葬儀の司会者は誰がやる?仕事内容や司会者に支払う料金も解説します

葬儀の司会者は誰がやる?仕事内容や司会者に支払う料金も解説します

葬儀の司会は必ずプロの司会者がするとは限らないのをご存知ですか?ある日、急に皆さんがすることになるかもしれないのです。葬儀の司会者という仕事を知れば葬儀の選択肢も広がり、費用を抑えるために役に立つかも知れません。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀の司会者について

葬儀

葬儀の司会者をするのに規定がないのをご存知ですか?
皆さんがある日突然選ばれてすることがないとは限りません。

ところがいざ知っておきたいと調べても、葬儀の「司会者」の情報はあまり多くはありません。
カテゴリ区分も難しく、ほかに比べるとなかなか情報を得にくいのが現状です。

今回「終活ねっと」では、葬儀の司会者は誰がやるのか、どんな仕事なのかなどを中心に、以下の項目でご紹介していきます。

  • 葬儀で司会は誰がやる?

  • 葬儀司会を親族がやることはある?

  • 葬儀での司会者の役割

  • 司会者役に払う料金

  • 葬儀の司会者になるにはどうすればいい?

葬儀の司会者という仕事を知ることで、葬儀の選択肢が広がることになります。
アマチュアでも大丈夫となれば、葬儀の費用を抑えることに繋がるかもしれません。
また、後半では葬儀の司会者になる方法、葬儀の司会者に支払う料金などもくわしく説明しています。

ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀で司会者は誰がやる?

葬儀

葬儀の司会者は基本的に誰がやっても問題ありません

地域の方々にお手伝いをお願いするような昔ながらの自宅葬では、自治会で葬儀委員長、受付、司会者などと役目を手分けして葬儀を運営します。
以前は僧侶が自治会と打ち合わせをし、全体を把握したのち短い言葉で司会進行を兼任するということも行われていました。

近年では葬儀場を利用する葬儀が増加するとともに、司会者業も増えてきました

葬儀社の社員がやる場合

かつては葬儀社がのプロの司会者やフリーランスに司会を外注することがほとんどでした。
ここのところ年々大きな葬儀が減り、それにともない葬儀社スタッフが通常の業務をしながら同時に司会を務めることが多くなりました。
葬儀社が準社員として専属の司会者を育成しているケースもあります。

葬儀社の社員が兼任する場合は、すべての日程で担当したご遺族と故人に接しているという点で全体の進行を把握しています。

葬儀社の社員による司会はご遺族の悲しみに触れながら実務を進めていくことで、より気持ちの入った司会進行になるという面があります。

葬儀社がプロの司会者に依頼する場合

家族葬や密葬を小規模で行った後、日を改めて大会場でしのぶ会やお別れ会を行うのをテレビでよく見ますよね。

著名人の葬儀などは、有名アナウンサーが司会を行うこともあります。
社葬などの大規模葬ではプロの司会者を立てたり、葬儀社がプロの司会業の方を派遣することも多いようです。

また葬儀専門の司会者が在籍する人材派遣会社もあり、そういうところから派遣されて来る司会者は、セレモニースタッフの研修を受け経験も積んでいます。
技量だけでなく地域性の違いや、宗教、宗派に対する理解が深く葬儀の知識に不安がないという点でも、安心して委ねられるメリットがあります。

以下の記事では葬儀社の選び方について解説しているので、よろしければご参照ください。

葬儀司会を親族がやることはある?

葬儀

葬儀において日本では、喪中の家は動かずに周りの人間が準備や進行に携わるという風習があります。

家族葬などの規模の葬儀では、依頼を受けて弔事に精通した親族が司会をすることがあります。
その場合も基本的には、事前に葬儀社と綿密に打ち合わせをして進行します。
これらは故人やご遺族の事情をよく知る身内が主導することで、思いのこもった葬儀になるという利点があります。

また自宅葬、直葬なども増え、司会者のいない葬儀のスタイルも珍しくなくなりました。

葬儀での司会者の役割

葬儀

葬儀における司会者は、全体の進捗状況を見ながら進行し、かつ周りに的確に指示を出す司令塔の役割を担います。

同時に葬儀の基礎知識やマナーを知らずして司会はできません。
宗旨宗派による作法の違いを理解する、肩書きや名前を確認し読み方を把握しておくなど、事前の打ち合わせを怠らないことも重要です。

またナレーション台本を作成するために故人の話をうかがう時の傾聴力も大切になってきます。
ご遺族の言葉にできない思いを拾い上げ、言葉に変えることをしなければいけないからです。

葬儀のナレーションを務める

葬儀のナレーションはゆっくりと誰にでもわかるように、真心を込めて読むことが基本です。
当然大勢の前で話すための度胸など精神面での心得もあります。
また聴きやすい声のトーン、言葉遣い、所作、感情の込め具合など、技能的なことも重要です。
これらは鍛錬で克服できる面もあるでしょう。

その上で感動を煽るような大げさなトーン、過度な演出は敬遠されることも多く、その兼ね合いが難しいといわれています。
葬儀の司会は極力「我」を消し、ご遺族をフォローし、言葉を代弁して伝えるに徹することだというのが近年の論調です。

経験を重ねてきたプロは技量に違いが出ると言われる一方で、プロほど個性が前面に出てしまうということもあるようです。

葬儀を円滑に進める

結婚式においてはミスも「慶事に免じてご容赦」と許されることがありますが、 葬儀ではそうはいきません。
故人にとってもご遺族にとっても2度目はないからです。

ただ1度の最期のお別れの式典をまとめ上げるために、司会者はミスのないように円滑に進行することを求められます。
そのためには、事前の準備に時間をかけて注力することが大切です。

故人の経歴や人柄などをリサーチしてナレーションの台本を作成することにおいても二度三度と確認を重ね、間違いのないものにしていかなければいけません

また台本通りに進行することは大前提ですが、ご遺族や会葬者からの質問やクレームに対応しなければいけない場面も出てきます。
そういう場合の対応力や、パニックにならずに状況を把握する判断力、また、担当者を認知して意思疎通をするスキルも重要になってきます。

短い式中の間に、慎重さと瞬発力の両方を求められるハードな役目と言えるかもしれません。

ご遺族の気持ちを落ち着ける

葬儀の司会者は、ご遺族や参列者のフォローをするだけでなく、悲しみの渦中にいるご遺族の気持ちを落ち着けることに配慮する役割もあります。

必然的に故人の生前の経歴や人柄などを語ることが多くなりますが、それによって周囲の涙を引き出すのが仕事ではありません。

全体を把握しつつも気持ちに寄り添い、ご遺族がしなければいけないことが滞りなく進むように言葉がけをするマネジメント力が求められます。

葬儀で司会者役に払うお礼の料金

お金

葬儀の司会者の料金は地域や葬儀社によってさまざまです。
時給1000円というものもありますが、通常一勤務あたりで表示されることが多いようです。
大規模葬が減った近年は年々相場も下がり、通常一勤務あたり1万円〜数万円と言われています。

2時間〜2時間半の葬儀でも打ち合わせなどの準備業務を入れると、拘束時間はおよそ7時間からそれ以上になってしまいます。
小規模葬であれば1日で複数の予定を入れられても、社葬などの大規模葬では原則として1日一勤務以上の予定は難しいでしょう。

知名度の高いアナウンサーなどが務める時は、一勤務で数万〜数十万円の場合もあるようです。

葬儀の際には司会者だけでなく、お坊さんにも謝礼を渡します。
以下の記事では、お坊さんの手配方法や費用について書いてあるので、ぜひご覧ください。

葬儀の司会者になるにはどうすればいい?

人々

司会者が葬儀において非常に重要な役割であることは分かっていただけたかと思います。
では、葬儀の司会者になるためにはどうすればよいのでしょうか?

必要なスキルや資格は?

葬儀の司会者になるには特別な技能資格は必要ありません

葬儀の司会者は、スムーズに葬儀を進行させるのはもちろんですが、不測の事態に臨機応変に対応する必要もあります。
そのため、自分で葬儀の知識を身に着けるよりも、まず就職して実務経験を積むのも良いかもしれません。

もしくは、葬祭の専門学校で幅広く葬儀業界の知識を身につければ、何かと有利でしょう。
専門学校で厚生労働省認定の葬祭ディレクター2級の資格を取得することも可能です。
最近ではさまざまな葬儀司会のセミナーや講座なども増加傾向です。

求人を探すときの注意点

葬儀の司会者業に就職するには、知人に紹介してもらうか、求人広告に応募するのが一般的です。
応募先を決めるときのポイントは以下のようになります。

葬儀のみを執り行うかどうか

葬儀の司会者には葬儀のみを執り行う司会者葬儀と婚礼の両方を執り行う司会者がいます。

司会者専門の事務所に登録して葬儀に派遣されることもありますが、婚礼司会などにも派遣される場合がほとんどです。
葬儀の司会者に限定するのであれば、葬儀スタッフの事務所に登録したり、葬儀社に入社する方法があります。

雇用形態や給与の詳しい説明があるか

どの業界にも共通することですが、雇用形態や給与、勤務時間などを詳しく書いてある求人の方が信頼性が高いでしょう。

また、葬儀の依頼はいつくるのか分からないため夜勤を当番制で回しているところが多いので、夜勤の有無やシフト制かどうかなども事前に確認しておくべきでしょう。

葬儀の司会者に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、葬儀の司会について詳しくご紹介してきました。

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀の司会は誰がやっても良い。

  • 最近では葬儀社の社員が葬儀の司会を務めることが増えた。
    葬儀日程に終始接している葬儀社スタッフが司会をすることで、気持ちのこもった司会進行になることが多い。

  • プロの司会者が葬儀の司会を務めると、宗教、宗派の知識や高い技能面でも間違いがなく安心して葬儀を委ねられる。

  • 親族が葬儀の司会をすることもある。
    故人やご遺族の事情をよく知る身内が主導することで、思いの詰まった葬儀になることがメリット。

  • 司会者は葬儀の司令塔。
    全体の時間と流れを把握し指揮を取るのが仕事。
    司会進行以外にも、故人のことをリサーチして台本作成するなどの事前の準備業務が大事。

  • 葬儀の司会者の仕事は他にも、誰にでもわかるようにナレーションを読む。
    不測の事態への対応力、判断力、また、ご遺族の気持ちに寄り添い言葉をかけるマネジメント力が必要とされる。

  • 葬儀の司会の料金は時給1000円からある。
    一勤務1万円〜2万円が相場。
    知名度が高くなると一勤務で数万〜数十万円の場合もある。

  • 葬儀の司会者になるのに特別な資格はいらない。
    葬儀スタッフの事務所や葬儀社に入る方法がある。
    最近では葬儀のセミナーや講座も多く、葬祭の専門学校などもある。

  • 葬儀の司会者業の求人を探す際には、葬儀のみを執り行うかどうか、雇用形態や給与について詳し説明があるかどうかに注意する。

十人十色と言われる葬儀のあり方。
その葬儀を指揮する司会者はさまざまな事を要求されます。
マニュアルがあるようでない葬儀の司会者の仕事は、激務である反面、人と深く向き合うとても意義のある仕事だといえます。

この記事が何かの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では葬儀にかかる費用について解説しておりますので、ぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事