葬儀場と斎場の違いとは?公営・民営斎場の違いやメリットなどを紹介

葬儀場と斎場の違いとは?公営・民営斎場の違いやメリットなどを紹介

葬儀を行う場所として最近多くの方に利用されている施設に葬儀場や斎場が挙げられます。ところで、葬儀場と斎場にはどのような違いがあるのでしょうか?一見異なった点のない両者ですが、実はれっきとした違いがあります。葬儀場と斎場の違いを理解しておくと便利でしょう。

2020-02-09

葬儀場と斎場の違いについて

葬儀

一昔前までは葬儀を行う会場として多く使われていた場所として、ご自宅やお寺などがあります。
しかし、最近では葬儀産業の発達もあって、ご自宅やお寺などに加えて、葬儀専用の施設である葬儀場や斎場が多く建てられるようになってきました。

そして、現在では葬儀場や斎場を使って葬儀を行うという場合も多く見られます。

このように知名度が増してきている葬儀場や斎場ですが、この2つの施設には一見すると目立った違いというものが感じられません。

しかし、実は葬儀場と斎場にはれっきとした違いが存在します。
そして、両者の違いをきちんと理解しておくと、葬儀の段取りの際に便利です。

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀を行う場である葬儀場と斎場の違いについて詳しく見ていきます。

  • 葬儀場と斎場の違いとして、どのような点が挙げられるなのか?

  • 公営斎場と民営斎場の違いと、それぞれが持つ特徴とは?

  • 斎場で葬儀をするメリットとは?

  • 斎場で葬儀をするデメリットとは?

万一に備えて葬儀の会場について考えておきたい方にとって非常に役立つ知識が豊富ですので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀場と斎場の違いとは?

葬儀

近年になってどの地域でも多く建てられたり、利用されたりするようになってきた葬儀場と斎場ですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、葬儀場と斎場の主な違いについて、それぞれの特徴も踏まえながら詳しく見ていきましょう。

大きな違いは火葬場があるかないか

葬儀場と斎場は一見すると非常によく似ていて、さほど違いがないように見えますが、実はれっきとした大きな違いがあります。
それが、火葬場があるかどうかという点です。

つまり、通夜も含めて葬儀・告別式を行うことができるうえ、火葬までも行うことができる施設を「斎場」といいます。

これに対し、あくまでも通夜と葬儀のみを行うことができる施設が「葬儀場」で、葬儀場で葬儀を行った場合は、火葬は火葬場まで車などで移動したうえで行うことになるのが一般的です。

葬儀場とは?

葬儀場とはどのような施設であるのかについてより詳しく見ていきましょう。
先ほども少し触れたように、葬儀場とは故人の葬儀を行うための施設のことです。

より具体的には、葬儀など儀式を行うための広間や葬儀後の会食を行う部屋などがあり、火葬以外の葬儀関係の行事を行うことができるようになっています。

なお、葬儀場と聞くと多くの方が「葬祭会館」や「セレモニーホール」をイメージする方が多いですが、ほかにも場合によっては故人のご自宅や公民館などの集会所、寺院も葬儀場といえるでしょう。

斎場とは?

斎場はもともと神道用語で、神道の儀式を行うための場のことを指していました。

葬儀関係については、死を穢れとみなす神道では神社で葬儀を行うことはタブーとされているため、別の場所に葬儀専用の場として斎場を設け、そこで葬儀を行うという慣習がありました。

時代が大きく進み、明治時代以降に火葬が一般化するようになると、全国各地に火葬場が整備されるようになっていきました。

そして、火葬場の方もご遺体の焼却技術が向上するにしたがって、単に火葬だけをする場ではなく、火葬に先立って葬儀までできるような施設・設備を伴うようになります。

やがて、これらの葬儀設備を伴った火葬場が「斎場」と名乗るようになって以来、火葬場を併設した葬儀場という意味の斎場が全国各地につくられるようになりました。

ただし、「斎場」を名乗っているところでも、実際には火葬場が併設されていないということもありますので、火葬場も実際にあるかどうかは事前に確認する必要があります。

ほかにも、斎場には会食のための設備や法要室などもある場合が非常に多く、様々な用途に使用することができるのも大きな特徴です。

公営斎場と民営斎場の違い・特徴とは?

困った人々

火葬場を伴った葬儀場という意味がある斎場ですが、運営主体によって大きく公営斎場と民営斎場とがあります。
公営斎場と民営斎場にはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、公営斎場と民営斎場のそれぞれの特徴を挙げながら、両者の違いについて見ていきましょう。

公営斎場の特徴

公営斎場とは、市区町村が運営主体となっている斎場のことです。
名前に「○○市立」や「○○区営」といったものを関していれば公営の斎場とみて間違いありません。

霊園でも公営霊園があるのと同じように、市民が納めた税金を元手に運営しているため利用料は非常に安いです。

また、役所の運営であることから、故人の宗教や宗旨(キリスト教やイスラム教、無宗教も含む)に関係なく利用できるという点もポイントといえます。

ただし、基本的には立地している地域の住民しか利用できない点や利用料の安さから予約が混雑しやすいというデメリットがあることも理解しておくべきでしょう。

民営斎場の特徴

一方、葬儀社や寺院(宗教法人)などが運営する斎場が民間斎場です。

設備面は公営斎場に比べると非常に立派であるうえ、公営斎場の場合と異なりどの地域に住んでいる方でも利用することができるという点がメリットとして挙げられます。

また、予約に空きがあることが多いため、急に葬儀を行うことになった場合に比較的簡単に押さえられる点もポイントです。

ただし、税金で運営されている公営斎場と異なり、利用料が高めであるという点はあらかじめ理解しておきましょう。

また、寺院が運営している場合は、運営主体の寺院の属している宗派以外の方が利用を断られる場合もあります。

斎場で葬儀をするメリット

葬儀

葬儀を斎場で行う場合は、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、斎場で葬儀を行うメリットについて見ていきます。

一つの施設で完結

葬儀を斎場で行うメリットとして最初に挙げられるのが、葬儀も火葬も1つの施設ですべて行うことができるという点です。

言い換えれば、葬儀場を利用した後に、別の場所にある火葬場に移動する必要がないため、移動手段を確保する手間や移動の時間については考えなくて良いということになります。

また、特に身体面で心配な方にとっても移動などでたいした負担がかからないという点も利点です。

様々な葬儀形態に対応

近年では一言で葬儀といっても、一般葬のほかに家族葬や火葬式といった様々な形態が見られるようになってきています。
その背景として、葬儀の簡略化や葬儀に対する考え方の変化は抜きにはできません。

斎場で葬儀を行う場合に、一般葬だけではなく家族葬などにも対応しているという点は大きなポイントです。

このため、火葬式のように火葬用の窯の前で行うだけのものから、一般葬や社葬といった大規模なものまでいろいろと行えるため、1つの斎場で選択肢の幅が大きく広がります。

アクセスがいいところが多い

ほかにも斎場はアクセスが良い場合が多いです。

具体的には、幹線道路沿いにあるなど、車でお越しの場合もほとんど迷わずに済みます。
また、駐車場の広さもメリットに数えられるでしょう。

また、斎場によっては送迎バスを運行していることもありますので、車を運転できないという方や身体面で問題を抱える方にとっても比較的利用しやすいです。

斎場で葬儀をするデメリット

困った人々

ここまで見てきたように、斎場で葬儀を行うメリットはいろいろとありますが、一方でデメリットがないわけではありません。

利用者が多く予約がとれない

斎場のデメリットとして最初に挙げられる点が、利用者の多さで予約が取れないというところです。

特に公営の斎場については、宗教・宗派に関係なく自由に利用できる点に加えて、利用料の安さのために非常に人気があるため、予約で埋まっている場合も多く見られます。

このため、斎場で葬儀を挙げる場合は、選択肢として公営斎場にこだわらない方が良いでしょう。

民営斎場の場合費用が高い

ほかにも、特に民営斎場については費用が高いという点もデメリットとして挙げられます。

民営斎場は先ほども見たように設備が充実している点やアクセスの良い立地にあるという点がメリットですが、その反面で設備の維持・管理に費用が必要とされるためです。

こちらについても、公営斎場も選択肢の1つに入れておくと、このデメリットを克服できる場合があるでしょう。

葬儀場と斎場の違いのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、葬儀の際によく利用される葬儀場と斎場の違いについていろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 葬儀場と斎場の大きな違いとして、火葬場があるかどうかという点がある。
    これは葬儀場とは単に葬儀をするための施設であるのに対し、斎場は火葬場が火葬技術の発達に伴い葬儀のための設備などを整えていった結果名乗るようになったためである。

  • 斎場には大きく分けて公営斎場と民営斎場とがある。
    公営斎場は自治体が運営する斎場で、利用料の安さや故人の宗教・宗派に関係なく利用できるというメリットがある。
    その反面、地域住民しか利用できない点や混雑しやすいといったデメリットもある。

    一方、民営斎場は葬儀社や寺院が運営する斎場で、施設や設備が充実している点や公営斎場に比べると予約しやすいメリットがある。
    その反面、利用料が高かったり、寺院運営の場合は宗教・宗派が限定されるデメリットがある。

  • 斎場を利用するメリットには、葬儀も火葬も1つの施設で完結するため移動の手間がかからないこと、一般葬や家族葬などさまざまな葬儀に対応していることが挙げられる。
    また、比較的アクセスの良いところに立地している場合が多いという点もポイントである。

  • 斎場を利用するうえではデメリットもある。
    特に公営斎場の場合は利用者の多さから予約が取れない場合が多い。
    また、民営斎場の場合は利用料が高いことが多いという点もデメリットといえる。

葬儀の会場は一昔前までのように故人のご自宅や菩提寺の本堂、地域の公民館だけではなく、街中にある葬儀場や斎場も多く使われるようになってきました。

特に斎場は火葬施設も併設している場合も多いため、葬儀をなるべく簡略化したいという方や手間をかけたくないという方にとって利用しやすいといえるでしょう。
このため、葬儀場と斎場の違いは前もって理解しておくと、葬儀会場のことを考えるうえで非常に便利です。

なお、葬儀については会場のほかにも費用のことも大きなテーマになりがちです。

以下の記事では葬儀費用の相場や安くする方法などが詳しく説明されていますので、葬儀費用のことで頭を抱えている方はぜひともご参考にしてください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀場・斎場・違い」に関連する記事

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 家族葬の費用はいくら?全国の相場や費用を抑える方法も解説!のサムネイル画像
    家族葬の費用はいくら?全国の相場や費用を抑える方法も解説!

    家族葬の費用は一体どれくらいなのでしょうか?また、一般葬とはどれぐらい費用が異なるのでしょうか?家族葬と一般葬を比較しつつ、家族葬の内訳やさらに金額を抑えたい時の方法など、家族葬の費用に関する様々な情報を紹介します!

  • 葬儀社を選ぶタイミングは?選び方や費用見積もりの注意点を解説のサムネイル画像
    葬儀社を選ぶタイミングは?選び方や費用見積もりの注意点を解説

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

  • お寺での葬儀費用はいくら?費用の内訳やお布施、法要についても解説のサムネイル画像
    お寺での葬儀費用はいくら?費用の内訳やお布施、法要についても解説

    お寺で葬儀を行う場合、いくら費用がかかるのかご存知ですか?葬儀は様々な場所で行えますが、状況によってはお寺で行った方が費用を抑えられることがあります。正しい知識を持って賢く葬儀場選びを行いましょう。この記事では、お寺での葬儀費用について詳細を解説していきます。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像
    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • 葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説のサムネイル画像
    葬儀方法や良い葬儀会社の選び方とは?数珠や遺影写真の選び方も解説

    最近では終活として、ご自身の葬儀について考え始める人も増えているようですが、ご家族に万が一のことが起きた際にも葬儀方法などわかっていた方が安心です。今回は、意外と知らない人も多い葬儀方法や良い葬儀会社の選び方、合わせて数珠や遺影写真の選び方も解説していきます。

  • 葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像
    葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    通常の葬儀のイメージとして、通夜に始まり告別式を経由して、火葬という流れという印象が強いかもしれません。しかし葬儀プランにはさまざまな種類があり、場合によっては費用を安く抑えることが可能となります。ここでは葬儀プランの種類や費用相場について詳しく解説します。

  • 葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像
    葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

    葬儀には様々な形式があり、また、宗教によっても形式が異なります。 葬儀にかかる費用相場もそれぞれの形式によって異なってきます。 今回終活ねっとでは、葬儀の形式別の費用相場や内訳について、仏式以外の形式での費用や支払い方法についてまとめていきます。

  • 葬儀は死後何日に行う?日程の決め方や葬儀までの流れを解説!のサムネイル画像
    葬儀は死後何日に行う?日程の決め方や葬儀までの流れを解説!

    葬儀は死後何日までに行うと決められているのでしょうか。家族が他県にいる場合などは葬儀を遅くしたいということもありますよね。今回終活ねっとでは死後何日で葬儀をするか、日程の決め方や葬儀までの行うべき作業についてご紹介しますのでぜひ最後までお読みください。

  • 葬儀は日曜日でも良い?葬儀日程の決め方や日曜日の忌引きも解説のサムネイル画像
    葬儀は日曜日でも良い?葬儀日程の決め方や日曜日の忌引きも解説

    葬儀の日取りを決める際に、どういう日程で決めればいいのか迷うことがあります。日曜日に葬儀を執り行いたいけれど大丈夫かと疑問に思うかもしれません。そんなときの参考にしていただけるように葬儀を日曜日に行うときの注意点を中心に解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料