通夜や葬儀なしの葬儀、直葬とは?流れやメリット・デメリットを紹介

一般的な葬儀は通夜や告別式を行いますが、それらをなしにした葬儀である直葬というものを知っていますか?通夜や葬儀なしの直葬とはどのような葬儀なのでしょうか?葬儀の流れやメリット、デメリットなどについて解説します。

目次

  1. 葬儀なしの直葬について
  2. 通夜も葬儀も無しの直葬とは?
  3. 直葬(火葬式)の葬儀の流れ
  4. 直葬の葬儀のメリット・デメリット
  5. 直葬の葬儀にかかる費用
  6. 葬儀なしの直葬の服装
  7. 葬儀なしの直葬のまとめ

葬儀なしの直葬について

葬儀

日本で最もよく見られる葬儀は、故人が亡くなった後に通夜や告別式を行う仏式の葬儀ですが、通夜や告別式を行わない「直葬」という葬儀があります。
あまり知られていない直葬ですが、人によっては大きなメリットがある葬儀である一方、デメリットもあります。

そこで今回終活ねっとでは、通夜や葬儀なしの葬儀である直葬について、その流れやメリット・デメリットなどを含め、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • そもそも通夜も葬儀もなしの直葬とはどのような葬儀?

  • 直葬の流れはどうなっている?

  • 直葬のメリットとデメリットは?

  • 直葬にかかる費用はどれくらい?

  • 直葬を行う場合の服装はどうすればいい?

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

通夜も葬儀も無しの直葬とは?

困った人々

そもそも通夜も葬儀もなしの直葬とはどのような葬儀なのでしょうか?
直葬とは、その名の通り通夜や葬儀などを一切行わずに火葬のみを行う葬儀のことを指します。
そのため、読経や弔電の紹介など、一般的な葬儀では行われることも直葬ではなしということになります。

また、参列者はあまり呼ばず、ご遺族やご親族などの身内で行われる場合が多いです。
そのため、直葬は小規模の葬儀になる場合が多いのです。

直葬(火葬式)の葬儀の流れ

葬儀

では直葬の流れについて解説します。
通夜も告別式もなしなので流れは非常にシンプルなものになります。

臨終

故人が亡くなったあと、葬儀業者に連絡をして、ご遺体を安置する準備に入ります。
病院で亡くなった場合は死亡診断書を発行してもらってから連絡をします。

安置

直葬は火葬のみを行う葬儀形態ですが、故人が亡くなってからすぐに火葬をすることはできません。
法律では、亡くなった人を24時間以内に火葬することはできないと決まっているからです。
そのため、ご遺体は葬儀業者が手配してくれる寝台車に安置します。

その後、寝台車は火葬場の霊安室や葬儀業者によって保存・管理されます。
ドライアイスなどは葬儀業者が用意してくれるので、特に心配しなくても大丈夫です。

葬儀社との手続き

葬儀業者と葬儀について打ち合わせを行います。
ここで葬儀の日時や場所などが決まります。
直葬が初めてで流れなどがよく分からず心配だという人は、葬儀業者にわからないところを聞いておきましょう。
当日になってトラブルになるのは避けるべきでしょう。

また、この打ち合わせで火葬に必要な手続きなどは葬儀業者がすべて行ってくれます。
死亡届の提出や火葬許可書の申請なども行ってくれるので、個人的に書類を提出したりする必要はありません。

納棺

納棺の儀式を行います。
納棺の際は献花を行います。
お花以外にも、故人の好きだったお茶菓子や手紙などを一緒に入れることもできます。
ですので故人が生前好きだったものを一緒に入れてあげるといいでしょう。

細かな指示は当日に葬儀業者から受けることになります。

お別れ

火葬場の前で故人との最後のお別れを行います。
お別れの儀式では献花や黙祷などが行われます。

直葬ではこれが故人に会える最後の機会となります。
ご遺族が望むのであれば、お別れの際に故人の好きだった音楽を流すなどの演出を取り入れることもできます。

火葬

お別れの儀式が終わったら火葬になります。
火葬には1時間~2時間程度かかります。
火葬をしている間は控え室で待機し、お茶菓子や食べ物などが振舞われます。
故人との思い出話などをお話しながら故人を偲ぶといいでしょう。

また、火葬終了後にはお骨上げを行います。
一般の葬儀だとお骨上げが終わると告別式になりますが、直葬では告別式はなしとなっているので、そのまま葬儀が終了となります。

以上が直葬の流れになります。
一般的な葬儀と比べてもかなり短縮された形になっているのがわかると思います。

直葬の葬儀のメリット・デメリット

葬儀

全く新しい葬儀方法である直葬ですが、当然メリットもあればデメリットもあります。
直葬のメリット・デメリットをよく知らないで葬儀を行ってしまうと、葬儀当日や葬儀後にご遺族同士でトラブルになってしまう可能性もあります。
直葬は事前にメリットとデメリットをよく理解した上で、身内で話し合ってから行うようにしましょう。
では、具体的に直葬のメリット・デメリットを見ていきましょう。

直葬のメリット

まずはメリットから解説していきます。
直葬のような小規模の葬儀ならではのメリットがたくさんあります。

葬儀費用を抑えられる

直葬の一番大きなメリットが、葬儀の費用を抑えられるということです。
前述の通り、直葬には通夜も告別式もないので、そういった費用もすべてなくすことができます。
通夜や告別式には読経などがありますが、直葬では読経がないため、戒名料やお布施代も一切かかりません。

また、葬儀後に行われる会食や振る舞いもないため、食べ物代や飲み物代も全くかかりません。
告別式などの会場自体を使わないので、会場費もかかりません。
一般的な葬儀をすると結局色々なことにお金がかかってしまいますが、直葬ではお金があまりかからないので葬儀にかかる費用を抑えたいという人にはおすすめできる葬儀形態になっています。

香典がない

直葬では一般の参列者はほとんど参列しないため、香典もほとんど送られることはありません
そのため、葬儀後に香典返しをする手間が省けます。
香典返しにはお茶菓子を選んだり、香典返しをする人数を確認したりと手間がかかりがちですが、直葬では香典に関する手間を省くことができるのです。

香典としてもらうことができるお金はなくなってしまいますが、葬儀自体にあまりお金がかからないため、金銭面に関しても大きな問題ではないと思います。

小規模で済ませられる

直葬はご遺族やご親族等の身内のみで行う場合がほとんどなので、葬儀を小規模で済ませることができます。
規模が小さくなる分、葬儀にかかる費用も抑えられるということになります。

また、参列者がほとんどいないということは、参列者への気遣いなども必要ないということです。
一般的な葬儀では参列者への対応なども行いますが、思ったより体力的に疲労することが予想されます。
体力的な面でも安心して葬儀を行うことができると言えるでしょう。

直葬のデメリット

続いては直葬のデメリットについて紹介します。
直葬にはメリットもたくさんありますが、一方でデメリットもよく理解しておく必要があります。
トラブルを避けるためにも、前もって確認しておきましょう。

十分なお別れができない

直葬では通夜や告別式などがなしのため、故人と十分なお別れをする時間がないというデメリットがあります。
それぞれの宗派に則った葬儀ができないため葬儀がすぐに終わってしまい、見送った実感がないということになりかねません。
直葬を行った人の中には、あまりの葬儀のあっけなさゆえ、葬儀を行ってから後悔するという人もいます。

故人を見送る時は本当に直葬でいいのかということはご家族全員でよく話し合って決めたほうがいいでしょう。
特に故人をどのように見送るかということと、金銭的な面を中心に相談するようにするといいと思います。

親族などの同意がされにくい

直葬は一般的な葬儀とはかなり違った葬儀なので、親族の同意を得ることが難しいというデメリットがあります。
親族としてもやはり慣れ親しんだ葬儀の方がやりやすいと思うのは当然ですし、そのほうが安心して故人とお別れできるという気持ちもあると思います。
直葬を行う目的や流れなどをきちんと説明し、周囲の理解を得てから直葬を行うようにしましょう。

また、親族以外にも一般の参列者から理解されないこともあります。
直葬では基本的に一般の参列者は参列しないので、「葬儀に参列したかったのにできなかった」ということからトラブルにつながるケースもあります。
一般の参列者にも事前にきちんと説明し、理解を得る必要があります。

菩提寺との関係

一般的には先祖代々お世話になってきたお寺の僧侶に読経などを行ってきてもらった場合は、これからもそのお寺にお世話になることがほとんどです。
しかし、通夜や告別式なしの直葬では読経も行われないため、お寺にお世話にならずに葬儀を行うことになります。

葬儀後に納骨だけお願いしても、葬儀に呼ばれなかったお寺側としては納得いかないと思う場合が多いでしょう。
そうなると、「もう一度葬儀をやり直してください」と言われてしまったり、「今回は納骨はできません」と言われてしまう可能性があります。
このように、菩提寺との関係性が少し悪くなってしまう可能性があることを考慮しなければなりません。
もし直葬を行う場合は菩提寺にも事前に連絡をしておくといいでしょう。

また、お世話になってきたお寺のお墓には入れないとしても、公営や民営の墓地・霊園などでは宗派に関係なく納骨を認めている場所もあります。
ですのでお墓に関してはさほど心配しなくても大丈夫でしょう。

直葬の葬儀にかかる費用

お金

通夜や告別式なしの直葬は費用が抑えられると解説しましたが、具体的にどれくらいの費用になるのでしょうか?

直葬では全国的にみて平均20万円前後の費用がかかると思われます。
通夜や告別式を行う一般の葬儀は150万円~200万円程度かかってしまうので、そう考えるとかなり費用が抑えられています。

直葬にかかる費用は主に火葬場の利用料ですが、火葬場は民営のものを使うか公営のものを使うかで費用は変わってきます。
費用をさらに抑えたいなら公営の火葬場を利用することをおすすめします。
公営の火葬場は民営の火葬場に比べて費用が安くなる場合が多いですが、その地域に住んでいる場合に限ります。
自分の住んでいる地域に公営の火葬場があるなら、ぜひ利用しておきましょう。

葬儀の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。
以下の記事では、葬儀の費用について、費用の内約や費用を抑える方法も紹介しています。
ぜひこちらも合わせてお読みください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀なしの直葬の服装

葬儀

葬儀なしの直葬の服装はどのような服装にすればいいのでしょうか?

直葬では基本的に一般的な礼服とされる服装で問題ありません
男性ならブラックフォーマルスーツ、女性ならワンピース、アンサンブルなどで大丈夫です。
また、葬儀では目立った金具がついている靴などは避けたほうがいいでしょう。
葬儀で光るものは好ましくありません。

ただ、直葬は火葬を行うだけで、葬儀を行うわけではないので過度に気をつけすぎる必要はありません。
例えば黒無地のネクタイがなかった場合は、紺やグレーのネクタイで代用することもできます。

葬儀なしの直葬のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、通夜や葬儀なしの葬儀である直葬について、流れやメリット・デメリットを紹介しました。
今回の記事の内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 直葬とは通夜や告別式がなしで、火葬のみを行う葬儀形態である。

  • 直葬は、ご遺体の安置後、葬儀社との打ち合わせを経て納棺、お別れ、仮想という流れになっている。

  • 直葬には小規模で済ませられるため、費用が抑えられるというメリットがある。

  • 一方、故人との十分なお別れの時間がなかったり、菩提寺との関係性が悪くなる可能性があるなどのデメリットもある。

  • 直葬にかかる費用は20万円程度となっている。

  • 直葬に参列する際の服装は、一般的な喪服で問題ない。

通夜や告別式がない直葬は主に金銭面でのメリットが非常に大きいですが、周囲に理解を得るのが難しいといったデメリットもあります。
故人にとってはどのように葬儀を行うのが一番いいのかをじっくり考え、全員が納得した上で直葬を行うようにしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「葬儀・なし」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・なし」についてさらに知りたい方へ

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介

通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介のサムネイル画像

通常の葬儀とは違う、直葬の納骨の流れを解説!費用やメリットも紹介

直葬ってどんな葬儀?葬儀の流れや納骨方法、香典や戒名について解説のサムネイル画像

直葬ってどんな葬儀?葬儀の流れや納骨方法、香典や戒名について解説

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説のサムネイル画像

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

通夜無しの葬儀とは?一日葬・直葬の相場価格や特徴についてご紹介のサムネイル画像

通夜無しの葬儀とは?一日葬・直葬の相場価格や特徴についてご紹介

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・なし」についてさらに知りたい方へ

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと