葬儀代は積立すべき?費用を準備する方法は?互助会や保険を解説!

葬儀代はある日突然必要になってきてしまいます。きたるべき日に備え、葬儀代を事前に積立ておく場合、どのような方法があるのでしょうか。葬儀代の積立をすべきかどうかや互助会や保険についても詳しくご紹介していきます。

目次

  1. 葬儀代の積立について
  2. 一般的に葬儀代はいくらかかる?
  3. 葬儀代の積立はできるの?
  4. 預貯金で葬儀代を積立する
  5. 葬儀代の積立ができる互助会
  6. 葬儀代を準備する葬儀保険
  7. 葬儀代の積立に関するまとめ

葬儀代の積立について

困った人々

葬儀代の費用は、ある日突然必要になってきてしまいます。
あまり考えたくないことですが、身内に高齢者の方がいる場合はしっかりとした葬儀を行うためにも、事前に葬儀代の積立を行いたいと考える方は多いのではないでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀代の積立とその方法について詳しくご紹介しています。

  • 一般的に葬儀代はいくらかかる?
  • 葬儀代の積立はできるの?
  • 預貯金で葬儀代を積立する。
  • 葬儀代の積立ができる互助会。
  • 葬儀代を準備する葬儀保険。

以上の項目を軸に解説していきます。

葬儀代の積立の方法についてお悩みの方は、ぜひこららの記事を最後まで読んでいただき、葬儀代を積立る際の参考にしてください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

一般的に葬儀代はいくらかかる?

葬儀

一般的な葬儀の費用は、総額でおよそ196万円ほどだといわれています。
葬儀にかかる費用は大きく分けて3つあります。

まず一つ目は、遺体の搬送や葬儀、火葬などのような葬儀一式の費用でおよそ「121万円」ほど必要であるといわれています。
次にお通夜や葬儀などで振舞われる飲食・接待の費用がおよそ「30万円」かかるといわれています。
そして最後に、読経料や戒名料などのような寺院費用におよそ「47万円」かかるといわれています。

これらはあくまで平均的な金額ですので、葬儀プランによって葬儀代の総額は変わってきます。
葬儀の費用についてさらに詳しい内容が下記の記事に掲載されておりますので、気になった方はこちらの記事もぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀代の積立はできるの?

困った人々

葬儀というのは親しい人が亡くなってはじめて行われるものです。
葬儀代を積立るということは普段から少しずつお金を貯めることになるのですが、ご自身が健康であったり親しい人たちが元気な場合は、中々意識することが難しいのではないでしょうか。
とくにご自身の年齢が若いうちはまず意識することはないことだと思います。

葬儀代は積立しておいた方が良い?

意識的に積立てることが難しい葬儀代ですが、できるのであれば積立ておきたいものです。
年齢が若いうちは難しいですが、年齢を重ね、ある程度の責任を負うような年齢に差し掛かっていたら、葬儀代の積立を考える必要があるかもしれません。
特にご自身の周りの家族に高齢の方がいる場合は、葬儀代の積立をしておいたほうがいいでしょう。

葬儀代の積立の方法

葬儀代を積立るときには、葬儀代の平均金額である196万円を目安に積立ををはじめるといいのですが、葬儀代の金額は決して安い金額ではないため、どうしても長期的な目で見て積立を行わなければなりません。

多額の金額を長い時間をかけて積立を行うのは大変なことですが、それを効率よく行うために、銀行での積立貯金、互助会、葬儀保険などの様々の積立の方法があります。

以下の項目で積立の方法について詳しく解説していきます。

預貯金で葬儀代を積立する

お金

自分でできる範囲内で葬儀代を積立る場合、銀行の預貯金で葬儀代を積立るというのは一番想像がしやすいやり方ではないでしょうか。
毎月のお給料が銀行振り込みである場合も多く、通帳などで確認しやすいことから、銀行の預貯金は利用しやすい手段だといえます。

またあらかじめ指定した金額を、毎月決まった日に別の口座に振り替えて貯蓄する積立貯金という方法もあります。
1000円単位から金額が指定できるため、葬儀代を積立る際にはぴったりなシステムだといえるでしょう。

葬儀代の積立ができる互助会

葬儀

互助会というものを聞いたことがあるでしょうか。
銀行での貯金や葬儀保険のようなものに比べると、あまり耳馴染みのない積立方法だと思いますが、いったいどのような積立方法なのでしょうか。

互助会とは?

互助会とは、毎月一定額の掛け金を積立ることによって、互助会の設備で冠婚葬祭のサービスを充当するシステムのことです。

もともと互助会は、戦後の貧しい時代に生まれたシステムで、どうしても出費がかさんでしまう冠婚葬祭の費用に備え、互助会の会員同士でお金を出し合うことによってお互いに助け合う目的で作られました。

互助会の正式名称は冠婚葬祭互助会といい、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会という組織が推進する制度です。

互助会の積立の仕組み

互助会を運営しているのは民間企業なのですが、運営には経済産業大臣の許可を受けなくてはならず、厳しい審査を潜り抜けた企業のみが運営していることになります。

民間企業なので自分が会員になった互助会が倒産する場合もあるのですが、その場合でも掛け金の50%が国の制度で保障されています。
全額は戻ってきませんが、掛け金の半分が戻ってくるので仕組みとしてはしっかりしていることが伺えます。

互助会のメリット・デメリット

互助会にはメリットもありますがデメリットもあります。
互助会には国が保障をしてくれる部分があることを説明しましたが、だからといって手放しに何も考えずに入会するという行動は避けるべきでしょう。

互助会を選んだり入会する際は、互助会というシステムのメリット・デメリットをしっかり把握しておく必要があります。

メリット

互助会の積立は毎月3000円ほどの非常に少ない金額から始めることができます

冠婚葬祭の費用はいつ必要になるかが不明瞭なことから日々の生活であまり意識することはなく、お金の使い道の優先順位としてはどうしても低くなってしまいがちです。
それでいて費用が必要なときは大抵の場合、急に必要になることが多く、急な出費に頭を悩まされることになります。

そういったことからも3000円ほどの少ない金額から積立を始められるのは、大きなメリットだといえます。
またご自身が選んだ積立プランを完納した後の権利が永久に保障されるのもメリットの一つです。

毎月の積立をしていく中で、積立プランの金額を完納する前に葬儀代が必要になってしまうこともあるかと思います。
そういった場合でも積立の残りの金額を支払うことによってしっかりとサービスを受けることができるようになっています。

差額を支払う必要がありますが、葬儀代が急に必要になってしまった場合でも、いままでの積立が無駄にはならないのがメリットといえるでしょう。

また互助会は遠方に引っ越すことになった際でも、同じグループの互助会が引越し先にあるのであればそのままサービスを受けることができます。
もし引越し先に同じグループの互助会がなくても、全国組織の加盟業者へと移籍することができます。

互助会を選ぶ際は、自分の住んでいる地域周辺に多くあるものや、さらに広範囲にグループがある互助会を選ぶことによって互助会のメリットを最大限利用できます。

デメリット

互助会は毎月積立を行うことにより、互助会が管理している冠婚葬祭のサービスを受けることができます。

多くの場合、決まった掛け金を目標に積立を行いますが、互助会は掛け金を完納したからといって、自分が望む全てのサービスの費用を賄えるといったものではありません。

互助会の葬儀プランというのは、一般的な規模の葬儀であることがほとんで、さらに葬儀を行う場所も互助会が提携している斎場に限られるため、もし自分が執り行いたい葬儀より規模が小さいと感じた場合は別途追加料金が必要になってしまうことがデメリットとなっています。

また互助会の積立を途中で解約する場合には解約手数料が必要になります。
互助会と契約する際に、想定していた解約手数料よりも多いと感じる場合が多く、いざ解約する際にトラブルになってしまうことが非常に多いこともデメリットであるといえます。

葬儀代を準備する葬儀保険

お金

葬儀代を積立る手段として積立貯金や互助会の他に、葬儀保険とものがあります。

保険と聞くと手続きが大変で敷居が高かったり、高齢者では入会ができないのでは、と考えてしまうかもしれませんが、葬儀保険は葬儀代の事前の対策として年々選ばれることが多くなっている保険となっています。

葬儀保険の概要

葬儀保険は小額短期保険という種類の保険で、葬儀に特化した保険となっています。
小額短期という言葉からもわかるように、少ない金額から入会でき、短期での契約ができる保険となっています。

また生命保険の場合、保険金が下りるのに時間が掛かってしまうのに対し、葬儀保険は保険料が支払われるまでの時間が短いのが特徴です。

葬儀保険のメリット・デメリット

葬儀保険の場合もやはり、メリットとデメリットがあります。
それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、自分に最適な積立方法を選びたいものです。

メリット

葬儀保険は掛け捨てタイプの保険で、少ない金額で短期での加入ができます。
月々に掛かる金額が少ないことや契約期間が短期であることから、保険に加入する敷居は低くなっています。

掛け捨てタイプの保険であることから、ある程度期間が経ってからの保険プランの再検討がしやすいのもメリットとであるといえるでしょう。

また保険の加入に医師の診断が必要ないことや、ご高齢の方でも保険を継続できることもメリットの一つとなっています。

デメリット

葬儀保険のデメリットとして、保険加入時の年齢が高いほど保険料金が高くなってしまいます

短期的に考えるのであれば小額であることに変わりはないのですが、長期的な加入で保険料を考えたときに、毎月の保険料を支払うよりも、葬儀代をご自身で貯めるほうが効率的になる可能性もありますので注意が必要です。

また葬儀保険は保険会社の破綻や物価の影響を受けるため、受け取る金額が加入当時よりも少なくなってしまうのもデメリットとなっています。

葬儀代の積立に関するまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっでは、葬儀代の積立について以下のことを解説していきました。

  • 一般的な葬儀の費用は、総額でおよそ196万円。
  • 葬儀代の積立の方法に積立貯金、互助会、葬儀保険などの選択肢がある。
  • 積立貯金は指定の金額を、毎月別の口座に振り込むサービスである。
  • 互助会は毎月掛け金を積立ることで、冠婚葬祭のサービスを受けることができる制度である。
  • 互助会は少ない金額から積立が始められ、完納の後の権利が永久に保障されるメリットがあるが、途中解約の手数料によるトラブルが多いのがデメリットである。
  • 葬儀保険は葬儀に特化した小額短期保険である。
  • 葬儀保険は小額・短期で保険に加入でき、高齢者でも継続できることがメリットだが、加入時の年齢が高くなるにつれて保険料が上がってしまうのがデメリットである。

積立の方法にはそれぞれメリットデメリットがあるため、どの方法が一番良いというものではありません。
葬儀代の積立を考える際は、それぞれの特徴を考慮し、自分にあった方法を選ぶのが一番大事なことだと思います。

終活ねっとでは、他にも多数の記事を掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「葬儀代・積立」に関連する記事

  • 高齢者が加入する生命保険についてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

    高齢者が加入する生命保険についてわかりやすく解説します!

    現在、国内で加入できる生命保険は外資系のものを含めると豊富な選択肢が用意されています。しかし加入を検討しているのが高齢者である場合、選択肢の幅は一定のラインまで絞られることになります。また、生命保険だけでなく近年では高齢者向けに様々な保険が販売されています。

  • 定年退職は生命保険の見直しの良い機会?のサムネイル画像

    定年退職は生命保険の見直しの良い機会?

    定年退職となったことを機に、生命保険の見直しをしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 定年退職後は生命保険の見直しには良いタイミングですが、想像以上に難しいものです。 ここでは、定年退職後の生命保険の見直しについて解説します。

  • 70歳から生命保険加入を考えてる方が知っておくべきことのサムネイル画像

    70歳から生命保険加入を考えてる方が知っておくべきこと

    70歳を迎えると、万が一に向けて改めて生命保険への加入を考える方も多いですよね。 もしもの事があるとまとまったお金が必要になりますし、今まで加入していた保険が満期になり保障がなくなると不安に感じることでしょう。 そこで、70歳からの生命保険について調べてみました。

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

  • 終活で加入しておきたい保険の種類や相場などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

    終活で加入しておきたい保険の種類や相場などをわかりやすく解説!

    終活を考えた多くの人が望む事事は、遺された家族に負担をかけず、自分らしく人生を終える事だと思います。 そのためには元気なうちからの備えが大切であり、その手段の一つに保険があります。 今回は終活に必要不可欠な保険について、その種類や相場などを詳しく解説致します。

  • 一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

    一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

    一般葬での葬儀でどのくらいの費用がかかるのか、考えてみると意外とわからないものですよね。一般葬でかかる費用が分かっていると、ご自身の終活を進める上でも大変良い目安となります。この記事では一般葬での費用とその内訳について、詳しく解説していきます。

  • 葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説のサムネイル画像

    葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説

    葬儀の費用はいつ支払うの?後払いなのか前払いなのか気になる!という方必見です。この記事では葬儀の費用は後払いなのか前払いなのか、その他にも気になる支払方法などを詳しく解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法のサムネイル画像

    葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法

    人が亡くなると葬儀を行うことになります。思いがけないタイミングで亡くなってしまうと葬儀代を払えないことも起こり得る話です。そんな時はどうすればよいのでしょうか?この記事では、葬儀代が払えない場合の解決方法を葬儀代の相場と低価格に抑える方法と併せて解説します。

  • 葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説のサムネイル画像

    葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説

    故人の死を悼みお見送りするための儀式である葬儀において、近年トラブルが増えていると言われています。葬儀でのトラブルには一体どんなものがあるのでしょうか。今回終活ねっとでは金銭面や親族間のトラブル事例や対策などを詳しく解説していきます。

  • 葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介のサムネイル画像

    葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介

    葬儀のときに行う諸手続きには、さまざまなものがあります。葬儀後すぐに行わなければならないものから、給付関係や解約しなければならないものなどです。他にも名義変更や税金の申告の必要性もあるかもしれません。そんな葬儀後の諸手続きについて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀代・積立」についてさらに知りたい方へ

高齢者が加入する生命保険についてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

高齢者が加入する生命保険についてわかりやすく解説します!

定年退職は生命保険の見直しの良い機会?のサムネイル画像

定年退職は生命保険の見直しの良い機会?

70歳から生命保険加入を考えてる方が知っておくべきことのサムネイル画像

70歳から生命保険加入を考えてる方が知っておくべきこと

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

終活で加入しておきたい保険の種類や相場などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

終活で加入しておきたい保険の種類や相場などをわかりやすく解説!

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説のサムネイル画像

葬儀の費用は後払い?葬儀費用の支払い方法やお布施、前払いも解説

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法のサムネイル画像

葬儀代が払えない場合は?解決策や葬儀代の相場と低価格に抑える方法

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説のサムネイル画像

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説

葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介のサムネイル画像

葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀代・積立」についてさらに知りたい方へ

高齢者が加入する生命保険についてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

高齢者が加入する生命保険についてわかりやすく解説します!

定年退職は生命保険の見直しの良い機会?のサムネイル画像

定年退職は生命保険の見直しの良い機会?

70歳から生命保険加入を考えてる方が知っておくべきことのサムネイル画像

70歳から生命保険加入を考えてる方が知っておくべきこと

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

終活で加入しておきたい保険の種類や相場などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

終活で加入しておきたい保険の種類や相場などをわかりやすく解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと