家族葬の納棺の儀の流れは?服装やマナー、一般葬との比較も解説

家族葬の納棺の儀の流れは?服装やマナー、一般葬との比較も解説

葬儀にはさまざまな形式があり、家族葬もその内の1つに数えられます。家族葬でも行われる納棺の儀はどのような流れになっているのでしょうか。この記事では、家族葬の納棺の儀の流れやマナーなどに加え、一般葬との納棺の儀の流れの違いなどについて解説しています。

最終更新日: 2020年12月17日

家族葬における納棺の儀とは

葬儀

葬儀にはお通夜を省き、文字通り一日で葬儀・告別式を終わらせる「一日葬」や宗教儀礼にこだわらない「無宗教葬」など、さまざまな形式があります。
その内の1つである「家族葬」は、近親者だけで故人を弔う小規模の葬儀です。
一般的な葬儀と内容は少々異なるものの、近年注目を集めている葬儀形態であるとされています。

家族葬でも納棺の儀は行われていますが、全体的にどのような流れになっているのでしょうか。
他にも「一般葬の納棺との違いは何か」「納棺の儀で配慮すべきマナーは?」など、疑問に思うところは次から次へと湧いてくることと思います。

今回の「終活ねっと」では、家族葬における納棺の儀の流れについて、

  • 納棺の儀の意味

  • 家族葬における納棺の儀の内容・気を付けた方が良い点

  • 一般葬の納棺とはどう違うのか

  • 家族葬の納棺で注意すべき点

  • 直葬について

以上のポイントを中心に解説していきたいと思います。
家族葬の納棺の儀の流れだけでなく、副葬品に関する注意点や一般葬の納棺の儀との違いについても詳しく紹介しております。

家族葬の納棺の儀に関して詳しく知りたい方や疑問を持っている方は、ぜひ最後までご覧いただき、参考にしていただけると幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

納棺の儀とは?

葬儀

葬儀でよく見かける納棺の儀は、当然ながら家族葬でも行われています。
しかし、そもそも納棺の儀とはどんなことをするのでしょうか

納棺の儀とは?

納棺の儀とは、ご遺体の身なりを整えた上で棺に入れ、ご遺族と最期のお別れをする儀式です。
ご遺体を清潔にしたり、死装束を着せたりするなど、身綺麗にしてから棺の中に寝かせます。

納棺の儀をすることの意味

納棺の儀を行うのは、故人があの世へ旅立つための下準備と言われています。
さらにご遺族がその下準備をすることで、故人の死を受け入れるようにするという意味も込められています。
そのため、納棺の儀には納棺の専門家である納棺師や葬儀社に手伝ってもらいつつ、ご遺族も参加することが多いです。

家族葬の納棺の儀の流れ・注意点

葬儀

亡くなった後、ご遺体はご遺族や葬儀社の手に委ねられます。
故人が迷うことなくあの世へ行けるよう、納棺の儀を丁寧に行う必要があります。
故人がご臨終された後から、納棺終了の流れまでを一緒に見ていきましょう。

ご臨終から納棺までの流れ

納棺の儀が始まるまでには、いくつかの手順を踏まなければいけません。
ご遺族は葬儀社と協力しながら物事を進めていきます。
ここでは故人のご臨終から納棺までの流れをご紹介します。

  • 搬送

    亡くなった場所が病院などの場合、ご遺体を別の場所に移す必要があります。
    すでに葬儀社を決めているなら、すぐに連絡して自宅か安置施設へ搬送してもらいましょう。
    葬儀社を決めていない場合でもご遺体の搬送だけお願いして、自宅で改めて依頼する葬儀社を選別するという方法もあります。

  • 安置

    ご遺体のご臨終後、24時間以内に火葬することは法律で禁じられています。
    そのため、特定の場所で24時間が経過するまで安置しておかなければいけないのです。
    ご遺体の枕元には「枕飾り」として、小さな白い机にお線香やろうそく、お花などを乗せます。

  • 打ち合わせ

    納棺の儀を含めた葬儀全体の打ち合わせを葬儀社と行います。
    誰が喪主を務めるのか決めた後、家族葬をどんな内容にするのか、少人数の家族葬で誰に参列していただくのかなどを決めていきます。
    他にも宗教・宗派の確認、葬儀日程の調整、葬儀にかける予算など、決めることや把握しておくべきことは多いです。

  • 手続き

    手続きを行うタイミングは内容によって違います。
    死亡届を提出するために必要な死亡診断書は、故人がご臨終した後、すぐ医者に発行してもらいます。
    そして打ち合わせ後か納棺後に役所へ行き、上記の書類と引き換えに火葬許可証をもらうのです。

    他にも入院していた場合の病院への支払い、葬儀会場や火葬場の予約などがあります。
    お坊さんの読経を希望している場合は、お寺に葬儀日程の連絡を行いましょう。

納棺の流れ

ご遺体が棺へと納められる前にご遺体の身なりを整える一連の流れを納棺の儀といいます。
ただ、納棺の儀に含まれている「末期の水」や「エンゼルケア」などは、状況によってご臨終直後に行う場合も多いです。
ここでは納棺の儀の流れについてご紹介します。

  • 末期の水

    あの世で喉が渇くことのないよう、ご遺体の口を水で湿らせる風習を末期の水といいます。
    末期の水は故人が亡くなった直後、または安置してすぐのタイミングで行われる場合が多く、その場にいる故人の関係者全員で行います。
    故人との関係が一番深い人から順に行うため、配偶者や子供が先で、次にご親族、ご友人という順番です。

    脱脂綿や筆の穂先に水を含ませ、上唇・下唇の順に左から右の方へ唇をなぞり、最後の人が水で濡れたご遺体の顔を拭きます。

  • エンゼルケア

    エンゼルケアとは、ご臨終後に行われる処置のことで、湯灌(ゆかん)なども含まれます。
    湯灌はご遺体を自宅の浴槽に入れ、身体を綺麗に洗う儀式です。
    葬儀社の持つ専用の施設で湯灌をしてもらう場合もあります。

    病院で亡くなった場合は、看護師がご臨終後に湯灌の代わりとして清拭(せいしき)を行います。
    清拭はアルコールを含ませたタオルなどで身体を拭くだけではなく、体液が出てこないように口や耳などに脱脂綿を詰めることも行います。

  • 死装束

    死装束(しにしょうぞく)は最期に故人に着せる衣装です。
    納棺の儀は先述したように、あの世への旅支度の意味合いがあり、故人に着せる服装も旅をすることを想定したものになっています。
    全体的に白い和服の経帷子(きょうかたびら)、手足を守るためにつける手甲(てっこう)、脚絆(きゃはん)などがあります。

    他にもわらじや三途の川の案内人に渡す六文銭などが挙げられますが、現代では故人が生前に愛用していた服を着せる場合が多いです。
    もしくは愛用の服を着せた上で経帷子などは棺の中に入れることもあります。

  • 死化粧

    死化粧(しにげしょう)とは、生前の状態に出来る限り近づけるようにご遺体を整えることです。
    病院で亡くなった場合、看護師が清拭と合わせて死化粧まで行ってくれるところもあります。
    髪は櫛で整えて場合によっては爪と合わせて切ります。

    男性の場合はひげを剃り、女性の場合は薄化粧をします。
    顔色が悪ければ、男女関係なく色味を変えるために化粧をすることもあります。
    化粧道具は故人が生前に使っていたものをお借りするのも良いでしょう。

  • 納棺

    身なりを整えたご遺体を棺の中に納めた後、ご遺体のそばに副葬品を入れていきます。
    そして最後に棺の蓋をきちんと閉めたら、納棺の儀は終了です。
    ちなみに葬儀後、ご遺体を火葬する前に最期のお別れとしてもう一度蓋を開ける場合もあります。

納棺の際の副葬品に関する注意点

先述したように、納棺の際には副葬品を入れるのが一般的です。
ここでは副葬品の意味と入れる際の注意点についてご説明します。

副葬品とは?

副葬品とは、故人に対する弔いの気持ちから、ご遺体と一緒に入れる品物です。
埋葬方法が土葬だった頃の副葬品は「ご遺体と一緒に埋葬するもの」という考えが一般的でした。
しかし、火葬が主流になっている現代では「ご遺体とともに副葬品を火葬することで、一緒にあの世へ持っていけるようにするもの」という考えに変化しています。

副葬品を選ぶ基準としては「故人がもらって嬉しいもの」「故人に持っていてほしいもの」などが多いとされています。

納棺の際に入れていいもの

基本的に燃えやすいものであれば問題ありません
故人が生前好きだったものや思い出深いものを入れることが多いです。
飲食物の場合はお菓子やお酒など、愛用していた服ならコートやカーディガンなどが挙げられます。

副葬品の定番として特に多いのは手紙です。
生きている間に言えなかったメッセージや故人を偲ぶ言葉などを手紙で伝えたい場合に入れます。
普通の便箋でも良いですが、スペースが足りない場合はノートなどに書くのも良いでしょう。

他には故人との思い出が詰まっており、残しておくのがご遺族にとって辛いものも副葬品になります。
入れたい副葬品は多いと思いますが、棺に収まる量に留めてください。

納棺の際に入れてはいけないもの

火葬炉でご遺体を燃やすことになるため、不完全燃焼になりやすいものやご遺骨に悪影響を及ぼすものなどは入れてはいけません。
水分の多い果物や厚みのある本などは不完全燃焼になりやすく、プラスチック製はご遺骨を損傷させる可能性が高いです。
ライターやスプレー缶などは、爆発する可能性があり、ご遺骨だけでなく葬儀会場のスタッフがケガをする場合も考えられます。

ペースメーカーなどの電気製品も同様に爆発の恐れがあります。
また、写真は「写っている人を故人が連れて行ってしまう」と考える人が少なからずいます。
そのため、事前に周囲の人たちから確認を取るか、またはすでに他界している人の写真を入れるのが良いでしょう。

一般葬と家族葬の納棺の違い

葬儀

納棺の儀の流れがどのようなものかについてはご説明いたしました。
しかし、これは家族葬における納棺の儀の流れです。
一般葬でも行われる納棺の流れは、家族葬とどう違うのでしょうか。

一般葬の納棺の流れ

家族葬はご遺族や故人と親しかった人たちだけで行う小規模の葬儀です。
つまり故人と特に深い交流関係にある近親者のみで行うため、それ以外の方々の参列はできません。
対して一般葬は故人の近親者かどうかは関係なく、多くの参列者を受け入れるため、家族葬と比較すると規模の大きい葬儀になります。

そんな一般葬における納棺の儀についてですが、末期の水や湯灌など全体的な流れは家族葬とほぼ同じです。

一般葬と家族葬の納棺の違い

大きな違いはありませんが強いて上げれば、葬儀の準備の量は一般葬の方が多いこともあり、ご遺体の搬送や安置の順序を変える場合があります

他の違いとして、納棺の儀はお通夜前に終わりますが、葬儀後の出棺の際、もう一度蓋を開けて最期のお見送りをします。
家族葬では納棺の儀の時点で参列者が全員揃っている場合もありますが、参列者が多い一般葬では出棺時に初めてご遺体と対面します
そのため、多くの人はここで副葬品を入れることになります。

以下の記事では、お経・戒名なしの家族葬について解説しております。
あわせてご覧ください。

家族葬の納棺の際の服装・マナー

葬儀

家族葬の納棺の儀で故人に着せる死装束については先述した通りです。
それでは納棺の儀に立ち会うご遺族たちが着る服装はどんなものが良いのでしょうか。
ここでは納棺時の服装とマナーを合わせてご紹介します。

家族葬の納棺の際の服装

納棺の儀はお通夜前に行われる儀式であり、さらに家族葬なので近親者以外に周囲にいるのは葬儀社の人くらいでしょう。
そのため、納棺の儀を自宅で行う場合はどのような服装をしていても問題ありません
しかし、故人を偲ぶ儀式なので、服装が華美になりすぎないよう注意してください。

また、納棺の儀を葬儀会場で行う場合は喪服がおすすめです。
納棺の儀が終わり次第、そのままお通夜を始めるなら最初から喪服に着替えておいた方が良いでしょう。

家族葬の納棺の際のマナー

納棺の儀は葬儀社に協力してもらいますが、湯灌や死化粧など大部分はご遺族が担当します。
そのため、平服を着用する場合は動きやすい服装の方が良いでしょう。
また、ご遺体に触れることが多いため、傷つけないようにアクセサリー類は外しておきます

湯灌の際に水がかかる恐れがあるため、特に腕時計は納棺の儀が終わるまでつけない方が良いです。

以下の記事では家族葬の服装マナーについて詳しく紹介しております。
あわせてご覧ください。

また、「終活ねっと」では一般葬・家族葬をはじめとした様々な葬儀を、一般相場より低額で行うことができるプランをご提案しております。
よろしければ、ご検討してみてください。




納棺後に式を行わず火葬する直葬とは?

困った人々

現代の葬儀には色々な形があると先述しましたが、その内の1つに「直葬」があります。
式を行わない直葬とは、どんな内容の葬儀でしょうか。

直葬とは?

直葬とは、葬儀を省略して、納棺の後は火葬のみで済ませる葬儀形態のことで、火葬式とも呼ばれています。
家族葬と同じく参列者は故人の近親者だけで行い、火葬炉の前でお坊さんに読経をしてもらい、最後は火葬をするという内容です。

直葬にかかる費用

直葬にかかる費用は約10~30万円です。
参列者が少ない上に葬儀を省略しているため、費用はかなり抑えられます。
以下の記事では直葬の費用について、さらに詳しい解説をしていますのでご興味があればこちらも合わせてご覧ください。

直葬のメリット

直葬のメリットはまず費用が安く済むことです。
先述したように、会場の手配や会食など、葬儀にかけるさまざまな経済的負担がなくなります。
また、葬儀の準備で時間を大幅に取られることがないため、故人をゆっくり偲ぶことができます

直葬のデメリット

直葬のデメリットは葬儀を省略する点が周囲の理解を得られにくいことです。
さらに参列者が限定されていることで「なぜ自分を呼んでくれないのか」などと後で責められる可能性があります。

また、しばらく経った後で、きちんと葬儀をやらなかったことをご遺族が後悔する場合があります。
例え故人の遺志だったとしても、葬儀の省略により故人を雑に扱ったかのような感覚にさせることが多いです。

家族葬における納棺の儀に関するまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の「終活ねっと」では、家族葬における納棺の儀の流れについて、以下のことを解説してきました。

  • 納棺の儀は故人があの世へ旅立つ下準備で、ご遺体の身なりを整えて棺に納める儀式
    ご臨終から納棺までの流れは、搬送・安置・打ち合わせ・手続き
    納棺の儀の流れは、末期の水・エンゼルケア・死装束・死化粧・納棺

  • 副葬品はご遺体と一緒に棺にいれる品物のことである
    入れて良いのは燃えやすいもの、入れてはいけないのは燃えにくいものやご遺骨に損傷を与える可能性が高いもの

  • 一般葬の納棺の流れは家族葬とほぼ変わりないが、搬送や安置の順序、副葬品を出棺時に入れるなどの違いはある

  • 納棺の儀でご遺族の服装は自宅の場合は何でも良いが地味なもの、葬儀会場の場合は喪服
    ご遺体に傷をつけぬようアクセサリー類は外す

  • 直葬は葬儀をせずに火葬だけ行うこと、費用は約10~30万円
    メリットは費用が安い、故人をゆっくり偲ぶ時間が取れる
    デメリットは周囲の理解を得られにくい、後悔が残る場合がある

納棺の儀は故人とご遺族両方のことを考えている儀式ということが分かりました。
故人はあの世へきちんと渡れるように、ご遺族は故人の死と向き合うことができるように、納棺の儀が必要ということです。
全体的な流れを理解して、後悔のない最期のお別れをしましょう。

「終活ねっと」では、他にも家族葬に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では、家族葬で喪主が行うことについて解説していますので、ご興味がありましたらこちらも合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事