葬儀費用が無い場合はどうする?生活保護葬やその他の対処法も解説

葬儀費用が無いと悩んだことはありませんか?葬儀費用に関しては皆様不安に思うものです。本ページでは、葬儀費用が無い場合の対処法をわかりやすくご紹介しています。生活保護葬についても合わせて解説していますので、どうぞご覧下さい。

目次

  1. 葬儀費用が無い場合について
  2. 葬儀の費用
  3. 生活保護受給者で葬儀費用が無い場合
  4. 葬儀費用を捻出できない場合
  5. 故人の遺産を葬儀費用に充てられる?
  6. 葬儀費用が無い場合についてまとめ

葬儀費用が無い場合について

困った人々

皆様、葬儀費用の相場はご存知でしょうか?
葬儀費用が無いと悩んでいる方は意外と多いものです。
人が亡くなるのは突然であることが多く、お金の準備ができていなければ頭を抱えてしまいます。

しかし、葬儀代が捻出できない方におすすめしたい制度や、葬儀代を抑える方法があります。
中には申請期限が決まっている給付金制度等もあり、知らなくて損をしたという方も少なくありません。
葬儀費用が無い場合の対処法を本ページにわかりやすくまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

今回、終活ねっとでは葬儀費用が無い場合の対処法について以下の項目に沿ってご紹介致します。
最後までどうぞお読み下さい。

  • 葬儀の費用ってどのくらい?
  • 生活保護受給者で葬儀費用が無い場合は?
  • 葬儀費用を捻出できない場合は?
  • 故人の遺産を葬儀費用に充てることは可能?

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀の費用

お金

葬儀費用の相場の全国平均は196万円と言われています。
約200万円というと決して安い金額ではないでしょう。

なお、こちらの数字には火葬のみを行う直葬(ちょくそう)から一般葬まですべて含まれています。
つまり葬儀の形式によっては15万円くらいから行うことも可能です。
費用の内訳や安くする方法に関しては以下の記事をご覧ください。
形式ごとの葬儀費用の相場についてもご紹介しています。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

生活保護受給者で葬儀費用が無い場合

困った人々

生活保護受給者の方は葬儀費用を準備するのが特に難しいものです。
しかし、葬儀に関する生活保護受給者の方のための葬祭扶助制度があります。
葬儀を行って、残された方の生活費がなくなってしまえば元も子もないので、利用できる制度はなるべく利用したいものです。

以下で生活保護葬についてご説明しています。
生活保護受給者で生活保護葬や葬祭扶助に関してあまり知識が無いという方は、この機会にぜひお心に留めておいて下さい。
葬儀費用が無くても、自己負担金額0円で葬儀を行うことはできるのです。

生活保護葬

生活保護葬とは生活保護受給者に対し、葬祭扶助制度に基づいて自治体から葬儀代が支給され行う葬儀です。
葬儀代は、故人か葬儀を行う方が生活保護受給者である場合で、自治体の条件を満たしていれば支給対象になります。

支給金額は約10万円から20万円以内で、火葬費用のみです。
つまり、火葬のみを行う直葬(ちょくそう)であれば、自己負担額0円で葬儀を行うことができるということです。

生活保護葬は死亡確認後、福祉事務所に連絡をして、自己申請しなければ行うことが出来ません
生活保護受給者で葬儀代の負担が難しい場合は、生活保護葬を必ず利用するようにしましょう。

生活保護葬の流れ

生活保護葬は、死亡確認後、福祉事務所にて手続きを行います
葬儀を行ってからの申請では間に合いませんので、死亡確認後はすぐに連絡しましょう
もちろん、生前に生活保護対象者と認定されていなければ亡くなってからの申請はできません。

生活保護葬を行うことが認められたら、葬儀社を決めます。
この際、葬祭扶助を利用することを葬儀社にも伝えておきましょう。

葬儀は、火葬のみの直葬(ちょくそう)で、通夜や告別式はありません。
そして、葬儀代は福祉事務所が直接葬儀社に支払います
なので、事前の申請さえ忘れずに行えば、あとは福祉事務所と葬儀社が対応してくれるのです。

基本的に生活保護葬の葬儀の流れは直葬と同じく以下のようになります。

  • 搬送
  • 安置
  • 納棺
  • 火葬
  • 収骨

葬祭扶助は生活保護対象者なら必ず受けられるものではありません
事前申請の際に、福祉事務所の方で経済状況を審査し判断します。
お世話になっている福祉事務所のケースワーカーなどがいれば、その方に相談しても良いでしょう。

葬儀費用を捻出できない場合

お金

上記でご紹介したような生活保護受給者ではなくても、葬儀費用を捻出できないケースは少なくありません。
人の死は基本的に予測がつかないので、葬儀代の準備ができてい無いという方も数多くいらっしゃいます。
残された方々としては葬儀代が無くても故人のために、きちんと葬儀を行いたいものです。

葬儀代を捻出できない場合に葬儀費用を抑える方法をいくつかご紹介致します。
葬儀の形式を見直す、葬儀代の支払い方法を見直す、給付金を利用するなど葬儀代を抑える方法は数多く存在します。
ご自身に合うものを選択、利用してください。

また、時間に余裕があれば葬儀社を1つに決める前に複数社で見積もりをとったり、葬儀形式の中の細かいオプションを見直したりといったこともおすすめします。
気が動転していたり、睡眠不足が続く時期ではあるかと思いますが、利用できる制度は利用して、葬儀代が残された方の負担にならないように工夫しましょう。

直葬

直葬(ちょくそう)とは火葬のみを行う葬儀のことです。
葬儀費用でいうと、どの形式よりも費用を抑えることが出来ます
直葬(ちょくそう)の相場は15万円から25万円です。

費用を抑えることができる上に、時間的にも葬儀を行う側の負担も少ないのが魅力です。
生活保護葬の葬儀形式もこの直葬(ちょくそう)です。
葬儀代が無いという方は、費用が大幅に抑えられる直葬(ちょくそう)を検討しましょう。

分割払いのできる葬儀社を選ぶ

葬儀費用の分割払いは基本的に可能です。
12回払いや24回払いなど支払回数は葬儀社によって異なります。
分割払いに対応している葬儀会社を選び毎月の負担額を少なくしましょう。

給付金制度

給付金制度はどれも期限までに自己申請が必要となります。
窓口、申請方法、必要書類を把握し期限までに申請しましょう。
期限を過ぎてから給付金制度を知ったという方もいらっしゃいます。
申請期限をすぎると給付されませんので、忘れないように気をつけましょう。

また自治体によって給付金額や制度が異なる場合もあります。
葬儀代が無いという方にとって給付金は本当に大きい金額です。
詳しくは申請前に窓口に確認するようにしましょう。

葬祭費

葬祭費は国民健康保険に加入していれば給付対象となります。
金額は約1万円から7万円が葬儀を行った喪主などに給付されます。

葬祭費の受け取りは葬儀を行った方であれば親族でなくとも構いません。
葬祭費の申請期限は2年間で、申請から給付まで長くて2ヶ月かかります
忘れないようになるべく早めに申請しましょう。

埋葬料

埋葬料は会社などの健康保険に加入していれば被扶養者か被保険者が給付対象となります。
一律5万円が故人に扶養されていた配偶者等に給付されます。

会社によっては、これ以外にも付加給付金が付くところもあります。
特に大手企業等は付加給付金が3万円から7万円ほどつく場合もあります。
会社の窓口に詳細を確認し、埋葬料は2年以内に忘れずに申請しましょう。

また、最大5万円の家族埋葬料というものもあります。
扶養されている家族が亡くなった場合に支給されるものです。
家族埋葬料も埋葬料と同じく、2年以内の申請が必須です。

埋葬費

埋葬費は健康保険に加入していれば給付対象となります。
故人が扶養していた人がいない場合、葬儀を行った方に対して最大5万円が給付されます。
埋葬料の給付条件に該当しない場合に埋葬料の対象となるのです。
故人が独身で、誰も扶養していない場合などがこれにあたります。

埋葬費も葬祭費等と同じく2年以内に申請しましょう
ちなみに埋葬費は埋葬を行っていなければ給付されませんので、埋葬を証明するものなどの提出が必要となります。

故人の遺産を葬儀費用に充てられる?

お墓

結論から言うと、葬儀費用を故人の遺産から支払うことは可能です。
葬儀代が無い場合で遺産があるのなら、迷わず葬儀費用に充てましょう。

さらに葬儀代分は相続税の対象から免除されるというメリットもあります。
葬儀代を故人の遺産から支払うと相続税対策にもなるのです。

葬儀代は基本的に喪主が支払うことが一般的です。
葬儀後、親族が集まり、遺産の分配を決める場で葬儀代に関する話もすることになるでしょう。
喪主が葬儀代を支払っている場合は、トラブルを避けるためにも葬儀代も考慮して遺産の分配を決めましょう

葬儀全体にかかる詳しい費用については以下の記事で詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

葬儀にかかる費用がいくらかご存知ですか?葬儀はめったにない出来事ですからご存じないという方も多いでしょう。しかし、葬儀の費用について事前に理解を深めることは大切です。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法まで紹介します。

葬儀費用が無い場合についてまとめ

お金

葬儀費用が無い場合の対処法に関していかがでしたでしょうか?
葬儀費用に関する不安が少しでも解消できていれば幸いです。

葬儀費用が無いと悩む方は少なくありません。
しかし、様々な制度の利用や工夫で葬儀費用を抑えることは可能です。
葬儀費用が無い場合は、故人の思いと家族の経済状況や遺産も考慮して検討しましょう。

以下に今回終活ねっとで葬儀費用が無い場合についてお伝えしたかったことをまとめました。

  • 葬儀費用の相場は約200万
  • 生活保護受給者は葬祭扶助の申請で自己負担金額0円で葬儀が可能
  • 葬儀費用を捻出できない場合は給付金制度の利用や直葬、分割払いを検討
  • 故人の遺産を葬儀費用に充てると相続税の対策になる

葬儀はなるべく残された方々の負担にならないように行いたいものです。
今回ご紹介した葬儀費用を抑える方法をぜひお心に留めておいて下さい。

終活ねっとでは葬儀に関する様々な情報をまとめています。
どうぞ他のページも覗いてみて下さい。
最後までお読み頂きありがとうございました。

葬儀の費用を安くする方法については、こちらの記事でも紹介しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

葬儀の費用はできるだけ安く済ませたいところですが、いざ葬儀を行うと結構なお金がかかってしまいますよね。しかし、実は葬儀代を安く済ませることができる方法がいくつかあるのです。今回は葬儀代を安くする方法を、ほかの葬儀と比較しながら紹介します。

「葬儀・費用・無い」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・無い」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介のサムネイル画像

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介

葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説のサムネイル画像

葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法のサムネイル画像

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法

葬儀費用が払えない場合の対処法とは?補助金や費用を抑える方法までのサムネイル画像

葬儀費用が払えない場合の対処法とは?補助金や費用を抑える方法まで

葬儀費用をより安くする方法とは?葬儀ごとの費用やポイントを解説!のサムネイル画像

葬儀費用をより安くする方法とは?葬儀ごとの費用やポイントを解説!

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説のサムネイル画像

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!のサムネイル画像

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!

無料でできる葬儀とは?給付金制度からペット葬儀や相談まで解説!のサムネイル画像

無料でできる葬儀とは?給付金制度からペット葬儀や相談まで解説!

葬儀費用の分割払いはできる?他の支払い方法や費用相場も解説!のサムネイル画像

葬儀費用の分割払いはできる?他の支払い方法や費用相場も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・費用・無い」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介のサムネイル画像

兄弟がいる場合は葬儀費用を分担できる?費用を安くする方法もご紹介

葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説のサムネイル画像

葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法のサムネイル画像

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法

葬儀費用が払えない場合の対処法とは?補助金や費用を抑える方法までのサムネイル画像

葬儀費用が払えない場合の対処法とは?補助金や費用を抑える方法まで

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと