葬儀の基礎知識(流れ・マナー・費用相場・香典・服装)を全て解説!

葬儀について皆さんはどれくらい理解しているでしょうか?この記事を読むと、葬儀の準備や葬儀の服装とマナー、葬儀の一連の流れ、お布施の相場、葬儀の種類などのような、葬儀の全てを知ることができます。いっしょに葬儀について学んでいきましょう。

2019-11-04

葬儀に関する知識を全てまとめました!

葬儀

人が亡くなった時には葬儀が行われます。
あなたの親族や大切な人が亡くなったとき、いつまでも悲しみに暮れてはいられません。

すでに葬儀を行ったことがある方や、まだそんなことを考える年齢ではないと考えている方もいらっしゃると思いますが、ここで今一度、葬儀についての知識を整理しておきましょう。

今回、終活ねっとでは葬儀に関して葬儀の準備や費用をはじめ、葬儀の香典やお布施のマナー、参列に関して範囲や服装マナーまで葬儀に関するあらゆる情報を全て集約いたしました。

ぜひ最後までお読みください。

葬儀に関する基礎知識

葬儀

あなたにとって身近な人が亡くなった場合、あなたが葬儀の準備をすることになります。
とはいっても葬儀の準備って何をすればいいのでしょうか?

ここでは、そんな葬儀について日程や費用などに触れつつ解説していきます。

そもそも葬儀とはなに?

葬儀とは遺族や近親者、友人などが集まって故人の冥福を祈り成仏することを願って営む宗教儀式のことです。

日本では基本的に葬儀は故人を送り出すための儀式とされています。

葬儀とはお葬式の違いは?

日本において、お葬式は通夜・葬儀・告別式をまとめたものを指します。
そのため、葬儀はお葬式の一部となります。

ですが、広義では葬儀をお葬式と同じ意味で使うこともあります。

葬儀とお葬式の違いについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

通夜、告別式との区別は?

通常、葬儀に関連して通夜告別式がおこなわれます。

通夜

通夜とは、本来は葬式の前夜に死者に悪霊が取りつくのを防ぐために、故人とごく親しかった人たちが一晩中故人に付き添い故人の別れを惜しむ儀式でした。

ですが現在の通夜は、葬式の前夜に一般の弔問客を迎えて午後6時か7時ごろから1~2時間ほどで済ませる「半通夜」がほとんどです。

仕事などの都合で、葬儀に告別式に出席できない人が、お別れをするための儀式という色合いが強くなっています。

また、通夜が終わったあとは、弔問客に食事をふるまう「通夜ぶるまい」があります。

通夜について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

告別式

告別式とは、故人の親族や友人が故人との最期の別れをする儀式のことで、もともとは会葬者全員で遺骨を墓地に埋葬する前に行われていました。

しかし、現在は大規模な葬儀でなければ、基本的に葬儀と告別式は同時に行われるようになってます。

そのため「葬儀」といったときに、告別式の意味も含んで使われることが多いです。

告別式について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀の費用について

葬儀全体にかかる費用

葬儀にはある程度まとまったお金が必要となります。
葬儀全体にかかる費用の相場は、一般的に150万~200万円程度とされています。

その内訳は、大きく下の三つに分けられます。

  • 葬儀一式にかかる費用

    祭壇の費用や会場利用料、人件費や車両にかかる費用など

  • 飲食にかかる費用

    通夜振る舞いや会食にかかる費用

  • 宗教者への費用

    宗教者へのお布施などにかかる費用

葬儀にかかる費用についてもっと知りたいという方は、以下の記事で詳細に解説しておりますのでぜひ参考にしてください。
葬儀費用の相場以外にも、葬儀費用をより安く抑える方法や抑えられる項目についても紹介しております。

誰が負担するか

葬儀にかかる高額な費用は誰がどのように負担すればいいのでしょうか。
法律などで葬儀費用を支払う人が決まっている訳ではありませんが、喪主や施主が支払うことが一般的です。

以下の記事で、葬儀費用は誰が払うかについて詳しく紹介しておりますのであわせてご覧ください。

葬儀代の積立について

突然の葬儀に備えて、葬儀代の積立をするべきなのでしょうか。
以下の記事では、互助会や葬儀保険について詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

税金の控除について

一方で、葬儀費用は相続税の控除対象になるのでしょうか。
また、控除対象となる葬儀代の項目はどんなものがあげられるでしょうか。

以下の記事で葬儀代の相続税控除について詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

葬儀代の支払い方法

これまで紹介した通り、葬儀代は高額になりますが、現金一括で払わなくてもいい場合があります。
クレジットカード払いや分割払いなどの葬儀代の支払い方法については以下の記事で詳しく紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

葬儀の準備に関して

喪主の選び方

通夜や葬儀の準備を始めるとき、まず葬儀の主催者である喪主を決めないといけません。
喪主は遺族が協議して決めることになります。

喪主は遺族の代表者で、故人に代わって弔問を受ける大事な役割を務めます。
また、後に年忌法要なども主催します。

喪主の選び方について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀屋の賢い選び方

通夜や葬儀の準備を始めるときに葬儀屋(葬儀社)を決めます。
遺族が望んだ葬儀を行ってくれて、費用も良心的な業者を選びたいですね。

葬儀会社について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

日程の決め方は?

喪主が決まったら次は葬儀の日程を決めます。
葬儀の日程にはなにか決まりがあるのでしょうか。

ここでは、そんな葬儀の日程の決め方について見ていきます。

一般的な日程の決め方

一般的な流れは、

  • 死亡当日→納棺

  • 2日目→通夜

  • 3日目→葬儀、告別式、火葬

となります。

一般的な日程の決め方について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

友引を避ける風習

友引の日というのは、死者が友人を呼び寄せるという風習から、葬儀を行わないのが通例となっています。
火葬場も友引の日は休みにするところがほとんどです。

友引を避ける風習について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

亡くなってから1週間以上経ってもいいのか

基本的には亡くなってからすぐに葬儀は行われますが、事情によってすぐに葬儀を取り行えない場合があります。
その場合は、ご遺体を安置する場所や適切な保管方法を考えるようにしましょう。

施設に安置する場合は、料金がかかりますので確認するようにしましょう。
自宅に安置する場合は、ドライアイスが必要となります。

1週間以上経過してしまう場合、費用はかかりますがエンバーミングという方法もあります。
エンバーミングとは科学的処置で遺体を生前のままの姿に保つことです。

世話役を決める

喪主や遺族は、僧侶や弔問客の対応に追われるため、葬儀全般の実務を取り仕切る世話役を決めます。
友人・知人や会社の同僚などから選ぶのが一般的です。

世話役の仕事

世話役は基本的に各係の代表です。
葬儀の係には、受付や会計、接待、進行係などがあります。

係の仕事について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀の案内について

葬儀の日程が決まったら案内状を発送します。
案内状を送る相手は基本的に故人の親族や友人、職場の同僚など故人と交流のあった人です。
電話で連絡することもあります。

葬儀の案内状について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀の準備の打ち合わせポイント

葬儀の日程や案内状の手配が終わったら、葬儀会社の方と葬儀の準備の打ち合わせに入ります。

葬儀の準備の打ち合わせポイントは以下の通りになります。

  • 喪主のあいさつの内容を考える

  • 弔辞・弔電を依頼する

  • 弔電を披露する範囲をきめる

  • 棺を運ぶ人を決める

  • 火葬場に同行する人の確認

  • 火葬場での接待係を決める

  • 心づけの用意

通夜直前の準備のポイント

突然の葬儀が決まって、通夜を行う直前に何をしたらいいのか、準備し忘れたものはないか不安に思うかと思います。

以下の記事では、通夜の直前に確認すべきことをまとめて紹介しておりますのでぜひご覧ください。

葬儀の時間について

葬儀を開催する時間帯

葬儀の日程を決めたら、次は葬儀を開催する時間を決めます。
葬儀の開始時間は何時頃が良いのでしょうか。
みていきましょう。

開始時間

葬儀・告別式は火葬の予定に合わせて行われますが、開始時間は10時~11時が一般的です。
火葬場の稼働時間が10時~15時のところがほとんどなので、午前中に取り行われることとなります。

火葬の2時間前を開始時間の目安にするといいそうです。
また、火葬場の都合上午後に行われることがありますが、通夜のように夜に始まることはありません。

避けたほうが良い時間帯

葬儀の開始時間に特に決まりはありません。

しかし、開始時間が早すぎると大勢の人が集まるには向いていません。
逆に開始時間が遅すぎると帰りが遅くなって次の日に支障をきたします。

なので、午前だと10時以前、午後だと1時以降に開始するのは避けた方がよいでしょう。

葬儀にかかる時間

一般的に葬儀は告別式から精進落としまでで、大体4~5時間程度かかります。

葬儀にかかる時間について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬式の日程の確認方法

訃報の連絡だけ受けて通夜や葬儀の日程を聞いていない場合、親族の方に連絡して、日程を教えてもらいましょう。

電話をするのが気が引ける場合はメールで連絡してもいいですが、電話の方がスムーズにいくことが多いです。

葬儀当日の流れ

葬儀

基本的に遺族は一般会葬者より前もって、葬儀の10分前には着席します。
そして、会葬者も全員着席したのを確認してから式場係が僧侶を案内します。

では、開式から火葬までの当日の流れをみていきましょう。

開式の宣言

葬儀の進行(司会)は、世話役代表か葬儀社の担当者が務めます。
開式の宣言は、「ただいまから故〇〇〇〇の葬儀を執り行います」と、敬称をつけずにあいさつします。

このとき、簡単に故人の人柄・経歴に触れることもあります。
開式の宣言は簡潔に行うようにしましょう。

弔辞・弔電

弔辞・弔電とは故人に縁ある方が、故人の冥福を祈りささげる言葉です。
式に参列していて仏前で送る場合は弔辞、参列できない場合に送るのが弔電といいます。

そんな弔辞・弔電にはいくつか決まりがあります。
一緒にみていきましょう。

誰が弔辞を読むのか

弔辞は基本的に故人と最も親しかった人が読むものです。
家族や親族ではありませんので気をつけましょう。

弔辞について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

弔辞の準備方法

遺族の方は、ぜひともこの人に弔辞をお願いしたいと思って依頼します。
なので、弔辞の依頼を受けた場合は快く引き受けましょう

弔辞を引き受けたら、話すことを事前に考えます。
間違ってもその場で考えてから発言するようなことはないようにしましょう。

また、弔辞が長くなったり短くなったりしないように、しっかり原稿を作るようにしましょう。
弔辞を読むのは1~3人程度なので、ちゃんと打ち合わせをしておきましょう。

時間は一人2~3分程度を目安にかんがえていきましょう。
また、前後の人と内容が重複しないかにも気を付けましょう。

弔辞は、故人の冥福をお祈りするのはもちろん、遺族の気持ちを慰めるものでもあります。
なので、あまり感傷的な内容ばかりにならないよう気を付けましょう。

文体はもちろん丁寧さが必要ですが、あまりなじみのない難しい言葉ばかり使わずに、自分の言葉で書いたほうが自然で良いでしょう。

忌み言葉について

葬儀には使わないほうがいい忌み言葉というものがあります。

忌み言葉について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

弔電の送り方

親しい方が亡くなられたが葬儀に参列できない場合は、お悔み電報を送って追悼をお祈りします。
お悔み電報のことを弔電といいます。

弔電について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

焼香の仕方

焼香とは香を焚くことで、仏様や故人を拝むことです。
焼香には基本的にやり方が決まっています。
また、焼香にもいくつかやり方があります。

焼香について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

閉式の宣言

葬儀の終わりに司会の人が閉式の宣言をします。
閉式の辞では、「これをもって葬儀を終了します」などのあいさつをします。

そのあとに告別式がある場合は案内をします。
告別式終了の場合は「これをもちまして、故〇〇〇の葬儀並びに告別式を終了します。
」とあいさつをして、出棺の案内をします。

出棺

葬儀・告別式が終わったら、遺族や故人と親しかった人たちは最期の対面をします。

出棺について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

喪主の挨拶

出棺したあとに、喪主が見送りの会葬者に挨拶をします。
喪主が挨拶をしている間は、喪主の代理が位牌を持ちます。

喪主の挨拶について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

火葬について

葬儀がおわり、出棺もおわったら火葬を行います。
そのため、火葬場に移動することになります。

火葬について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

お布施についてのあれこれ

葬儀

お布施とは僧侶へのお礼金のことをいいます。
でも、お布施といってもいくら渡せばいいのかわかりませんよね。

また、お布施は何に包めばいいのでしょうか?
またいつ渡すのでしょうか?

そんなお布施について、ここでは見ていきます。

お布施の渡し方

お布施を渡すときに注意することがあります。
お布施を渡すときは、直接手で渡してはいけないことや渡すときにかける言葉についてご存知でしょうか。

お布施の渡し方について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

金額の相場はいくらくらい?

お布施で渡すべき金額の相場はいくらなのでしょうか。
地域や宗派によって、お布施の金額は変わるので葬儀の前に確認しておくべきでしょう。

お布施の金額相場について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

どの袋に包むの?奉書紙?白の封筒?

お布施はに包んで僧侶にわたします。

お布施の袋について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

水引について

水引は、封筒のような包み紙を結ぶ紐のことで、祝儀や不祝儀のときに使われます。
結ぶ紐の本数や結び方によって、意味合いが変わってきます。

水引きについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

表書きの書き方

お布施の表書きは「お布施」または「御布施」と通常書きます。
お布施以外の場合は「○○料」とそれぞれに書きます。

表書きについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

お札の入れ方

お布施はお札の方向を表側、肖像画のある方を表向きにして入れます。

渡すタイミング

葬儀のお布施を渡すタイミングについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。
この記事では、葬儀当日だけでなく法要でお布施を渡す際についても紹介しております。

お車代と御膳料について

お布施は僧侶にわたすお礼のことですが、これとは別に渡すお礼があります。
代表的なものがお車代御膳料です。

お車代と御膳料について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀の受付について

葬儀

葬儀を行う上で、受付は大切な役目といえます。
弔問客の対応の他に記帳の記入や、香典の管理のような大事な仕事をするからです。

では、葬儀の受付について一緒にみていきましょう。

受付係は誰に頼むのか

葬儀における受付係は葬儀の前に決めることになりますが、どのように決めればいいのでしょうか。

受付係は誰に頼むのかについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

受付の挨拶

受付の方は、弔問客・会葬者の方々に来てくださったお礼として挨拶[をします。
挨拶は遺族側の立場に立ってすると良いでしょう。

受付の挨拶について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

香典の受け取り方

受付係は弔問客からの香典を預かります。
香典は後で遺族の元へ渡されるので、あくまで預かるという意識が大切です。

香典の受け取り方について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

会計の仕事

会計係の仕事は、香典の管理・遺族代表から預かった現金の出納と精算・出納帳の記入などがあり、基本的に葬儀に関わる経理の全般を担当します。

会計の仕事について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

芳名帳への記帳

芳名帳とは、式典や葬儀にくる来賓の氏名を控える帳簿のことです。
受付係は弔問客に記帳をお願いしましょう。

芳名帳への記帳について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

芳名帳の書き方

芳名帳の書き方について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

会葬御礼品をお渡しする

通夜や告別式の会葬者に対するお礼として、会葬御礼品を渡します。
御礼品は会葬礼状と一緒に渡すのが一般的です。

会葬御礼品について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

会葬礼状

葬儀に参列された会葬者に会葬礼状を送ります。
元々は葬儀・告別式の後日に送るものでしたが、通夜や葬儀の当日に御礼品とともに渡すのが一般的です。

会葬礼状について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀の香典マナー

葬儀

葬儀当日、故人への供養として弔問客は現金を持参します。
この場合の現金のことを香典といいます。

故人への冥福を祈るとともに、葬儀にかかる多額の費用に対する心づかいの形として始まったとされています。

また、香典は基本的に喪主以外の全ての葬儀参列者が渡すことになります。
自分の親が亡くなった場合でも、喪主以外は払うことが多いそうです。

しかし、香典を誰に渡すのか、またいくら渡せばいいのかわからないですよね。
ここでは、そんな香典について解説します。

気になる香典の相場

香典の相場は故人との関係やご自身の年齢によって変わってきます。
故人との結縁や関係が深いほど、香典に包む金額は高額になります。

例えば、故人が祖父・祖母の場合の香典は1〜5万円が相場となっております。
また、職場関係の人物が亡くなった場合の香典金額は3000〜1万円が相場となっております。

香典の相場について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

香典袋の書き方

香典袋の書き方について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

香典袋の表書きも宗教や宗派によって変わります。
名前や金額の書き方など、細かいマナーが存在するのでぜひ確認をしておきたいものです。

お札の入れ方

実は、香典のお札を入れる際にもお札の表裏や枚数など気をつけるべき点がたくさんあります。
細かいお札のマナーやお札の入れ方について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

香典を渡すタイミング

香典を誰にどのようなお声をおかけして渡せばいいかわからない、香典を渡すタイミングについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

香典返しについて

香典とは、弔問客が故人の冥福を祈る気持ちを包んだものです。
その気持ちに対して、感謝の意を表すために行うのが香典返しです。

香典返しについてについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

香典返しをしない場合

勤務先など、複数の人が香典を共同で包むことがあります。
このような場合、一般的に香典返しをしません。

香典返しをしない場合について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀に参列する範囲はどこまで?

葬儀

葬儀に参列する場合その範囲はどこまでなのでしょう。
故人が何回かしか会ったことのない知人でも、参列すべきなのでしょうか。

また、親族といった場合はどこまでを指すのでしょうか。
このほかにも、参列するかどうかで悩んでしまう場面が多いと思います。

ここでは、そのような葬儀に参列する範囲の疑問にお答えします。

何を基準にするべきか

基本的に、故人と親しい関係にあったかどうかを基準とすることが多いです。
ですが、連絡が来た場合は参列した方が良いでしょう。

何を基準にするべきかについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

親族の場合

故人が親族の場合は、参列するものと考えるでしょう。

ですが、親族と言っても幅が広いですよね。
血族といってもどこまでが範囲なのかは判断が難しいです。

親族の場合について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

会社の関係者の場合

故人が会社関係者であった場合、実際仕事上で関わりのあった人は通夜に参列し、葬儀には代表者が参列ことが多いそうです。

会社の関係者の場合について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

家族葬で参列を辞退したい場合

家族葬とは、家族を中心に故人とごく親しかった友人らで行われる、小規模の葬儀のことです。
そのため、会社や遠い親戚の方などには参列辞退と香典辞退を伝えます。

家族葬で参列を辞退したい場合について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀での服装マナー

葬儀

葬儀に参列する際は喪服を用意します。
喪服とは、文字通り喪に服していることを表しています。

喪服は通夜と葬儀で、違うものを着ることがあるって知っていましたか?
また、親族と会葬者で少し違う部分もあるそうです。

ここでは、葬儀に参列する時の服装について見ていきます。

男性の服装

男性の服装について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

女性の服装

女性の喪服には洋装和装があります。
洋装が礼式、和装が略式とされています。

女性の服装について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

子供の服装

葬儀の際の子供の服装はどのようにしたらいのでしょうか。
子供用の喪服を準備する必要はなく、制服を正装として葬儀の場面でも着用する場合が一般的です。

以下の記事では、葬儀の際の子供の服装について詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

喪服のレンタルをする

喪服は、葬儀社や貸衣装店でレンタルすることができます。
和服の場合は、帯揚げや草履、バッグなど、洋服の場合はネクタイなどの小物も借りられます。

借りるもの、借りる人数や和服なら家紋を伝えると服に家紋を入れてもらえます。
ただ、下着やワイシャツ、足袋などは扱っていない場合がほとんどなので気をつけましょう。

喪服が用意できない場合

通夜・葬儀においては喪服を着ることが一般的です。
しかし、突然の訃報だったりすると、喪服を用意できないこともあるでしょう。

喪服が用意できない場合について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

防寒着の扱い方

冬の葬儀に行く場合、コートやジャンパーのような防寒着を着ていきますよね。
葬儀中は上着を着ないので、脱ぐ必要があります。

その際、クロークがある場合はクロークに預けますが、ない場合がほとんどです。
クロークがない場合は、上着を持って葬儀場に入ります。

多くの場合、葬儀場に手荷物を置く場所が設置されているので、そこに置くようにしましょう。

また、防寒着は基本的に受付で脱ぎますが、受付が屋外にある場合は中に入ってから脱いでも大丈夫です。

アクセサリーについて

葬儀の場では、服装以外の細かい部分についても気にすべき点がたくさんあります。
葬儀でアクセサリーをつけてもいいのか、どの程度ならつけてもいいのかについて、以下の記事で詳しく紹介しております。

アクセサリーについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀に適した靴選び

葬儀には、それに適した靴があります。

葬儀に適した靴選びについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

髪型について

葬儀の場での身だしなみは、服装と同様とても大事な要素です。
また、葬儀のメイクは普段通りでいいのでしょうか。

以下の記事では葬儀での髪型やメイクについて詳しく紹介しておりますので、ぜひあわせてご覧ください。

葬儀当日に持っていく持ち物について

葬儀

葬儀当日に何を持っていけばいいかわからない。
色とかに何か決まりがあるの?

そんな人のために、ここでは葬儀当日の持ち物について確認します。

袱紗

袱紗(ふくさ)とは、香典やお布施を包むもののことです。
不祝儀用の袱紗の色は、紫やグレーのような寒色系のものが一般的です。

袱紗について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

数珠

葬儀に必ず持っていくべきものが数珠になります。
以下の記事では数珠はどこで購入するのか、購入するときに気をつけなければいけないことを紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

ハンカチ

葬儀に持っていくハンカチについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。
色や柄のマナーとともに紹介しております。

手袋

ネイルを隠したいなどの様々な理由で、葬儀に手袋をしていく人もいると思います。
手袋の選び方や、いつ手袋を外すべきかについてご存知でしょうか。

手袋について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

そのほかの持ち物や、あったら便利なものを以下で紹介いたします。

  • バッグ

    バッグは革製のものは避け、色は黒などの暗い色を基調とするものが良いでしょう。
    デザインもなるべくシンプルなものがいいでしょう。

  • 雨が降った場合は傘が必要になりますが、派手な色や柄の傘は避けたほうがいいでしょう。
    黒などのシンプルな傘がなければ、ビニール傘にしましょう。

  • エプロン

    葬儀のお手伝い係を頼まれたときには、エプロンを持参するといいでしょう。
    エプロンは、白や黒などの色で、シンプルなものにしましょう。

供花の選び方と送り方

葬儀

供花って聞いたことあるけど、よくわからない。
供花ってどうやって送るの?

ここでは、そのような供花に関する疑問にお答えしていきたいと思います。

供花とは

供花とは、故人に対してお供えする花のことです。
故人の冥福をお祈りする気持ちを表し、基本的に祭壇や式場の両側に飾られます。

供花について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

枕花との違い

枕花とは、故人の枕元に飾る花のことです。
枕花は通夜の前から葬儀がおわるまで飾られます。

供花も枕花も、故人への哀悼の意を表現するという点では同じですが、飾られる場所に違いがあります。

供花の料金相場

基本的に供花には百合が選ばれますが、故人が好んでいた花を贈るのも良いでしょう。
もし、故人が菊や百合を嫌っていたなら、避けることもあります。

また、葬儀の式場に合わせた大きさのものを選ぶようにしましょう。
置き場所に困るようなことがないように、注意が必要です。

供花の料金相場について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

供花の手配方法

葬儀会館によっては、外部からの持ち込みができないことがありますので気をつけましょう。

供花の手配方法について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀の様々なかたち

葬儀

近年、葬儀の形式が多様化してきています。
ここまで紹介してきたものは伝統的な仏式葬儀で、一般葬と呼ばれています。

現代では、葬儀への価値観の変化や家族形態や地域間の関係の希薄化から様々な葬儀が注目されております。
ここでは、今まで紹介してきた一般葬以外の葬儀形態について紹介いたします。

家族葬

家族葬とは、家族を中心に親族やごく親しい知人・友人と行う葬儀のことです。
葬儀の流れや儀式は一般葬と変わらないですが、基本的に小規模で行われます。

近年では、家族葬を選択される方が多いですが、家族葬を選ぶ背景・理由にはどんなところがあるのでしょうか。
ひとつは、小規模で行われるため一般葬よりも費用を抑えられることができる点だと言えます。

以下の記事では、家族葬を選ぶ背景・理由について紹介しております。
また、一般葬と比べていくら費用を抑えることができるのか、実際の家族葬の費用について紹介している記事もございますのでぜひあわせてご覧ください。

また、家族葬の参列者の範囲についても紹介しておりますのでぜひご覧ください。

直葬

直葬(ちょくそう)とは、葬儀を行わず火葬だけで故人を見送ることをいいます。
火葬式や荼毘葬ともいわれます。

直葬のメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく紹介しております。
また、直葬は通常の儀式にかかる費用がないので、葬儀の費用を大幅に抑えることができます。
直葬の費用についても以下の記事で紹介しておりますのでぜひご覧ください。

社葬

社葬とは、故人が会社に大きな業績を残した場合などに、会社が執り行う葬儀のことです。
ですから、施主が遺族ではなく故人が所属していた会社となります。

社葬について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

密葬

密葬とは、故人と親しかった人でだけ行う小規模の葬儀のことです。
小規模の葬儀という点では家族葬と似ていますが、密葬は後日改めて本葬を行います。

密葬についてもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

一日葬

一日葬とは、通夜を行わずに告別式のみを行う葬儀形式のことです。
一日で葬儀を行うことができるので、喪主や遺族の方の負担が減ることがメリットだと言えます。

一日葬について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

自由葬

近年では、宗教や形式にとらわれず、自由な発想で行う葬儀が増えてきているそうです。
このような葬儀のことを自由葬といいます。

最近は、菩提寺を持たずに葬儀のときだけ、知らない寺院に依頼することに抵抗がある人が少なくないことから、自由葬が流行ってきているようです。

自由葬は基本的にマニュアルがないので、葬儀の形式を全て自分たちで決めなけばいけないのが大変です。

そのため、生前から準備をしておく必要があります。

また、自由葬に対応した葬儀を執り行ってもらえるような、葬儀社選びもちゃんとしましょう。

なお、無宗教葬の場合は戒名がつきません。
戒名がないと埋葬できない寺院墓地もあるので確認した方がよさそうですね。

自宅葬

自宅葬とは、通夜と告別式を自宅で行う葬儀形式のことです。
住み慣れた家で最後の別れをできることから、自宅葬を選択する方もいるそうです。

自宅葬について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

お別れの会

家族葬のような内輪での葬儀で済ます場合、葬儀を終えてから知人や友人に故人の死を伝えます。

そこで、式に参列できなかった親族や知人らが集まり、故人とお別れの場を設けることがあります。
それがお別れの会です。

お別れの会について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

生前葬

生前葬とは、生のあるうちに本人によって催される葬儀のことです。

生前葬について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

宗派による葬儀の特徴

葬儀

仏式の葬儀はなんとなくイメージがつくけど、他のはわからない。
仏式でも宗派によって違いはあるのでしょうか?

ここでは宗派による葬儀の特徴について、かんたんに説明していきます。

浄土真宗

浄土真宗における葬儀は死者に対する供養ではありません。
基本的に浄土真宗の門徒であれば、「南無阿弥陀仏」と唱えると誰でも極楽浄土にいけるとされているからです。

浄土真宗について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

浄土宗

浄土宗の葬儀は釈迦によって極楽浄土に送りだされるという意味合いがあります。

浄土宗の葬儀について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

日蓮宗

日蓮宗は南無妙法蓮華経を唱えることが最も重要な修行とされています。
なので、葬儀においても南無妙法蓮華経は何度も唱えられます。

日蓮宗の葬儀について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

神式

ここまで紹介してきたのは、仏式の諸宗派の葬儀についてです。

神式葬儀について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

キリスト教式

キリスト教では、死は終わりではなく洗礼を受けた信者は、神に召されて永遠の安息を得ることができると考えられています。

よって、葬儀は故人が神の御許に受け入れてもらえるように祈るという考え方をします。

なので、キリスト教では本人の意識があるうちに儀式が行われます。
キリスト教の葬儀はカトリックとプロテスタントで形式が変わります。

カトリックの葬儀

カトリックの場合、葬儀は故人の罪を神にわびて許しを請い、永遠の安息をお祈りするという意味合いがあり、基本的に教会が主催します。

カトリックの葬儀について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

プロテスタントの葬儀

プロテスタントの場合、信者が危篤になったら意識のあるうちに、牧師を呼び聖餐式(せいさんしき)を行います。

プロテスタントの葬儀について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

無宗教の場合

無宗教の葬儀を行う場合、決まった儀礼や葬儀形式はありません。
基本的に形式は自由です。

無宗教の場合について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀後にすること

葬儀

葬儀がおわったら、手続きなどをする必要があります。

ここでは、葬儀後にすることを一緒にみていきましょう。

事務の引継ぎ

葬儀に続いて精進落しもおわったら、受付係や会計係を担当した人から事務を引き継ぎます。
受付係からは、会葬者名簿や香典を、会計係からは出納をはじめとした明細を受け取り、確認をします。

そのほかにも引き継ぎがあるかもしれないので、担当の人に確認をとるようにしましょう。

支払い

病院や葬儀社への支払い、寺院や神社などへの謝礼を支払います。

支払いについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

あいさつ回り

葬儀でお世話になった人たちに、直接あいさつに出向くか、電話で感謝の意を早めに伝えます。

あいさつ回りについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

遺品整理

四十九日の法要がおわったら、遺品の整理に取り掛かりましょう。
遺品は、保管するもの・形見分けとするもの・処分するものに分けると良いです。

遺品整理について知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

形見分け

衣類、装身具、蔵書、趣味の品のような故人が愛用していたものを分けます。
それらを近親者や親しかった人に贈ります。

何を贈るかは、故人の遺言があればその通りにし、なければ遺族が話し合って決めます。
なお、故人から見て目上の人に贈るのは失礼にあたるのでやめましょう。

死亡に伴う手続き

死亡に伴う手続きについて知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

葬儀についてのまとめ

葬儀

いかがでしたか。
ここまで葬儀に関する全てを紹介しました。

葬儀を催すときも、参列するときも、準備することが多くて大変だと思います。

そんなときに、少しでも皆さんのお役に立てればと思い、この記事を書かせて頂きました。
この記事以外にも、終活ねっとでは葬儀や終活に関する記事がたくさんありますので、ぜひご参照ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

葬儀のキーワード一覧

よく読まれている記事一覧

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料