家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介

家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介

家族葬という葬儀形態を最近よく耳にすることはないでしょうか?昨今葬儀の形式として選ばれることが多くなってきている家族葬ですが、一般葬とどのような違いがあるのかご存知ですか?今回は、家族葬と一般葬の違いについて、それぞれの特徴や費用の差異と共に紹介していきます。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬と一般葬の違いについて

葬儀

家族葬は、昨今選ばれることが多い形式の葬儀です。
一般葬についてはなんとなくのイメージはできますが、家族葬についてはよくわからないことが多いと思います。

家族葬と一般葬には、それぞれどのような特徴があり、違いがあるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、家族葬と一般葬の違いについて、それぞれの特徴や費用の差異と共にご紹介しています。

  • そもそも家族葬・一般葬ってなに?

  • 家族葬・一般葬の相違点について

  • 家族葬の特徴について

  • 一般葬の特徴について

  • 家族葬・一般葬の費用の違いについて

  • 家族葬と一般葬の執り行われる割合

  • 家族葬・一般葬で迷った場合は?

以上の項目を軸に解説していきます。
家族葬と一般葬の違いと、それぞれの特徴や費用の差異について気になっている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

そもそも家族葬・一般葬とは?

困った人々

そもそも家族葬・一般葬とはどのような葬儀なのでしょうか?
まずは、そもそもの葬儀形態について紹介いたします。

家族葬

家族葬とは、親族や故人と親しかった人のみで執り行う小規模な葬儀のことをいいます。

親しい身内で葬儀を執り行うため、世間体を気にする必要がなく、比較的自由に葬儀を行うことができます。
一般葬に比べて葬儀費用を抑えることができるため、近年選ばれることが多くなっている葬儀形態となっています。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。
また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

家族葬のプランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



一般葬

一般葬とは、お通夜・告別式などを行う一般的に想像しやすい葬儀形態のことをいいます。

身内だけが参列する家族葬とは違い、多くの方に参列していただきます。
葬儀の規模は主に参列者の人数によって決まり、100人前後の葬儀を中規模、200人以上の葬儀を大規模な葬儀と呼びます。

また、一般葬にはさまざまなマナーがあり、しきたりや風習・慣習を大切にする葬儀形態だといえます。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の一般葬プランを565,000円(税抜)よりご用意しています。
また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

一般葬のプランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



家族葬・一般葬の相違点

葬儀

ここでは、家族葬と一般葬の主な相違点を紹介していきます。
葬儀の形式や内容に関わってくる重要な点なので、しっかり抑えていただけると嬉しいです。

葬儀の内容の違い

まずは、葬儀内容の違いについて紹介いたします。

  • 家族葬

    家族葬は小規模な葬儀のため、シンプルな形式で葬儀を執り行う場合が多くなっています。
    親しい間柄の人たちで葬儀を行うため、世間体を気にする必要がないことから、自由に葬儀の内容を決めることができます。

  • 一般葬

    葬儀におけるしきたりや風習などを重視する葬儀を執り行うのが一般的です。
    幅広い方が参列するため、世間体にも気を配る必要があります。

参列者の違い

家族葬と一般葬で最も大きな違いは、参列者の人数と規模になります。

  • 家族葬

    家族葬の場合は声をかける人の範囲に決まりがないため、ご遺族や親族、故人の友人・知人のような親しい間柄の人のみが参列します。
    そのため、訃報の連絡をしなかった方の参列を控えていただく場合があります。
    葬儀に参列する目安の人数は10~30人になることが多いです。

  • 一般葬

    一般葬には、親族や連絡の取れる故人の友人、故人が勤めてた会社関係者、近所付き合いがあった方など多くの方が参列します。
    また、多くの方に参列していただきたいという考えがあるため、連絡をしなかった方の参列を断ることはありません。
    一般葬の参列者の人数は多くが30人以上となっています。

一般葬に呼ぶ人数については、以下の記事でも詳しく紹介しております。
あわせてご覧ください。

香典・香典返しの違い

家族葬と一般葬では、香典・香典返しでも大きく違いが見られます。
家族葬では、ルールがはっきりとしているわけではないので時と場合によって香典のマナーが変わることもあります。

  • 家族葬

    家族葬では、香典を辞退する場合が多くなっています。
    これはご遺族の香典返しの負担を減らすためです。
    四十九日法要が無事に終わったあとは、香典を辞退したため香典返しの品物は贈らず、挨拶状のみを送ることになります。

  • 一般葬

    一般葬では、香典をいただくのが一般的です。
    四十九日法要が無事に終わったあとは、お供えいただいた香典額に応じ、挨拶状と共に香典返しの品物を贈ります。

葬儀の案内の違い

最後に、家族葬と一般葬の案内の違いについて紹介いたします。

  • 家族葬

    参列していただく親しい間柄の人のみに葬儀の連絡をします。
    それ以外の方には基本的に連絡をせず、葬儀が終わった後に報告をします。
    シンプルな葬儀を執り行うため、葬儀場への案内看板やバスの手配なども省略します。

  • 一般葬

    葬儀に参列していただいきたいすべての方に案内状を送り、周りの方に葬儀を執り行うことを伝えます。
    参列される多くの方に配慮し、葬儀場への案内看板や駐車場の確認、場所によっては移動手段の手配を行います。

家族葬の案内については、以下の記事で詳しく紹介しております。
あわせてご確認ください。

家族葬と一般葬の割合

お金

家族葬を選ばれる方と一般葬を選ばれる方の割合は、それぞれどれくらいなのでしょうか?
ここからは家族葬と一般葬の割合について、表を使いながら解説していきます。

年間取扱件数の割合

公正取引員会による葬儀取引に関する調査において、葬儀業者に対し、年間で行われている葬儀の中で増加傾向にある葬儀の種類について聞いた結果は以下の通りです。

家族葬の割合が増加傾向にあると答えた葬儀業者の割合は50%を上回っています。

回答数 割合
家族葬 554 51.1%
直葬 284 26.2%
一日葬 185 17.1%
一般葬 58 5.4%
社葬 3 0.3%
合計 1,084 100.0%

減少傾向にある葬儀の種類はこちらです。
一般葬の割合は減少していると答えた葬儀業者は68%を超えていることがおわかりいただけると思います。

回答数 割合
一般葬 473 68.8%
社葬 167 24.3%
直葬 21 3.1%
家族葬 17 2.5%
一日葬 10 1.5%
合計 688 100.0%

また売り上げにおいても、家族葬のは増加傾向にあり、一般葬は減少傾向にあるという回答する葬儀業者がそれぞれ50%以上を占めています。

出典:葬儀の取引に関する実態調査報告書(平成29年3月22日)

「家族葬」と「直葬」は増加傾向にある

上記の表の増加傾向にある葬儀の種類において、取扱い件数・売上高ともに家族葬・直葬が上位にきいています。
このことから、近年家族葬・直葬が執り行われる割合が増加傾向にあることがわかりましたが、それにはどんな理由があるのか以下で解説していきます。

直葬とは?

直葬とはお通夜・告別式を行わず、親しい間柄の人たちで火葬のみを行う葬儀形態のことをいいます。
直葬という呼び方以外にも、火葬式という呼び方もあります。

葬儀の一連の流れの「納棺」から「出棺」の間にある「お通夜・告別式」を省いた葬儀のため、葬儀を準備する上でのご遺族の精神的な負担や体力の負担を減らすと共に、金銭的な負担も減らすことができます。

家族葬・直葬が増える理由

上記の表からもわかるように、最近では家族葬・直葬を行う方の割合が増えてきています。
増加の背景には、介護に多額の費用がかかってしまうことと、葬儀は安く済ませたいというご遺族の意向が関係しています。

介護サービス費・医療費などの金銭的な負担が大きかったことから、葬儀の費用のほうは抑えたいと考えるご遺族が多くなり、そのニーズにマッチした葬儀方法である家族葬・直葬が増加の傾向にあると考えられています。

また、葬儀の形式にこだわらない人が増えてきているというのも理由の1つです。

直葬については、以下の記事で詳しく紹介しております。
あわせてご覧ください。

家族葬の特徴

葬儀

葬儀形態を選択するとき、どちらのほうが望みの葬儀に近いかを基準に、家族葬・一般葬を選ぶ必要があります。
そのため、家族葬と一般葬の特徴について理解しておく必要があります。
ここではまず、家族葬のメリット・デメリットをご紹介します。

家族葬のメリット

家族葬は近年人気の葬儀形式です。
そんな家族葬のメリットは以下の通りです。

葬儀の内容を比較的自由に決められる

家族葬のメリットとして、葬儀の内容を比較的自由に決められることが挙げられます。
ご遺族と故人と親しかった方のみが参列するため、世間体にこだわることなく、希望のかたちにそった葬儀を執り行うことができるのです。

一般葬は仏式の葬儀が大半ですが、無宗教葬儀・自由葬などと呼ばれる葬儀内容を選択することもできます。

無宗教葬儀・自由葬は、宗教的な決まりにとらわれることなく葬儀の内容を決めることができ、お別れ会に近いような内容にすることもできます。

故人をゆっくり偲ぶことができる

家族葬でも準備にはなにかと労力を使いますが、一般葬に比べて葬儀の準備や参列者への対応に追われることが少ないです。

さらに、葬儀当日は気心が知れた人たちのみの参列となるので、故人との別れをゆっくりと偲ぶことができます。

一般葬を執り行うことになった場合、限られた時間の中で葬儀の準備を行いながら親族や参列者に対して連絡を取らなければなりません。
さらに、葬儀当日は参列者への対応に追われるなど息つく暇もないでしょう。

葬儀にかかる負担が少ない

家族葬はシンプルな葬儀であるため、葬儀にかかる負担が少なくなっています。
準備にかかる負担や葬儀を取り仕切る際の負担を減らすことができるのは大きなメリットです。

家族葬を執り行うご遺族は香典を辞退する場合が多いですが、これも香典返しの負担を減らすために行っているのです。

家族葬のデメリット

家族葬は近年人気の葬儀形式ですが、万能ではありません。
家族葬のデメリットは以下の通りです。

葬儀費用を賄えない場合がある

家族葬は小規模な葬儀であることやシンプルな形式な葬儀であることから、費用を抑えて葬儀を執り行うことができます。

しかし、一般葬に比べて参列者が少なく人数も限られているため、お供えいただく香典の総額も少なくなってしまい、葬儀費用をまかなえない場合があります。

香典を辞退する場合も同様で、葬儀費用自体は抑えられても、葬儀プランによっては一般葬とあまり変わらない葬儀費用になってしまうことに注意しましょう。

家族葬の実施に反感を持たれる場合がある

葬儀として広く知られているのは、家族葬ではなく一般葬であると思います。
そのため、家族葬を知らない方にとっては、身内だけで葬儀を行う家族葬に反感を持つ場合があります。

一般葬の場合、故人と関係のあった幅広い方々に参列してもらうことから、家族葬とは異なったの性質を持つ葬儀となっています。

一般葬の感覚では葬儀に参列するのは当たり前であるため、葬儀の参列を断られるということに反感を覚えてしまう人もいます。

トラブルが起きることは大きなデメリットですので、なぜ家族葬を行うのかを、相手に丁寧に説明する必要があります。

葬儀後の弔問客への対応に追われる

家族葬には親しい間柄の人たちのみが参列し、それ以外の方には葬儀後に訃報の連絡します。

そのため、家族葬を執り行うことで弔問に訪れる方が多くなることが予想されます。
弔問客への対応の負担を減らすため、葬儀後落ち着いてから訃報の連絡をするようにしましょう。

一般葬の特徴

葬儀

これまで家族葬の特徴を解説してきました。
では、一般葬のメリット・デメリットをご紹介します。

一般葬のメリット

最もイメージしやすい一般葬のメリットは以下の通りです。

葬儀後の弔問対応などの対応を軽減できる

一般葬の場合、葬儀後の弔問対応などの対応を軽減できるのがメリットです。

葬儀を行う日付を合わせていただき、幅広い方に葬儀に参列していただくことで、一度に多く方にお悔やみの挨拶をしていただけることになります。

ですので、葬儀に参列できなかった方をのぞいて弔問をする理由がないため、弔問対応などを軽減できるといえるでしょう。

たくさんの方から励ましていただける

大切な家族が亡くなった直後の精神的なショックは計り知れませんよね。
悲しみの中で多くの方から励ましの言葉をいただくということは大きな心の支えになります。

葬儀の場で多くの人と悲しみを分かち合あるということは大きなメリットだといえるでしょう。

一般葬のデメリット

一方で一般葬にはデメリットもあります。
一般葬のデメリットは以下の通りです。

葬儀費用が高額になってしまう

葬儀には、葬儀一式の費用・飲食費用・寺院費用などが必要になります。
家族葬に比べて規模の大きな一般葬は、当然費用が高額になってしまいます。
しっかりと葬儀社を吟味し、ご自身が望む葬儀プランを見つけるようにしましょう。

葬儀の準備や参列者への対応で忙しくなる

一般葬は多くの方が参列する葬儀のため、対応をしなくてはならない人の数も多くなります。
特に喪主を務める方の負担は大きく、葬儀当日も多く方からお悔やみの挨拶をいただくことになり、そのたびに対応をする必要があります。

故人を偲ぶ葬儀の場で、参列者への対応で忙しくなるのはデメリットであるといえるでしょう。

また葬儀を執り行うためには多くの事前準備が必要です。
故人を偲ぶためにも、ご遺族間でしっかり話し合い、1人に負担が集中してしまわないように注意しましょう。

飲食費などで無駄が出る場合がある

参列していただきたい方には事前に案内状を送るため、ある程度の参列者の人数は予想できます。
しかし、案内状を送っていない方も葬儀に参列していただける可能性があるため、当日の参列人数の予想は難しいのです。

すべての人に振舞えるように多めに食事を用意するため、飲食費などは無駄が出てしまう場合があるのもデメリットです。

家族葬・一般葬の費用の違い

お金

葬儀の費用の内訳は主に、葬儀一式の費用・飲食接待費・寺院への費用の3つに分けられます。
葬儀一式の費用・飲食接待費・寺院への費用は、家族葬と一般葬ではどのように違うのでしょうか。
ここでは、家族葬と一般葬にかかる費用を詳しく紹介します。

家族葬にかかる値段

まずは、家族葬にかかる費用相場と内訳について解説していきます。
家族葬にかかる費用は一般葬よりも安いといわれていますが、一体どれくらい費用が安いのでしょうか。

相場

終活ねっとが独自に行った葬儀に関するアンケートでは、家族葬の平均相場は113万円という結果になりました。
終活ねっと:葬儀に関するアンケート調査結果まとめ2019年4月実施より

一般葬と大きく違うのは、比較的自由度の高い葬儀になっているため、葬儀の中でご遺族が不要だと思った項目を省くことで費用を抑えることができます。
つまりプランによって葬儀費用に大きな差がでるのです。

葬儀社によっては50万円前後のプランの家族葬もあるため、平均相場から見ても大きな差があることがわかります。

内訳

葬儀費用の内訳と費用を抑えるポイントと共に違いについて確認していきましょう。

  • 葬儀一式の費用

    祭壇費や式場利用料など、家族葬においてもっとも費用がかかる部分です。

    香典を辞退することから受付を設けなかったり、参列者と連絡がしやすいため葬儀場までの案内看板を設置しなかったりすることがあります。
    このように設備を省略することで費用を抑えることができます。

  • 飲食接待費

    家族葬の場合、少人数での葬儀のため飲食接待費を抑えることができます。
    また身内での葬儀なので、会食を行わないことで飲食接待費をかけずに葬儀を行うこともできます。

  • 寺院への費用

    家族葬では自由な葬儀が執り行えるため、無宗教葬儀を選択することによって寺院への費用を抑えることができます。
    戒名料や読経料などのような寺院への費用が発生しないため、寺院への費用をかけずに葬儀を行うことができるのが大きな違いです。

一般葬にかかる値段

次に、一般葬にかかる費用相場と内訳について解説していきます。
家族葬と一般葬とでどれくらい費用が異なるのかに注目しながら読み進めてみてください。
その際には、なぜ費用に差が生まれるのかといったことにも意識していただければと思います。

相場

一般葬にかかる費用の平均相場は165万円という結果となりました。
終活ねっと:葬儀に関するアンケート調査結果まとめ2019年4月実施より

日本の葬儀費用は世界的から見てもダントツで高くなっており、それは主に香典や僧侶へのお布施代などのしきたりや風習が関係しているとされています。

内訳

また、一般葬の費用内訳は以下の通りです。

  • 葬儀一式の費用

    葬儀一式の中には、祭壇や棺、葬儀に必要な道具、施設使用料、人件費などが含まれます。
    他にも、遺体の管理費用や遺影の作成費用などがあります。

    家族葬と違い、それらすべてのものを手配する必要があります。

  • 飲食接待費

    飲食接待費は主にお通夜の後に振舞われる「通夜ぶるまい」と告別式の後に振舞われる「精進落とし」の費用となっています。

    通夜ぶるまい・精進落としには参列者をもてなし、故人についての思い出を語り合う席を用意する役割があります。
    これらも家族葬と違い、必ず用意する必要があります。

  • 寺院への費用

    僧侶の方に渡すお布施には、戒名料や読経料が含まれています。
    僧侶の方にお布施料を尋ねると「お気持ちでかまいません」と言われる場合が多く、正確な金額が不透明であることが多くなっています。

    家族葬と違い、戒名や読経を省くことができないため、寺院への費用を用意する必要があります。

家族葬・一般葬で迷った場合

人々

ご自身が執り行う葬儀を家族葬・一般葬のどちらにするか迷った場合はどのような基準で選べば良いのでしょうか?

基準の1つは、故人やご遺族の葬儀に対する意向です。
故人が生前葬儀の内容を指定していた場合や、ご遺族の葬儀内容に希望がある場合などは意向を尊重するようにしましょう。

もう1つの基準は、予想される参列者の人数です。
家族葬が小規模な葬儀であるのに対し、一般葬は中・大規模な葬儀となっています。
予想される参列者の人数に応じて、葬儀場などの施設の大きさも考慮する必要があるため、参列していただける方の人数が多いと予想される場合は一般葬を選ぶようにしましょう。

家族葬と一般葬の違いについてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、家族葬と一般葬の違いと、それぞれの特徴や費用の差異について以下のことを解説してきました。

  • 家族葬とは、親族や故人と親しかった人のみで執り行う小規模な葬儀のことである。

  • 一般葬とは、お通夜・告別式などを行う、一般的に想像しやすい葬儀形態のことである。

  • 家族葬と一般葬の相違点は、葬儀内容や参列者、香典や葬儀の案内などがある。

  • 家族葬・一般葬それぞれにメリット・デメリットがあるため、しっかり把握してから選ぶ必要がある。

  • 家族葬は一般葬に比べ自由度が高い葬儀のため費用を抑えることができる

  • 介護に多額の費用がかかったことから、費用が抑えられる家族葬と直葬が増加傾向にある。

  • 家族葬か一般葬かで迷った場合は、故人やご遺族の意向や予想される参列者の人数で判断すると良い。

現在において、葬儀は様々な形式で自分たちの希望に近い葬儀を選ぶことができます。
葬儀をご検討の際には、一般葬や家族葬、または他の葬儀形態で葬儀を行うにしろデメリットや注意点までしっかり把握して決めることが大切になります。

今回の記事が、判断に迷われている方々のお役に立てれば幸いです。

「終活ねっと」ではこの他にも、葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、葬儀の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひお読みください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事