葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

葬儀の費用はできるだけ安く済ませたいところですが、いざ葬儀を行うと結構なお金がかかってしまいますよね。しかし、実は葬儀代を安く済ませることができる方法がいくつかあるのです。今回は葬儀代を安くする方法を、ほかの葬儀と比較しながら紹介します。

目次

  1. 葬儀を安く済ませることについて
  2. 一般的な葬儀の流れ・費用は?
  3. 葬儀を安く済ませるためには?
  4. その他葬儀費用を抑える方法
  5. 葬儀を安く済ませることのまとめ

葬儀を安く済ませることについて

葬儀

一般的に葬儀を行うと、会場の費用や読経代、飲食代など、様々な面でお金がかかります。
それもなかなか高額になることが多いため、なんとかして安く済ませられないだろうかと考えている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、葬儀代を安くする方法を家族葬などを一般の葬儀代と比較しながら、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 一般的な葬儀の流れと費用はどうなっているのか?
  • 葬儀の費用を抑える方法にはどのようなものがあるのか?
  • さらに葬儀の費用を抑える方法とは?

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

一般的な葬儀の流れ・費用は?

困った人々

まずは一般的な葬儀ではどれくらいの費用が必要になるのか、ということに加え、葬儀の流れについても見ていきましょう。
一般的な葬儀で必要な費用を知っておくと、どれくらい葬儀の費用を安くすることができるのかがわかりやすくなると思います。

一般的な葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れは以下のようになっています。

  • お通夜

    お通夜は故人が亡くなった翌日に行われます。
    お通夜では納棺、僧侶による読経、お焼香などが行われます。
    午後18時頃から始まる場合が多く、通常1時間程度で終了します。

  • 告別式

    告別式はお通夜の翌~数日後に行われ、故人との最後のお別れを行います。
    告別式では僧侶による読経、弔電の紹介、お焼香などが行われます。
    ご遺族やご親族の他、一般の参列者も多く集まります。

  • 火葬

    告別式が終わると、火葬となります。
    火葬の前に黙祷などを行い、お別れとなります。
    火葬には1~2時間程度かかるので、控え室で待機となります。

一般的な葬儀の費用

では、一般的な葬儀の費用はいくらくらいなのでしょうか?
一般的な葬儀の費用は、150万円~200万円程度となっています。
ただし、葬儀の内容や規模、地域によって多少値段は変動します。
費用の内約には、お通夜代、葬儀代、火葬代、読経代、戒名代、飲食代などが含まれます。

また、以下の記事では葬儀の費用やその内約、費用を安くする方法まで解説しています。
よかったら合わせてお読みください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀を安く済ませるためには?

困った人々

では、葬儀の費用を安く抑えるためにはどうすればいいのでしょうか。
一番大きな要素としては、葬儀の形式が挙げられます。
一般葬とは異なる家族葬・一日葬・直葬について説明致します。

家族葬

葬儀の費用を抑えるためにオススメの方法は、家族葬と呼ばれる葬儀を行うというものです。
一般的な葬儀よりは断然費用を安くすることができ、近年は家族葬を選ぶ人も増えてきています。
では、家族葬とは一体どのような葬儀なのでしょうか?

家族葬とは?

家族葬とは、その名の通りご遺族を中心に行う葬儀です。
一般的な参列者はほとんど呼ばず、身内のみで葬儀などを行います。
もちろん家族葬でも希望すれば親しい友人などを呼ぶことはできます。
参列者が少ないため葬儀の規模自体が小さく、結果として費用を安くすることができるというわけです。

また、家族葬ではほかの参列者の対応も少ないため、故人とゆっくりお別れの時間を過ごせるというメリットもあります。
体力的にも疲労が少ない葬儀にすることができるでしょう。

家族葬の流れ

家族葬の流れは基本的に一般的な葬儀とあまり変わりません
故人がなくなった翌日にお通夜を行い、告別式、火葬となります。
お通夜、告別式、火葬では一般の参列者を呼ばずに、全てご遺族が中心となって行います。

また、家族葬では故人とのお別れの時に、何か特別な演出をすることもできます。
例えば、故人の好きだった音楽を流すといったことなどができます。
葬儀に演出を取り入れたい場合は、事前に葬儀業者と相談しておきましょう。

家族葬にかかる費用

家族葬にかかる費用は、80万円~100万円程度です。
一般的な葬儀が150万円~200万円程度なので、費用がかなり抑えられているのがわかると思います。

また、さらに費用を抑えたい場合はお通夜で行われる通夜振る舞いや、告別式後に行われる精進落としなどをなくすという方法もあります。
葬儀となると、飲食費が思ったより高額だったということがあります。
一般の参列者をほとんど呼ばないので、ご家族同士で話し合って通夜振る舞いや精進落としを無しにするというのもできます。
詳しい金額については知りたい方は一度葬儀業者に相談してみることをおすすめします。

一日葬

次に一日葬という葬儀について解説します。
一日葬では、家族葬よりもさらに費用を抑えることができます。

一日葬とは?

一日葬とは、通常行われるお通夜を行わず、告別式だけを行うという葬儀です。
告別式だけを行うため、一日で終わることから一日葬と呼ばれています。
葬儀にかかる費用を抑えることができ、同時に時間もあまりかからないため、できるだけ手早く葬儀を行いたいという人におすすめできる葬儀です。

また、一日葬も一般の参列者をほとんど呼ばないため、ご家族などの身内で葬儀を行います。
家族葬からお通夜となくした葬儀と考えるとわかりやすいと思います。
もちろん、希望すれば参列者を呼ぶことができます。

一日葬の流れ

一日葬では、故人を納棺してからすぐに告別式を行うわけではありません。
納棺後は遺体を霊安室などに安置しておきます。
自宅に空き部屋などのスペースがあれば、自宅に安置しておくことも可能です。

一日葬では故人が亡くなった後日告別式が行われ、その後火葬となります。
これで葬儀が終わるため、一日で全ての葬儀が終了します。

一日葬にかかる費用

一日葬にかかる費用は、30万円~50万円程度です。
一般の葬儀や家族葬と比べてもかなり安くなっています。

一日葬は葬儀自体を行うのは一日だけですが、だからといって一日分の費用しか払わなくていいというわけではありません。
場合によっては葬儀の準備などの理由で施設を2日間に渡って使用することがあります。
その場合は費用は2日分かかってしまうので注意してください。

直葬(火葬式)

最後に直葬という葬儀について解説します。
直葬は葬儀の費用を抑える方法の中でも、最も費用を抑えることができる葬儀となっています。
しかし、費用が安く済む分気をつけなければならないポイントもいくつかあるので注意しましょう。

直葬(火葬式)とは?

直葬とは、お通夜も告別式もなしにして、火葬のみを行うという葬儀です。
そのため火葬式とも呼ばれています。
非常にシンプルな葬儀で、時間もあまりかかりません。
直葬も家族葬や一日葬と同様に、一般の参列者をほとんど呼ばず、家族などの身内のみで行われます。
小規模な上、火葬しか行わないので、費用はかなり抑えることができます。

直葬(火葬式)の流れ

直葬は火葬だけなのですぐに火葬できるのではないかと思った方もいるかもしれませんが、実際はすぐには火葬は行われません。
日本の法律上、死後24時間以内に遺体の火葬を行ってはいけないとされています。
そのため、一度納棺し、24時間経った後日に火葬が行われます。
納棺には霊安室や自宅を使うことができます。

ただ、あまりにも葬儀の時間が短いため、故人と最後の時間をゆっくり過ごせなかったという声もあるようです。
費用は抑えることができますが、あとになって「やっぱり普通の葬儀にしておけばよかった」と後悔しないように、しっかりと話し合った上で直葬を行うかどうかを決めましょう。

直葬(火葬式)にかかる費用

直葬にかかる費用は20万円~30万円程度です。
ここまで安い金額で葬儀を行うことができるのは、おそらく直葬だけでしょう。

一般の葬儀にかかる会場代や、飲食代などもほとんどかかりません。
もちろん僧侶による読経なども行われないので、お布施代や戒名代もありません。

家族葬の費用については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

その他葬儀費用を抑える方法

お金

ここからは葬儀にかかる費用を抑えるその他の方法を紹介します。
葬儀のやり方を変えて費用を抑える方法を紹介してきましたが、ここで解説するのは保険や給付金など、葬儀の形態を変えることなく費用を安くする方法です。
条件を満たせば多くの人が利用できる制度が多いので、利用しておくといいでしょう。

葬祭扶助制度を利用

葬祭扶助制度とは、葬儀を行う喪主が経済的な理由から費用を捻出することが難しい場合に受けることができる、給付金の一種です。
葬儀に必要なお金が足りない場合に、最低限の葬儀が行えるようにお金を給付してもらうことができます。

この制度を利用する場合は必ず葬儀を行う前に住んでいる地域の福祉事務所という場所で申請を行います。
給付できる金額には上限があり、地域によって差はありますが、15万円~25万円程度までと考えていいでしょう。

また、葬儀業者に葬祭扶助を依頼することもできますが、事務的な手続きが多く、あまりやりたがらない業者が数多くあります。
無理に頼むと業者とトラブルになりかねないので、できれば自分で行うことをおすすめします。

葬儀の生前予約

葬儀の正前予約では、実際に葬儀をやることになった場合の費用を具体的に見積もっておくことができます
生前に一緒に葬儀プランについて話し合うことができるので、故人が望む葬儀を行える点も魅力の一つです。

費用を具体的に見積もっておくことで、前もって費用を準備しておくこともできます。
加えて、費用を抑えたい場合は会食をなくしたり、家族葬にしたりといったことを故人と生前に話し合っておくことができます。

葬儀後の金銭トラブルを回避するためにも、是非とも利用しておきたいですね。

葬儀保険

葬儀保険とは、少額短期保険とも呼ばれ、葬儀の際に保険金を受け取ることができる制度です。
簡単な審査はありますが、たいていの場合は問題なく通ると思われます。
少額短期保険と呼ばれることもあって、保険期間は1年~2年程度の短い期間の保険となっています。
死亡した際に降りる保険金は1人につき300万円以下となっています。
また、毎月の保険料は1000円程度となっており、加入のハードルが低い点もメリットと言えるでしょう。

この保険を特におすすめしたい人は、60歳以上で生命保険に加入していない方です。
生命保険は保険料が高く、高齢になると加入するのに抵抗がある人も多いと思います。
しかし葬儀保険なら保険料も安く、短期間であるため、加入しやすい保険となています。

葬儀を安く済ませることのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、葬儀代を安くする方法を、家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介しました。
今回の記事の内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 一般的な葬儀は、お通夜、告別式、火葬という流れになっており、150万円~200万円程度の費用が必要となる。
  • 家族葬では遺族を中心とした小規模の葬儀を行う。
    費用は80万円~100万円程度となっている。
  • 一日葬ではお通夜を行わず、遺族を中心とした小規模な葬儀を行う。
    費用は30万円~50万円程度となっている。
  • 直葬ではお通夜も告別式も行わず、火葬のみを行う。
    費用は20万円~30万円程度となっている。
  • その他の葬儀費用を抑える方法として、葬祭扶助制度を利用する、葬儀の生前予約を行う、葬儀保険に加入するといったものがある。

一般的な葬儀よりも費用を抑えることができる葬儀や、制度について解説しました。
今回の記事で解説した家族葬や一日葬、直葬にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
あまり深く考えずにこういった葬儀を行ってしまうと、想像していたものと違った場合に後悔する原因となったり、周囲とトラブルになる可能性も捨てきれません。
事前によく調べた上で葬儀を行うようにしましょう。

終活ねっとでは他にも葬儀代を安くする方法について解説している記事を多数掲載しています。
よかったら合わせてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

「葬儀・安く」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・安く」についてさらに知りたい方へ

一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説のサムネイル画像

一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説のサムネイル画像

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

葬儀費用が払えない場合の対処法とは?補助金や費用を抑える方法までのサムネイル画像

葬儀費用が払えない場合の対処法とは?補助金や費用を抑える方法まで

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!のサムネイル画像

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!

通夜や葬儀なしの葬儀、直葬とは?流れやメリット・デメリットを紹介のサムネイル画像

通夜や葬儀なしの葬儀、直葬とは?流れやメリット・デメリットを紹介

葬儀費用は誰が支払う?支払う可能性のある人や費用を抑え方も解説!のサムネイル画像

葬儀費用は誰が支払う?支払う可能性のある人や費用を抑え方も解説!

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介のサムネイル画像

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・安く」についてさらに知りたい方へ

一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説のサムネイル画像

一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説のサムネイル画像

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

葬儀費用が払えない場合の対処法とは?補助金や費用を抑える方法までのサムネイル画像

葬儀費用が払えない場合の対処法とは?補助金や費用を抑える方法まで

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと