曹洞宗の葬儀で読まれるお経とは?曹洞宗の式次第や葬儀の特徴も解説

曹洞宗の葬儀で読まれるお経とは?曹洞宗の式次第や葬儀の特徴も解説

曹洞宗は、鎌倉時代に日本に伝えられた禅宗の1つです。 曹洞宗の葬儀では、どんなお経が読まれるのかを知っていますか。 難しそうなお経ですが、葬儀の場で読まれるものには意味があります。 葬儀におけるお経の種類や特徴を知ることで、心を込めて故人を送りましょう。

最終更新日: 2020年12月17日

曹洞宗の葬儀で読まれるお経について

葬儀

曹洞宗の葬儀で読まれるお経には、どのような種類があるのかを知っていますか。
お経は、実際に葬儀に参列して耳にしても、その内容を理解することは難しいですよね。

曹洞宗の葬儀で読まれるお経は、故人を安らかに送るために読まれているものなので、儀式の中でも意味を持っています。

今回「終活ねっと」では、曹洞宗の葬儀で読まれるお経の種類、葬儀の式次第、曹洞宗の葬儀の特徴を解説します。

曹洞宗の葬儀の特徴や、葬儀で読まれるお経の意味を知っていれば、きっと葬儀に参列する際の気持ちの持ち方も変わることでしょう。

  • 曹洞宗とはどんな宗派なのか

  • 曹洞宗の葬儀で読まれるのはどんなお経か

  • 曹洞宗の葬儀の流れは?

  • 曹洞宗の葬儀にはどんな特徴があるのか

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

曹洞宗について

お墓

曹洞宗は、坐禅を重視する禅宗の宗派です。

同じ禅宗である臨済宗が坐禅を悟りという目的に到達するためのものであると考えています。

一方で曹洞宗における坐禅は、ただひたすらに坐る「只管打坐(しかんたざ)」であり、修行と悟りは1つであると考えられています。

また、曹洞宗の宗祖は道元禅師と瑩山禅師の両祖であり、大本山は吉祥山永平寺(福井県永平寺町)と諸嶽山総持寺(神奈川県横浜市)の2つです。

曹洞宗の葬儀で読まれるお経の種類

仏壇

曹洞宗の葬儀で唱えられるお経には、どのような種類があるのでしょうか。

そもそもお経とは、お釈迦様の教えを弟子たちが口伝で伝えていたものを書き残したものです。
お釈迦様の教えである「経」、行動規範である「律」、経や律を解釈した「論」の3つを「三蔵」とし、広い意味ではそのすべてをお経としています。

曹洞宗でよく読まれるお経として「般若心経」を思い浮かべるかもしれませんが、般若心経は曹洞宗独自のお経ではありません。

曹洞宗の修行の根本が坐禅にあるということもあり、お経に特徴を持つ宗派ではありませんが、曹洞宗独自の宗典としては「修証義(しゅしょうぎ)」があります。

これは道元禅師の著書であり、お釈迦様から受け継がれてきた教えを収録した『正法眼蔵』を抜粋したもの通夜や葬儀で読まれることもあります。

また、曹洞宗の葬儀における「読経」には、故人を悟りの世界へと導く目的があります。

葬儀の儀式中、通夜や故人を棺に納める「入棺諷経(にゅうかんふぎん)」では、人々を救うために千手千眼を授かった観世音菩薩の功徳を讃えるお経である「大悲心陀羅尼」を唱えます。

また、鳴り物の法具を用いて邪気を払いつつ仏の悟りへの道が安らかであることを願う「挙棺念誦(こかんねんじゅ)」では、悪の世界を離れて清らかな世界へと進むための「大宝楼閣陀羅尼」を唱えるなど、それぞれの儀式とお経には特別な意味があります。

大悲心陀羅尼

陀羅尼(だらに)とは、呪文のようなお経であり、インドから中国にサンスクリット語の発音のまま音訳されたものであるため、漢字の意味を見てもその内容を理解することはできないお経です。

「大悲心陀羅尼」はその1つであり、原語のままで読むことで功徳が得られると考えられています。
人々を苦難から救済するために千手千眼を授かった観世音菩薩の功徳を讃えたお経です。

「大悲心陀羅尼」は、通夜や葬儀での「入棺諷経」で読まれています。

大宝楼閣陀羅尼

大宝楼閣陀羅尼とは、悪の世界を離れて、清らかな世界で悟りを開く功徳があり、仏の悟りの世界への道が開かれることを念じる陀羅尼のお経です。

曹洞宗の葬儀の式次第

葬儀

曹洞宗の葬儀は、導師(僧侶)の入場によって始まります。

ここでは、葬儀の後に火葬や土葬が行われる場合の葬儀・告別式の流れをご紹介します。
地域によっては通夜の後、葬儀の前に火葬を行う場合があります。

曹洞宗における葬儀の意味

曹洞宗の葬儀は故人を剃髪し戒を授け、引導を行うことが儀式の中心となります。

すべては「空」であり、故人が執着を捨て、遺族も未練を捨てて、自然に任せるという教えでとともに、故人は苦悩から解放されて悟りの世界へと導かれ、お釈迦様の弟子になります。

「剃髪」は、「剃髪の偈」を唱えながら、導師が故人の髪や髭を剃り落とす動作を行うものです。

実際に髪を剃るわけではありませんが、執着や悩む心から離れ、清浄な姿になることを意味しています。

「授戒」は、「懺悔文」を唱えてこれまでの悪しき行いへの懺悔を行った後に、お釈迦様の弟子となるために守るべき「戒」を授けるものです。
故人は、「三帰戒」「三聚浄戒」「十重禁戒」を合わせた十六条戒を授かります。

「引導」は、「引導法語」を唱えて、仏弟子となった故人を迷いや苦しみから解放された悟りの世界へと送るとともに、迷うことなく道を進むことができるように導くものです。

法語の中では、導師が大きな声で一語を発することで迷いの関を抜ける「一字関」が行われます。

葬儀の流れ

曹洞宗の葬儀の流れをご紹介します。

  • 導師入場

  • 開式の辞

  • 導師の読経

  • 導師退場

  • 閉式の辞

  • 閉棺

  • 出棺と喪主挨拶

曹洞宗の葬儀の特徴

仏壇

曹洞宗の葬儀は、「鼓はつ」を用いて音を鳴らし、にぎやかに行われる印象があるのではないでしょうか。

これは、お釈迦様入滅の際にも音楽が奏でられたと記されていることにも由来し、「チン」「ドン」「ジャラン」という荘厳な響きで邪気を払い、故人を送り出す音楽供養でもあるとされています。

鼓はつ三通

挙棺念誦では「大宝楼閣陀羅尼」を唱えた後、鳴り物で邪気を払い、悟りの世界へと導きます。

「引磬(いんきん)」は、僧侶が手に持ち棒でたたくことで金属音が鳴ります。
「鼓(く)」は、太鼓のような打楽器で、修行場でも時を知らせる際に使われるものです。

「鐃鈸(にょうはち)」は、金属製の円盤型の鳴り物で、シンバルのような形をしています。

この「鼓」「鐃鈸」と「引磬」を交互に打ち鳴らす儀式を「鼓はつ三通(くはつさんつう)」と言います。

音楽による供養はお釈迦様の故事にちなんだもので、鼓はつ三通は「大宝楼閣陀羅尼」のお経の前後などに行われます。

回向文

「回向文(えこうもん)」は、読経の終わりに唱えるものであり、たった今行った儀式やお経の内容を伝えるとともに、その功徳を故人の精霊や世の人々に振り分ける「回向」を行うお経です。

それぞれのお経を読む毎に、願いの対象と内容を言葉にして表す「回向文」と、信じてよりどころとすることを誓う「略三宝(帰依文)」を唱え、読経は終わります。

和讃・御詠歌・梅花流詠讃歌

日本語を用いて経典や教義などを伝えるものに御詠歌や和讃があります。

曹洞宗の「梅花流詠讃歌」は、旋律をつけた御詠歌や和讃によって、お釈迦様、道元禅師、瑩山禅師を讃え、先祖を敬う心を歌のように唱えるものです。
親しみやすい旋律に特徴があります。

曹洞宗の葬儀で読まれるお経まとめ

仏壇

いかがでしたか。
今回「終活ねっと」では、曹洞宗の葬儀で読まれるお経について以下のことを解説してきました。

  • 曹洞宗は、禅宗の流派の1つであること

  • 曹洞宗の葬儀でのお経には、故人を悟りの世界へと導くものが選ばれて読まれていること

  • 曹洞宗の葬儀の式次第は、剃髪、授戒、引導を中心に行われ、その儀式にふさわしいお経が読まれていること

  • 曹洞宗の葬儀は、お釈迦様の入滅時にちなんで鳴り物の音が取り入れられていること

曹洞宗の葬儀は、故人を苦悩や執着から解放して悟りの道へと導くものであるだけでなく、親族や参列者にとっても、故人を安らかな世界へと送り出すという意味があることを知りました。

葬儀のお経の意味は、送る側にとっても、悲しみを超えて生きていくための慈悲の心を感じさせてくれるものでした。

「終活ねっと」では、「曹洞宗の葬儀で読まれるお経」に関する記事以外にも、葬儀を行う際に費用について詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事