周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

周囲に家族葬を反対されたら?対応やトラブル対策についても紹介!

最近では、家族や親族だけで執り行われる家族葬が注目されていますが、そんな家族葬を検討したいと思ったときに周りから反対をされたらどうすればよいのでしょうか?今回は、周囲に家族葬を反対されたらどうすれば良いのか、対応やトラブル対策について解説します。

2019-02-21

家族葬への反対について

葬儀

家族葬には、様々なメリットがあることから、少しずつ選ばれ始めている葬儀の形式です。
しかし、新しくまだ選ばれる割合も少ないことから、親族に理解されないこともあるようです。
いざ自分もそんな家族葬を検討したいというときに、反対されることもあるかもしれません。

そんなときには、どのような対応したらよいのでしょうか?
そこで今回終活ねっとでは、周囲に家族葬を反対されたらどうすれば良いのか、その対応やトラブル対策についても詳しく解説していきます。

  • そもそも家族葬とは?

  • 家族葬を反対される状況とは?

  • 家族葬に反対された場合の対処法は?

  • 家族葬のトラブル対策のために行うべきこと

  • 家族葬以外の葬儀にはどんな葬儀があるの?

  • 家族葬に呼ばない人たちへの対応はどうしたらいい?

以上の項目を中心に詳しく解説していきます。
家族葬について検討したいという方や、反対されたときどうすれば良いか知りたいという方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後家族葬を検討する際の参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

家族葬とは?

葬儀

そもそも家族葬とは、どのような形式の葬儀なのでしょうか?
家族葬とは、遺族と故人と親しかった親族のみで行う葬儀の方法で、一般の参列者は呼びません。

葬儀の内容は基本的に一般葬と変わらず、通夜・葬儀・告別式・火葬という流れになります。
このように家族葬は、参列者が少なく親族であることから負担が少なく、一般葬に比べて費用が抑えられることからも、最近注目を浴びている葬儀の形式です。

以下の記事では家族葬の費用について説明しています。
あわせてご覧ください。

家族葬を反対される状況

困った人々

家族葬を行う際、どのような状況だと反対されることが多いのでしょうか?
ここでは、家族葬を反対される4つの状況についてご紹介します。

故人の社会的地位が高い

費用が抑えられるという理由で家族葬を選ぶのは、あまり望ましくありません。
家族葬と一般葬の費用はそこまで大きな違いはありませんし、家族葬は故人との時間をゆっくり過ごしたいときに選ばれることが多い葬儀です。

以上の理由から、特に故人の社会的地位が高い場合には、葬儀の後に本葬がある密葬のように一般の参列者も何らかの形で関わることのできる機会がないと、多くの人が参列したいのにできなかったことに不満を持つことが考えられます。

故人の社会的地位が高い場合は、家族葬に反対されやすい状況といえるでしょう。

故人が人付き合いの多い人だった

故人が人付き合いの多い人だった場合には、家族葬に反対されるかもしれません。
故人が生前人付き合いの多い人であった際には、当然に故人の友人や知人などが参列したいと思うでしょう。

そんな場合、家族葬の理由を「故人の遺志で」と伝えても、人付き合いの多い性格の人が一般の人を呼ばない家族葬を望んだはずはないと思われてしまう可能性もあります。

もちろん葬儀の形式を決めるのは、周りの人たちではなくて喪主ですが、故人が生前どのような人柄であったかを考慮して葬儀の形を選ぶのも大切だと考えられます。

伝統を大切にする親族がいる

葬儀は昔からあるもので、多くの人がイメージするいわゆるお葬式の形にこだわる人もいます。
故人が寂しくないように、多くの人に見送ってもらいたいという想いから、少人数の家族葬では納得できないと反対されてしまうかもしれません。

また、葬儀を機に普段はなかなかな集まることのない親族が集まることで、故人を思い出しながらお別れをするような葬儀にしたいと考えている人もいます。

このような場合の解決策としては、家族葬に参列する人数を増やすというものが挙げられます。
遠い親族も参列できるような家族葬にすると、反対する親族の理解を得られるかもしれません。

故人の生前の人間関係を把握できていない

故人の生前の人間関係を把握できていない場合にも、批判を受ける場合があります。
故人と生前とても親しかったのに、そのことを遺族が知らなかったために、訃報や葬儀に呼べなかったことへの謝罪を伝えられないということが起きるからです。

このようなことが起こらないように、生前に人間関係を確認しておくことが望ましいでしょう。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、家族葬に呼ぶ人数の平均について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

家族葬に反対されたら?

葬儀

もしも、家族葬を行うことに反対されたらどうすれば良いのでしょうか?
ここでは、家族葬に反対された際の対処法について詳しく解説していきます。

家族葬は新しい葬儀形式だと理解する

一般的な葬儀は、古くから行われてきた宗教的儀式ですから、葬儀の形式にこだわる人も多くいます。
しかし、家族葬は最近徐々に広まってきた新しい葬儀の形式なのです。
新しい事というのは葬儀に限らず、最初は受け入れられないことも多くあります。

まずは、家族葬というのは昔からの一般葬をただ簡略化したものではなくて、新しい葬儀の形式だということを理解して、それを周りの人たちに丁寧に説明していく必要があります。

以上のことから、まず自分自身が家族葬について理解するということが大切です。
また、最終的に葬儀の形式を決めるのは故人の意思と喪主ですので、周囲に理解を求めることが重要です。

故人の遺志であることを伝える

家族葬はあくまで故人の遺志によるものだということを伝えることも大切です。
家族葬は、費用が抑えられ、遺族の負担が少ないというイメージがあるかもしれません。

そんな際には、家族葬は遺族が勝手に決めたのではなく、故人の生前の強い遺志によるものだということを伝えれば、納得してくれる方も増えるはずです。
また、葬儀の形式は故人の生前の遺志が第一であるということは多くの人が理解しているはずです。

家族葬のトラブルを防ぐために

葬儀

家族葬のトラブルを防ぐためには何をしたら良いのでしょうか?
ここでは、家族葬のトラブルを事前に防止するための方法を詳しくご紹介します。

訃報は確実に伝える

家族葬の場合、葬儀が終わったら訃報と葬儀を終えた報告をします。
このときに、故人と関係の深かった人には確実に訃報を伝えるようにしましょう。

もし訃報が伝わっていなかった場合、後から他の方法で訃報を知った友人・知人から、なぜ教えてくれなかったのかと言われることにつながってしまいます。

また、訃報をしっかり伝えたうえで、家族葬を執り行うことのお詫びも必要になります。

参列・香典などの意思は明確に

家族葬の場合には、香典や参列を辞退する旨を挨拶状に書くことがあります。
挨拶状に香典や参列について明確に書かれていないと、挨拶状を受け取った方が混乱してしまう可能性があります。

以上のような混乱が起らないように、香典は受け取るのか受け取らないのか、参列してもらいたいのかそうでないのか、挨拶状にしっかり書くようにしましょう。

家族葬のため参列は遠慮してほしいというのは、書きにくいことかもしれませんが、トラブルを事前に防ぐためにも明確に書く必要があります。

家族葬以外の葬儀

お金

ここまで、家族葬について解説してきましたが、家族葬だけではなく他にも様々な葬儀の形式があることをご存知ですか?

予算や人数によっては、他の葬儀が適している場合もあります。
以下では、様々な葬儀の形式についてご紹介します。

  • 直葬(火葬式)

    直葬(火葬式)とは火葬のみの形式の葬儀で、通夜や葬儀・告別式を省略したものです。費用相場は、10万円~30万円前後となっています。
    直葬(火葬式)では、基本的に遺族だけで行うこととなります。

  • 一日葬

    一日葬は、文字通り一日で葬儀・告別式が終わるもので、通夜は行いません。
    一日葬の費用相場は、およそ30万円前後程度となっています。
    一日葬では、基本的に親しい友人・知人のみが参列します。

  • 一般葬

    一般的な葬儀のことです。
    一般の参列者も参列し、費用の平均は200万円程度です。

  • 密葬

    葬儀は遺族のみで行い、その後一般の人に向けてお別れの会(本葬)を行います。
    費用相場は、50万円~100万円程度となっています。
    著名人などが選ぶことが多い葬儀の形式です。

葬儀の形式には、それぞれメリット・デメリットがあります。
適した葬儀の形式を選択することが大切になります。

また、家族葬の費用相場は、およそ150万円程度ですから、費用だけを見ると直葬や一日葬が良いかもしれません。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、葬儀の種類や費用の抑え方についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

家族葬に呼ばない人への対応

葬儀

家族葬に呼べなかった人へは、どのように対応したらよいのでしょうか?
ここでは、家族葬に呼べなかった人への対応について解説していきます。

故人と特に関係が深かったような人へは、葬儀の前に家族葬を行う旨の挨拶状を謝罪を含めて贈るのがマナーです。
また、後日自宅などに弔問したいという方もいるので、できるだけ承認するようにしましょう。

断るのは大切ですが、家族葬だからと弔問まですべて断ると失礼にあたります。
この他にも、葬儀が終わった後に訃報と共に家族葬を行ったこと、葬儀に呼べなかったことを謝罪するという方法でも良いでしょう。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、家族葬の挨拶状の書き方や例文について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

家族葬への反対についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、家族葬を反対されたらどうすれば良いのか、その対応やトラブル対策について詳しく解説してきました。

この記事の内容をまとめると、主に以下のようなポイントが挙げられます。

  • 家族葬とは、家族や親しかった親族のみで行われる葬儀のことで、通夜・葬儀・告別式・火葬の流れで執り行われる。

  • 故人の社会的地位が高かったり付き合いの多い人であった場合などには、なぜ家族葬を選んだのか、なぜ呼んでくれなかったのかと反対される可能性が高い。

  • 昔からの葬儀にこだわっている人には家族葬は理解されにくいこともあるので、家族葬は新しい葬儀であることを説明する必要がある。

  • 家族葬は、あくまで故人の遺志によるものだということを伝えれば、納得してもらえることもある。

  • 家族葬のトラブル防止のためには、訃報は確実に伝えることと、挨拶状には香典辞退や参列する必要はないということをわかりやすく明確に書くことが重要となる。

  • 家族葬の他に、直葬(火葬式)・一日葬・一般葬・密葬などがある。

  • 家族葬に呼べなかった人には、事前に挨拶状として訃報と謝罪を伝えるか、葬儀後に訃報と謝罪、家族葬を終えたことの報告を行う。

  • 家族葬の参列を断った方の弔問はできるだけ承認するべきである。

家族葬を反対された際にどのような対応をするべきかご理解いただけたでしょうか?
家族葬を反対された際には、落ち着いて理解してもらえるまで話し合いましょう。
最後に葬儀の形式を決めるのは故人の遺志と喪主なので、後で後悔しないようすることも大切です。

また、家族葬を反対されたときに周りを説得できるように、家族葬に関しての知識をしっかり付けておくことも大切です。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、家族葬のメリット・デメリットについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「家族葬・反対」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料