遠方の家族葬に参列できない場合の対応とは?香典・弔問マナーを紹介

遠方の家族葬に参列できない場合の対応とは?香典・弔問マナーを紹介

親戚から突然の訃報に慌ててしまうことはありませんか。遠方で家族葬に参列できない場合、どのような対応をすることが適切なのでしょうか。今回終活ねっとでは、遠方のため家族葬に参列できないときの適切な対応、そして香典・弔電マナーについてご説明していきます。

最終更新日: 2020年03月07日

遠方の家族葬に参列できない場合は?

葬儀

親戚からの突然の訃報の際、慌ててしまうのは無理ありません。
さらに遠方となると、すぐに駆け付けられない、もしくは都合がつかず参列出来ないということもあると思います。

そのようになった時は、どのように対応するべきなのでしょうか。
今回「終活ねっと」では、遠方の家族葬に参列できない場合の適切な対応について、

  • 家族葬とは

  • 遠方の家族葬に参列できない場合の対応について

  • 家族葬後に香典のお断りがあった場合について

  • 家族葬後に弔問する際のマナーについて

以上の項目を軸に、ご説明します。

家族葬に参列できない場合の香典・弔電マナーについても説明していきます。
恥ずかしい思いをしないよう、適切な対応をしっかりご説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とは?

葬儀

まず、家族葬とは一体どのようなものなのでしょうか。
家族葬とは、基本的に遺族・親戚のみで行う葬儀のことです。
親しかった間柄の知人も参列する場合もあるようです。

近年の葬儀への考え方の多様化や、少子高齢化と相まって家族葬は注目を集めています。

しかし、遠方での家族葬となると参列することができない可能性もありますが、どのようにすればいいのでしょうか。
次の章からは、早速対応についてご説明していきます。

遠方の家族葬に参列できない場合の対応

困った人々

さて、遠方の家族葬に参列できない場合、どのような対応をすべきなのでしょうか。

家族葬に参列でいない場合には主に香典を送る、弔電を送るの2パターンの弔意の表し方があります。
以上の項目を軸に、遠方の家族葬に参列できない場合について詳しくご説明していきます。

香典を送る

まず、訃報に香典辞退の文言がないことを確認しましょう。
家族葬の場合には、香典を辞退される場合が多いかもしれません。
辞退の文言があった場合には送る必要はありませんが、必ず電話等で連絡をしましょう。

香典を送る場合の香典の相場とお悔やみの手紙について紹介します。

香典の相場

まず、香典の相場についてご説明します。
決まった金額はありませんし、自身の経済状況にあった金額で構いませんが相場は2万円~5万円と言われています。

ここで1つ注意すべきことは、4万円は包みません。
4は「死」を連想させてしまう忌み言葉といわれているからです。
また、9も「苦」を連想させるため、避けたほうがいいでしょう。

故人と近い親等であれば高い金額、親等が離れるほど額を抑える傾向があるようですが、先ほどのお話にもありましたように決まりはありませんので、相場は目安として参考にされてみて下さい。

以下の記事ではさらに詳しく、家族葬の香典の金額について紹介しております。
あわせてご覧ください。

お悔やみの手紙を添える

次は、お悔やみの手紙について説明していきます。
まず、お悔やみの手紙は送るべきなのでしょうか。
結論を申し上げますと、「送るべき」です。

参列できないと分かった時点で、すぐに電話で駆け付けられない旨を連絡することで、より一層丁寧な気持ちが伝わるでしょう。

お悔やみの言葉は電話・メールは避ける

家族葬であってもお悔やみの言葉を電話やメールで伝えることは避けましょう。
近しい間柄であれば、電話やメールでも構わないともいわれていますが、必ずお悔やみの言葉は手紙で送るようにしましょう。

遺族・親戚はこれからも長いお付き合いがある間柄ですので、失礼のないようにしたいですね。
さて、次はお悔やみの手紙の文例をご紹介しましょう。

お悔やみの手紙の文例

お悔やみの手紙には具体的にどのような内容を書くべきなのでしょうか。
まず、ポイントを抑えていきます。

  • 拝啓(謹白)で文章を始め、拝啓(謹啓)で締めくくる

  • 訃報に際する気持ちを述べる

  • 遠方のため伺えない旨を述べる

  • 略儀(手紙)で申し訳ない気持ちを述べる

  • 香典を同封していることを述べる

本来であれば、駆け付けるところを手紙で申し訳ないという気持ちを付け加えることで、とても丁寧な気持ちが伝わるでしょう。
それでは、実際に例文をご紹介しましょう。

拝啓

お爺様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
突然のことで大変驚いております。
お爺様には大変優しくしていただき、幼少期にたくさん遊んでいただいたことを思い出しております。

本来であればすぐにでも伺い、お見送りをすべきではありますが、遠路につき参列がかないません。
略儀で申し訳ありませんが、書中をもちましてお悔やみ申し上げます。

心ばかりではありますが、ご香料を同封いたします。
お爺様のご霊前に供えていただければと存じます。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

                                      敬具

                               平成○○年○○月○○日
                                   送り主氏名

最後に、「心よりご冥福をお祈り申し上げます。
」と綴ることで、さらに気持ちが伝わる手紙になることでしょう。

弔電を送る

お悔やみのお手紙を送ること以外に、弔電を送るという選択肢もあります。

弔電とは、葬儀にやむを得ず参列できない場合に送る電報のことです。
弔電は遺族の方が読むことが多く、また葬儀で読み上げられることもあります。
一般的には通夜までに届けますが、遅くとも葬儀1時間前までの間に届けましょう。

家族葬の場合、遺族・親戚以外の方を呼ぶことがほとんどないため、通夜、葬儀までの日程はタイトな場合が多いです。
「弔電を今すぐにでも送りたい。
」という時には、どのような手配の方法でどのくらいの予算で送ればいいのでしょうか。
以下で紹介していきます。

弔電の手配方法

近年、弔電は多くの回線会社がネットで24時間受付、さらには全国即日配達のサービスをしています。
様々な種類の台紙や、豊富な例文集も揃っていますので、「今すぐ送りたい。
」という方にピッタリです。

ネットで手配する場合、予算から選択する場合が多いです。
住所や宛先などを入力したら後は送るだけのように、台紙や電文がセットになっているのです。
このように予算で選ぶ場合の相場の価格はいくらになるのでしょうか。

弔電の金額相場

香典を一緒に送る場合には、弔電にあまりお金をかける必要はありません。
1000円ほどで問題ないでしょう。

ただし、家族葬は香典を辞退される場合が多いですので、その際の弔電は3000円~5000円程度といわれています。

家族葬後に香典のお断りがあった場合

葬儀

さて、家族葬後に香典のお断りがあった場合はどのように対応すべきなのでしょうか。
ここでは、家族葬後に香典のお断りがあった場合の対応について紹介します。

四十九日法要の際に供花や供物を送る

家族葬の後に行われます四十九日の法要の際に、供花や供物を送ることが一般的で丁寧な対応です。
ただし、とても近しい間柄でのやりとりですし、香典も辞退とのことであれば、供花などを送る前に電話などで事前に伝えておくといいでしょう。

良かれと思って供花や供物を送っても、遺族がそれに対してお返しをまた考えなくてはならなくなりますので、遺族の対応が大変にならないよう気を付けておくといいでしょう。

さて、そのようなことを考慮し、次のものを送るとした時には何がベストなのかをご説明します。

  • お花

  • お線香

  • 果物

以上の項目別に説明していきます。

お花

お花を送る場合は、白を基調とした淡い花束がベストです。
多く用いられる花の種類は、菊や百合といわれています。

家族葬の場合のお花のお供えの金額の相場としては香典を辞退されているほどですから、3000円程度で良いと思われます。
一般的な葬儀のお供えの相場としては5000円~10000円と言われているため、「安すぎるのでは?」とも考えてしまいます。

しかし、気持ちを送ることが重要ですし、近しい間柄ですので金額を気にしすぎることはありません。

お線香

次にお線香についてです。
近年四十九日は、自宅で行われる方が増えてきました。
そのためにも、香りが柔らかく、煙の少ないお線香がベストといわれています。

また、金額の相場ですが、数百円のものから数万円とかなりの開きがあります。
高級なものでは、木箱に入っていることもあります。
家族葬をされていることと、香典を辞退されていることを考慮すると、数百円~1000円程度のお線香でいいといえるでしょう。

果物

最後に果物についてです。
どんな果物を、どれだけ持っていけばいいのだろうと迷ってしまいます。
果物が一番種類が多く、ものによっては金額も様々のため、一番悩んでしまうかもしれません。

近年では、予算さえ決めておけば専門業者がお盆や果物を見繕ってギフトセットにしてくれるサービスもあります。
果物をひとつひとつ買って、自分で盛って・・・という手間を考えると、専門業者に頼むことも良いかもしれません。

ネットでは、ギフトセットの金額とお盆にのった果物の写真とが一緒に掲載されていますので、便利かもしれません。
金額は供花同様3000円程度で問題ありません。

以下の記事では家族葬の後日のお供えについてさらに詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

後日時間があるときに弔問に伺う

四十九日を待たずして後日、時間があるときに弔問に伺う場合のマナーについてご説明します。
家族葬に参列できなかった場合には、四十九日を待たず出来るだけ早くに弔問に伺うことで気持ちがきちんと伝わります。

しかし、遺族の方々の都合もありますので、伺う際には事前に連絡をしましょう。
遠方の場合でも、弔問に伺うことで弔意をしっかり表すことができます。

下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

家族葬後に弔問する際のマナー

葬儀

さて、次は家族葬後に弔問する際のマナーについて、ご説明していきます。

弔問に行く際の服装

家族葬後に弔問に行く際の服装についてです。
遠方の場合でも、弔問にいく際はそれなりの配慮をした服装でお伺いしましょう。

具体的には、派手でない普段着を着ることがいいでしょう。
黒色や紺色の普段着を着ることをおすすめいたします。
喪服で行くことは、悲しみを思い出させてしまうので避けましょう。

お線香をあげる際のマナー

遺族は親戚同士の間柄ですから、家に到着した際には硬すぎる挨拶などはなくてもいいかもしれませんがお悔やみの言葉はかけるようにしましょう。
また、いつもの親戚の集まりのような雰囲気になるかもしれませんが、仏壇の前でのマナーはきちんとしましょう。

  • ろうそくを立てる

    仏壇に既にろうそくが立っている場合は必要ありません。

  • お線香を2本立てる

    浄土真宗の場合には1本を折り、寝かせる場合もあります。
    ろうそくの火をうつし、火を付ける方法が一般的です。

  • 合掌し、祈る

    お線香をあげる時には、鐘を鳴らさないことがマナーといわれています。

遠方の家族葬に参列できない場合のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、遠方の家族葬に参列できない場合の対応について以下の内容を取り上げてきました。

  • 家族葬は遺族・親族のみが参列する葬儀

  • 遠方の家族葬に参列できない場合の対応としては、香典を送る・弔電を送るの2パターンがある

  • 香典を送る場合は、遺族が香典を辞退していないことを確認してから、2〜5万円を包んで送る。その際にはお悔やみの手紙を添える。

  • 弔電を送る場合はネットからの手配がおすすめで、金額相場は3000円~5000円となっている。

  • 家族葬後に香典のお断りがあった場合の弔意の示し方としては、四十九日法要の際に供花や供物を送る・後日弔問に伺うことがあげられる

  • 遠方の家族葬後に弔問に伺う際には、派手でない普段着でいく。
    また、お線香をあげる際のマナーをしっかりと守る。

遠方ですと、駆け付けられないことは仕方ないことですが、その後の対応がとても重要ということがわかりましたね。
今回の内容を参考にすれば遠方の家族葬に参列できなくても、遺族の方々に心のこもった気持ちが通じることでしょう。

その他にも、「終活ねっと」では家族葬に関する記事をたくさん掲載しております。
あわせてご覧ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

以下の記事では、家族葬の費用について紹介しております。
ぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事