娘の嫁ぎ先の家族葬には参列していいの?香典や供花についても解説!

娘の嫁ぎ先の家族葬には参列していいの?香典や供花についても解説!

近年、家族や親しい知人のみで行う家族葬を選ぶ方が増えてきています。では、娘の嫁ぎ先で家族葬があった場合、娘の実家は参列していいのでしょうか。今回の記事では、娘の嫁ぎ先での家族葬のマナーについて詳しくご紹介します。

最終更新日: 2021年01月12日

娘の嫁ぎ先の家族葬について

葬儀

家族葬とは、参列者を家族・親族・親しい知人などだけで、ささやかに行う葬儀のことです。
近年では、この家族葬の形式を選ぶ方も増えてきています。

では、娘の嫁ぎ先が家族葬を行う場合、娘の実家はどのように対応したら良いのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、娘の嫁ぎ先の家族葬について以下の疑問点を中心に、家族葬のマナーなどについて詳しくご紹介します。

  • そもそも家族葬とは?

  • 娘の嫁ぎ先の家族葬には参列していいのか?

  • 家族葬が娘の義父・義母の場合と義祖父・義祖母の場合との違い

  • 家族葬の香典・供花の辞退について

  • 娘の嫁ぎ先へ弔問する際の注意点

以上のことについて詳しくご紹介します。
また、娘の義母・義父が亡くなった場合と娘の義祖父・義祖母が亡くなった場合を分けてご紹介します。
ぜひ最後までご覧くさい。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは

人々

葬儀というと、大勢の参列者や訪問者などをイメージしていまいますが、家族葬は身内やごく親しい知人などだけで静かに故人を見送るスタイルの葬儀です。

密葬と形式は似ていますが、後日改めて本葬を行う密葬に対して、家族葬では本葬は行われずに、身内や親しい人々だけで葬儀をとり行い終了となります。

そのため家族葬への参列は、遺族が招いた方のみとなります。
人数は10~30人程度の小規模なものになる場合が多いです。

娘の嫁ぎ先の家族葬には参加するべき?

お墓

それでは、娘の嫁ぎ先で家族葬が行われた場合、娘の実家はどのように対応したら良いでしょうか。
ここでは、家族葬への参列についてや、参列する際の香典・供花のマナーを中心にご紹介します。

娘の義母・義父が亡くなった場合

娘の嫁ぎ先の親が亡くなった場合、娘の両親は家族葬に参列した方が良いのでしょうか?
娘の義母とは、娘のお姑さんにあたる方です。
娘が嫁いでから、母代わりとなり成長を見守って下さった方にあたります。

この意味では、娘のもう一人の母親とも言えるでしょう。
また、娘からすると義母は1親等の直系姻族にあたり、娘の実家の両親からみると、娘の義母は2親等の直系姻族にあたります。

そのような近しい方が亡くなられた場合、娘の実家はどのように対応すべきでしょうか。

参列について

娘の嫁ぎ先の親が亡くなった場合、本来であれば実家からも葬儀に参列するのが望ましいのですが、先方が、近しい家族のみで静かに故人を見送りたいと考えている場合もあります。

そのため誰でも参列できる一般的な葬儀とは異なり、家族葬の場合は葬儀に招待されなかったり参列を辞退してほしい旨の知らせがあった場合は参列は控えましょう

とりわけ訃報に葬儀の日時や場所が記されてない場合は、参列を控えるのがマナーでしょう。
また日時や場所の明記がある場合でも、あらかじめご遺族に参列の可否を確認してみましょう。

また、家族葬の場合、参列者の範囲は故人の人間関係やご遺族の意向にもよりますが、ご近所で親しい間柄であれば娘の実家からも参列するケースもあるようです。

香典・供花について

娘の嫁ぎ先の家族葬の場合、香典は持参すべきでしょうか?
一般的に、香典は持参するのがマナーであると考えられています。
包む金額は通常の葬儀と同じで、娘の義母・義父の場合は3万円~5万円が相場でしょう。

しかし、香典を辞退する旨の知らせがあった場合などは持参しない方が良いでしょう。
先方が、家族葬という小規模での葬儀を希望している場合や、また、お香典返しの手間や負担を省きたいと考えているケースもあるからです。

とはいえ、持参すべきかわからない場合には、ひとまずお香典を包み、受付などで先方が辞退した場合には持ち帰るという形をとってはいかがでしょうか。

また、供花の場合も同様で、先方のご意向を尊重し、辞退の旨があった場合は控えましょう。
できれば娘を通じて、先方のご意志をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

以下の記事では、家族葬に送る供花についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

娘の義祖父・義祖母が亡くなった場合

それでは、娘の嫁ぎ先の義祖父・義祖母、つまり娘の夫の祖父・祖母にあたる方が亡くなった場合はどうすれば良いのでしょうか?
嫁ぎ先の義祖父・義祖母は、娘の両親から見ると3親等という間柄になります。

また、お姑さん・お舅さんとは異なり、一歩引いた立場からそっと娘を見守って下さった存在でもあります。

この場合は、家族葬の招待があった場合のみ参列しましょう。
もし、ご招待がなければ娘を通じて弔意を伝える、もしくは、後日手紙などでお悔みを伝えるなどの方法をとると良いでしょう。

娘の嫁ぎ先への弔問について

困った人々

家族葬に招待されずに、後日弔問する際の注意点として以下のことが挙げられます。

  • 弔問する場合は、ご遺族に事前に確認をしてから行く

  • もし、弔問の辞退があった場合は無理に伺わずに、後日手紙などで弔意を伝える

  • 弔問する場合は、ご遺族が落ち着いたタイミングで伺う

  • 服装は控え目な平服で行き、ご遺族の負担にならないよう長居をしない

  • 香典・供花・供物を用意しないで、弔意を示すだけにする

先方は、葬儀の片づけなどで、急な訪問者に対応ができない場合もあります。
弔問に行く場合は、必ず事前に伺ってよいかの確認をとりましょう。
その際は、ご遺族が落ち着いたタイミングで、葬儀から49日までの間に訪問すると良いでしょう。

また、ご遺族のお心が早く落ち着かれるように、黒を連想させる喪服ではなく、落ち着いた雰囲気の平服で伺いましょう。

香典や供花などは用意はせずに弔意を示し、お相手のご負担にならないよう程よい頃合いで先方宅を失礼しましょう。

以下の記事では、後日弔問へ行く際のマナーについてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

娘の嫁ぎ先の家族葬についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、娘の嫁ぎ先での家族葬についてご紹介しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 家族葬とは家族や親族、ごく親しい知人だけで故人を見送る小規模の葬儀スタイルである

  • 娘の嫁ぎ先の親が亡くなった場合は、本来なら実家の両親は参列するのが適切ではあるが、葬儀への招待がない場合は控えるのがマナー

  • 家族葬に香典を包む場合は、一般葬儀と同等の金額にするが、先方から香典辞退のお知らせがあった場合は控える。供花をする場合も事前に先方に確認してから行う。

  • 娘の義祖父・義祖母が亡くなった場合は、葬儀への招待があった場合のみ参列する

  • 家族葬には参列せずに後日弔問する場合は、事前にご遺族に確認してから伺う

娘の嫁ぎ先ということで、訃報があった場合すぐに駆け付けたいお気持ちもあるでしょう。
しかし、家族葬という静かで小規模の葬儀の場合は、ご遺族のお気持ちを優先し、参列や香典を控えるという配慮が必要なケースもあります。

また、故人を見送るスタイルは様々です。
ご遺族のご意向を尊重しつつ、こちらの弔意をそっとお伝えするという気遣いも大切ではないでしょうか。

「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数記載しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す