喪中に他の人の葬儀へ出席しても大丈夫?忌中での出席についても解説

喪中に他の人の葬儀へ出席しても大丈夫?忌中での出席についても解説

知人が亡くなれば、当然のように葬儀に出席します。しかし、喪中である場合は普通に出席しても問題ないのでしょうか。この記事では喪中に他の人の葬儀に出席しても大丈夫なのかを、忌中での出席は大丈夫なのかと併せて解説していきます。

2019-09-28

喪中の葬儀の出席について

葬儀

知っている人が亡くなったと一報を受けると、特別な用事でもない限り葬儀に出席しようと考えます。
訃報を耳にしたのですから、それがマナーのような気もします。

では、自分が喪中だった場合はどうなのでしょうか。
何ごともなく出席しても良いのでしょか。

そこで今回終活ねっとでは、喪中に他の人の葬儀に出席をしても大丈夫なのかを、忌中での葬儀への出席についてと併せて以下の項目を解説していきます。

  • そもそも喪中とは?

    喪中とは何かについて解説します。

  • 喪中の他の葬儀に出席してもいい?

    喪中に他の葬儀があった際に出席しても問題がないかを解説します。

  • 喪中に他の葬儀に参加したくない場合はどうするのか?

    喪中なので葬儀に参加したくない時に対応する方法について解説します。

  • 忌中で葬儀に出席するのは大丈夫なのか?

    忌中での葬儀の出席について解説します。

  • 喪中期間中に避けるべき行動とは

    喪中期間中に取らないほうが良い行動に関して解説します。

喪中に他の人の葬儀に出席しても大丈夫か関してに詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧いただき、理解を深めていただければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

喪中とは?

困った人々

喪中は故人を想い、悼む期間のことを言います。
その期間は故人が亡くなった日から1年間となります。
昔は字の通りで、喪服を着て自身の行動を慎みました。

喪中期間はお祝いごとや晴れやかな場面への参加、派手な外出などは避けるべきものとされています。
年賀状に関しても欠礼を伝えることが一般的です。

喪中は日本独特の風習です。
仏教的な考え方のように思えますが、元は神道の考えから来ています。
キリスト教では元より喪中という概念はなく、仏教では四十九日がすぎれば忌明けなので喪中という考え方はしません。

喪中に他の葬儀に出席してもいい?

困った人々

人はいつ亡くなるかわかりません。
たとえ、自分が喪中であっても知人が亡くなることがあっても不思議ではありません。
もしも、そんな事態が起こった際は葬儀に出席しても問題ないのでしょうか。

ここでは、喪中に他の人の葬儀に出席しても良いのかどうかを解説します。

出席しても問題はない

身内の葬儀があって喪中なのに、知人とはいえ再び葬儀があるというのは嬉しい話ではありません。
このような場合、身内に不幸があり喪に服しているような人間が葬儀に出席するのはダメなのではないかと思ってしまいそうです。
しかし、実際は喪中に他の葬儀に出席しても何も問題はありません

喪中の期間でお祝いごとへの出席は一考する必要がありますが、基本的に喪中でも他の葬儀に出席することは失礼でもなんでもないので大丈夫なのです。
ただし、地域によっては問題ありとされる場合もあるので注意は必要です。

出席する際に喪中であることを伝えるべき?

喪中であっても他の葬儀に出席することは問題はないのですが、喪中であることは葬儀の際に伝えたほうが良いのでしょうか。
微妙な気もしますが、実施は特に自分から喪中であることを申し出る必要はありません

もしも、先方から「あなたも大変だったのに出席していただいてありがとう」などの言葉をかけたれた場合は、丁重にご挨拶をしておけば良いでしょう。

喪中に他の葬儀に出席したくない場合は?

困った人々

喪中であっても、他の葬儀に出席しても構わないことはわかりました。
しかし、中には喪中であるからこそ故人の死を悼みたい、精神的に癒えていないので他の葬儀には出席したくないという思いになる人もいるでしょう。
そんな場合は、どんな対応を取ればよいのでしょうか。

ここでは、喪中に他の葬儀には出席したくない場合にどうすれば良いのかを解説します。

供花や香典、お悔やみの手紙を送る

いくら喪中だから葬儀に出たくないとしても、訃報を耳にしたのであればきちんとした対応をしなくてはいけません。

先ずは葬儀に出席できない旨を理由とともに先方に伝えましょう。
その理由は諸事情により出席できないと言うよりも、喪中のため出席できないとはっきりと伝えましょう。
喪中であることは葬儀に出席できない正当な理由なので違和感を持たれることはありません。

出席できないとしてもお悔やみの気持ちを先方に伝えることは大切です。
供花や香典を送りましょう
また、お悔やみの手紙を別に送ることも良いでしょう。

他の人に代理で出席してもらう

葬儀に出席したくなくても、お悔やみの気持ちは伝えることはできます。
自分は行けなくても、もしも他の人に代理で出席をしてもらえるのであれば頼みましょう。

その際に、供花やお香典を代理の人に頼んでも問題ありません。
代理の人に喪中のために葬儀への出席を控えさせて頂いた旨を伝えてもらうと良いでしょう。

忌中で葬儀に出席するのは?

困った人々

喪中に他の葬儀に出席するかどうかの対応に関しては理解できました。
では、忌中はどうでしょうか。
忌中であっても葬儀に出席することは問題ないのでしょか。

ここでは、忌中に他の葬儀に出席することは大丈夫なのかどうかを解説します。

忌中と喪中の違い

忌中も喪中と同じように神道的な考えから来ています。
神道では死は穢れとされており、伝染していくものと考えられていました。
忌中とは近親者が亡くなった際に、穢れがなくなるまでの一定の期間はお祝いごとには参加せず、外出などは極力避けて家で慎んで過ごすこことを言います。

一般的に穢れがなくなる一定期間は、四十九日法要の忌明けまでとされています。
忌中は故人が亡くなって間がない期間ですので、故人を想い弔う期間と言えますが、喪中は1年間という期間になり、遺族が故人を亡くした悲しみを癒やすための期間とも言えるのです。

以下の記事では、喪中と忌中の違いについて、それぞれの意味や期間別のマナーをより詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

忌中の葬儀への出席は避けるべき

忌中は穢れを払う期間と言われています。
そんな時期に他の葬儀に出席することは問題はないのでしょうか。

忌中の期間はお祝いごとへの参加は避けたほうが良いとされています。
しかし、葬儀はお祝いごとではありません。
そのため、忌中に他の葬儀に出席しても問題はないと言えます。

もしも、亡くなった方が自分の身内の葬儀に出席をしていただいた方なら余計に、その方の葬儀には出席したほうが良いと言えます。
ただし、地域によっては忌中での他の葬儀への参加はNGとされている場合もあるので確認はとったほうが良いでしょう。

喪中期間に避けるべき行動

葬儀

前述のように、喪中期間についてはお祝いごとや派手な外出などは避けるべきとされています。
その事を念頭に入れておくと、喪中に避けるべきことは見えてきます。

お祝いごとの代表格でもある結婚式については執り行うことはもちろん、出席することも控えるほうが良いでしょう。
慶事の場には喪中の人が参加することはふさわしくないとされているのです。

派手な旅行も控えるべきでしょう。
すべての旅行を控えるのは厳しくても節度ある程度の旅行に抑えておきましょう。

また、神社への参拝も控えるべきです。
神道では死を穢れとして捉えるため、神社自体が喪に服している人が足を踏み入れることを禁じています。

これらの避けるべきことは、対象期間が喪中ではなく忌中のみで忌明けなら問題ないという考え方もあります。
周りの人たちなどの意見も聞いて、ご自身の気持ちを考慮した上で最終的には判断をすることになります。

以下の記事では、喪中期間の長さについて、喪中期間にしてはいけないことも併せてより詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

喪中の葬儀の出席に関するまとめ

葬儀

喪中や忌中に他の人の葬儀に出席しても大丈夫なのかに関して、おわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、喪中に他の人の葬儀に出席しても大丈夫?について以下のことを解説してきました。

  • 喪中とは故人を想い、悼む期間のことを言い、その期間は1年間だということ。

  • 喪中に他の葬儀に出席しても問題はないということ。

  • 喪中に他の葬儀に出席したくない場合は、供花や香典、お悔やみの手紙を送るとか代理人に出席してもらうと良いということ。

  • 忌中は忌明けの四十九日法要までの期間を言い、死の穢れを祓うための期間であるということ。

  • 忌中でも他の葬儀に参加することは問題はないということ。

  • 喪中期間には結婚式などのお祝いごとへの参加や遂行、旅行をすること、神社への参拝は控えたほうが良いということ。

喪中でも他の葬儀に出席することは問題がないことを理解できました。
一方で、お祝い事の参加や遂行、旅行をすることや神社への参拝など控えるべきこともあります。
忌中に関しても他の葬儀に出席することに問題はないものの、地域によっては違うようなので確認が必要なようです。

終活ねっとでは「喪中に他の人の葬儀に出席すること」に関する記事以外にも、喪中や忌中に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では、葬儀の費用はいくらかかるか、費用の内訳や安くする方法をより詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「喪中・葬儀・出席」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料