしましょう。

以下が、それぞれの宗教・宗派ごとに適した表書きの一覧です。

  • ほとんどの仏教宗派:御霊前、御香典、御香料など

  • 浄土真宗と曹洞宗:御仏前、御香典、御香料

  • 神道:御霊前、御榊料、御玉串料、御神饌料など

  • キリスト教カトリック:御霊前、御ミサ料、御花代、御花料

  • キリスト教プロテスタント:弔慰金、御花代、御花料

特に浄土真宗の場合は、故人は亡くなった後に仏様のお力によって霊の段階を経ることなく、極楽浄土にて仏様として生まれ変わるという考え方があります。
このため、御霊前を使うことがないという点に注意すべきです。

御霊前と御仏前の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。



家族葬の香典に関する注意点

葬儀

基本的に葬儀では香典を持参しますが、家族葬の場合については香典にまつわる特殊なマナーがあります。
ここでは、家族葬における香典のマナーについてご紹介していきましょう。

家族葬では香典をお断りされる場合が多い

まず家族葬では、ご遺族が香典の持参をお断りする場合があります。
家族葬は身内しか参加しないため、基本的に受付はしません。
しかし、もし香典を持参された場合、受付でそれなりの対応をしなければいけないことになります。
加えて、後日香典返しという形で持参した方にきちんとしたお礼をすることも必要です。

特に香典返しについては、ご遺族の側で香典の金額に応じた品物を用意するなど大きな負担が強いられることも多いです。
このように家族葬を営むご遺族の立場から考えると、香典の辞退も十分に考えられるとみて良いでしょう。

香典を渡していいかの判断基準

とはいえ、一般的に葬儀で持参する香典にはご遺族を援助する意味もあります。
このため、故人を亡くして大変な思いをしているご遺族のことを考えて香典を持参すべきか悩む方もいるでしょう。

家族葬に参列するにあたり、香典を持参すべきかどうかに悩んだ場合は、どのような判断をすればよいのでしょうか?
実は家族葬で香典を持参すべきかどうかについては、ハガキを確認するという判断方法があります。

ハガキを見る

家族葬でご遺族が香典を辞退する場合は、葬儀案内のハガキに香典を辞退する旨を記すことが多いです。
このため、まずは葬儀案内のハガキに香典辞退について記されているかどうか確認しましょう。

もし、香典辞退の旨が記されている場合は用意する必要はありません。
また、ご遺族側も香典が必要ないということであれば、はっきりと香典辞退の旨をハガキに明記してから発送しましょう。

迷ったら持っていく

しかし、もしハガキに香典辞退の旨が書かれていない場合はどうすれば良いのでしょうか?
ハガキに香典辞退の旨が記されていない場合は、会場で香典をお渡しすることも考えられるため念のために香典は持参するようにしましょう。

仮に会場に着いてみてご遺族側から香典が必要ない旨を聞いても、そのまま持ち帰れば良いだけのことです。
なお、ご遺族側がその場で必要ないと伝えているにもかかわらず、無理にお渡しするのはマナー違反ですので、絶対にやめましょう。

なお、家族葬では通夜も行われますが、その際の香典のマナーについては以下の記事にも詳しく説明されていますので、あわせてご活用ください。

家族葬の香典マナー

葬儀

家族葬で香典を持参する場合、いくら包めば良いのかや、どのようにお渡しすれば良いのかといった、表書き以外のマナーも気になるでしょう。
ここでは、家族葬の香典のマナーで、表書き以外についてご紹介します。

香典の金額相場

まず、香典に包む金額について見ていきましょう。
とはいえ、家族葬でも一般葬と同じように、故人との関係性を考慮した金額を包んでいくのがマナーです。

  • 故人が実の両親の場合:3万円から10万円、あるいは10万円以上

  • 故人が兄弟姉妹の場合:3万円から10万円

  • 故人が祖父母の場合:3万円から5万円

  • 故人が叔父・叔母の場合:1万円から3万円

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

香典の袱紗への包み方

次に香典を袱紗に包む方法についても見ておきましょう。
袱紗の包み方も一般葬の場合と同じようなやり方がとられます。

最も一般的な包み方として、まずひし形になるように袱紗を広げ、中央に香典袋を置きましょう。
この際に左側につめが来るようにするのがポイントです。
次に、右側、下側、上側の順に一方ずつ折っていきます。

最後に、つめがある左側を折れば完成です。
なお、仕上げにつめを指して止めることを忘れないようにしましょう。

香典を渡す際のマナー

実際に香典をお渡しする際のマナーはどのようにすれば良いのでしょうか?
お渡しする際には袱紗から香典袋を取り出し、両手でお渡しします。
このとき、御霊前などの表書きがお渡しする相手から見て、読み取れるように向けるのがマナーです。

お渡しの際には一言、お悔やみの言葉を掛けるようにしましょう
なお、家族葬の場合は受付が設置されないことも多いですので、喪主に直接手渡すと良いです。

以下の記事でも家族葬の香典について説明しております。
詳しく知りたい方はぜひこちらもあわせてご覧ください。

家族葬に参列する際のマナー

葬儀

最後に家族葬に参列する際のマナーを、服装と持ち物から見ていきましょう。
なお、ここでご紹介するマナーは一般葬の場合でも役立ちますので、覚えておくと良いでしょう。

服装

服装については、男女とも黒系のスーツやワンピースを着用しましょう。
男性の場合は下に黒ネクタイを締めた白いワイシャツを着用します。
そして、靴や靴下、パンプス、ストッキングも黒色のものを選ぶようにしましょう。

装飾品については、ネクタイピンや結婚指輪以外の指輪など、いわゆる光物はつけてこないようにします。
ただし、女性の場合はパール製のネックレスは色に関係なく、一連だけであればつけてきても問題ありません。

持ち物

持ち物については、男女とも手でぶら下げることができるくらいの黒色のバッグに入れてきます。
バッグは布製で光沢の目立たないものが、最も作法にかなったものです。

葬儀が仏式の場合は数珠も忘れずに携帯しますが、仏式以外の場合は数珠を持参する必要はありません。

家族葬の香典の書き方は御霊前かのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、家族葬で持参する香典の表書きについて、そのほかの香典などにまつわるマナーも含めて見てきました。
内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 家族葬が仏式の場合はほとんどの宗派で御霊前を使っても問題はない。
    しかし、浄土真宗や神道、キリスト教などの場合は、それぞれの宗教・宗派で適している表書きを書く。

  • 家族葬ではご遺族が負担を軽減するために、香典を辞退する場合もあることは理解しておくべきである。
    家族葬で香典をお渡しすべきかどうかは案内ハガキを見て確認する。
    しかし、ハガキを見ても香典について何も書かれていない場合は、念のため持参する。

  • 家族葬で持参する香典の金額は、一般葬の場合と同じように故人との関係性に基づいて決まってくる。
    香典の袱紗への包み方は、左側につめが来るようにひし形に広げて香典袋を真ん中に置いたうえで、右側・下側・上側・左側の順に包んでいく。

    香典をお渡しする際は袱紗から取り出して、相手が表書きが見やすい方向に向けたうえで、お悔やみの言葉を掛けながらお渡しする。

  • 家族葬に参列する際の服装は、男女とも黒系のスーツやワンピースを着用する。
    加えて、男性は白ワイシャツや黒系の靴・靴下を、女性は黒系のパンプスやストッキングを着用し、装飾品は光物を避ける。
    持ち物は手提げできる黒系のバッグと、仏式の場合は数珠を持参する。

家族葬はご遺族とご親族だけで行う規模の小さい葬儀ですが、一般葬がそのまま規模の小さいものとなっただけということですので、香典の表書きも御霊前を使っても大丈夫です。
ただし、宗教・宗派によっては御霊前以外の表書きを使う必要がありますので、事前に確認するようにしましょう。

また、家族葬ではご遺族から香典を辞退される場合がありますので、そのような場合は無理にお渡しするということはしないことがマナーです。
なお、家族葬では供花を贈る際のマナーもありますが、以下の記事ではそれについて詳しく書いてありますので、ぜひともご参考にしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事