家族葬の形式ってどんなもの?メリットや注意点についても解説!

家族葬の形式ってどんなもの?メリットや注意点についても解説!

大切な方が亡くなったら葬儀を行いますよね。近年多く行われるようになってきた葬儀形式が家族葬です。では家族葬とはいったいどのような形式で行われ、他の葬儀形式とどのようの異なるのでしょうか。今回は家族葬の形式について、メリットや注意点もあわせてご紹介します。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬の形式について

葬儀

近年の葬儀事情は、一昔前に比べるとずいぶんと変化しています。
そしてその変化に合わせて、通夜と告別式が中心である一般葬以外にも、さまざまな葬儀の形式が見られるようになってきました。

最近見られることが多くなってきた葬儀形式の1つが家族葬です。
名前からして故人のご家族だけで静かに行うように見えますが、果たしてどのような形式の葬儀なのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、近年多く行われるようになってきた家族葬の形式について詳しく見ていきます。
合わせて家族葬の持つメリットや注意点についても、一緒に見ていきましょう。

  • 家族葬とはいったいどのような葬儀形式なのか?

  • 家族葬にはどのようなメリットがあるのか?

  • 家族葬を行う際の注意点とは?

  • 家族葬に参列する際に留意すべき点とは?

  • 家族葬以外の葬儀形式には何がある?

ご自身の葬儀を家族葬にしようと考えている方や初めて家族葬を行う方、家族葬に参列することになっている方にとって、いろいろと役立つ内容になっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬という形式とは

困った人々

家族葬とはいったいどのような葬儀形式なのでしょうか。
ここでは、近年行われるケースが増えている家族葬の形式について、流れや費用、参列する範囲にも触れながらご紹介いたします。

家族葬とは

家族葬とは、名前の通り故人のご遺族やご親族などの身内だけで行われる葬儀の形式です。
参列者が比較的多い普通の葬儀に比べると、非常に少人数で行われるのが特徴といえます。

故人と濃密なつながりを持った人々が主な参列者となるため、故人とのお別れの時間もじっくりと、かつ故人との思い出に向き合いながら葬儀を行えるのです。

加えて参列者が少ない分、香典返しや会食など参列者への対応をする必要があまりなく、ご遺族の負担も大幅に軽減できます。

なお家族葬は90年代から行われ始め、現在では葬儀全体の約3割を占めるようになってきているのが現状です。
このため、一般葬と同じく現代の主要な葬儀形式といって良いでしょう。

家族葬の流れ

家族葬の流れは、一般葬とそれほど大差はありません。
具体的には1日目の夕方に通夜を行い、翌日の午前中に葬儀・告別式を、午後に火葬を行うという流れです。

一般葬に比べると人数が少ないため、儀式の中で行われる焼香の時間も一般葬に比べて短くなります。
このため葬儀自体に掛ける時間も、全体的に一般葬よりも短くなり、この点でもご遺族の負担を軽くできるでしょう。

家族葬の費用

終活ねっとが実施したアンケートによると、家族葬を行う上で必要な費用の相場は約113万円という結果になり、一般葬の費用相場が165万円というアンケート結果でした。
終活ねっと:葬儀に関するアンケート調査結果まとめ2019年4月実施より

家族葬と一般葬の費用相場を比較すると、家族葬は比較的費用の安い葬儀形式であるといえます。

家族葬が一般葬に比べて費用が安くなるのは、参列者が少ない分それほどお金を掛けずに済むためです。
一般葬では比較的多くの参列者が参列するため、お返しや会食にも多くの費用がかかるうえ、人数によっては大規模な会場を利用する必要に迫られます。

家族葬ではお返しや会食にあまり費用を掛けずに済むうえ、小規模な会場を利用するために会場費も安く済むのです。

ただし参列者が少ない分いただく香典も少なくなるため、ご遺族が負担する費用が多くなる場合がある点に注意が必要となります。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。
また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

家族葬のプランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



家族葬に呼ぶ人と規模

家族葬に参列する範囲は、故人のご遺族とご親族が中心です。
また故人の身内以外にも、故人と生前深い付き合いのあった親友などが参列することもあります。
家族葬に明確な定義はなく、ご遺族次第で参列者の範囲を決定します。

具体的な人数としては、平均で10人前後、多くても30人程度である場合が一般的です。
なお一般葬の場合は50人前後が参列することも多く、その点では家族葬は一般葬に比べて静かで落ち着いたものになるといえます。

家族葬に呼ぶ範囲についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

家族葬のメリット

人々

家族葬は一般葬とともに多く行われるようになってきています。
家族葬が多く行われるようになってきているのは、それだけ支持されていることを意味しますが、どのような点がメリットといえるのでしょうか。

ここでは家族葬が持つメリットについて、詳しくご紹介いたします。

葬儀を比較的自由に行える

家族葬の持つメリットとして最初に挙げられるのが、葬儀を比較的自由に行えるという点です。
一般葬では参列者が多い分、ご遺族にとって面識のない方も参列するため、一般的な葬儀のしきたりや作法に基づいて行うことが欠かせません。

一方で家族葬の場合は、ご遺族やご親族など親しい方たちで行う葬儀形式であるため、あまりしきたりなどにとらわれることなく、自由に葬儀を行えます。

このため一般葬に比べて故人と静かにお別れする時間を長く取れるのも、比較的自由に行えるというメリットがあるからこそです。
また故人の意思に基づいたオリジナルな形式の葬儀を行うこともできます。

葬儀の準備が少ない

家族葬の持つメリットには、葬儀で準備すべきことが少ないという点もあります。
一般葬では参列者をねぎらうための会食や、参列と香典に感謝する意味での引き出物・香典返しの準備が欠かせません。

しかし家族葬の場合は参列者が少ない分、会食やお返しの準備にそれほど手間を掛けずに済むため、結果的に葬儀で準備するべきことが少なく済みます。
準備すべきことが少ない分、葬儀の中で故人とじっくりお別れを済ませられるでしょう。

一般葬より費用を抑えられる

家族葬のメリットは費用面にも及び、一般葬に比べるとはるかに安く済みます。
葬儀では会場費や会食費、お布施などいろいろと費用が掛かるため、終活でも葬儀の準備でもお金の不安が尽きません。

しかし家族葬では一般葬よりも費用が安く済むため、費用の工面に対する負担やお金に関する不安を軽減できるという意味で安心です。

家族葬の注意点

困った人々

家族葬には上記のようなメリットがある一方で、注意すべき点もいくつかあるところは知っておくべきです。
ここでは家族葬での注意点をご紹介します。

香典の額によっては費用負担が大きくなる

形式に関係なく葬儀では、費用を香典と自己負担とで何とか賄うのが一般的です。

しかし家族葬は参列者が少なくなる分香典の金額も少なくなるため、自己負担額が増えることに注意が必要となります。

つまり、一般葬に比べると比較的費用負担を軽くできる家族葬ですが、いただく香典が少なくなることも多いため、結果としてご遺族が負担すべき割合が増えるということです。

このため費用を抑えるために家族葬を行うとしても、自己負担が増えるケースがあることも踏まえておくと良いでしょう。

親族からの理解を得ておく必要がある

家族葬を行う際に注意すべき点としては、ご親族からの理解を得ておく必要がある点も重要です。
家族葬は葬儀形式の中でも比較的新しいものであるため、特に伝統的な考え方を重んじる人々にとってはなじみがないこともあります。

このためご親族に無断で家族葬を行うことになった場合、家族葬になじみのない方が強く反対したり、深刻な場合はご親族でトラブルのもとになったりすることもあり得ることです。

人間関係の余計なトラブルを防ぐためにも、家族葬を行う場合は事前にご親族の理解を得ておくと良いでしょう。

関係者には必ず訃報を知らせる

家族葬を行う際は、故人の関係者に必ず訃報を知らせることも欠かせません。
家族葬では、主な参列者がご遺族などごく親しい方たちだけであるため、故人とつながりのある多くの方が参列しないまま葬儀が行われることになります。

もし訃報を知らせていない場合、葬儀が終わってから関係者から知らせなかったことに対する不満が出てくる恐れもあるでしょう。
このため葬儀への参列を依頼しない関係者に対しても、葬儀前か葬儀後にきちんと訃報を知らせるべきです。

なお訃報を葬儀前に知らせる際は、「近親者のみで葬儀を行うため、参列はご遠慮ください」といった文言を記すと良いでしょう。
葬儀後に訃報を知らせる場合は、家族葬で執り行った旨を伝えます。

香典や供花への対応をはっきり記す

家族葬を行う際は、香典や供花はどうするのかについてはっきり記しておくことも重要です。
ご遺族の負担が少なくなる点がメリットに数えられる家族葬でも、香典や供花をいただいた場合は何らかのお返しが必要になります。

しかしできるだけ負担を避けたいということであれば、葬儀の案内などに香典や供花をお断りする旨を明記するのがマナーです。
辞退の明記をしなかった場合、香典や供花を持参した方への対応が必要となります。

外来語がそのまま定着していることも多い花の名前ですが、日本語の「和名」を知ることで、より深くその花を知ることができるのではないでしょうか?身近な花の、美しい「和名」について気になるという方はこちらの記事も併せてご覧ください。

家族葬に参列する場合

仏壇

訃報連絡をいただいたが家族葬で行う旨を伝えられた場合、または知人の訃報の情報を得たが案内が着ていない場合、家族葬に参列してもよいのでしょうか。
また家族葬に参列する際には、家族葬ならではのマナーがあります。
ここでは、家族葬に参列する側について解説します。

家族葬に参列して良いか?

参列する立場で家族葬について考える際、重要になってくるのが、家族葬に参列しても良いのかどうかという点です。

家族葬は故人と親しい方のみで行うため、そこまで親しくない立場で参列するのはかえって失礼となります。

家族葬に参列して良いかどうか判断する際の決め手となるのが、ご遺族から葬儀の案内が来ているかどうかという点です。
もし何らかの案内が来ている場合、葬儀の詳細が記載してあるかなど文面を見て参列するかどうかを決めると良いでしょう。

ただし案内が来ていない場合は参列を控えるようにしましょう。
そして後日弔問という形で訪問するべきです。
しかし弔問を辞退している場合もあるので、事前にご遺族に確認を取るようにしましょう。

香典は持っていくか

家族葬に参列して良い場合でも、香典を持参するかどうかを判断する必要が出てきます。
家族葬ではご遺族が負担を避ける意味で、香典をお断りしていることも多いためです。

もし葬儀の案内などで香典を辞退する旨が書かれている場合は、香典を持参しないようにします。
一方で案内に何も書かれていない場合は、念のため香典を持参し、会場で辞退されたらお渡ししないようにすると良いでしょう。
なお辞退されても無理してお渡しするのはマナー違反です。

香典を持参する場合の包む金額の相場について気になるという方は、以下の記事を参考にしてください。

家族葬以外の葬儀形式

葬儀

現在の日本で行われている葬儀には、家族葬以外にもさまざまなものがあります。
主に以下のようなものがあります。

  • 一般葬

    一般的な通夜と告別式、火葬からなる葬儀。

  • 直葬

    通夜と告別式など儀式を省略し、火葬場での火葬のみを行う

  • 社葬

    企業の創業者や功労者などのために、会社が主催して行う葬儀
    企業の社員が多く参列するとともに、企業の広報活動の一環でもある。

  • 自宅葬

    故人のご自宅を会場に行う葬儀で、葬儀社に依頼する場合と、葬儀社の手を借りることなくご遺族が全面的に準備して行うケースがある。

  • 生前葬

    ご自身が元気なうちに行う葬儀で、ご家族や知人・友人を集めて行う。
    ご自身が参列者に感謝の気持ちを直接伝える場でもある。

  • 一日葬

    本来2日間にわたって行う葬儀を、通夜を省略して1日で済ませる葬儀
    告別式と火葬のみが行われる。

以上のように、家族葬以外にもさまざまな形の葬儀が存在します。
ご自身や故人の意思や状況に応じて、どの形の葬儀を行うか判断すると良いでしょう。
葬儀の形式別の費用相場について気になる方は、以下の記事を参考にしてください。

家族葬の形式についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、故人のご遺族やご親族など親しい方たちだけで行う家族葬の形式についていろいろと見てきました。
今回の記事のポイントをまとめますと、以下の通りです。

  • 家族葬は故人とごく親しい方のみで行う葬儀の形式で、流れは一般葬と同じく通夜と告別式、火葬を行うもので、費用相場は100~150万円程度、参列者の人数も10~30人程度である。

  • 家族葬を行うメリットとして、葬儀を比較的自由に行える点と葬儀に向けた事前準備が少なくて済む点、一般葬に比べて費用を安く抑えられる点が挙げられる。

  • 家族葬を行う際の注意点として、香典の額によって自己負担が増える点と事前にご親族の理解を得ておくべき点、関係者に必ず訃報を知らせる点などが挙げられる。

  • 家族葬に参列する場合は、参列して良いかどうかや参列する際に香典を持参するべきかどうかを、葬儀の案内などをよく確認して判断することが重要である。

  • 現在の日本で行われている葬儀形式には、家族葬以外にも一般葬や直葬、社葬、自宅葬、生前葬、一日葬などがあるため、ご自身や故人の意思や状況に応じて選ぶと良い。

家族葬は故人のご遺族など親しい方のみで行うものであるため、規模も小さく費用も安く抑えられ、ご遺族の精神面や経済面の負担も軽くできます。
しかしメリットもある一方で、注意点もいくつかあるため、実際に家族葬を行う際はメリットと注意点の両方を確認しておくと良いでしょう。

家族葬を行ったり参列したりする際に、あらためて今回触れた内容を思い返していただければ幸いです。

「終活ねっと」ではこの他にも、葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、家族葬の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事