葬儀の日程表は?葬儀日程の決め方やタイムスケジュール・流れも紹介

葬儀の日程表は?葬儀日程の決め方やタイムスケジュール・流れも紹介

身内に不幸があったら葬儀を執り行うまでにはさまざまな段取りが必要になります。取り急ぎ葬儀日程を立てますが、日程表の内容はどのように決めていくのでしょうか?今回は、葬儀の日程表の内容と日程の決め方、臨終から葬儀までの流れと葬儀後の法要の日程の決め方も紹介します。

最終更新日: 2020年12月01日

葬儀の日程表について

葬儀

思いがけず身内に不幸があったら、誰しも冷静ではいられないものですが、それでも様々な手続きや段取りをしていかなくてはなりません。

臨終を迎えてから葬儀の日程を決めるまでには、何をすればよいのでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀の日程表について以下の項目を中心に解説していきます。

  • 葬儀の日程はどうやって決めるの?

  • 葬儀の日程表とは?

  • 臨終を迎えてから葬儀までのスケジュールとは?

  • 葬儀後に行う法要の日程はどう決めるの?

大切な方を失ってしまった場合、何をすればよいのかとまどってしまうのは当然のことです。

ぜひ最後までお読みにになって葬儀の日程表について理解していただき、万が一の時にお役立てください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀日程の決め方

葬儀

葬儀をいつまでに行わなければいけない、といった決まりがあるわけではありませんが、ご遺体をいつまでも安置しておくわけにはいきません。

準備が整い次第、早めに執り行うことが望ましいでしょう。

葬儀の日程は、臨終を迎えた日の翌日に通夜、その翌日に葬儀・告別式を行うのが一般的です。

ご逝去
翌日 夜 通夜
翌々日 日中 葬儀・告別式

亡くなった時刻によっては、あるいは少し余裕を持たせたいときには、1日後ろにずらすこともあります。

ここでは、上の基本的な葬儀日程に加えて葬儀日程の決め方で考慮すべきポイントについて解説します。
次のような確認事項に注意しながら葬儀日程を決めていきます。

火葬場・斎場の空き状況による

葬儀の日程を決めるうえで、火葬場・斎場の空き状況がもっとも重要になってきます。

先に葬儀の日程を決めても、火葬場・斎場に空きがなければ延期せざるを得ません。
後ほど解説しますが、友引の日を休業日とする火葬場が多いのでその点も注意しましょう。

近年火葬場は不足の傾向にあり、時期や地域によっては希望の日時に予約が取れないこともあります。

まずは火葬場の空き状況を確認してから、使用する式場との兼ね合いを考慮して葬儀日程を決めます。

宗教者のスケジュールによる

僧侶などの宗教者に来ていただく場合は、宗教者のスケジュール調整が必要になります。
菩提寺がある場合は、早めに連絡をして先方の都合を確認しておきましょう。

どうしても日程が合わなければ、菩提寺からの紹介で別の寺院の僧侶に来ていただくなどの対応をします。

付き合いのある寺院がなく、葬儀社に紹介してもらうのであれば、希望に日時に合わせて来てくれる寺院を紹介してくれます。

ご遺族や親族の都合による

葬儀はご遺族を中心に行われるので、ご遺族の都合が考慮されるのは当然ですが、葬儀にはたくさんの親族にも参列していただきます。

例えば、遠方の親族が参列してくれる場合や葬儀に参列したいのに仕事の都合上どうしてもすぐに参列できない方を考慮して日程が決められることもあります。

このように、できるかぎり参列してくれる親族の都合に合わせて葬儀の日程を決めるのもいいでしょう。

葬儀形式による

また葬儀の日程を決める上で、葬儀形式によって異なってきます。

例えば、一般葬では葬儀までにやるべきことがたくさんあるので、亡くなってから3~4日後に葬儀を行うことがあります。

一方で直葬は、病院などから直接火葬場に搬送するので、亡くなった翌日に葬儀を行う場合もあります。
ただし、亡くなってから24時間は火葬してはいけないことが法律で決められているので、この点は注意が必要です。

このように、葬儀形式によっても葬儀までの日程が変わってきます。
ご自身の葬儀形式を考慮して葬儀日程を決めていきましょう。

六曜を考慮する

六曜は中国で生まれた占い的な性格の暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つがあります。

もともとは曜日のように時間を区切るものとして活用されていたといわれていますが、日本に伝わってからはその日の吉凶を示すものとして認識されるようになりました。

「仏滅」には「仏」という字が入っているので、仏教と関係があるように思われがちですが、本来仏教とは関係がなく、機械的に割り振っただけのものです。

そのため、葬儀を行ってはいけない日はないのですが、日取りを決めるうえで気にされる方が多いようです。

「友引」に「友」という字が当てられたことで、友を冥途に引き連れていってしまうと連想されるようになり、友引の日に葬儀を行うのはよくないという考えが広く浸透していきました。

そのため友引の日に葬儀をしたがらない家庭が多く、友引を休業日としている火葬場があります

親族の中には気にされる方もいるでしょうから、無用なトラブルを避けるためにも、できるなら六曜を考慮するとよいかもしれません。

一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



通夜・告別式のタイムスケジュール

葬儀

先ほども説明しましたがスムーズに葬儀日程を立てられれば、逝去の翌日に通夜、その翌日に告別式となります。
1日余裕を持ったとしても、逝去の日を含めて4日の間に火葬までが済むことになります。

ではここでは通夜と告別式の流れを解説します。

通夜の流れ

一般的には葬儀日程の1日目の夕方に通夜を執り行います。
現在では、通夜も通夜式として一般の弔問客を迎えますから、通夜までには納棺を済ませておく必要があります。

ご遺体を自宅で安置していた場合でも、通夜当日に式場に搬送し、親族が集まってから通夜の直前に納棺の儀を行うこともあります。

以下では、18時にお通夜を行う場合のタイムスケジュールをまとめています。
もちろん開始時間は変えることができますが、おおよその時間の目安となるのでご覧ください。

  • 喪主・遺族の集合(16:00頃)

    喪主やご遺族は、受付を開始する1時間〜2時間前ほどに会場に到着し、準備を行います。

  • 受付(17:30頃)

    開式の30分前までに、受付を始めます。

  • 開式(18:00)

    開式15分前にはご遺族も席に着くようにしましょう。
    開式後の進行は葬儀会社が務めます。

    最初に僧侶による読経をし、喪主→遺族・親族→参列者の順で焼香を行います。

  • 閉式〜通夜振る舞い(19:00)

    通夜の儀式自体は1時間ほどで終わり、その後通夜振る舞いという会食をします。
    通夜振る舞いの前には、喪主による挨拶がされます。

    通夜振る舞いは約1時間ほどです。

葬儀・告別式のタイムスケジュール

葬儀日程の2日目に葬儀・告別式を行います。

火葬場の予約時間により開式時刻は変わってきますが、一般的には午前中から始まることが多く、1時間程度で閉式となります。

今回は10時に告別式を開式する場合のスケジュールについてご紹介します。

  • 喪主・遺族の集合(8:30〜9:00)

    告別式でも喪主やご遺族は、準備のために早めに集合します。

  • 受付(9:30)

    お通夜と同様に30分前までに受付を開始します。

  • 告別式の開式(10:00)

    開式の10分前くらいまでには、座っているようにしましょう。

    僧侶による読経は30〜40分ほどですが、その間に喪主・遺族・親族・参列者による焼香を行います。

    読経・焼香が終わり、僧侶が退場したら弔辞・弔電の奉読が5〜10分ほどで行われます。

    最後に喪主が挨拶をし、閉式となります。

  • 出棺(11:00頃)

    告別式が終わったら出棺し、遺族・親族や一部の参列者が火葬場へ向かいます。

  • 火葬(11:30頃)

    火葬は、火葬場にもよりますがおおよそ1時間〜1時間半程度かかります。

  • お骨上げ・初七日法要(13:00)

    近年では拾骨が終わったら、葬儀場もしくは自宅に持ち帰り、初七日法要を繰り上げで行うことが多いです。

    法要には約30分ほどかかります。

  • 精進落とし(13:30〜)

    法要が終わったら精進落としという会食が行われます。

    ご遺族や親族、一部の参列者の方が故人を偲んでお話をする場です。

    約1時間ほど行われます。

火葬場の予約時間や地域の風習によっては、これらのスケジュールは違ってきます。

午前中に火葬をしてから告別式を行うこともあれば、告別式の後の火葬をしてる間に会食をするようなケースもあります。

葬儀の日程表の内容は?

葬儀

身内のどなたかが亡くなったら、葬儀までの限られた時間のなかで多くの決め事や手続きをしていかなくてはなりません。

しかし、いざ葬儀の当事者となると、何をしたらよいのか分からない方がほとんどかもしれません。

依頼する葬儀社が決まったら、ご遺体を安置し、取り急ぎ葬儀の日程表を作っておくと便利です。
いざという時にスムーズに準備がすすめられるよう、一般的な日程表の内容について見ておきましょう。

日程
納棺 日時・場所(自宅か式場か)
出棺(自宅で納棺した場合) 日時
通夜 日時・場所
葬儀・告別式 日時・場所
出棺 日時
初七日 日時・場所(式中初七日か収骨後初七日か死後7日後か)

日程表では、このような内容を決めていきます。
これらに加えて以下の項目を記入しておくと、訃報連絡がスムーズに行えます。

  • 故人の命日

  • 宗派や寺院

  • 火葬場・式場の住所および電話番号

  • 喪主の名前

なおこれはあくまでも一般的な日程表であり、葬儀のやり方や流れは地域によって異なります

本来の意味での通夜が行われているところでは、亡くなった当日が通夜となることもありますし、葬儀・告別式の前に火葬をする地域もあります。

地域の習慣を考慮して葬儀の日程表を作るとよいでしょう。

逝去から葬儀までかかる日数については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀までの流れ

葬儀

どなたかが逝去されてから葬儀の日程表が決まるまでに、どのような過程があるのでしょうか。

また、日程に沿って実際の葬儀までは、どのように進んでいくのでしょうか。
ここでは逝去から葬儀までの流れをみていきます。

逝去から納棺まで

通常、臨終を迎えられてからご遺体の処置や儀式をし、安置を経て納棺をします。
まず逝去から納棺までの流れをご紹介します。

ご遺体安置

現在では、亡くなってから24時間経たないと火葬や埋葬をすることができないと法律で定められており、この間どこかにご遺体を安置しなければなりません。

ご臨終後には、以下のような儀式を行います。

  • ご臨終後、家族や近親者が枕元に寄って故人の唇を潤す、末期の水(まつごのみず)を行う。

  • 末期の水の後に、清拭(せいしき)と呼ばれるアルコールを浸した脱脂綿やガーゼでご遺体を拭き清める儀式を行う。

    故人の髪や体を洗い清める湯灌(ゆかん)という儀式もあり、基本的に清拭か湯灌のどちらかを行う。

かつてのように自宅で最期を迎える方が少なくなり、今では病院で亡くなる方がほとんどです。

病院で亡くなった場合は、着替えや病院によっては死化粧(エンゼルメイク)まで行ってから霊安室に移動します。

ここでは短時間の安置しかできませんので、自宅や安置施設などの安置場所を決めて、ご遺体を搬送する必要があります。

安置場所に搬送されたら、ご遺体の枕元に祭壇を作る枕飾りをします
枕飾りに飾るものは宗派によって異なります。

葬儀社との打ち合わせ

ご遺体を安置している間に、葬儀社との打ち合わせをして葬儀の内容と日程を決めていきます。
葬儀社の方と相談しながら、まずは式場と火葬場を決めて予約を取ります。

同時に宗教者の都合と合わせて、葬儀の日程表を決めていきます。
祭壇や棺の選定、費用を含めてどのような葬儀プランにするのかなど、詳細を検討します。

葬儀の日程表ができたら、親族や故人と親交のあった方・職場関係・近隣の方などに葬儀のお知らせをします。

納棺

納棺とは、故人の身支度を整えて棺に納める儀式で、近親者だけで故人と過ごせる大切な時間でもあります。

自宅や安置施設では、納棺の前に湯灌をすることもあります。

湯灌や清拭で故人の身体を清めたら、髪を整え、男性なら髭を剃り、女性は薄化粧をして口紅をさすなどの死化粧(エンゼルメイク)を施します。

次に、旅立ちの支度として故人に死装束を着せます

装束は宗派や地域の風習によって異なりますが、経帷子(きょうかたびら)・手甲(てこう)・脚絆(きゃはん)や足袋・頭蛇袋(ずだぶくろ)などを身に着けます。

旅支度が整ったら故人を棺の中に納め、旅支度の一部である杖やわらじ、故人が愛用していたものなどの副葬品を一緒に納めます。

葬儀後の法要の日程の決め方

葬儀

本来仏式の葬儀では、ひと七日、ふた七日と、亡くなってから七日ごとに追善供養をします。
しかし現在では、初七日法要と四十九日法要のみ行うことがほとんどです。
それぞれの法要の日程の決め方を解説します。

初七日の日程

故人が亡くなってから7日目というと、臨終の翌日に通夜、翌々日に告別式と葬儀日程がスムーズに組めた場合、葬儀の5日後に初七日となります。

何らかの事情で葬儀が後ろにずれれば、葬儀後2~3日に初七日を行うことになります。
葬儀後何日も経たずに何度も集まるのは大変ですので、近頃では葬儀当日に初七日法要を済ませてしまうことが多くなっています。

繰り上げて行う初七日法要には、葬儀・告別式の式中に一緒に行う式中初七日と、骨上げの後の会食前に行われるものがあります。
7日目に改めて初七日法要を行う場合は、僧侶を呼んで読経をしてもらい、会食もします。

四十九日の日程

仏教では四十九日をもって故人の魂が旅立つとされています。
それまでを忌中とし、49日目が忌明けとなりますので、法要を営むのが一般的です。

忌明け法要は、必ずしも亡くなってから四十九日目に行うわけではなく、それより少し前の休日などの都合のよい日程で行いますが、後ろ倒しにするのは望ましくないといわれています。

四十九日法要は出席してほしい親戚や知人に出席の案内を出し、出席人数に応じて会場と会食の準備をします。

下の記事では四十九日法要の流れについて紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

葬儀の日程表についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
ここまで葬儀の日程表について、以下のことを解説してきました。

  • 葬儀の日程を立てるには、火葬場や斎場の空き状況・宗教者の都合・親族の都合・葬儀形式・六曜を考慮しながら、火葬の日から逆算して告別式と通夜の日取りを決める。

  • 葬儀の場所や日時などを書いた日程表を作ると便利。

  • 臨終を迎えたら、末期の水などの身体の処置をしてご遺体安置をする。

    その後故人の旅支度をして納棺・通夜を行い、その翌日に葬儀・告別式を行う。

  • ご遺体を安置している間に葬儀社との打ち合わせを行う。

  • 初七日法要は葬儀当日に行われることが多く、忌明け法要は四十九日の少し前の都合の良い日に行うことが多い。

葬儀の日程を決めるには火葬場の空き状況が優先されるのですね。
現代のさまざまな事情に合わせながらも、できる限り心をこめて故人を見送りたいものです。

この記事にあったことなどに考慮し、納得のいく葬儀日程を組んでみてください。

終活ねっとではこの他にも、葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。

こちらの記事は、葬儀・通夜・告別式の流れや違いについて分かりやすくまとめていますので、ぜひお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す