家族葬を選ぶ背景・理由とは?家族葬に向いている方や注意点もご紹介

昔と違い、現代ではさまざまな形の葬儀が行われています。その中から家族葬を選ぶのには、どのような理由があるのでしょうか。この記事では、家族葬が選ばれる理由や注意点などを解説しています。その他の葬儀と比較して解説しておりますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 家族葬が選ばれる理由とは?
  2. 家族葬とは?
  3. 家族葬が選ばれる理由とは?
  4. 家族葬を行う際の注意点
  5. こんな人に家族葬はおすすめ
  6. 家族葬の費用・流れとは?
  7. 他の葬儀と家族葬を比較すると?
  8. 家族葬が選ばれる理由に関するまとめ

家族葬が選ばれる理由とは?

葬儀

故人がお亡くなりになった後、必ず行われるのが葬儀です。
故人を見送るための大切な儀式なので長い間、儀式の内容にあまり変化は見られませんでした。
しかし、多様な価値観が受け入れられるようになった現代では、さまざまな種類の葬儀が行われており、中には「家族葬」と呼ばれる葬儀もあります。

数ある葬儀方法の中から家族葬が選ばれるのには、どのような理由があるのでしょうか。
他にも「家族葬を行う上でどのような配慮が必要なのか」「家族葬にはどれくらいの費用がかかるのか」など、疑問に思う点は数多くあることと思います。

今回の終活ねっとでは、家族葬が選ばれる理由について、

  • 家族葬の意味
  • 家族葬を希望する理由
  • 家族葬で気を付けること
  • 家族葬に向いている人
  • 家族葬の流れとかかる費用
  • 家族葬と他の葬儀はどう違うのか

以上のことを中心に解説していきます。
家族葬のメリットだけでなく、注意する点についても紹介しております。
また、家族葬だけで家族葬以外の話題の葬儀について触れていますので、葬儀をお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

家族葬とは?

葬儀

家族葬の歴史はまだまだ浅いため「見たことも聞いたこともない」という人は多いのではないでしょうか。
葬儀であることは間違いありませんが、その内容はこれまでの葬儀と少し違ったものになっています。
ここでは家族葬の意味と背景についてご紹介します。

家族葬とはどんな葬儀?

家族葬は故人と近しい関係者だけで行う葬儀方法です。
名前だけ見るとご遺族だけの葬儀に思えますが、故人と親しかったなら血縁関係以外の人を呼んでも問題ありません。
反対にそれほど交流がない知人や同僚などは葬儀に参列できず、大体10~30名くらいの少人数で行われます。

家族葬が選ばれる背景とは?

家族葬が選ばれる背景として、現代の日本が高齢化社会であることが挙げられます。
高齢の人が増えるにつれ「仕事を定年退職して付き合いが減った」「高齢で葬儀に行くことが困難」など、参列者の人数が減ってきています。
そのため、ご自身の葬儀を簡単なもので構わないと考える人が増えてきました。

したがって、少人数で行うことのできる家族葬が選ばれやすくなっています。

家族葬が選ばれる理由とは?

葬儀

葬儀は必要な儀式だと理解していても、かかる手間や費用などの負担を考えると、せめて自分たちの希望に沿う葬儀を選びたいと考えるのは自然なことです。
家族葬は先述したように少人数で行われる葬儀ですが、選ばれる理由はそれだけではありません。
他にどんな家族葬が選ばれる理由があるのか、一緒に見ていきましょう。

ゆっくりとお別れの時間を大切にできる

家族葬が選ばれる理由の1つとしてゆっくりとお別れの時間を大切にできることが挙げられます。
一般的な葬儀では参列者の対応や準備など、やるべきことが大量にあります。
そのため、故人のことだけを考えている余裕がなく、お別れも慌ただしいものとなってしまうのです。

しかし、家族葬は小規模の葬儀なので、やるべきことも比較的少なく、お別れの時間を沢山作ることができます。
思い出話をしたり、生前に言っていた希望を叶えたりするなど、故人を偲ぶことに集中できるのです。
また、考える時間をたっぷりとることで、後から「もっとこうすれば良かった」「どうしてああしなかったんだ」と後悔することもなくなります。

参列者への対応に追われず、気遣いがない

家族葬が選ばれるのは参列者への対応に追われず、気遣いがないことも理由として挙げられます。
やるべきことを忙しなくこなしていく中、沢山来る参列者へ対応するのはかなり大変です。

ご遺族は法要が始まる前も後も参列者の対応に追われることとなります。
そしてせっかく貴重な時間を割いて来ていただいたのですから、失礼がないよう気を遣う必要もあります。
しかし、家族葬ではそういった心配をすることがないため、精神的にも落ち着いた状態で故人を見送ることができるのです。

また、一般的な葬儀では薄いつながりから、儀礼的に参列する人も多くいます。
家族葬はそういった義務感からくる参列者の負担も軽減することができるのです。

葬儀の費用を抑えられる

家族葬なら葬儀の費用を抑えられるという点も選ばれる理由として挙げられます。
葬儀と言えば手間や時間だけでなく、費用も相当かかることはご存知でしょうか。
一般的な葬儀の場合、故人への供養を行うお坊さんへのお布施や参列者への香典返し、法要が終わった後の会食費などを負担しなければなりません。

しかし家族葬の場合、お坊さんへのお布施は変わらないものの、参列者が少人数なのでかける費用はかなり少なくなります。
葬儀の案内状を送るのはご遺族側なので、来てほしい参列者の人数を自分たちで調整することができます
できるだけ少ない人数に留めれば、香典返しや会食などを用意する必要はあるものの、費用を抑えることは可能です。

家族葬にかかる費用については、以下の記事で詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

故人・遺族の希望のスタイルで葬儀ができる

家族葬が選ばれる理由の1つとして挙げられるのは故人・ご遺族の希望のスタイルで葬儀ができるという点です。
葬儀は宗教やこれまでに培ってきた伝統を重んじるイメージが強くありました。
ですが、家族葬ではしきたりにこだわらず、故人やご遺族の希望を尊重した葬儀を行うことができます。

例えば「葬儀の最中に明るい音楽を流す」「故人が生前に手掛けた作品の展示」など、他人の目を気にせずに自由なやり方を通せるのです。
自由度の高い葬儀なので、無宗教なら無理してお坊さんに読経を頼まなくてもいいですし、仏教だとしても一般的な葬儀と同じようにする必要はありません。
自分たちが納得のいく葬儀になるよう計画を立てて行います。

家族葬を行う際の注意点

困った人々

家族葬は一般的な葬儀よりもやることが比較的少ないです。
そのため、家族葬なら何も心配する必要はないと考える人がいますが、それは違います。
家族葬にも気を付けておくべき点があり、これを怠れば後々トラブルに発展する恐れがあるのです。
ここでは家族葬を行う際の注意点について紹介していきます。

訃報連絡の仕方に注意する

家族葬を行う際は訃報連絡の仕方に注意する必要があります。
故人がお亡くなりになってから、手続きや葬儀の準備などで慌ただしくなりますが、他のご家族やご親族、ご友人などには早めに訃報連絡をしておいた方が良いでしょう。
そして訃報連絡の際は、参列を希望しない人と来ていただきたい人で伝える内容が変わってきます。

連絡に含める内容

訃報連絡の際に参列を希望しない人へ向ける内容としては、家族葬を行う日程・葬儀会場の場所を伝えない、参列や香典などはお断りするなどがあります。
反対に家族葬に参列していただきたい人へ向ける内容としては、家族葬を行う具体的な日付や時間帯、葬儀を行う会場はどこかなどを説明します。
また、いずれの場合でも故人の名前とお亡くなりになった日時、死因などは言っておきましょう。

連絡を受けた側が参列すべきか否か悩むことを防ぐため、参列を遠慮してほしい場合はその旨を必ず伝えておきます

連絡の文例

家族葬の参列を希望しない方への連絡の文例は以下の通りです。

○○○○の妻の○○です。
昨日の午前10時に夫が心不全で亡くなりました。
葬儀につきましては、近親者のみで執り行う家族葬を予定しております。
そのため、大変恐縮ですが一般の方々のご参列・御香典などはご辞退申し上げます。

参列していただきたい相手には、最後の一文を除いた上記の文例に家族葬の日程や時間帯、会場の場所などをつけ加えます。
仮に訃報連絡が上手く伝わらなかった場合「なぜ教えてくれなかったのか」と不満を感じ、トラブルになる可能性があるため、連絡の際は十分な配慮をしましょう。

葬儀後の対応が大変になる場合も

家族葬を行う注意点として、葬儀後の対応が一般的な葬儀よりも大変になる場合があります。
先述したように、家族葬は血縁関係や故人と親しかった人だけで行われます。
参列者以外は故人の訃報を伝えられても葬儀への出席は断られている状態のため「せめて一度は仏壇に手を合わせたい」と考える人が後から弔問に訪れる可能性は高いです。

家族葬は参列されなかった人の方が多いので、弔問客の数も一般葬より多い場合が考えられます。
そのため、家族葬を行う際は弔問対応などに追われる可能性も考慮に入れておく必要があるでしょう。

こんな人に家族葬はおすすめ

葬儀

家族葬は比較的新しい葬儀なので、やり方が合わない人も中にはいるでしょう。
ここでは家族葬に向いている人をご紹介します。

ご近所付き合いが少ない方

家族葬はご近所付き合いが少ない人におすすめの葬儀です。
ご近所付き合いが多いということは、それだけ親しい人が多いということです。
しかし、葬儀の際に呼ぶ人数が増えるため、その分だけ費用がかかることになります。

さらにご近所全員を呼ぶわけにもいかないので、一般葬でも親しい人だけ呼ぶことになりますが、どこまで呼ぶかという点でトラブルになりやすいです。
ご近所付き合いが少ない人なら、少人数の家族葬を行ったとしてもトラブルに発展する可能性が低くなります

都会暮らしの方

都会暮らしの人にも家族葬はおすすめです。
都会は田舎と比較すると、ご近所付き合いをあまりしない場合が多く、参列者が少ない傾向にあります。
そのため、小規模の葬儀に慣れている人が多いです。

そして参列者が少ないことにも慣れていれば、少人数で行われる家族葬のやり方は受け入れやすいことでしょう。

職業柄、今後の友好関係に支障の出ない方

職業の面から考えた上で今後の友好関係に支障が出ない人にも家族葬は最適です。
一家で商売を行っている場合、大切にすべきは今後の友好関係です。
一般のご家庭の葬儀でトラブルになったとしてもそれは個人間の問題ですが、商売をしているご家庭の場合、人間関係だけでなく仕事にまで悪影響を与える可能性があります。

そのため、家族葬は仕事への影響も考慮に入れた上で決めると良いでしょう。

以下の記事でも家族葬の利点について解説しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の利点って何?デメリットと解決策についても解説します

現代にはさまざまな形の葬儀があり、家族葬もその内の1つです。最近、家族葬を選ばれる方は増えています。家族葬を行う上での利点にはどんなものがあるのでしょうか。この記事では、家族葬の利点やデメリット、またその解決策などを解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

家族葬の費用・流れとは?

葬儀

葬儀は何かとお金がかかるものですが、家族葬にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。
ここでは家族葬の費用と全体的な流れについてご紹介します。

家族葬にかかる費用

他の葬儀よりも費用を抑えられるという点でも家族葬は人気で、金額は約50万円ほどです。
しかし、場合によっては高くつくこともあります。
家族葬で葬儀代を節約するにはどうすれば良いのでしょうか。

必ずしも他の葬儀より安く済むわけではない

家族葬の費用は必ずしも他の葬儀より安く済むわけではありません
参列者が少ない分、料理や葬儀会場に力を入れれば費用はそれだけかかります。
さらに仏式でお坊さんを呼ぶなら、お布施を渡す必要もあります。

また、参列者の人数に比例して香典の数も少なくなるため、ご遺族側の負担額は却って増えるのです。
他の葬儀の費用については後の見出しでご紹介していますので、そちらも合わせてご参照ください。

家族葬で葬儀代を抑える方法

家族葬で葬儀代を抑える方法はいくつかあります。
例えば仏式にこだわりがなければ、お坊さんを呼ばないことでお布施を用意する必要がなくなります。
さらに火葬場は民営よりも費用が安い公営にしておきましょう。

また、葬儀会社の会員にあらかじめ入っておくことをおすすめします。
会員限定の割引サービスが受けられるため、家族葬の費用をさらに安くすることができます。

以下の記事では、家族葬にかかる費用についてより詳しく解説しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

家族葬の流れ

家族葬の全体的な流れは、一般的な葬儀と同じです。
ただし、故人やご遺族の希望によって家族葬の流れを変更しない場合に限られます。
ここでは家族葬の流れについてご紹介します。

  • ご遺体の搬送・安置

    故人がお亡くなりになった後、葬儀会社へ連絡しましょう。
    葬儀会社がご遺体をご自宅、もしくは葬儀会場へ搬送してくれます。
    亡くなってから24時間以内の火葬は法律で禁止されているため、特定の場所に安置しておきます。

  • 打ち合わせ・訃報連絡

    葬儀会社と打ち合わせをして、葬儀の準備を始めます。
    葬儀の日程が決まったら、関係者に訃報連絡をしましょう。

  • お通夜・葬儀

    本来はお通夜を行った翌日に葬儀を行うものですが、近年ではお通夜と葬儀をまとめて行う場合が多いです。
    葬儀の内容は先述したように、故人やご遺族の希望が強く反映されたものになります。

  • 火葬

    地域によって火葬は葬儀の前に行われることもあります。
    火葬が終わった後はご遺骨を骨壺や骨箱に納めます。

他の葬儀と家族葬を比較すると?

困った人々

葬儀の種類によって、かかる費用や規模の大きさは違ってきます。
それでは家族葬と他の葬儀を比較してみましょう。

一般葬との比較

家族葬の規模は先述したように、大体10~30名くらいの少人数です。
それ以上の参列者が集まったら一般葬扱いになります。
また、一般葬は家族葬と比較して規模が大きいため、かかる費用は200万円前後です。

直葬との比較

直葬は葬儀を行わず、火葬だけをする葬送方法で「火葬式」とも呼ばれています。
火葬炉の前で最後のお別れをする際に立ち会う人数は家族葬と同程度です。
また、直葬は葬儀がないので家族葬よりも費用は少なく、20~30万円くらいです。

密葬との比較

密葬は本来、身内だけで葬儀を終わらせた後、一般参列者を呼んで再び葬儀を行うことを指していました。
しかし、近年では二度目の葬儀をしなくても密葬扱いになることが多いため、規模も費用も家族葬と同程度です。

家族葬が選ばれる理由に関するまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の終活ねっとでは、家族葬が選ばれる理由について、以下のことを解説してきました。

  • 家族葬は故人と近しい関係者のみで行う葬儀
    家族葬が選ばれる主な理由は「人が少ないから気を遣わず、時間をとられず、故人を偲べる」「費用が少ない」「自分たちの希望を反映できる」こと
  • 訃報連絡で参列を希望しない人には日時や場所を教えず、参列や御香典などを断る旨を伝える
    参列できなかった人の弔問対応で忙しくなる場合がある
  • 人との交流が少ない人やトラブルで仕事に支障が出ない人に向いてる
    家族葬の費用は約50万円だが、やり方によっては高くつく場合もある
  • 一般的な葬儀と流れは変わらない
    葬儀の規模が小さいほど費用も低くなる

家族葬を選ぶ理由はご遺族の負担を軽くして、望みを反映した葬儀が行えるためということが分かりました。
家族葬を選択する際はトラブルを避けるためにも、きちんと話し合うことをおすすめします。
また、近年では紹介したような家族葬以外の葬儀形態も多くあるので他の葬儀も検討してぜひ後悔のない葬儀にしてください。

終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では家族葬の喪主に焦点を当て、解説していますので合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

家族葬をするとなると、喪主について考えなくてはいけませんよね。家族葬に招かれることはそうないので、家族葬の喪主をどのように行えばよいのだろうという疑問がわきます。今回は家族葬で喪主が知っておくべきことについて解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

シェアする

「家族葬・理由」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・理由」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介のサムネイル画像

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!のサムネイル画像

3人だけでも家族葬ってできる?他の葬儀形式や費用についても解説!

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介のサムネイル画像

家族葬で失敗しないためのポイントとは?葬儀費用を抑える方法も紹介

友人への家族葬の連絡の仕方や内容とは?参列依頼・辞退別にご紹介のサムネイル画像

友人への家族葬の連絡の仕方や内容とは?参列依頼・辞退別にご紹介

適切な家族葬への対応とは?参列判断や喪主の連絡・香典対応をご紹介のサムネイル画像

適切な家族葬への対応とは?参列判断や喪主の連絡・香典対応をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・理由」についてさらに知りたい方へ

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介のサムネイル画像

家族葬を家で行う際の準備・注意点とは?マナーやかかる費用も紹介

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介のサムネイル画像

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介のサムネイル画像

家族葬で後悔しないためには?家族葬のトラブル事例やマナーもご紹介

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介のサムネイル画像

家族葬でのご近所対応・トラブル回避法とは?連絡の仕方や文例も紹介

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像

家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと