家族葬に必要なものは?家族葬の準備や流れ・服装マナーについて紹介

家族葬をご存知ですか?家族葬は、一般葬より小規模で行うことができ、費用も節約できることで人気があるようです。では、家族葬に必要なものは何なのでしょうか。この記事では家族葬に必要なものを家族葬の準備や流れ・服装マナーとともにご紹介します。

目次

  1. 家族葬に必要なものについて
  2. 家族葬とは
  3. 家族葬の準備に必要なもの
  4. 家族葬に参列する際に必要なもの
  5. 家族葬の流れ
  6. 家族葬の服装マナー
  7. 家族葬に必要なものまとめ

家族葬に必要なものについて

葬儀

葬儀には、いくつか種類があります。
もっとも一般的な葬儀は一般葬と呼ばれますが、最近は家族葬を行う人が増えてきています。
家族葬は、身近な人を中心に行う葬儀で一般葬に比べると費用を抑えることができます。

家族葬に必要なものは何なのでしょうか?
また、一般葬と比べて必要なものは違うのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬に必要なものとは何か、家族葬の準備と流れ・服装マナーを交えながら以下の項目を解説していきます。

  • そもそも家族葬とは?
  • 家族葬の準備に必要なものは?
  • 家族葬に参列する際の持ち物は?
  • 家族葬を行う際の流れ
  • 一般葬と家族葬の服装の違い

以上の内容について詳しくご紹介します。
家族葬に必要なものを詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧いただき、知識を深めていただければと思います。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは

葬儀

家族葬は注目をされており、都心部では一般葬よりも家族葬を選択する場合が多いとも言われます。
そんな家族葬とは、そもそもどんな葬儀なのでしょうか?

家族葬は、一般葬とは違い家族や親族などのごく一部の故人の友人などで執り行われる30人程度のこじんまりとした葬儀です。
知人や会社関係者などは基本的に呼ばずに葬儀を行います。
また、一般葬と同様にお通夜や葬儀式・告別式は行います。

規模が小さい葬儀になるので、一般葬と比べると費用を抑えることが可能です。
また、遺族が会葬者の対応に追われることも少ないので故人と最後の時間をゆっくりと過ごせるというメリットもあります。

以下の記事では、家族葬の人気の背景を詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

最近家族葬が増えている?人気の背景とメリット及びデメリットも解説

最近、葬儀は家族葬を選択する人が増えているといいます。なぜ、従来からの一般葬ではなく家族葬が選ばれるのでしょうか。この記事では、増えていると言われる家族葬の人気の背景とメリット及びデメリットを解説していきます。

家族葬の準備に必要なもの

困った人々

どのような葬儀であっても、葬儀の準備は時間がない中で行わないといけないことになります。
そのため、事前に葬儀について考えておく必要があります。
ここでは、家族葬の準備に必要なものを解説します。

出席・参列者を考える

家族葬は、限られた人たちで行われる小規模な葬儀です。
しかし、葬儀に出席・参列していただく人の定義が明確にあるわけではありません。

そのため、出席・参列者を予め決めておくことはとても大切な作業になります。
あやふやにしてしまうと、一般葬と変わりのない葬儀になってしまう可能性もあります。

家族葬に出席する人は、基本的に親・配偶者・子・孫・兄弟姉妹になります。
これに故人と特に親しかった友人などを加えた限られた人たちで執り行うのが一般的です。

出席をお願いしない親族には、家族葬で会葬を辞退する旨をはっきりと電話で伝えましょう。
また、友人や知人には、葬儀後に家族葬で葬儀を近親者のみで済ませたことを手紙で知らせると良いでしょう。

会社関係には、葬儀前に電話連絡で家族葬で会葬をご遠慮する旨を伝えれば問題はありません。

香典や供花について

家族葬において、香典や供花に関しては決まりごとはありません。
家族葬であっても香典も供花も受け取る場合もあります

しかし、家族葬の主旨の一つである費用の削減を念頭におくのであれば必要なものでないと考えるかもしれません。

そのため、一般的には香典も供花もお断りする事が多いようです。
お断りする場合は、電話連絡の際に香典や供花は辞退する旨をしっかりと伝えておきましょう。

伝わっていなかった場合は、香典も供花も受け取ってもらえるものとして判断されることもあるので注意が必要です。

葬儀社を事前に決めておく

葬儀を執り行う場合は、葬儀社を決めなくてはいけません。
しかし、ご逝去されてから葬儀社探しを行おうと思っても思い通りにはいきません。

そのため、葬儀社選びは生前に行っておくべきだと言えます。
特に、家族葬であれば、家族葬を得意としている葬儀社を選択するべきです。

事前に葬儀社に相談をして見積もりを取ることも大切です。
できれば、複数の葬儀社から見積もりを取り、比較することがおすすめです。
事前相談を葬儀社とすることで、より具体的に葬儀のあり方が見えてくるはずです。

家族葬に参列する際に必要なもの

葬儀

家族葬に参列する際に必要なものは、一般葬に参列する場合と基本的に同じです。
以下では、必ず持参していくべき必需品をご紹介します。

  • お香典

    家族葬の場合は辞退される場合が多いですか、明確に辞退すると聞かされていない場合などは念のために持参したほうが良いでしょう。

  • 袱紗

    お香典を持参する場合は、不祝儀用の袱紗に包んで持参しましょう。

  • ハンカチ

    白や黒のフォーマルタイプのハンカチか、地味な色のハンカチを持参します。
    色物のハンカチはNGです。

  • 財布

    葬儀の際は大きなバッグなどは持ち込みません。
    そのため、財布もこじんまりとしたバッグに入るようなものがオススメです。

  • その他

    季節や天候によって、傘・扇子・コート・マフラーなどを持参すると良いでしょう。
    いずれも色目は黒やグレーなどを基調としてものを選んで持参しましょう。

家族葬の流れ

葬儀

家族葬の流れは一般葬と基本的には同じです。
ご逝去されてからの家族葬の流れは以下のようになります。

  • ご遺体の搬送および安置

    ご遺体をご自宅もしくは葬儀社に搬送し安置します。
    この間に葬儀社と打ち合わせをして葬儀日程や内容を決めます。

  • 納棺

    ご遺体を棺に入れます。

  • お通夜式

    お通夜式を執り行います。

  • 葬儀式・告別式

    身内を中心に葬儀式・告別式を行います。

  • 出棺

    霊柩車でご遺体を火葬場へ搬送します。

  • 火葬・お骨上げ

    火葬場にて最後のお別れをし、火葬後に拾骨します。

  • 初七日法要

    葬儀場に戻り、初七日法要を行います。

  • 精進落とし

    参列者で精進料理をいただきます。

地域によっては火葬後に葬儀式・告別式を行う場合があります。
また、初七日法要も火葬前に行われる場合もあります。

以下の記事では、家族葬の日程や流れについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

最近、家族葬という葬儀の形が増えています。小さなお葬式なので費用が安くなりやすく、近親者のみで故人をゆっくりと送れるため、人気を集めているようです。では家族葬の日程はどうやって決めたらよいでしょうか?今回は家族葬の日程・流れや遺体の安置方法について解説します。

家族葬の服装マナー

葬儀

家族葬の服装は一般葬と基本的に同じです。
喪服の着用が基本です。
家族葬で親族が中心だからと、普段着で参列するのはNGです。

男性の場合は黒色のフォーマルスーツでシャツは白色、ボタンダウンのシャツはNGです。
ネクタイや靴下は黒色でネクタイピンやカフスボタンはつけません。

女性の場合は黒色のフォーマルが基本で、スーツやワンピース、アンサンブルを着用して肌は露出しないようにします。
ストキングは黒色で、靴も黒色の光沢のないパンプスを履きます。
アクセサリーは結婚指輪、一連の真珠のネックレス程度にします。

以下の記事では、家族葬での平服についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬での平服とは?普段着ではない?家族葬での服装のマナーを解説

比較的自由な葬儀の1つとして家族葬が注目を集めています。そんな家族葬で普段着を着用することは問題ないのでしょうか?また、家族葬における平服とは何かご存知でしょうか?今回は家族葬での平服と普段着について、家族葬で気をつけたいマナーにも触れつつ解説していきます。

家族葬に必要なものまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、家族葬に必要なものについてご紹介しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 家族葬とは、家族や親族、親しい友人のみで執り行われる小規模な葬儀である。
  • 家族葬の準備で必要なものは、出席者・参列者を考えること、香典や供花の扱いに関して決めることである。
  • 家族葬の準備の一つとして、故人が生前のうちに葬儀社まで事前に決めておくのが望ましい。
  • 家族葬に参列する際に必要なものは一般葬と変わらないが、香典は辞退される場合が多いので必要ない場合もある。
  • 家族葬の流れは、基本的に一般葬と同じである。
  • 家族葬の服装マナーも一般葬と変わりはなく、黒色のフォーマルが基本である。

葬儀前の準備として、出席者の選定や香典や供花の取り扱いに関しては事前に決めておかなければなりません。
日頃から、家族で葬儀について話し合いをしておくことが大切なことだと言えそうです。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、家族葬の費用について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

「家族葬・必要なもの」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・必要なもの」についてさらに知りたい方へ

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介のサムネイル画像

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介のサムネイル画像

家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!のサムネイル画像

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!のサムネイル画像

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・必要なもの」についてさらに知りたい方へ

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介のサムネイル画像

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介のサムネイル画像

家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと