葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説します

心乱れる葬儀中であっても、ご遺族は様々な人々に対応しなければなりません。どうすれば家族との最期のお別れの儀式を滞りなく進めることができるのか、今回は葬儀でのご遺族の対応についていくつかの場面ごとに詳しく解説していきます。

目次

  1. 葬儀での対応について
  2. 葬儀の受付での対応
  3. 遺族がすべき葬儀での参列者への対応
  4. 遺族がすべきお坊さんへの対応
  5. 葬儀での会社関連の人への対応
  6. 葬儀での長男の嫁としての対応
  7. 葬儀に対してクレームがあった場合の対応
  8. 葬儀での対応に関するまとめ

葬儀での対応について

葬儀

大切な家族が亡くなった瞬間から、ご遺族は多くの方々とやりとりしなければなりません。
家族との死別は想像もつきませんし、そのような時は何もできないと思っている方もいると思います。
でもいざという時に少しでも正しい知識があれば、そこから何かしらの応用が効くと思いませんか?

今回終活ねっとでは、葬儀での対応を、それぞれ相手や場面別にわかりやすく解説していきます。

内容は以下のとおりです。

  • 葬儀の受付での対応
  • 遺族がすべき葬儀での参列者への対応
  • 遺族がすべきお坊さんへの対応
  • 葬儀での会社関連の人への対応
  • 葬儀での長男の嫁としての対応
  • 葬儀に対してクレームがあった場合の対応

記事の後半には、葬儀において長男の嫁はどうすればいいか、葬儀にクレームがあった場合どうすればいいかなどについてもくわしく解説しています。
今後ある弔事のために、少しでもなにか学んでおこうと思った方は、ぜひ最後まで読んでいただけたら幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の受付での対応

葬儀

葬儀の受付係を担うには、事前の準備が必要です。

トイレなどの会場の配置を把握して、参列者に聞かれたら確実に答えられるようにしておきます。
他にも芳名帳や筆記用具、香典受けなどの受付で使うもの、場合によっては会葬返礼品の数量がきちんと用意されているかなどを確認します。

自身の身だしなみをチェックし、受付開始時間の30分前に全ての準備を終わらせたら、記帳台で待機します。

参列者からの香典をお預かりして芳名帳に記帳していただく以外にも、受付係にはさまざまな仕事があります。
ここからは葬儀の受付での対応として受付の大まかな流れや、知っておくべき言葉の例などをいくつか解説します。

参列者への挨拶

受付係はご遺族に代わり一番はじめに参列者の対応をします

参列者が「この度は御愁傷様でございます。
」と述べるので、「本日はお忙しい中お越しいただき、ありがとうございました。
」と挨拶して丁寧に一礼します。
この時コートのお預かりなどを頼まれた場合はお預かりし、帰りに引き換えができる番号札があればお渡ししておきます。

基本的に参列者とのやりとりはハキハキ話す必要はありません。
そのような場ではないという理解があれば、会話以外の対応にも用いることができます。

年配の方への配慮などもすすんで行うようにしましょう。

香典を受け取る際の対応

次に香典を受け取る際の対応をご紹介します。

香典は「お預かりいたします。
」と述べて一礼し、両手で受け取ります。
この時、裏面に名前、金額、住所が書かれているかを手早く確認します。
もし書かれていなければ、その場で参列者に記入をお願いするようにします。

その後「ご記帳をお願いします。
」「恐れ入りますがご住所とお名前をご記入ください。
」などと、芳名帳へ記入していただくように案内します。

芳名帳への記入を終えたら、用意してある会葬返礼品をお渡しします。
この場合は「ありがとうございました。
」と言葉を添えます。

お預かりした香典は、間違いのないよう、その後は常に気を配っておくことが重要です。

受付の手伝いを受けた場合の対応は?

葬儀の受付は、基本的には故人の直系(親や子、孫など)以外の親族が務める事が多いですが、本来明確な決まりはありません。
小規模葬儀が増えてきている近年は、直系の親族が務めることもあるようです。
会社関係や友人、近所の人が受け持つこともあります。

現金を扱う受付係をお願いされたということは、ご遺族から大きな信頼を得ているということです。
またご遺族に変わって参列者に対してお礼を述べる役を担うので、身だしなみやマナーが特に大事になります。

遺族代表の「顔」の役目を引き受けていることを理解して、心を込めた対応に努めましょう

遺族がすべき葬儀での参列者への対応

葬儀

通夜から告別式が終わるまで、本来ご遺族は故人のそばに付いたまま別れを惜しむものです。
挨拶も簡潔なお礼を述べるか目があったら黙礼する程度で、参列者一人一人に丁寧な対応をしたり、玄関先まで立ってお見送りすることはありません。

そんな中でも、ご遺族が参列者に向けて感謝の気持ちを伝える場がいくつか設けられています。

ここからは、遺族がすべき葬儀での参列者への対応について、その詳細を具体的に上げて説明していきます。

参列してくださったことへの挨拶

喪主には閉式の直前に、「遺族代表挨拶」として参列者へ感謝の気持ちを述べる場面が設けられています。

葬儀社に提示される挨拶文の例文などもありますが、自分の言葉で語る方がより思いが伝わります。
例文を元に言葉の入れ替えなどをして、オリジナルの原稿を作る方も多くあるようです。
原稿を読みながらでも問題ありません。
1分〜3分の長さを目安に、簡潔にゆっくりと謝意を伝えましょう。

参列者へするおもてなし

では遺族がする参列者へのおもてなしは、どういうものがあるのでしょうか。

ここからいくつかの項目に分けて説明していきます。

通夜振る舞い・精進落とし

通夜が終わった後、ご遺族が僧侶や参列者にふるまうお酒や料理を通夜振る舞いといいます。

かつての通夜振る舞いは肉や魚を使わない、いわゆる粗食を基本とした料理をいいました。
現在では特にメニューに決まりはなく、故人を偲びながら思い出話をしつつ食事をするという趣旨のものになりました。
大皿から小皿に取り分ける形式のものがほとんどです。

ご遺族が葬儀の後に用意する食事は「精進落とし」または「お斎(とき)」といいます。
精進落としは法要の後に親族の労をねぎらい、もてなすもので、人数分の個別のお膳を用意します。
この時ご遺族は末席に控え、接待します。

どちらも事前に葬儀社へ希望を伝えれば、手配してもらう事ができます。

会葬返礼品

通夜、葬儀の参列者に、お礼としてお渡しする品を会葬返礼品といいます。

通常はお礼のあいさつ状「会葬礼状」を添えて、受付でひとりひとりに手渡しします。
お茶やコーヒー、のり、シーツやタオルなどがよく選ばれる商品です。

またこれは当日返しの香典返しなどとは違い、参列者全員にお渡しするものなので、あらかじめ少し多めに用意しておくのが妥当です。

遺族がすべきお坊さんへの対応

葬儀

お坊さんに連絡し、お迎えして、その都度対応する事もご遺族の役割になります。

お坊さんが到着したら控え室へご案内し、茶菓で接待して喪主が挨拶を述べます。
この時葬儀社も交えて通夜、葬儀についての打ち合わせ確認をしておきます。
同時に、通夜振る舞いを受けていただけるかどうかも伺っておきます。

お坊さんが通夜振る舞いを辞退したり、特に通夜振る舞いを設けなかった場合は、「御膳料」として5,000〜1万円程度を包むようにします。
また3,000〜5,000円程度を「御車代」として別途包みます。
この金額は平均相場なので、お寺との距離を鑑みて自身で判断するようにしましょう。

これらはお布施とは別の白い封筒に入れて「御膳料」「御車代」と記し、用意しておきます。

喪主のお坊さんへの挨拶は、出迎えの時とお見送りの時の2回行うのが通例です。
通夜では、葬儀の日時を確認してお見送りします。
僧侶が日程の全てを終えた際に、喪主はお勤めに対する謝意を述べて、お布施をお渡ししお見送りします。
ただしお布施は、葬儀の翌日に改めてお寺に訪問してお渡しするのが本来のマナーです。

また、お布施などの扱いについては地域によっても異なるので、葬儀社や身内の詳しい方などに事前に確認するようにします。

葬儀での会社関連の人への対応

葬儀

皆さんが会社員である場合、家族の不幸があれば会社に連絡が必要になります。
忌引きでまとまった休暇を取らなければいけなくなった旨を、誰にどのように伝えればいいのでしょうか。
ここからは会社関係の相手別に、対応の仕方を解説します。

取引先への対応

忌引き休暇で数日間会社を空けることが決まったら、取引先会社との予定が滞ったりしないように、早めに対処しなければいけません

社内で一時的な担当の代役を探し、上司とも相談して本人に頼めることを確認した上で、その旨を取引先に伝えます。
その場合は決定した代理人の連絡先も伝え、取引先に迷惑をかけないように最大限のフォローをするようにしましょう。

連絡は直接伺ってお願いすることが一番ですが、それが難しければ電話やメールでも問題ありません。

会社の上司への対応

ご家族の訃報があった場合は、まず会社の直属の上司へ連絡するようにします。
さらにその方に、ある程度の範囲で社内連絡をお任せします。

その場合、以下のように簡潔に伝えます。

(母)が今朝○時に死去いたしました。
通夜は本日○時より、葬儀は明日午前○時より○○斎場にて行います。
喪主は私が務めます。○日頃までお休みをいただきたく思います。
皆様によろしくお伝えください。

会社によっては供花や供物、香典が出る場合もあり、会社の管理部門に書類を提出して、慶弔見舞金が出る場合もあります。
身内のみの葬儀を行う予定で香典や供花をお断りする場合は、この時点でその旨を確実に伝えておきましょう。

葬儀での長男の嫁としての対応

葬儀

夫が長男の場合、家族や夫の親族の葬儀における嫁の務めは「裏方」です

葬儀の規模や形式によっても違ってきますが、おそらく考える間もなく次々と雑務を頼まれるようになります。
葬儀の進行を裏で支えるのに徹することが長男の嫁の役割です。

また長男の嫁であれば、夫が喪主になるケースも考えられます。
そうなれば弔事が行われる数日間は、裏方をこなしながら夫の役割と精神面を支えるサポートもしなければなりません。
時には夫の代わりに大事な弔問客の対応をするような場面も出てきます。

地域の風習によってさまざまな違いがあり、人生に数度あるかどうかという経験で、わからないことばかりなのは当然です。
わからないことがあれば葬儀社の担当や親族、仕切り役などに聞き、指示通りのことを心を込めてやっていれば大丈夫です。

葬儀に対してクレームがあった場合の対応

困った人々

葬儀終了後のクレームはさまざまな形であるようです。
葬儀に対してクレームがあった場合の対応は丁寧に行う必要があります。

最近は葬儀形式の多様化もあり、葬儀におけるトラブルも急増しています。
中でも葬儀場、葬儀社対応のトラブルになると、問題が大きくなり訴訟という話になる事例も少なくありません。
一方で確かな葬儀社であれば、クレーム対応の窓口があります。
そこへ連絡し、担当のスタッフを交えて話を詰めることもできます。

それでも解決しない場合は、その葬儀社が所属している連合会などの業界団体へ訴えかけることも選択できます。

葬儀での対応に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、葬儀における遺族の対応ついて、以下のことをご紹介しました。

  • 葬儀における受付はご遺族の顔の役目。
    心を込めた対応に務める。
  • 弔事の間、ご遺族は基本的にご遺体に付き添うものだが、謝意を表明する場もある。
    「遺族代表挨拶」では喪主が参列者への感謝の言葉を述べる。
  • ご遺族が参列者などに食事をふるまう場として、通夜の後の「通夜振る舞い」と葬儀後の「精進落とし」がある。
    「通夜振る舞い」は参列者や僧侶に対する、「精進落とし」は親族に対する労をねぎらうもの。
  • 通夜、葬儀の参列者全員には、ご遺族からの感謝の品である会葬返礼品が渡される。
  • ご遺族がお坊さんに挨拶の対応をするタイミングは、お迎えの時と、お布施などをお渡ししてお見送りする時の2回が一般的。
  • 葬儀で忌引き休暇を取らなければいけない時は、直属の上司や取引先に連絡し、ビジネスで周囲に迷惑をかけないように確実にフォローする。
  • 長男の嫁の葬儀における立場は裏方。
    喪主の妻になる可能性もあるので、わからない時は親族や仕切り役などに指示を仰ぐようにする。
  • 葬儀のクレームは、葬儀社のクレーム担当窓口や、葬儀社が所属している業界団体などに訴えかけることができる。

細かい儀礼の中にも、先人から脈々と受け継がれてきたものがあるのだと思います。
どんな状況であっても礼を失することのないようにしたいものです。

終活ねっとでは、他にも葬儀の費用などについてくわしく解説した記事を多数掲載しています。
葬儀について知りたい方は、ぜひそちらの方もご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・対応」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・対応」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説のサムネイル画像

友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説のサムネイル画像

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説

年末年始に葬儀場は空いてる?年末年始に亡くなった場合の対応も解説のサムネイル画像

年末年始に葬儀場は空いてる?年末年始に亡くなった場合の対応も解説

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説のサムネイル画像

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説

葬儀場自体の費用相場はいくら?葬儀場の種類や火葬場の相場も解説!のサムネイル画像

葬儀場自体の費用相場はいくら?葬儀場の種類や火葬場の相場も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・対応」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説のサムネイル画像

友人の母親の葬儀には参列すべき?香典・供花の金額相場や服装を解説

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと