葬儀と通夜の費用はいくら?告別式や通夜なし葬儀の費用も解説

葬儀と通夜の費用はいくら?告別式や通夜なし葬儀の費用も解説

一般的な葬儀は、通夜のあと葬儀・告別式を二日間かけて行います。葬儀費用というと高額なイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか。そこで今回は、葬儀と通夜にかかる費用について解説します。また、告別式や火葬式についても解説します。

2019-10-31

葬儀と通夜の費用について

お金

一般的な葬儀は、通夜のあと葬儀・告別式を二日間かけて行います。
葬儀費用は何となく高いというイメージがあります。

葬儀と通夜の費用でどれぐらいかかるかご存知ですか。
そもそも葬儀の主催者になることはほとんどないので費用を意識することはありませんよね。

しかし、いつかは自分が葬儀をするときや自分自身の葬儀をするときが来ます。
そのときに残された遺族に経済的な負担をかけたくないものです。

そのためにも葬儀と通夜の費用がどれぐらいかかるかを把握しておくことは重要なことです。
最近では生前に家族と話し合って、自らの葬儀を準備している方もいらっしゃいます。

今回終活ねっとでは、葬儀と通夜にかかる費用について詳しく説明いたします。
そのポイントと順番は以下のようになります。

  • 葬儀全体にかかる費用はいくらかかるの?

  • 通夜にかかる費用はどれぐらいかかるの?

  • 通夜までにかかる費用はどれぐらいかかるの?

  • 告別式・火葬式にかかる費用はどれぐらいなの?

  • 通夜なしの葬儀にかかる費用とは?

葬儀と通夜にかかる費用を知りたい方にはもちろん、葬儀で通夜を省略したいと考えている方にも必見の内容となっています。

もし自分や親族の中に、実際に葬儀の費用や葬儀形式で困っている方がいたら、参考にしてみてください。
ぜひ、最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀全体にかかる費用はいくら?

お金

関東地方における通夜と葬儀・告別式を執り行う二日制の葬儀全体にかかる費用は約200万円です。
葬儀費用は下記の3種に分かれております。

  • 葬儀一式費用 約115万円

    祭壇、遺影写真、棺、骨壺などにあります。
    祭壇の大きさなどによって費用は変わってきます。

  • 接待費用 約50万円

    通夜振る舞いや精進振る舞いの時の料理や飲み物などの費用になります。
    参列者の人数や料理のランクによって費用が大きく変わってきます。

  • 僧侶へのお礼 約35万円

    僧侶へのお布施代です。
    戒名料、読経料(通夜、葬儀、初七日、火葬場)、お車代、御膳料となります。
    戒名のランクによって費用が変わってきます。

葬儀一式の費用が一番高いです。
その中には、祭壇にかかる費用も含まれています。
祭壇は本人を現したものですので、故人の性格や考え方を踏まえて祭壇を決めるといいでしょう。

また、仏式なのか神式なのか無宗教式なのかで供物が変わり、それに伴い費用も変わるので覚えておきましょう。

もう少し詳しく葬儀の費用を知りたい場合や、費用の内訳や安くする方法を知りたい場合は以下の記事をご覧ください。

通夜にかかる費用をご紹介

お金

通夜にかかる費用は、通夜で使う会場の利用料、通夜振る舞いの飲食費用、通夜の僧侶の読経費用で構成されています。

以下では、それぞれの要素から通夜にかかる費用について解説していきます。

通夜で使う会場の利用料

まず、通夜で使う式場の使用料がかかります。
式場使用料はどこを使用するかで費用が変わってきます。

  • 葬儀社の運営式場を使用する場合 約20万円

    葬儀社が自分で持っている運営式場を使用するため、式場を特別に借りるよりは安くなります。

    ただし、他の葬儀社の式場を使うことは基本的にはできません。
    他の葬儀社の式場を使いたい場合は、葬儀自体も依頼する必要があります。

  • 寺院等運営の貸式場 約30万円

    葬儀社が自社用の運営式場をもっていない場合や依頼者が貸し式場場所を指定する場合に使います。

    自社運営式場よりは少し高めになります。

  • 公営の貸し式場 約10万円以下

    式場の中には、地方自治体が管理しているものもあります。
    その公営の式場は使用料が安くなっています。

通夜振る舞いの費用

通夜を執り行ったあとは参列者へ弔問へ来て頂いたお礼として、お酒や食事を振る舞います。
このしきたりを通夜振る舞いと呼ばれております。

通夜振る舞いの費用は参列者によって大きく費用が変わってきます。
例えば30名の場合は以下のように約20万円となります。

内容 詳細 単価 数量 合計 備考
通夜料理 江戸前寿司 9,000円 10 90,000円 1皿3人前
煮物 6,000円 3 18,000円 1皿10人前
点心 6,000円 3 18,000円 1皿10人前
配膳人 通夜配膳 15,000円 3 45,000円 1人10人担当
飲食代 ビールなど 一式 10,000円
合計 181,000円

通夜にお布施は渡す?

お布施は通夜の時に渡す必要はありません
たとえ渡すにしても通常、葬儀社が立て替えてくれます
全国平均は約45万円です。

お布施には通常、戒名料、読経料(通夜、葬儀、初七日、火葬場)が含まれています。
戒名料は下記の表の通りランクで費用が変わります。

戒名ランク 戒名料
信士・信女号 約10万円
居士・大姉豪 約20万円
院居士・院大姉 約30万円

読経料(通夜、葬儀、初七日、火葬場)、お車代、御膳料の目安は下記の通りです。
お布施ではありませんが、お車代、御膳料も僧侶に支払います

但し、お車代は送迎用のハイヤーを手配した場合は不要です。
また式場で食事をした場合は御膳料は不要です。

  • 2日間の読経料 約30万円

  • お車代(2日) 約1万円

  • 御膳料(2日) 約1万円

通夜までにかかる費用

お金

例えば病院で死亡しますと、ご遺体を移動させる必要があります。
ご遺体を通夜まで安置しておく必要があります。

また、お葬式のあと、会葬者へ出すお礼状の会葬礼状を印刷して用意しておく必要があります。
最近では、通夜や告別式のとき受付などでタオルチーフなどの会葬お礼と一緒に渡すことが多いので、会葬お礼も用意する必要があります。

これら通夜までにかかる費用は約30万円です。
まず、ご遺体の安置にかかる費用からご説明いたします。

ご遺体の安置にかかる費用

病院で亡くなって遺体を安置するまで色々な準備が必要です。
まず遺体を病院から運び出して安置所へ移動する必要があります。

そのため遺体を入れる棺の準備から、遺体を傷つけないためのドライアイスの準備など、安置するまで下記のリストで示した準備と作業が必要になります。

通夜までご遺体は保管されます。
費用が概算で約25万円になります。

  • 御棺

    ご遺体を入れる棺です。

  • ご遺体と一緒に入れるドライアイス

    葬儀・告別式までご遺体を傷まないように保つために必要なものです。

  • 死亡届け代行費用

    葬儀社が遺族に代わって死亡届けの手続きをし、そのために支払う費用のことです。

  • 病院からご遺体を安置所に移動する寝台車費用

    ストレッチャーで遺体を車内に移動させますので大型のバン型寝台車です。

  • ご遺体の枕元に置く枕飾り費用

    安置場所に遺体を移動した後に遺体の近くに枕飾りをします。

  • 白木の位牌

    故人の戒名と没年月日、俗名、享年を機の札に書いてもらいます。

  • 保管料(2日間)

    法律で死亡後、24時間以内は遺体を火葬することはできません。
    また、通常、通夜で1日遺体を保管し、翌日の葬儀・告別式に備えます。
    その最低2日間の遺体保管費用がかかります。

もし火葬場の空きがない等の理由で遺体の安置期間が延長された場合は、保管費用とドライアイスの費用が追加になってきます。

会葬礼状にかかる費用

通夜が始まる前に会葬者に渡すお礼状である会葬礼状を用意しておく必要があります。
会葬礼状は会葬者が帰るときに出口で渡します。

最近では、会葬礼状とともにタオルチーフなどの品を一緒に渡すことが多いので、会葬お礼品も用意する必要があるでしょう。

今回は30名の参列者の場合で計算していますが、足りない場合を避ける必要があるのと、通夜、葬儀・告別式の両方に参加される方もいるため50セットで計算しております。

合計で約3万円となります。

内容 内容 単価 個数 合計
会葬礼状 タオルチーフ 500円 50 25,000円
会葬御礼 100円 50 5,000円
合計 30,000円

会葬礼状を書くうえで、守らなくてはいけないマナーがあります。
礼状でのマナー違反はぜひとも避けときたいです。

もし礼状の書き方を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

告別式・火葬式にかかる費用

お金

告別式と火葬場でかかる費用の合計は約70万円です。
告別式では祭壇一式にかかる費用が一番高いです。

冒頭にも記載しましたが、祭壇は本人を現したものですので、故人の性格や考え方を踏まえて内容を決めましょう。
また、飲食関係では精進落としの費用がかかります。

そして最後に火葬に関わる費用が必要となります。

まず、告別式の祭壇一式にかかる費用からご説明します。
以下は家族葬を想定したやや小さめの祭壇一式で約45万円です。

祭壇一式費用の内訳は以下の通りです。

  • 祭壇費用 約25万円

  • 遺影写真費用 約3万円

  • そのほか一式 約17万円

    打菓子、菊糖費用、祭壇供物費用、司会進行費用など

次に精進落としにかかる費用についてご説明いたします。
精進振る舞いは約10名あたりで計算すると、約6万5千円かかります。

  • 精進おろし料理(会席膳) 5万円

    10人前(5千円/一人)

  • 配膳人(一人) 1万5千円

そして最後に火葬費用についてご説明いたします。
火葬にかかる費用は約15万円で、内訳は下記の通りです。
火葬場で待つ飲食費用は入っておりません。

  • 火葬費用

  • 骨壺費用

  • マイクロバス(19人乗り)費用

  • 霊柩車費用

通夜なしの葬儀にかかる費用とは?

お金

一般的な葬儀では、通夜を行った翌日に葬儀・告別式を執り行います。
葬儀に2日かかると遠来からくる方には時間的な面、費用面(宿泊、往復の交通費)がやはり負担になってきます。

そこで最近、通夜を行わない形式の葬儀が葬儀社から提案されており、都心部では人気になっています。
ここでは、通夜を行わない葬儀をご説明いたします。

通夜なしの葬儀とは

最近は家族葬が一般的になってきています。
家族葬とは参列者を遺族、近親者などに絞った葬儀で、一般葬をコンパクトにした葬儀です。

家族葬の場合は一般葬と手順は変わりませんので、通夜、葬儀・告別式と二日間かかります。
そうなるとやはり、遠来からくる方には時間的な面、費用面(宿泊、往復の交通費)がやはり負担になってきます。

他にも、最近では全く葬儀を行わない直葬という火葬だけで見送る葬儀も増えてきました。
直葬は近親者だけで見送る方式ですが、遠来の親族は立ち会うことができなこともあります。

直葬ではあまりにもお別れが短いので、新しい葬儀のスタイルとして葬儀社から提案されている葬儀方式が、通夜を行わずに葬儀・告別式だけを行う葬儀方式です。

これならば遠来の親族もお別れができるうえ、直葬より長くお別れの時間を取ることができます。
通夜式を行わず、告別式と火葬を行うプランで一日葬と呼ばれてます

遠来からくる弔問者への負担をかけたくない、短い時間で済ませて大規模なものにはしたくないという方に受け入れられております。

一日葬にかかる費用

一日葬では、単純に通夜にかかる費用が削減できます
いままでの費用を下記のようにまとめてしました。

内訳 一般葬 一日葬 備考
通夜までにかかる費用 30万円 30万円 両方かかります
通夜にかかる費用 30万円 0円 一日葬は通夜がないため費用かかりません
僧侶お布施 42万円 31万円 読経とお車代、御膳代は1日分
告別式・火葬にかかる費用 70万円 70万円 両方かかります
合計 172万円 131万円 差額41万円

このように、約25%の費用を抑えることができます
上記は簡単な費用概算です。
より詳しく一日葬の費用を知りたい方は、以下の記事で分かりやすく解説しているので合わせてご覧ください。

葬儀と通夜にかかる費用のまとめ

お金

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀と通夜にかかる費用について詳しく説明してきました。
その内容をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀全体にかかる費用は約200万円かかる。
    葬儀一式費用で約115万円かかる。
    接待費用で約50万円かかる。
    僧侶へのお礼で約35万円かかる。

  • 通夜にかかる費用は約40万円かかる。
    会場の利用料で20万円かかる。
    通夜振る舞いの飲食費用で20万円かかる。
    僧侶お布施は一旦葬儀社が立て替えるのが普通で、通夜と葬儀・告別式の費用合わせて約42万円かかる。

  • 通夜までにかかる費用は約30万円かかる。
    ご遺体を病院から安置所まで移動し通夜まで保管する費用が約25万円かかる。
    また、改葬礼状と改葬御礼で約5万円かかる。

  • 告別式と火葬にかかる費用はは約70万円かかる。
    告別式にかかる費用が約55万円かかる。
    火葬にかかる費用は約15万円かかる。

  • 通夜のない葬儀は一日葬と呼ばれ一般葬より約25%費用が抑えられる。
    通夜費用の必要がなくなる。
    また、僧侶のお布施費用も一日分だけで済む。

今回ご紹介した内容が、葬儀や通夜の費用で悩んでいた方や葬儀費用を抑える方法を考えている方の役に立てれば幸いです。
葬儀費用の負担を軽減する方法は一日葬だけではありません。

葬祭費給付金制度を利用するのも、その一つでしょう。
葬儀費用の負担を軽減する手段はたくさんあるので、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

また、終活ねっとでは、他にも多数の記事を掲載しております。
下記の記事では葬儀の費用や内訳、安くする方法について解説しています。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・通夜・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料