葬儀場での服装とは?葬儀に参列する際の服装や面会の場合も解説!

葬儀は突然起きてしまうこともありますので、事前に準備しておくのは難しいと思います。 「喪服は用意できていないけど葬儀場でどんな服装で行けばいいのだろう」と疑問を持っている人へ、今回は葬儀場での服装について調べてみました。

目次

  1. 葬儀場での服装について
  2. 葬儀に参列する際の服装
  3. 葬儀場の安置所に面会する際の服装
  4. 葬儀場に宿泊する場合
  5. 葬儀場での服装についてまとめ

葬儀場での服装について

葬儀

喪服は、葬儀に参加する時に着る礼服です。

葬儀場での服装は喪服で行くのがマナーですが、喪服にも様々な種類があり、平服を指定されることもありますが、一般的な喪服との違いに疑問を持つのではないでしょうか。
喪服をまだ購入していない時に急な葬儀の予定できてしまったり、様々な事情で喪服を用意できなくて、代わりの服装はどんなものがいいのか困った時はありませんか。

葬儀場はとくに服装のマナーはいつも以上にきちんとしておきたいと思うでしょう。

今回終活ねっとでは、葬儀場での服装について解説していきます。

  • 葬儀場に参列する際は平服か喪服か?

    ご遺族・親族側と参列者の服装の違いを紹介します。

  • 喪服の男女・子供の違いは?

    男女・子供それぞれの喪服を紹介します。

  • 平服で葬儀場に行く際の注意点

    参加して良い平服とやめた方が良い平服を説明します。

  • 安置所に面会する際も喪服がいいのか?

    葬儀場の安置所に面会する際の男女それぞれの服装を説明します。

  • 葬儀場に宿泊する際の服装と注意点

    宿泊することになった時に持って行く服や気を付ける点を紹介します。

以上の項目で解説していきます。
ふさわしくない服装で恥ずかしい思いをしてしまわないように、是非最後までお読みいただき、参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀に参列する際の服装

葬儀

喪服とは、喪に服することを表すための礼服です。

以前は喪服は喪主・ご遺族・親族が着るもので、参列者は平服でも問題ありませんでした。
近頃は参列者も喪服を着るのが一般的になってきたので、喪服の着用が無難です。

しかし、仕事を終えて着替える時間がなくそのまま駆けつけたり、急な葬儀で準備できない人もいますので、平服や私服でも非常識ではありません。
その場合には、なるべく地味な格好を心掛けることが肝要です。

基本的な心構えを意識しつつ、男性・女性・子供に分けて葬儀場での具体的な服装について解説します。

男性

喪服を着る場合は、黒い無地のスーツで上下違いの服装は控えましょう。

下に着るワイシャツは黒ではなく白です。
ネクタイは基本的に無地の黒で、ネクタイピン装飾とみなされるは着用しない方が無難です。
靴は光沢感がないシンプルなデザインの黒い靴にしましょう。

以前は礼服を着用するのが基本でしたが、現在は黒を基調としたブラックスーツを着用するのが主流となっています。

男性の礼服は、下が斜めに切れて後ろに長い黒い上着のモーニングコート、タキシードなどのスタイルが多かったようです。

女性

女性で喪服を着る場合は、ブラックフォーマルという黒・濃紺などの無地で、スーツに近いデザインとなっています。

ワンピースのタイプを着る場合は、黒いストッキングを履き、靴は光沢感や柄などがない黒い靴を履きましょう。
バッグは金具なしのシンプルなデザインが良いです。

葬儀の時に涙を流してしまう時があると思います。
その時に持って行くハンカチは無地で黒か白にしましょう。

和装を着る場合は、黒無地で染め抜き五つ紋の入った、羽二重の着物です。

着物の上から巻く帯も黒色にしましょう。
お祭りなどに着るような花柄などは控え、無地を選んでください。

着物の下着になる半襟は白色が良いでしょう。
黒色でも問題ありませんが、白色の方が一般的です。

足袋も無地で白色にしましょう。
お祭りのように素足で行くのは葬儀場にふさわしくありません。
草履は黒で、洋装と同じ光沢感がないものを選びましょう。

子供

子供の正式礼装は制服で、学校の制服であれば問題ありません。
制服がない場合は、黒・紺・グレーなどの地味な色の服装を着せましょう。

シャツとブラウスは白で花柄のレースなどはないシンプルなものを、靴下と靴とハンカチは黒か白で、キャラクターが描かれているものなどはふさわしくありません。

赤ちゃんにもできるだけ飾りのない服を着せましょう。

葬儀場の安置所に面会する際の服装

葬儀

喪服はお通夜・葬儀場・告別式での服装になります。
安置所に面会する際の服装のマナーはとくにないため、平服でも構いません。

ですが、Tシャツで半ズボンでサンダルなど、ラフな格好などで行くのは遠慮し、華美でない普段着で行ってください。

いくら面会での服装のマナーはないとはいえ、失礼のないようにしていくために、男性と女性それぞれの服装のおすすめや注意点などを見ていきましょう。

男性

スーツでなくても問題ありませんが、黒・紺色・濃灰色などの地味な色の服を着ましょう。
デザインもできればイラストなどがない、無地のものを着て行くのがおすすめです。

女性

女性もスーツでなくて構いません。
ワンピース、パンツどちらでも大丈夫です。
胸の谷間が見えるような肌の露出や、ヒョウ柄などの派手なデザインの服装は控えましょう。

男性にも言えることですが、キラキラしたアクセサリーは外しましょう

葬儀場に宿泊する場合

葬儀

故人が亡くなった後、お通夜を行います。

亡くなられた故人の家でお通夜を行うのが一般的ですが、葬儀場でお通夜を行うことになる場合もあり、そうなった際は、葬儀場で宿泊することになります。

ですが、宿泊できる葬儀場とできない葬儀場がありますので、もしその葬儀場が宿泊できない場合はホテルで宿泊することになるでしょう。

喪服の着換えを持っていきましょう

葬儀場は宿泊できる部屋があってもお風呂やシャワーはない為、宿泊する際は、着替えや歯磨き道具などを持って行った方がおすすめです。

喪服やスーツのままお休みになられる人も多いと思いますが、喪服やスーツだと汚れたりシワがついたりしてしまうので、寝間着や喪服の着替えも用意しておいた方が良いです。

葬儀場に行くときの服装は平服?

派手すぎたり、過度なアクセサリーをつけたりしなければ、平服でも問題ありません。

宿泊できる葬儀場には着替えができる控え室がありますので、そこで着替えることができます。

葬儀場での服装についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀場に行く際の服装を調べてみまして、以下のようにまとめてみました。

  • 葬儀場では喪主・親族側は必ず喪服を着ましょう。
  • 参列者は喪服でなくても問題ありませんが、なるべくスーツなどそれに近い平服で行きましょう。
  • 喪服はお通夜・葬儀場・告別式での服装なりますので、安置所での面会と宿泊する際の服装は平服でも問題ありません。
  • 平服で行く際は、派手な服装・短パンなどの肌の露出・キラキラしたアクセサリーはやめましょう。

身内の人や親族などの終活なんて縁起でもない事だと思いますが、人はいつ亡くなるのか誰にも自分にも分かりません。

思わぬことで急に亡くなってしまった後の遺族の事を考えると、事前に葬儀の準備や自分のお墓の準備はしておいた方が良いのかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀場・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀場・服装」についてさらに知りたい方へ

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

お盆にはどんな服装をすればいいの?初盆の際の服装についてもご解説のサムネイル画像

お盆にはどんな服装をすればいいの?初盆の際の服装についてもご解説

四十九日の女性の服装マナーについて解説!アクセサリーの注意点までのサムネイル画像

四十九日の女性の服装マナーについて解説!アクセサリーの注意点まで

身内だけの場合の四十九日の服装マナーについて徹底的に解説します!のサムネイル画像

身内だけの場合の四十九日の服装マナーについて徹底的に解説します!

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!のサムネイル画像

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!のサムネイル画像

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀場・服装」についてさらに知りたい方へ

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと