葬儀を午後から開始してもいい?通夜や葬儀にかかる平均時間もご紹介

一般的に葬儀は午前中に行うということが常識とされていますが、午後に行ってはいけないものなのでしょうか?たしかに、葬儀はあまり午後から行うというイメージはありませんし、実際に午後からやっている様子も見られません。今回は葬儀の時間帯について考えていきましょう。

目次

  1. 葬儀を午後からやることについて
  2. 告別式の開始時刻は午後からでも平気?
  3. 通夜は午後開始が一般的?
  4. 葬儀の日程について
  5. 葬儀を午後からやることに関するまとめ

葬儀を午後からやることについて

葬儀

大切な方が亡くなったときに行われる葬儀ですが、その中でも主なものといえるのが告別式です。
告別式では、僧侶の読経や弔辞・弔電の紹介、参列者も交えた焼香を通じて故人に最後のお別れをすることになります。
葬儀が終わった後、故人のご遺体は火葬されるため、時間に間に合うように参列するのが良いです。

ところで、葬儀の時間といえば、必ずといって良いほど午前中から始まるものとされています。
皆さんも葬儀がなぜ午前に行われるのかという疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?
また、葬儀は午後からやっても問題はないのかという疑問を持つ方も中にいるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀を午後からやってもいいのかといった葬儀を行う時間にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 告別式の開始時刻は午後でも問題はないのか?
  • 通夜は午後から始めるのが一般的なのか?
  • 葬儀の日程として六曜は考慮すべきなのか?

葬儀を行う時間や日程についていろいろと気になるという方にとって役立つ情報を載せてありますので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

告別式の開始時刻は午後からでも平気?

葬儀

大切な方をお見送りする場である葬儀ですが、多くの場合午前中から始めるというのが一般的です。
となると、中には「葬儀を午後から始めるというのは問題あることなのか?」という疑問を持つ方もいるでしょう。

ここでは、葬儀の開始時刻について詳しく見ていきます。

葬儀の開始時刻を午後からにしても大丈夫?

最初に葬儀の開始時刻については特に法律や宗教的な慣習で厳密に決まっているわけではありません。
この意味では葬儀は午後から開始しても特に問題ではありませんし、実際のところ午後に葬儀を始めるという地域も見られます。

しかし、これはあくまでも前火葬という形で火葬を前もって行った場合に限られることです。
というのは、実際の葬儀は葬儀者が式場や火葬場のスケジュールを考慮して日程や開始時刻を決める場合が非常に多くから、葬儀の開始時間帯はあまり遅くならない方が良いとされています。

このため、午後から葬儀を開始するといっても、午後1時や2時といった比較的早めの時間に行うのが一般的です。

葬儀は午前中開始の方がいいの?

それでは逆に葬儀は午前中に開始するのが良いのでしょうか?

結論から先に書けば、葬儀は午前中に始める方が良いといえます。
先ほども書いたように、葬儀のスケジュールは式場や火葬場のスケジュールに合わせて葬儀社が設定する場合が非常に多いためです。

式場も火葬場も公共の施設であるうえ、原則として予約した時間に利用することになっています。
このため、あまり葬儀の開始が遅れると式場で行われる別の方の通夜の時間や火葬場で行われる別の方の火葬の時間にも大きく影響しかねません。

加えて、参列者の方の予定も考えると火葬までまとめて1日で終わらせるには、どうしても葬儀の開始を午前中にした方が効率的です。
このような理由から、葬儀の開始時刻は午前中とする例が非常に多いといえます。

葬儀の平均開始時刻は?

それでは、実際に葬儀の開始時刻はいつごろというのが平均なのでしょうか?
一般的には午前10時または11時開始という場合が多いです。
なお、葬儀に参列する方の受付が、開始時刻の30分ほど前から始まるため、喪主やご遺族の方は1時間ほど前から葬儀会場にいるというのが望ましいでしょう。

一方、参列する側としても葬儀の開始時刻にはなるべく間に合った方が良いため、受付開始時刻から葬儀自体の開式時刻の間で時間に間に合うように駆けつけるのが良いです。
あまりにもぎりぎりすぎると時間に遅れて、ご遺族との関係を悪くしかねません。

葬儀にかかる平均的な時間は?

葬儀にかかる時間の平均とはいったいどのくらいの長さなのでしょうか?
一般的には1時間から2時間、長くても3時間に収まるくらいの時間といえます。
ただし、参列者の人数や葬儀の規模によって前後する場合が非常に多いです。

より具体的には僧侶の読経と弔事・弔電の紹介、焼香、喪主の挨拶という流れです。
ですが、このうち焼香については参列者が多いほど長引くため、葬儀の時間に大きく影響するといっても良いでしょう。

葬儀の場所や時期にもよる

ただし、葬儀を行う場所や時期によっても葬儀の開始時刻や長さはさまざまです。
先ほど見たような火葬を前もって行う場合は、葬儀の時間も午後開始の場合が見られるほか、葬儀に割く時間も短いということもあります。

また、葬儀でも火葬炉の前で行う火葬式(直葬)の場合は、火葬場の営業時間内であればいつでも行うことができるため、午前・午後に関係なく行われることが多いです。

通夜は午後開始が一般的?

葬儀

葬儀とともに故人に対してお別れをする場となるのが、葬儀前日の夜に行われることが多い通夜です。
通夜についても午前開始という形はあり得るのでしょうか?

通夜は午後から始まるのが通例

通夜については葬儀(告別式)の場合と異なり、午後に始めるというのが一般的です。
もともと通夜とは、故人のご家族やご親族が故人のご遺体を悪い霊などから守るために、一晩中番をすることを指していました。

そして、現在では葬儀に参列できないという方が故人にお別れをするための儀式の場という意味もあります。
このような理由から、通夜の開始は午後、特に夕方となるのが一般的です。

通夜の平均開始時刻は?

それでは、具体的に通夜の開始時刻は何時ごろとなるのでしょうか?
一般的には、午後6時または7時が開始時刻となる場合が多いです。

通夜の開始時刻も式場の空き状況に左右されることはあるものの、葬儀に比べるとそれほど左右されることはないといっても良いでしょう。

通夜にかかる平均的な時間は?

なお、通夜にかかる平均的な時間は1時間ほどです。
具体的な流れは開式した後で僧侶の読経が行われ、その後参列者による焼香、僧侶の法話、喪主の挨拶というものです。

このうち僧侶の法話の時間が10分から15分ほどですが、最近では省略されることが多いため、それに合わせて通夜の時間が1時間もかからない場合も増えてきています。

なお、通夜の儀式の後に行われる通夜振る舞いや通夜の番についても、近年の省略化の流れであまり遅い時間までやらない例が多いです。

葬儀の日程について

困った人々

葬儀を行う日程を決める際に六曜と呼ばれる基準に基づいて決める方も多いでしょう。
はたして、六曜を基準に決めることは心がけるべきなのでしょうか、それともそこまで気にしなくても良いことなのでしょうか?

葬儀を避けるべき六曜とは?

最初に六曜がどのようなものであるのかについてを見ておきましょう。
六曜とは日付で吉凶を判断するための基準で、現在でもカレンダーに書かれています。

特に冠婚葬祭の日程を決めるうえで現在でも大きな影響力があり、結婚式は大安の日に、葬儀は友引や仏滅以外の日にといった考え方が根強いです。
葬儀に関して書けば、仏滅はお釈迦様が亡くなった日であり、友引は故人の霊が友人を死後の世界にいざなおうとするために縁起が悪いとみなされがちといえます。

葬儀は友引の日にやってはいけない?

実際に葬儀は友引の日にやってはいけないのでしょうか?
結論から先に書けば、友引の日に葬儀をやっても特に問題はありません

というのは、仏教の考え方は六曜の考え方の影響を受けないことから、六曜については気にする必要はないとみなしているためです。
このため、友引の日に葬儀をやることを僧侶に相談しても特に止められることもありません。

ただし、友引について注意しなければいけないのは火葬場の状況です。
火葬場は友引の日はお休みとしていることが多いため、友引の日に葬儀と火葬をまとめてやるということであれば、火葬場が営業しているかどうかを確認する必要があります。

通夜は友引の日にやってもいいの?

一方で通夜については友引の日にやっても問題はないのでしょうか?
通夜の場合は、終わった後にご遺体を火葬するということがなく、火葬場の営業スケジュ-ルを考える必要はありません。
このため、友引の日に行っても何の問題もなく大丈夫です。

葬儀を避けるべき日や六曜との関係については、以下のリンクの記事により詳しく書いてありますので、ぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

葬儀を避ける日はいつ?その理由とその他六曜と冠婚葬祭について解説

友引に葬儀をするのは縁起が悪いと聞きますが、なぜ友引のように葬儀を避ける日が存在するのでしょうか。また他にも葬儀を避ける日はあるとすればいつなのでしょうか。今回はそうした日に葬儀を避ける理由、六曜と冠婚葬祭との関係についても解説します。

葬儀を午後からやることに関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀は午後でも大丈夫なのかといった、葬儀の時間や日程にまつわることについていろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 告別式の開始時刻は法律や宗教的な慣習で特に決められていないことから、午後に開始しても問題はなく、特に前火葬を行う地域では午後開始が一般的である。
    しかし、式場や火葬場の空き状況を考えると午前中開始の方が望ましいといえる。

    なお、葬儀の平均開始時刻は午前10時または11時、平均的な所要時間は1時間から2時間、長くても3時間程度である。
  • 通夜については、本来のご遺体の番をする意味や参列者の予定も考慮すると午後開始が一般的である。
    通夜の開始時刻は午後6時または7時というのが一般的で、所要時間も1時間程度である。
    なお、儀式後の通夜振る舞いや通夜の番も近年ではあまり時間をかけない例が多い。
  • 葬儀の日程を決める際に判断基準になりやすい六曜とは、日付で吉凶を判断するための基準のことである。
    特に葬儀については仏滅と友引が考慮されやすい。

    葬儀を友引の日に行うことは特に問題はないものの、火葬場のスケジュールを考慮する必要がある。
    一方、通夜については火葬場のことは考えなくても良いため、友引の日に行っても何の問題もない。

葬儀の開始時刻は午後でも特に問題はありませんが、式場や火葬場のスケジュールを考慮して決めるのが望ましいといえます。
ただし、火葬を前もって行うという場合は、午後から始めるということでも大丈夫です。

葬儀では開催する日程や時間と同じように費用のことも考えるべき項目といえますが、費用については以下の記事が大変参考となりますので、ぜひともご活用ください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・午後」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・午後」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説しますのサムネイル画像

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説します

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!のサムネイル画像

故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!

葬儀の日時はどうやって決める?葬式・通夜の日時を調べる方法も解説のサムネイル画像

葬儀の日時はどうやって決める?葬式・通夜の日時を調べる方法も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・午後」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説しますのサムネイル画像

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説します

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと