JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説

葬儀について考えたときに気になるのが費用のことですが、できれば少しでも費用は抑えたいところです。JAでの葬儀は低額でできると耳にしますが、本当なのでしょうか?今回終活ねっとでは、JAでの葬儀でかかる費用や低額でできる理由、特徴や注意点についても解説しています。

目次

  1. JAでの葬儀費用について
  2. JA葬祭とは?
  3. JAで葬儀をする際の費用はいくら?
  4. 一般的な葬儀社より低額なのはなぜ?
  5. JAで葬儀を行う方法
  6. JAで行う葬儀の特徴
  7. JAで葬儀をする際の注意点
  8. JAでの葬儀費用に関するまとめ

JAでの葬儀費用について

葬儀

近年葬儀の規模は縮小傾向にあるといわれていますが、多くの方が何らかの形で葬儀を行っています。
葬儀にかかる費用を抑えるためにJAでの葬儀を選ぶ方がいますが、JAでの葬儀は本当に割安なのでしょうか?

今回終活ねっとでは、JAでの葬儀費用についてを中心に低額でできる理由、JAで葬儀を行う方法や特徴について紹介しています。

  • JAでの葬儀にかかる費用はどれくらいなの?
  • JAでの葬儀費用が低額な理由
  • JAで葬儀を行うにはどうすればいいの?
  • JAで行う葬儀の特徴と注意点は?

以上の項目に沿ってご説明していきます。

葬儀費用はできるだけ抑えたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みいただき、依頼先を検討する際の選択の幅を広げておかれるとよいでしょう。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀費用の相場や内訳、誰が負担するのかなど、葬儀にかかる費用についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

JA葬祭とは?

葬儀

JAバンクやJA共済などの言葉を目や耳にすることがあるように、JAグループではさまざまな事業を展開しています。
JA葬祭」では、そのうちのひとつである葬祭事業を行っています。

そもそもJAとは?

JAとは「農業協同組合」のことで、農家の生業である農業を守り生活を高めることにより、よりよい社会を築いていこうと組織された協同組合です。
協同組合は営利企業とは違い、相互扶助つまり助け合いの精神に基いたものです。

「JA」は農業協同組合の英語表記である、”Japan Agricultural Cooperatives”の頭文字からつけられた農協のニックネームです。
組合員の農家だけではなく、地域の方々とともにくらしづくりをしていこうと、親しみやすい呼び名が使われることになりました。

JA組合員でなくても大丈夫?

JAは同じ目的をもった個人や事業者が集まり、お互いに助け合う組織である「共同組合」です。
組合員には農業を仕事にしている人や団体からなる「正組合員」と、地域に住んで農業以外の仕事をしている人がなる「准組合員」があります。

正組合員も准組合員もJAのいろいろな事業サービスや施設を使うことができます。
また、事業や施設によっては利用に制限が発生することがありますが、組合員ではない人でもJAの事業や施設を利用することができ、JA葬祭は誰でも利用することができます

JAで葬儀をする際の費用はいくら?

葬儀

JAでは設備の整った直営の葬儀場を多数保有しており、全国で利用できます。
JA葬祭の葬儀サービスは、直営ホールで自ら葬儀を行うものと、提携している葬儀社や葬儀会場を通して葬儀サービスを提供しているものがあります。

JAでの葬儀は組合員を対象としているため、一般的な葬儀サービスに比べ価格が抑えて設定されていることがほとんどです。
JA葬祭は全国で展開されているため、どこからでもサービスを利用できますが、費用やサービス内容は地域によって異なりますので、お住まいの地域のJA葬祭の窓口などで確認しましょう。

料金は、地域の各葬儀会場ごとでも分かれており、数段階のコース設定がされている場合が多くなっています。
料金の割引のしかたは、葬儀プラン全体が一般価格と組合員価格に分かれて設定されている場合と、祭壇などの物品によって割引価格が設定されている場合があります。

JA葬祭は組合員以外でも利用できますが、このように割引き価格は組合員が対象となっています。
JAは農家以外の方にも開かれた協同組合をうたっており、地元JAに出資金を払って手続きをすることで農家以外の方も准組合員になることができます。
JAでの葬儀を検討されている方は、葬儀サービスの利用を機にあるいは事前相談をして、組合に加入するとよいでしょう。

また、葬儀にかかる費用をあらかじめ把握しておくことも大切です。
葬儀全体にかかる費用の平均は、200万円近い金額だともいわれていますが、実際にはどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?
葬儀費用については以下の記事で詳しくご紹介していますので、こちらもご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

一般的な葬儀社より低額なのはなぜ?

お金

ではなぜJAでの葬儀は一般的な葬儀社より低額なのでしょうか。
先にご紹介した通り、JAは営利を目的とした企業ではなく、相互扶助の精神に基いた協同組合です。
共同組合では、組合を組織する人、運営する人、事業を利用する人が同じ組合員であるという特徴があります。

株式会社であれば、利潤の追求を目的として経営者が会社を運営して、出資者である株主に利益を配当します。
協同組合は、同じ目的をもった個人や事業者が集まりお互いに助け合う組織であり、目的は組合員の生活の向上にあります。

また、JA葬祭は地域密着型の情報網を持っているため、営業経費が抑えられるとされています。
葬祭事業も直営のホールを持つだけでなく、祭壇などの貸し出しから引き出物や飲食などの提供まで総合的に行っており、人件費や施設・車輛などの物件費も各事業に分散して有効活用ができます。
そのため、JA葬祭では民間の業者よりも有利な価格設定ができるとされています。

このように、JA葬祭は儲けのためではなく組合員のための事業であること、JA葬祭が持つ有利な条件を活かすことにより、葬儀サービスが一般的な葬儀社よりも低価格で提供されています。

JAで葬儀を行う方法

葬儀

JAで葬儀を行う方法は、一般的な葬儀の流れと大きな違いはありません。

臨終を迎えられた方がいたら、まず近親者とJAに連絡をします。
JA葬祭では、24時間受付をしています。
病院等で亡くなられた場合は、JA葬祭より寝台車で故人を迎えに行き、自宅や安置所にご遺体を安置します。

自宅ではご遺体の安置のため、枕飾りなど必要ものを準備します。
ご遺体を安置した後、JA葬祭に葬儀に必要な道具や流儀などのアドバイスをしてもらいながら、葬儀の準備にとりかかります。
まずは、身内や寺院などに連絡をします。
菩提寺がない場合には、JA葬祭が相談に乗ってくれます

家族で葬儀をどのようにするのかを考え、JA葬祭と打ち合わせをします。
葬儀の場所や料理、予算などの決めごとや葬儀に必要なものを準備していきます。
死亡届などの役所の手続きに必要なものも、JA葬祭が喪主に代わって準備してくれます。

家族で故人の旅支度として、ご遺体を拭き清め装束を行い、納棺をします。
通常の葬儀社と同様に、通夜式から葬儀・告別式、出棺・火葬、精進落としまでと、葬儀を進めていきます。

JAで行う葬儀の特徴

葬儀

JAで行う葬儀の特徴として、以下のようなメリットがあります。

葬儀費用が明朗

葬儀費用については、ほとんどのJAで規模や内容によっていくつかのプランが提示されています。
参列者の人数によって、飲食接待費や返礼品の費用が変動しますから、これらはおおまかな金額になります。

JA葬祭の見積もりには、プランに含まれるものの内訳が明記されていますので、費用は明朗といえます。
地域によってはインターネット見積もりができるところもあり、変動費やお布施などのプラン外の費用も含めてシュミレーションができるため、葬儀全体の費用を把握するのに参考になります。

また、JA葬祭では事前相談をすすめています。
思いがけず家族を亡くし事前の心構えなく葬儀をして、「こうしておけばよかった。
」と後悔したという話を耳にされた方もいらっしゃるでしょう。
どのような葬儀をするとどういった費用がかかるのか、あらかじめ知っておくと安心です。

地域にあった葬儀が行える

葬儀のやり方や習わしは地域によってさまざまです。
JAの大きな強みのひとつが地域密着型であるところです。

例えば、出棺・火葬については、地域により葬儀・告別式の前に行う場合と後に行う場合があります。
忌中払いも地域・宗派により、「精進落とし」・「精進上げ」・「お斎(とき)」などと、呼び方はさまざまで、参列者への接待はすすめ方が大きく異なります。
葬儀において、近隣の方とのお付き合いの仕方も地域によって違います。

JA葬祭では、地元のJAや葬儀社が葬儀施行にあたるため、これらの地域の習慣を考慮した対応をしてもらえます。

利用できる葬儀場が多い

JAでは設備の充実した直営の葬儀場を、全国に多数保有しています。
それぞれの地域で利用できる葬儀場の数が多く、立地や設備内容など遺族の希望に合わせた選択がしやすくなっています。

近年では家族葬などの小規模な葬儀を希望する家庭が増えており、JA葬祭でも安置施設の充実した小型の葬儀場を用意するといった対応も増えてきています。

さまざまな宗教の葬儀ができる

日本では仏式で葬儀を行う場合がほとんどですが、他の宗教で葬儀をするあるいは無宗教で葬儀をすることもあります。

JA葬祭では、仏教の各宗派を始め、神式・キリスト教式の葬儀にも対応しています。
また、宗教にとらわれないお別れの会などにも対応しています。

JAで葬儀をする際の注意点

人々

これまで見てきたように、JAで行う葬儀にはさまざまなメリットがありますが、注意点もあります。
JAに葬儀の依頼をする際には、以下の点に注意しながら、メリットを活用していかれるとよいでしょう。

費用とプラン内容をしっかりと確認する

葬儀の依頼を検討している場合は、事前見積もりをとるとよいでしょう。
これはJA葬祭に限らず一般の葬儀社に依頼する場合も同様で、事前に比較検討しておければより安心です。

その際には、提示されているプランには何が含まれているのか、費用とプラン内容をしっかり確認することが大切です。
同時にプランに含まれているもの以外に、必要になるものには何があるのかも確認しておきます。

葬儀を執り行う経験は何度もあるものではなく、家族とのお別れは突然やってきます。
専門家から見れば当たり前のことでも、葬儀の当事者にとっては何が必要になるのかわかりづらく、突然の葬儀で冷静でいられない時にはなおさらです。

プランの内容とプラン外で発生が見込まれる費用および、飲食接待費などの変動費も含めて全体の費用を把握していけば、予想外の追加料金に悩まされることはありません。

地域によって葬儀内容がことなる

JAの葬祭事業は全国で展開されていますが、実際には地域ごとのJAによって運営されています。
そのため、提供されている葬儀プランは地域独自のものになっており、サービス内容も異なります。

JA葬祭全体としては、全国組織の強みを生かして全国のJAが集まって勉強会を開いたり、葬祭ディレクターの有資格者をスタッフにおくなど、サービスの向上が図られています
また、地域の各JAが連携してサービスやブランドの共有を行うなどの取り組みがされています。

地域に合わせた対応が期待できる反面、サービスの質や料金設定は地域によってばらつきがあることも認識しておかれるとよいでしょう。

JAでの葬儀費用に関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとではJAでの葬儀費用について以下のことを解説してきました。

  • JA葬祭では葬儀事業を行っており、一般の葬儀社よりも葬儀サービスを低額で利用できることが多い。
  • JAは営利が目的ではない協同組合のため、組合員の生活の向上を目的として葬儀費用も低額になっている。
  • JAで葬儀を行う方法は民間の葬儀社で行なうのと同じように考えてよい。
  • JAでは利用できる葬儀場が多く地域にあった葬儀ができるが、地域によって葬儀サービスの内容が異なる。

JAの葬儀は組合員のために費用が抑えられており、地域に合わせた葬儀ができるのですね。

葬儀のしかたは地域の風習によっても大きく違いますから、地域に合わせて低額で行えるJAでの葬儀も選択肢のひとつに加えておくとよいでしょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀や法事についての記事を多数掲載していますのでそちらもご覧になってください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

「JA・葬儀・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「JA・葬儀・費用」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説のサムネイル画像

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説

曹洞宗や臨済宗などの禅宗の葬儀の特徴とは?香典やお布施も解説!のサムネイル画像

曹洞宗や臨済宗などの禅宗の葬儀の特徴とは?香典やお布施も解説!

年末年始に葬儀場は空いてる?年末年始に亡くなった場合の対応も解説のサムネイル画像

年末年始に葬儀場は空いてる?年末年始に亡くなった場合の対応も解説

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説しますのサムネイル画像

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「JA・葬儀・費用」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと