家族葬は高いの?相場や内訳、費用を抑える方法についてもご紹介!

家族葬は高いの?相場や内訳、費用を抑える方法についてもご紹介!

家族葬は近年増えている葬儀の形式です。比較的小規模な家族葬ですが、その費用相場は高いのか知りたい方も多いのではないでしょうか。今回は、家族葬は高いのか相場や内訳を明確にした上で、費用を抑える方法や家族葬以外の葬儀形式の費用についても紹介します。

最終更新日: 2020年12月01日

家族葬は高いのかについて

葬儀

家族葬とはご遺族や親族、親しい友人などごく少人数で執り行う葬儀の形式です。
参列者が少なく対応に追われることが少ないということから、近年増えている葬儀形式と言われていますが、家族葬の費用の相場は一般葬に比べて高いのでしょうか。
また、費用の内訳も気になりますよね。

今回「終活ねっと」では、家族葬は高いのかについて費用相場と内訳を紹介した上で、家族葬の費用を抑える方法や家族葬以外の葬儀形式の費用相場を紹介していきます。

  • 家族葬の費用相場とその内訳は?

  • 家族葬の費用を抑える方法とは?

  • 家族葬以外の葬儀形式の費用相場は?

以上の項目を軸に解説していきます。
家族葬を行いたいけれど費用が高いのか心配だという方や費用をなるべく抑えて葬儀を行いたいという方は、ぜひ最後までご覧いただき参考にしてください。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「DMMのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

家族葬の費用相場と内訳

お金

経済的な理由などから、ご遺族や親族だけで葬儀を行う家族葬を選ばれる方が増えています。
家族葬より一般葬の方が高いというイメージがありますが、本当のところどうなのでしょうか。

ここでは、家族葬の費用は高いのかとその内訳について紹介します。

費用相場は一般葬の方が高い

終活ねっとが2019年4月に実施した葬儀に関するアンケートでは、家族葬葬の全国の平均費用は113円という結果になりました。
それに対して、一般葬は165万円という結果であり、家族葬の平均費用は一般葬の平均費用よりも約50万円ほど安いということになります。

葬儀に関するアンケート調査結果まとめはこちらからご覧いただけます。

なぜ家族葬は安くなるのか?

なぜ家族葬は一般葬と比べて安くなるのでしょうか。

それは、参列者がご遺族や親族・故人の親しかった友人だけと少人数のため、返礼品費や飲食接待費を抑えることができるからです。
そのため、参列者が多くなってしまう一般葬と比べて費用が安くなるのです。

また、周りの目を気にして祭壇などのグレードを上げる必要もないので、予算を優先して葬儀のプランを決めることができます。

費用の内訳

家族葬の費用の内訳は大きく分けて、葬儀一式の費用・寺院への費用・飲食の費用の3つの項目に分けられます。
それでは、この中でもさらに詳しく家族葬の費用の内訳とそれぞれの費用の相場を紹介します。

  • 式場使用料

    公営の式場は数万円~30万円程度、民営の式場は無料~5万円前後が相場です。
    寺院や民間の法人が所有している場所で葬儀を執り行う場合は、10万円~20万円前後が相場です。
    寺院などの宗教施設を使用する場合は、料金は事前に話し合って決めることが多いです。

  • 葬儀費用

    葬儀費用には、最低限必要な「祭壇・棺・供花」の費用などが含まれています。
    祭壇は大きく分けて白木祭壇と花祭壇の2種類で、基本的にはレンタルです。
    レンタル料は5万円~10万円程度が相場ですが、豪華なものだと50万円近くになります。

    棺も金額に高低差があり3万円~10万円以上の高いものまであります。
    供花はオプションで付ける形が多く、1対(2基)あたり1万5000円~5万円程度が相場です。

  • 火葬料

    公営の火葬場の場合は無料~6万円程度、民営の火葬場の場合は5万円~10万円が相場です。
    火葬料は基本プランに含まれるものと有料オプションのものがあり、葬儀社によって異なりますので、詳細は葬儀社に問い合わせてみましょう。

  • 宗教者へのお布施

    宗教者へのお布施の相場は、主に「読経料」約25万円、「戒名料」約15万円、「御膳料」約1万円と「お車代」が含まれます。

    一般的に寺院に支払う費用だけでも40万円近くかかります。
    無宗派の葬儀の場合はこの料金はかかりません。

  • 飲食接待費・返礼品費

    飲食接待費・返礼品費とは、参列者への飲食や返礼品などのおもてなし費用のことです。
    料理のふるまいは「通夜振る舞い」では1人当たり2000円前後、「精進落とし」では1人当たり4000~8000円が相場です。

    返礼品には会葬御礼と香典返しの2つがあります。
    会葬御礼は参列いただいたことへの御礼で、参列者全員に500円〜1000円程度のお茶やお菓子を配るのが一般的です。

    香典返しとは、御香典をいただいた方へのお返しものです。
    香典額の3割〜半額でお返しするのが一般的で、3000円〜5000円程度の返礼品を用意します。

ここまで家族葬の費用相場と内訳について解説してきましたが、基本プランに必要なオプションを加えた額が、家族葬に実際にかかる費用になります。
オプションをほとんど付けないケースや、できる限り付けるというケースもあります。
そのため、今回ご紹介した家族葬の平均費用も参考程度にしてください。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。
また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの登録割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

家族葬のプランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



家族葬の費用を抑える方法

お金

葬儀の費用が高いと経済的な負担が大きいですよね。
ご遺族と親族だけで行う家族葬ですから、できるだけシンプルなものにして費用を抑えることができます。
ここでは、家族葬の費用を抑える方法をご紹介します。

葬儀は高い費用をかけるほど良いというわけではなく、故人に無事に旅立って欲しい、安らかに眠って欲しいという気持ちが何よりも1番大切なことです。

国民健康保険や社会保険の補助申請をする

国民健康保険や社会保険に加入していると、葬儀代の補助として葬祭費を受け取ることができるのをご存知でしたか。

故人が国民健康保険の被保険者(加入者)だった場合やその扶養家族だった場合、後期高齢者医療制度の加入者だった場合は葬祭費が支給されます。
これは、死亡したことに対して支払われるものではありません。

受け取れる金額はそれぞれの地域により1万円~7万円前後と違いがあります。
申告制となっていて、申請期間は葬儀の翌日から2年以内です。

申請者は喪主・葬儀を行った人で、申請先は住所地の市区町村役場です。
申請の際に必要なものは、国民健康保険葬祭費支給申請書・国民健康保険証・葬儀費用の領収書などです。

国民健康保険の葬儀代の補助についてさらに詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてみてください。

参列者の数を減らす

参列者の数を減らすことは、家族葬の費用を抑える方法として重要なことです。
家族葬はご遺族や親族、親しい友人だけで行うため、人数は概ね20名程と想定できます。

費用の高い一般葬に比べて、参列していただく人数やふるまう料理、会葬返礼品・会葬礼状の数が少なくなるので、葬儀費用を安く抑えることができます。

会食の場を設けないようにする

葬儀では、通夜振る舞いや精進落としなどの会食の場が設けられていることがほとんどですが、これらの会食の場は必ずしも設けなければならないという決まりはありません
さらに家族葬は参列者の人数が少ない小規模なものなので、会食を行わない方もたくさんいます。
こうすることで、飲食接待費を抑えることができます。

直葬や火葬式、自宅葬に変更する

高い葬儀費用を抑えるために、直葬や火葬式に変更するのも良いでしょう。
火葬のみの葬式を直葬または火葬式と呼び、通夜や告別式の宗教的なことは行わない葬儀形式です。

また、斎場は利用せず故人の思い出の詰まった自宅で葬儀を行う自宅葬への変更を検討してみるのも良いでしょう。
会場の場を設けずに自宅で葬儀を行うことができれば、さらに費用を抑えることができます。

この他に、小さな会場を借りたり、斎場を公営の施設にすることでも費用を抑えることが可能です。

家族葬以外の葬儀形式の費用相場

お金

先述した通り、家族葬の費用相場は100万円前後です。
では家族葬以外の葬儀形式の費用相場はどうなっているのでしょうか。
ここでは、家族葬以外の葬儀形式の費用相場を見てみましょう。
こちらの費用相場も終活ねっとが行ったアンケート結果をもとに紹介していきます。

  • 家族葬と一般葬の費用を比較

    高いイメージのある一般葬の費用相場は165万円で、家族葬の113万円前後の約1.5倍になります。
    一般葬の場合は会社関係や近所の方などの参列者が増えるため、費用も多くかかります。

    それに対して家族葬は参列者もご遺族や親族だけと少ないため、費用を抑えることができます。

  • 家族葬と一日葬の費用を比較

    一日葬の費用相場は57万円で、家族葬の113万円の約半分ほどということになります。
    家族葬は通夜・告別式と2日かけて行われますが、一日葬は通夜を行わず告別式だけ1日で行います。

    一日葬は通夜を行わない分弔問に訪れる人も減るため、飲食・返礼品にかかる費用が少なくなります。

  • 家族葬と直葬または火葬式の費用を比較

    火葬のみの葬式は通夜も告別式も行わず、費用相場は20万円~30万円程度で、家族葬の113万円に対し費用はかなり抑えられます。
    火葬式には、搬送料金や安置施設使用料などが含まれます。

家族葬は高いのかについてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、家族葬は高いのかについて以下のことを解説してきました。

  • 家族葬は参列者が少ないため一般葬に比べて安い。

  • 家族葬の費用相場は113万円前後で、内訳は大きく分けて葬儀一式の費用・寺院への費用・飲食の費用である。

  • 参列者の数を減らしたり火葬式や自宅葬に変更することで、葬儀費用を抑えることができる。

  • 国民健康保険や社会保険に加入していると、葬祭費を受け取ることができる。

  • 一般葬の相場は165万円、一日葬の相場は57万円、火葬式または直葬の相場は20万円~30万円。

近年、様々な事情により家族葬を選ぶ人が増えていると言われています。
参列者が少なくご遺族の負担も減るため、ぜひ家族葬を検討してみてください。

「終活ねっと」ではこの他にも、葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、一般の葬儀の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事