家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

家族葬の規模はどのくらい?家族葬の平均参列者数や会場の規模を紹介

最近増えてきている葬儀の1つに家族葬があります。家族葬は基本的に近親者だけで執り行う葬儀ですが、一般的にはどのくらいの規模で行われているのでしょうか。今回終活ねっとでは、家族葬の規模についてを中心に、家族葬の平均参列者数や会場の規模もご紹介していきます。

最終更新日: 2020年02月09日

家族葬の規模について

葬儀

これまでの葬儀は、たくさんの参列者を招いて大きな規模で実施することが一般的でした。
しかし最近では、あまり大きな規模で行うのではなく、家族や親族、親しい友人のみで小さく執り行える「家族葬」を行う方が増えてきています。

では、家族葬は一般的にどのくらいの規模で行われているのでしょうか。
今回、「終活ねっと」では、家族葬の規模について以下のポイントを中心にまとめていきます。

  • 家族葬はどのくらいの規模で行われている?

  • 他の葬儀形態との違いについて

  • 家族葬の流れ

  • 家族葬の費用とその内訳について

家族葬が一般的にはどのくらいの規模で行われているのか、規模感を把握していただける記事になっています。
家族葬の流れや費用、会場などについても紹介しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬の規模はどのくらい?

困った人々

これまでの葬儀は、家族や親戚のみならず、近所の方や会社関係者など多くの方をお呼びして大きな葬儀を行うことが一般的でした。
そのためこれまでの葬儀には、参列者が大勢参加し、たくさんの費用がかかるといったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

しかし最近では、多くの参列者をお呼びせず、家族や親戚、親しい友人のみで葬儀を行う家族葬が増えてきています。

では、家族葬は、一般的にはどのくらいの規模で行われているのでしょうか。
ここでは、家族葬の規模について、参列者数や家族葬にお呼びする方の範囲をご紹介していきます。

家族葬の規模は故人・遺族の希望

家族葬にてどこまでの参列者を何名お呼びするのかは、故人・遺族の希望を一番に優先して決めるべきでしょう。
そのため、故人や遺族が呼びたい人の人数によって家族葬の規模は異なってきます。
故人や遺族の希望を無視してしまうと、家族葬とする意味もありませんし、後々のトラブルにもなりかねません。

故人や遺族の希望を一番に優先して決めるようにしましょう。
以下では、一般的な家族葬の範囲や平均参列人数などについて解説していきます。

家族葬にはどこまで呼ぶ?

家族葬にどこまでの方をお呼びするかの範囲については特に決まりはありません。
故人との付き合いの深さや家族関係なども考慮しつつ、お呼びするかどうかを判断していく必要があります。

故人や遺族の希望で、家族のみで葬儀を執り行いたいという希望であれば、家族のみで葬儀を行い親戚にも声をかけません。

しかし、葬儀にお呼びしないことでトラブルになる場合もあります。
参列者として声をかける場合には、事前に家族葬である旨と参列者を限定する旨をしっかり伝えて、納得してもらったうえで実施することが大事です。

トラブルを避けるには訃報連絡に注意

家族葬の場合、参列者以外の方へは葬儀後に訃報連絡をすることとなります。
そのため、葬儀に参列できなかった方が「なぜ呼んでくれなかったんだ」と、遺族との間でトラブルになるケースがあります。

会社の関係者や親族などへは、事前に家族葬である旨の通知をしっかり行い、家族のみで葬儀を執り行うこと、弔電や香典は辞退する旨をはっきり伝える必要があります。

家族葬の参列者平均人数は?

家族葬に参列する人の人数は、全国的な平均として10人〜30人程度となっています。
家族葬にお呼びする方の範囲は、広くても遺族・親族と数名の親しい友人までです。

そのため、葬儀に参列する方の人数も少人数であり、全国の平均でみても上記のような人数となります。
葬儀社が用意する家族葬のプランでも30名が上限となっている場合が多いので、注意が必要です。

家族葬の会場によっても変わる

家族葬の参列者の人数は、葬儀を行う会場によっても変わってきます。
家族葬を執り行う会場としては、自宅や斎場のみならず集会場や公民館などもあります。

どの会場で行うかによって、それぞれの会場の収容人数や特徴が異なりますので、家族葬の規模も変わってきます。

以下では、それぞれの会場ごとにどのくらいの規模になるのか、会場の収容人数や特徴などについても解説していきます。

自宅

故人をこれまで住み慣れた自宅で送ることができるのが、自宅で行う大きなメリットでしょう。
しかし、自宅に参列者や僧侶を招くために駐車場を確保したり棺を納めるスペースを確保したりと、何かと気を使わなければなら無くなります。

また、近隣の住民の方への配慮も必要となりますので、事前にしっかり周知しておく必要があるでしょう。
自宅の規模に応じた、余裕を持った人数設定がポイントです。

教会・お寺

教会やお寺などでは、厳格な雰囲気で葬儀を行うことができます。
周囲への配慮なども特に必要ありませんので、気を使う必要はないでしょう。

ただし、全ての教会やお寺で葬儀を行えるわけではなく、古い施設では控え室がないなどのデメリットもありますので、事前にしっかり確認する必要があります。

菩提寺がある方はそちらにまず相談することになりますが、家族葬を受け入れていない寺院もあるので注意しましょう。
一般的な葬儀が行われることも多いので、家族葬の施設としては十分だと言えるでしょう。

民営・公営斎場

民営でも公営でも、葬儀を行うための施設が斎場となります。
したがって、棺の安置スペースや参列者の控え室、会食場などの施設がしっかりしているので、葬儀を行ううえで最適な環境でしょう。

民営の斎場は費用がやや高めに設定されていますが、ご遺族の要望に合った様々なプランが用意されています。
公営の斎場は、民営ほどの自由度がない分、費用が安く設定されています。

葬儀社の会館

葬儀を専門で扱う葬儀社の会館は、葬儀を行ううえで必要なあらゆる施設が揃っていますので、葬儀をスムーズに進めることができるのが一番のメリットでしょう。

ただし、あらゆる葬儀を想定して作られていますので、参列者が限定される家族葬の場合、会場が広すぎて少し寂しい印象になってしまう場合もあります。

参列者の人数などを踏まえて、利用するかどうかを判断すると良いでしょう。

集会場・公民館

地域の公民館やマンションの集会場などでも葬儀を行うことができます。

葬儀を行う施設の中ではかなり費用が安いのが、集会場や公民館の特徴です。
また、施設の規模も十分であることが多く、広さには困らないでしょう。

ただし、葬儀を行うための施設ではないことから、施設が不十分であるケースがほとんどです。
費用面だけにとらわれることなく、施設のデメリットをしっかり考慮して検討することが重要です。

その他の葬儀形態との規模・内容の違い

葬儀

家族葬以外の葬儀形態の場合、どの程度の規模でどのような内容の葬儀となるのでしょうか。

ここでは、家族葬以外の葬儀形態について、内容や葬儀の規模を一般葬、一日葬、直葬・火葬式に分けて解説していきます。

一般葬

一般葬は、一般的にイメージされる葬儀形態で、家族や親族以外に会社関係者なども呼んで行われる盛大な葬儀です。
一般葬の葬儀規模や葬儀の内容について解説していきます。

一般葬の葬儀規模

一般葬は、会社関係者も含めて多くの参列者を呼んで行われる葬儀のため、数ある葬儀の中でも最も規模の大きな葬儀です。
参列者の人数が100名を超えるような葬儀もあります。

多くの方が葬儀と聞いてイメージするのは、この一般葬ではないでしょうか。

一般葬の内容

一般葬で行われる葬儀内容としては通夜や告別式、火葬など、葬儀としてイメージされる儀式などを一通り実施することとなります。

一般葬は昔から葬儀としてイメージされる葬儀の形態であることから、故人との別れをしっかりとした儀式で行い、たくさんの方に最後のお別れに参列していただくことができます。

ただし、それだけ規模を大きく実施することとなりますので、葬儀の形態の中でも最も費用が高くなる葬儀の形式となります。

一日葬

一日葬という葬儀形態をご存知の方はあまり多くはないかもしれません。
最近増えてきた葬儀の形態の一つであり、小さな葬儀として選択される方もいらっしゃる葬儀の形態です。

以下で、一日葬の葬儀規模や葬儀内容について解説していきます。

一日葬の葬儀規模

一日葬は小さな葬儀に分類される葬儀の形態であり、その規模はあまり大きくはありません。

一日葬で葬儀を行う場合、参列者としてお呼びする方は親族や親しい友人に限られることが多く、人数としても10人〜30人程度の小さな葬儀となることが一般的です。

一日葬の内容

一般葬では、通夜や告別式、火葬などの儀式を二日に分けて実施するのが一般的であるのに対し、一日葬は告別式と火葬のみを一日で行う葬儀形式です。

あまり大きく葬儀を実施したくはないが故人との別れはしっかり行いたい、といった方に選ばれている葬儀の形態です。

限られた参列者で火葬と告別式のみの葬儀となりますので、一般葬に比べて費用を安く抑えることができます。
ただし、あまり認知されていない葬儀の形態ですので、ご親族の方などの関係者に葬儀として認めてもらえないこともありますので、事前によく相談することが重要です。

直葬・火葬式

葬儀の中で最もシンプルな形態となるのが、直葬・火葬式です。
近年の様々な社会的背景から、直葬・火葬式を選択する方が増えてきています。

以下では、直葬・火葬式の規模や内容について解説していきます。

直葬・火葬式の葬儀規模

直葬・火葬式は、一日葬と同様、葬儀規模は小さな葬儀の分類となります。
参列者の人数としては、少ない場合で5人程度、多くても10人程度が一般的です。

基本的には遺族と親族のみで行われる場合がほとんどです。

直葬・火葬式の内容

直葬・火葬式は、通夜や告別式などの儀式は行わず、火葬のみで葬儀とする形態です。

参列者が少なく、様々な儀式を行わないことから最も費用が抑えられ、多くの参列者に気を使わなくて済む分、気持ち的にも楽な葬儀の形態といえます。

ただし、告別式などを行いませんので、故人との別れにたくさんの時間を割くことはできません。
実施後に後悔しないためにも、費用面だけを考慮するのではなく、儀式を行わない面をしっかり考慮することが重要となります。

家族葬の流れとは?

葬儀

では、家族葬は当日、どのような流れで進めることとなるのでしょうか。

当日の流れを具体的に把握していることでイメージがわきやすく、事前の準備を進める際にもスムーズにいきます。
以下で、家族葬の流れについて説明します。

家族葬の流れ

家族葬の流れは基本的に一般葬と同じ流れとなります。
具体的には以下のような流れで葬儀が進行していきます。

  • 病院からの搬送

    亡くなった後、ご自宅にご遺体を運ぶ際には寝台車を手配します。
    寝台車は基本料金と距離に応じた費用が発生しますので、葬儀社などに事前に相談してみるとよいでしょう。

  • ご遺体の安置

    病院から運ばれたご遺体をご自宅に安置することとなります。
    従来はご自宅に安置することが基本でしたが、最近では葬儀社で安置所を用意している場合があります。
    ご自宅にスペースがないなど、安置できない場合には葬儀社に相談してみてください。

  • 通夜

    家族葬の場合、ご遺族やご親族と相談したうえで通夜を行わない場合もあります。
    参列者が限定される葬儀形態ですので、事前によく相談のうえ通夜を実施するか検討してみるとよいでしょう。

  • 告別式

    家族葬では、参列者が家族や親しい友人に限られるため、一般葬よりも気を使わず告別式を執り行うことができます。
    また、家族葬では、香典などは辞退することが一般的です。

  • 火葬

    葬儀社が一通りの手続きや火葬場とのやり取りを行なっているため、特別な手続き等は必要ないことが一般的です。
    葬儀社によっては火葬場を所有している場合もありますが、公営の火葬場を利用することがほとんどでしょう。

  • 納骨

    納骨に際しては埋葬許可証を、遺骨を納めるお寺に渡し納骨していただきます。
    埋葬許可証は、火葬が終わると火葬場にて渡されますので、忘れずに受け取るようにしましょう。

家族葬の司会者は誰がやる?

通夜や告別式では、それぞれ儀式を進めるうえで司会をたてることとなります。
家族葬においては、どのような葬儀規模でどのような葬儀の内容にするかによって司会者をお願いする方が違ってきます。

ある程度の規模の葬儀で、遠方からも親族が参列するような場合には、葬儀社に依頼することでプロの司会者に進行をお願いできます。
逆にあまり大きな規模ではなく、家族や親族のみで行う場合には、親族に依頼することとなります。

家族葬として実施する葬儀の規模や参列者の人数を考慮しつつ、誰に司会を依頼するかを事前に検討しておくとよいでしょう。

家族葬にかかる費用・内訳

お金

家族葬を執り行うためにはどのくらいの費用がかかってくるのでしょうか。
家族葬を検討するうえでも、どのような項目にどのくらいの費用がかかるのか把握することは非常に大切です。

以下では、家族葬にかかる費用について解説していきます。

家族葬にかかる費用

家族葬にかかる費用の相場としては、約60万円〜150万円程度とされています。
参列者の人数や葬儀内容によっても金額が異なってくるので、費用の相場には幅があります。

なお、家族葬にかかる費用については、以下のリンク先に詳細な記事を用意しています。
費用の内訳や支払い方法についてもご紹介していますので、ぜひ、ご参照ください。

家族葬の費用の内訳

家族葬にかかる費用の内訳は、大きく分けると、葬儀一式にかかる費用、飲食にかかる費用、寺院関連の費用に分けられます。

最も大きな割合を占める葬儀一式にかかる費用は、通夜や告別式、火葬などの葬儀全般に必要となる費用です。
葬儀を豪華な内容にするかどうかによって金額が異なってきます。

飲食にかかる費用は、参列者に振る舞う食事や飲み物にかかる費用です。
家族葬では、参列者が限定され少人数となる場合が多いことから、一般葬と比べて飲食費は安くなる傾向にあります。

寺院関連の費用は、僧侶やお寺にお渡しするお布施です。
宗教や宗派、寺院などによっても金額が異なることから、事前に確認しておくと良いでしょう。

家族葬は一般葬より安い?

家族葬は、一般葬と比較して参列者が少ない分、費用が安く抑えられる傾向にあります。
しかし、必ずしも安くなるケースだけではありません。

以下で、一般葬にかかる費用を確認しつつ、家族葬の費用が一般葬より高くつく場合についても解説していきます。

一般葬にかかる費用

一般葬にかかる費用は、全国的な平均で200万円前後といわれています。
一般葬ではたくさんの参列者をお呼びすることから、飲食にかかる費用が高くなる傾向にあります。

また、一般葬で葬儀を行う場合、葬儀自体も豪華なものになる場合が多く、全体的な費用は高くなる傾向にあります。

一般葬にかかる費用についても詳細な記事を用意しています。
以下のリンク先についても併せてご参照ください。

一般葬より高くつく可能性も

家族葬では、一般葬と比べて参列者が限定され少なくなることから、費用がその分抑えられ、一般葬よりも安いという印象が強いです。
しかし、一般葬ではたくさんの参列者が参列するため、参列者の人数の分の香典を受け取ることとなります。

受け取った香典を葬儀費用に充てると考えると、参列者の少ない家族葬の方が、一般葬よりも実際に負担する費用の額が高くなる可能性も十分にあります。

額面の費用でお悩みの方は、家族葬と一般葬を実際に負担する費用で比較することが重要となります。

家族葬の規模に関するまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。

今回、「終活ねっと」では、家族葬の規模に関して詳しく解説してまいりました。
今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 家族葬の規模は、故人や遺族の希望を最優先で決定すべきである。

  • 家族葬に呼ぶ範囲に決まりはないが、後々のトラブルを避けるため、周囲にしっかりと配慮することが重要。

  • 家族葬の平均参列者の人数は10人〜30人程度。
    家族葬を行う施設によっても規模は変わってくるので、どのような施設で実施するかも十分検討する必要がある。

  • その他の葬儀形態としては、一般葬、一日葬、直葬・火葬式がある。
    一般葬が最も規模の大きい葬儀形態となっており、一日葬や直葬・火葬式は小さな葬儀として規模は非常に小さい葬儀形態となっている。

  • 家族葬の流れは、病院からの搬送から始まり納骨までを行う、基本的には一般葬と同じ流れである。
    家族葬の司会者は、基本的には親族に依頼するが、規模が大きい場合には葬儀社に依頼することもある。

  • 家族葬にかかる費用は、60万円〜150万円程度が相場となっている。
    一般葬が200万円前後の相場となっていることと比較して、家族葬は比較的安価に葬儀を行うことができる。
    ただし、家族葬の方が費用が高くなるケースもあるので注意が必要。

今回の記事を参考に、家族葬の規模感を掴んでいただき、家族葬を検討する際の材料にしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

家族葬についての、参列者の範囲やマナーについてご紹介している記事も用意しています。
今回の記事と併せて、以下のリンク先の記事もご参照ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事