通夜は葬儀場でしかできない?葬儀場での宿泊やマナー、服装をご紹介

通夜は葬儀場でしかできない?葬儀場での宿泊やマナー、服装をご紹介

通夜を執り行うとき、多くの人は葬儀場で執り行うというイメージがあるでしょう。では、通夜は葬儀場でしか執り行うことができないのでしょうか。今回は、葬儀場で通夜を執り行うことのメリットや宿泊について、さらには服装・持ち物などのマナーについても解説します。

2019-05-07

葬儀場での通夜について

葬儀

身内の方が亡くなった場合、限られた時間の中でたくさんのことを決める必要があります。
その中でも、通夜の場所については早く決定しなければならないことでしょう。

通夜の場所といえば真っ先に思い浮かぶのが葬儀場ではないでしょうか。
しかし、通夜は葬儀場でしか執り行うことができないのでしょうか?

今回終活ねっとでは、通夜を執り行う場所について、以下の項目に沿って詳しく解説していきます。

  • 通夜を葬儀場で行うことのメリットとは?

  • 葬儀場以外で通夜を行う場合はどんな感じなのか?

  • 葬儀場での通夜においてのマナーや服装・持ち物について

  • 葬儀場での宿泊について

  • 通夜だけの出席は可能なのか?

通夜を執り行うことができる場所についてのみならず、通夜において気をつけたいマナーや、葬儀場での宿泊についても解説していきます。
この記事があなたのお役に少しでも立てれば幸いです。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

通夜は葬儀場で行うもの?

葬儀

通夜は必ずしも葬儀場で執り行うというものではありません
かつては自宅で通夜や告別式などの儀式を行うのは普通のことで、今でも地方では自宅で行っているところもあるようです。

ですが、現在では家庭環境の変化や自宅がマンションなどの集合住宅であることなど、様々な理由で葬儀場での通夜や告別式を選択される方が増えています。

告別式と同じ場所だと参列者もわかりやすい

通夜と告別式が同じ場所の場合、参列者がうっかり会場を間違えるということもなくスムーズに葬儀を執り行うことができるでしょう。
葬儀場は葬儀や法事を行うために建てられた建物ですので、機能・設備が充実しており、葬儀を執り行いやすい環境でもあります。

ご遺体の移動が大変だから

基本的に、通夜が執り行われるのは告別式やお葬式の前日です。
もし自宅で通夜を執り行い、告別式などは翌日に葬儀場で執り行うという手順を踏んだ場合、自宅から葬儀場へとご遺体を移動させなければなりません
遺体の移動は大きな負担となり得るという面でも、通夜を葬儀場で執り行うことは理にかなっているでしょう。

通夜を葬儀場以外で行うことはできる?

葬儀

通夜や葬儀は葬儀場だけではなく、自宅やお寺をはじめ、教会などの宗教施設、自治体や公共団体の施設でも執り行われることがあります。

自宅で仏式の通夜や葬儀を行う際は、受付・祭室・僧侶の控室・弔問客のための焼香台・会食を振る舞う場所などを用意する必要があります。
一般的に自宅で行う際は、弔問客が自宅に滞在する時間が長いことを考慮し、近隣への配慮も考えつつ、時期によっては気温にも十分に気を付けなければなりません。

最近では自宅を通夜・葬儀の会場にする方が減っています
そんな中でも、通夜前の「仮通夜」を自宅で行ってから、翌日に葬儀場に場所を移して通夜をする場合もあるようです。

また、寺院などで通夜を執り行うという人の多くは檀家であることが多いです。
一方で、お寺が保有する貸しホールを利用するにあたっては、そのお寺の宗派とは異なる宗派であっても通夜を執り行うことができる場合があります。

自治体や公共団体の施設では、市区町村の保有する葬祭会館や火葬場が併設されている葬祭会館、公民館などを比較的安い料金で借りられることが多いです。
地域ごとに細かくルールが決まっているようなので、それぞれの地域で調べてみてください。

葬儀場で行う通夜での服装

葬儀

訃報を受けて通夜に参列するまでの間、仕事をしている方などにとっては、通夜に参列するための用意をする時間が少ないと感じられるでしょう。
したがって、通夜に参列するときの服装についてはあらかじめ心得ておくことは大切なことです。

ここでは、葬儀場で行う通夜の場合、どのような服装で参列すればよいのか解説していきます。

喪服でなくてはいけない?

通夜に参列するという場合、基本的に喪服を着用することが求められます。
もちろん、外出先から慌てて駆けつけた場合などやむを得ない事態である場合は、平服でも仕方がないといえるでしょうが、なるべく喪服を着用して通夜に参列したいものです。

男性の喪服としては、ブラックスーツが標準的なものでしょう。
ワイシャツは白に靴下と靴は黒であれば問題ありません。
また、ネクタイピンや派手な時計をしている場合は外しておきましょう。

女性の喪服としては、黒やグレー、濃紺のワンピースかスーツに黒のストッキングであれば問題ありません。
アクセサリーは結婚指輪を除き、基本的には身に付けないようにしましょう。
カバンや靴は黒の地味なものにしておきましょう。

子どもの場合は制服を着ていくのが一般的です。
制服がないという場合は黒や紺などの地味な服装で行くようにしましょう。

通夜へ参列する際の持ち物

訃報は予期せず訪れるものですが、通夜に参列すると決めたら服装はもちろんのこと、持ち物についても忘れ物のないようにしておきたいですよね。
こちらでは、通夜へ参列する際の持ち物について解説していきます。

香典・袱紗

ご遺族側が辞退していない限り、香典は持参するようにしましょう。
受付で渡すまでは香典を袱紗(ふくさ)に包んでおくのがマナーですので、渡すタイミングで袱紗から取り出しましょう。
通夜と葬儀両方に参列する場合は、どちらか一方で香典を渡すようにしましょう。

香典を渡すのは一度きりですが、記帳については通夜と葬儀両方で記帳するようにしてください。
これは、通夜と葬儀の両方に参列したということがご遺族側にわかるようにするためです。

通夜と葬儀の両方に参列する際の香典の渡し方や表書きの書き方、香典の金額相場などについては、以下の記事をご参考にしてみてください。

数珠

仏式の通夜の場合に忘れてはならない物の一つとして、数珠が挙げられます。
故人と自分の宗派が同じ場合は本式数珠を使いますが、故人や自分の宗派がわからないという方は略式数珠という宗派を問わない数珠を使います。

また、キリスト教や仏教以外の宗教を信仰している場合は、数珠を持たずに参列しても問題ありません。

葬儀場で行う通夜のマナー

葬儀

訃報を受けてからというもの、服装の準備や持ち物の準備、葬儀場の場所の確認など慌しく時間が過ぎていきますよね。
したがって、通夜において注意すべきマナーを事前に理解しておくことは重要です。
ここでは、葬儀場で執り行う通夜において注意すべきマナーについて解説していきます。

開始時間に遅刻しないようにする

通夜に参列する場合には、開始時間の10分くらい前までには会場に到着するようにしましょう。
開始時間ギリギリに会場に着いてしまうと、遺族の方々に対して失礼ですし、受付ができないなど事務的にも迷惑をかけてしまいます。

また、遅刻しないようにするのは当然ですが、中には開始時間よりもかなり早く来てしまう方もいらっしゃるようです。
葬儀場の祭壇の準備が終わっていない場合がありますから、大幅に早く到着してしまうという事態も避けるようにしましょう。

早すぎずかつ遅れることのないように気を付けましょう。

ご焼香の作法

自分の順番が来る前に他の人の作法を見てマネをしようと考える方はいらっしゃるのではないでしょうか。
その一方で、人によって微妙にやり方が違っていたり、うっかり見逃して自分の番が来て慌ててしまった経験もあるかと思います。

そうならないためにも、ご焼香の作法を覚えておくことは大切なことです。
ここでは、立ったままご焼香をする立札焼香の作法を紹介していきます。

  • 焼香台の前に立ちます。

  • 祭壇に向かって一礼・合掌します。

  • お香を親指・人差し指・中指でつまむようにして持ち、おしいだいて香炉にお香を落とします。(宗派によって回数は異なります。)

  • 祭壇の方を向いたまま2・3歩下がり、自分の席に戻ります。

以上が比較的よく行われるご焼香のやり方です。
宗派によっては少し作法が違いますので、より詳しく知りたいという方は以下の記事も参考にしてみてください。

通夜振る舞いへの出席を促された場合

通夜に参列した弔問客に対しては、通夜振る舞いとして食事が提供されることがあります。
通夜振る舞いに誘われた場合には受けることが礼儀とされており、誘われたら遠慮せず席につき、一口でもよいので食事を頂くようにしましょう。
途中で退席する際には「お先に失礼します」と声をかけてから退席するようにしてください。

通夜に関してのマナーや流れ・受付や焼香に関しては、以下の記事も参考にしてみてください。

葬儀場で宿泊はできる?

困った人々

故人が亡くなってから通夜を行うまでの間、夜通し付き添う場合や遠方から来る方は葬儀場で泊まることを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

宿泊することを考えている場合は、葬儀場へ事前に問い合わせる必要があります。
葬儀場によっては、宿泊できるところとできないところがあります。
故人との関係にもよりますが、親族でも葬儀場での宿泊は制限されることもあるようです。

宿泊できるとしてもシャワーやお風呂などが施設についていない場合がほとんどのようで、身体をしっかり休ませたいと考えている方は、近くにあるホテルなどに泊まる方がよいでしょう。

葬儀場での宿泊や遠方からいらっしゃる場合については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

通夜しか参列できない場合の対応

困った人々

通夜しか参列できない場合は、通夜だけ出席しても問題ありません
お仕事の都合上、お昼の葬儀には出席できないという方も最近では増えているため、通夜の方が弔問客が多いようです。

葬儀場での通夜に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、葬儀場での通夜について、以下の項目を中心に解説してきました。

  • 通夜と告別式を合わせて葬儀場で行うと、ご遺体を移動する手間が省けるほか、参列者にとっても安心できる。

  • 葬儀場以外でも、自宅や宗教施設、自治体や公共施設でも通夜を行うことは可能。

  • 葬儀場で行う通夜における一般の弔問客の服装は、準喪服が無難である。
    持ち物については袱紗に包んだ香典の他、数珠も忘れずに持っていく。

  • 通夜が執り行われる会場には早すぎず遅すぎない時間に到着するようにし、ご焼香の作法も確認しておく。

  • 通夜ぶるまいへの参加を促されたら、一口でもいいので食事をいただくのがマナー。

  • 葬儀場に泊まろうと考えている場合は、葬儀場に宿泊可能かどうか確認をとることが大切。
    しっかり体を休ませたいと思っている方は近くのホテルに宿泊するとよい。

  • 通夜のみに参列することは問題ないことである。

葬儀というものは、生涯で何度も体験することではないでしょう。
ですから、普段から通夜のことを考える方は少ないかもしれません。
しかしながら、いざそうなったときに慌てないように知識を身につけておくと、慌てることなく物事を決定しやすくなるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では、葬儀にかかる費用について詳細に解説しております。
葬儀の費用について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀場・通夜」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料