家族葬の際の上司への対応は?失礼のない香典や弔問の断り方も解説

家族葬の際の上司への対応は?失礼のない香典や弔問の断り方も解説

家族葬は、一般的な葬儀と違う礼儀作法がいくつかあります。特に上司への連絡は慎重にしておきたいところです。失礼のない対応をするにはどうしたら良いか、連絡時のマナーを確認してみましょう。ここでは上司や会社関係者への家族葬の連絡対応について詳しくご紹介します。

最終更新日: 2020年03月07日

家族葬の時の上司への対応について

葬儀

一般的な葬儀とは違い、家族葬はまだ世間では浸透しきっていないため、細かいマナーやルールはわからないという人も多いのではないでしょうか。
特に上司など会社関係者への連絡はどうしたら良いか、参列を辞退して失礼にならないかなど悩みは多いですよね。

そこで今回、「終活ねっと」では家族葬の際の上司への対応に関して解説します。

  • 家族葬とはなにか

  • 家族葬の際の上司への対応はどうしたらいいか?

  • 上司の葬儀が家族葬だった場合どうしたらいいか?

  • 家族葬への参列の断り方

  • 家族葬へ参列する時のマナー

  • 家族葬の際の上司への対応に関するまとめ

以上、家族葬について様々な立場を想定して対応方法をご紹介します。
家族葬のマナーでお困りの方はもちろん、今後も増加傾向である家族葬に備えて役に立つ情報を紹介しております。
ぜひ最後までお読みいただき、役立ていただければと存じます。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬って?

葬儀

家族葬というのは、参列者が少なくこじんまりと家族や親しき者のみで行う葬儀のことです。

近年、葬儀に関する価値観は多様化しています。
高齢化社会で参列者が減っていることや、都市部での近所づきあいの希薄化に伴い家族葬を選ぶ人が増えています。

家族葬のメリットとしては、故人とゆっくりお別れする事ができ、費用を抑える事ができるなどが挙げられます。
一方でまだ馴染みがない方には家族葬を理解してもらうことは難しく、トラブルに発展してしまうことも多いため注意が必要です。

家族葬の時の上司への対応

葬儀

亡くなった人が会社に勤めていた場合、その会社へ連絡は必要です。
また、近親者がなくなって家族葬に参列する人も会社へそれぞれ連絡しなければいけません。

家族葬には会社の方の参列をお断りする事が多いため、連絡するか迷う方もいるとは思います。
しかし、会社側も故人のことで手続きが色々発生します。
また遺族へは補助金が支給されたり、忌引き休暇をもらえる可能性もあるので連絡は必ずしましょう

ここでは家族葬の際の上司への対応について紹介していきます。

上司への連絡について

家族葬を上司に連絡する際に、具体的にどのような手段で何を伝えればいのでしょうか。
社会人として節度ある対応をしたいものです。

ここでは家族葬を上司へ連絡する際のマナーについて紹介します。

メールでの連絡で大丈夫?

きちんと手紙で訃報を出したほうがいいのか、メールなどで送っても平気なのかと迷うところかもしれません。
しかし会社への場合は仕事に影響する事態ですから、メールや電話で素早く上司へ伝えた方が良いというのが一般的な見解になっています。

ですからメールでも電話でも全く問題はありません

親や兄弟姉妹、叔父、叔母、祖父母など遺族で家族葬に参列するため仕事を休む場合は、まず総務部門に、次に上司へ連絡しましょう。
自分が休む場合は仕事の調整をしてもらう必要があるでしょうからなるべく早い方がいいです。
では、どのような内容にしたらいいのかについて確認していきましょう。

故人との関係を伝える

身内に不幸があったから休むというシンプルな内容でもいいのかという疑問ですが、実はどの程度近い親族なのか、何親等なのかということによって忌引休暇として休める日数が変わります

親とか子などの近い間柄である場合の方が心労ややるべき事が多かろうということで休みは長めになりますが、血の繋がりが遠い親族であれば短めの休暇になります。

会社によって、故人が亡くなった日も込みで計算するか、次の日からという認識か、どちらのパターンかに別れる場合があります。
そのため、忌引き休暇の制度をよく確認してください。

仕事を休むことは周りに迷惑をかけてしまうので上司はもちろんのこと、総務部門の担当者にも伝えて仕事の調整をしてもらうことを忘れないようにしましょう。

参列は断る旨を伝える

一般の葬儀であれば、上司に参列してもらうため、葬儀の日程などを伝えます。
しかし家族葬の場合は、参列や香典は辞退するということが分かるように、訃報の知らせの際に必ず家族葬ということを伝えた方が良いでしょう。

電話とメールどちらの連絡手段が良いかというのは、迷うところではありますが葬儀の為に休む必要がある遺族なら電話とメールどちらも使った方が正解です。
なぜなら電話では確実に上司に休むということが伝わったと確認できます。
メールのみの場合見逃している可能性もあります。

重要な連絡は電話でも確認し、メールの文面にも残しておくと後々トラブルが少ないでしょう。
メールで改めて家族葬であることや何日休むかなどを書いておくことが重要です。
そうすることで電話の際にメモをしていなくても、メールで内容をよく理解でき、仕事の調整も間違いが起こりにくくなります。

上司を呼ばない事は別に失礼にはならないので安心して連絡しましょう。
自分が喪主である場合など、10日ほどの長期間休むことになることもあります。
その場合は特に、緊急連絡先も併せて伝えておけば安心です。

遠い地域に行くので休みが足りない場合は有給休暇で賄えるかということも確認しておきましょう。
もし定められた忌引き休暇より早く終わりそうなら、切り上げて仕事に戻ることを伝えるのが一般的なマナーです。

お香典や供花について

葬儀には参列しないけれど、後ほど弔電やお香典を渡しておこうと考える人もいますね。
しかし、それも辞退したいなら香典、供花、どちらも辞退することを伝えておかないと無駄な手間を掛けさせてしまうことになりますから気を付けましょう。

上司以外の会社関係者にも連絡を

総務部門や人事、その他現在の仕事で連携している人で連絡しておかないと支障が出る場合には連絡しておきましょう。
緊急連絡先も渡しておいた方が安心です。
同時に、香典など持って葬儀に来てもらわない為に家族葬であることも忘れず伝えましょう。

家族葬を会社にメールで伝える方法については以下の記事で紹介しております。
あわせてご覧ください。

上司の親の家族葬には参列する?

葬儀

上司が亡くなったり、上司の親や子供などご家族が亡くなった場合はどうすることが常識的なのかについて確認してみましょう。
普段迷惑をかけたりお世話になっている上司ですし、家族葬であると伝えられても香典など持っていくのが良いのではないかと考える人もいるかもしれませんが、それは違います。

立場や役職に関係なく、家族葬であると言われたら親しき者のみでひっそりと個人を供養したいという意思の現れだと認識すべきでしょう。

ですから、参列はせず香典、供花も送らないようにするというのがマナーです。
しかし、例外で家族葬でも参列への招待がされる場合もありますが、特に何も言われていない場合は家族葬イコール参列も香典、供花も不要ということになりますのでご注意ください。

葬式の通知をよく確認する

上司の親族が亡くなったという連絡が来たら、参列してもいいのか香典は送っていいか、辞退の有無を確認しましょう。
もしそこまで気が回らず書いていないようなら一応電話やメールで上司に連絡しましょう。
もちろん、家族葬というのは参列など辞退するパターンが多いです。
しかし、明確な決まりがない以上、認識の違いが生まれて後々心情的なトラブルに発展したら嫌なので不安な場合は確認しましょう。

自分の身内で家族葬に関する連絡をする時は、会社関係者に参列や香典を辞退することを伝えるのがマナーですが相手もそのように詳しく連絡してくるとは限りません
曖昧な点は聞いてはっきりさせておきましょう。
何も訃報の連絡が無いならそれは従来の一般的な葬儀ではなく家族葬なのでしょうから、終わった後に報告があるかもしれません。

基本的には家族葬には参列しない

家族葬には参加しないのが基本的なことです。
それは上司のみならずその他の知人や友人の家族葬でも同じことです。

しかし、個人的に参列してほしいと連絡が来る場合もあります。
自分の仕事の都合や体調に問題なく参列できるようなら参列しましょう。

弔電について

家族葬で香典なども辞退されたなら弔電も送らないようにするのがマナーです。
せめてお悔やみを電報で伝えようと考えていた人は控えてください。

後日の弔問について

後日弔問したい場合は、いくつか注意すべきポイントが存在します。
まずいつごろ弔問するかですが、家族葬があった1週間後くらいが目安です。
突然弔問されても迷惑でしょうから必ず連絡をしてから行きましょう

服装は黒い服を避けてグレーや紺など地味な色合いの服で行きましょう。
葬儀が終わり、普段通りに戻っていく遺族に対して、死の悲しみを再び湧き上がらせるような黒い喪服を連想させる姿で行くのはマナー違反です。

香典などは、辞退されているなら用意してはいけません。
遺族側も香典返しなど大変なので断っている場合も少なくありませんね。

しかしどちらなのか分からない場合は連絡した時にそれとなく聞いてみるか、一応香典など用意していき、もし受け付けているなら渡し、辞退なら無理に押し付けないようにしましょう。
あまりゴタゴタするとその後の人間関係にも気まずさが生じてしまうかもしれませんから柔軟にスマートに対応したいですね。

故人への感謝などを香典で表したがることは、自己満足でしかありません。
肝心なのは遺族に心理的負担を掛けないことですからね。

下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

家族葬への参列の断り方について

葬儀

失礼のないように心がける

家族葬であることを伝えても、まだ一般的に家族葬の常識が認知されているとは限らないので、「内々だけで、」あるいは「家族のみで、」「血縁者のみで」などの言葉で、暗に会社関係者の参列を辞退する意向を伝えましょう。

しかし参列を受け付けていないことを不満に思う人もいるかもしれません。
その場合を考慮して、故人の希望によりというような言葉を使った方が良いでしょう。

香典や供花などについても明確に

香典や供花も辞退したいならその点はっきりさせておくほうが後々持ってきていただいたところを断るなどの気まずいことにならなくてスムーズです。
文例としては「故人の遺言通り家族葬にて親類縁者のみで送らせていただきます。
弔問並びに香典、供花について辞退させていただきます。


「故人の生前の希望により家族葬を行います。
つきましては参列、香典は遠慮致します。

など断ること自体は失礼にならないです。
そのため、曖昧にして後で断るということにならないように訃報の時に併せて伝えましょう。

もし、辞退してもなぜか後日弔問されて香典を持って来られたりした場合には、無理に断らずに柔軟に受け取る姿勢も今後の人間関係を悪化させないためには重要です。

訃報連絡を葬儀後に出す

遠方に住んでいて時々手紙を出すような関係とか、あまり関わりのない知人なら訃報は家族葬が終わってからでも大丈夫です。
すでに家族葬を行ったことを謝罪の言葉も併せて書いてください。

家族葬への弔問の辞退については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬に参列する際のマナー

葬儀

基本的に家族や親戚のみで行う家族葬ですが、個人的に参列を依頼されたらどのような服装・香典マナーがあるのか確認していきましょう。

基本的なマナーは一般葬と同じ

こじんまりと簡易的な印象のある家族葬とはいえ、基本的には普通の葬儀とマナーは同じです。
服装は喪服、受付でのお悔やみ、焼香など家族葬ならではの特別なマナーはなくいつも通り行いましょう。

会食がない場合が多い

家族葬は会食を省略する場合がありますから一般的にはあまり長居せずに喪主に挨拶してから帰宅しましょう。
焼香などのマナーについては下記も参考にしてください。

家族葬の際の上司への対応まとめ

葬儀

今回は家族葬の場合の上司への対応についてご紹介させていただきました。

必ずしもこれが正解というものではありませんが、ここでは以下のようにまとめました。
ぜひマナーについて参考にしてください。

  • 家族葬とは近親者のみで行う葬儀のことで最近増加傾向にある葬儀形態のことです。

  • 上司への対応は手続きとかがあるため、連絡は必要です。その際は家族葬なので参列、香典を辞退することも伝えましょう。
    故人の家族葬に参列する会社員である場合は、仕事を何日休むかというのを上司とか仕事に関わる人に相談しましょう。
    故人との関係、何親等でどのくらいか、有給も使えるかあるいは逆に早めに切り上げて仕事に戻れるかなどを、緊急連絡先も併せて伝えてください。

  • 故人の家族葬に参列する会社員である場合は、仕事を何日休むかというのを上司とか仕事に関わる人に相談しましょう。
    故人との関係、何親等でどのくらいか、有給も使えるかあるいは逆に早めに切り上げて仕事に戻れるかなどを、緊急連絡先も併せて伝えてください。

  • 上司の葬儀が家族葬だった場合も同じく参列、香典、供花は遠慮するのが基本です。

  • 家族葬の断り方は故人への思い入れがある場合、断られると不満に思う人もいるかもしれません。
    ですから「故人の遺言」「故人の生前の希望により」などの表現を用いると良いでしょう。

  • 後日弔問の場合は弔問していいか連絡してから、グレーや紺色の落ち着いた服装で行きましょう。
    喪服は避けて、香典も断られたら無理に差し出さないようにしましょう。
    弔問のタイミングは、1週間後が目安です。

  • 家族葬へ参列する際のマナーは基本的に一般的な葬儀と変わりませんが会食がない場合が多く、早めに喪主へ挨拶して帰宅しましょう。

家族葬というのは普通の葬儀と違ってマナーが分かりにくい部分もありますが、様々な立場での家族葬について解説させていただきましたので参考にしてください。

家族葬の場面に直面しない場合に限らず家族葬は今後も増加傾向にあるので、あらかじめ知識を得ておくことも重要です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、他にも葬儀や終活の疑問についてたくさんの情報を発信しています。
ぜひ他の記事もあわせてごらんください。

また、以下の記事では家族葬の費用について解説しております。
ぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事