前橋市で
葬儀・家族葬をご検討の方へ

前橋市で<br>葬儀・家族葬をご検討の方へ

24時間決済可能

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL

\ 24時間365日いつでも対応 /

call 0120-641-026(無料通話)
アクセス数No.1の終活総合サイト

日本で最も多く見られている
終活ポータルサイトです。

つの特徴

お近くの斎場で葬儀ができます

前橋市で葬儀・家族葬をご検討中の方は、終活ねっとのお葬式をぜひご利用ください。
全国各地の葬儀場と提携しているので、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。

全国の斎場と提携

現在地またはキーワードから葬儀場を探す

前橋市周辺の斎場一覧(46件)

前橋市の火葬場一覧 >

ご希望・ご状況にあわせた
選べるセットプラン

群馬県での平均葬儀費用は
162万円 にもなります

どうしてこんなに高いのでしょうか?

これは葬儀社が、曖昧で不透明な料金設定をしていることも多く、適正価格のわからないお客様に対して、高額な金額が請求されることがあるためです。

最低 117,000円(税抜)〜
葬儀が行えます!

ご希望・状況にあわせて豊富なセットプランからお選びいただけます

ご利用可能な葬儀プラン一覧

火葬のみで見送る
2つのプラン

終活ねっとの直葬は費用を最小限に抑えたプランです。人数規模は5名程度で、仏具なしの火葬のみを行うプランです。事前相談・資料請求+アンケート回答で税抜価格117,000円から葬儀を行えます。 終活ねっとの火葬式は式を執り行わない火葬のみのプランです。人数規模は10名程度で、仏具込みの火葬のみを行うプランです。事前相談・資料請求+アンケート回答で税抜価格160,000円から葬儀を行えます。

式を執り行う
3つのプラン

終活ねっとの一日葬は告別式のみを行うプランです。人数規模は10名〜15名程度で、費用を抑えてお別れの場を用意したい方や、参列者の負担を軽減するために一日で葬儀を行いたい方に最適です。事前相談・資料請求+アンケート回答で税抜価格295,000円から葬儀を行えます。 終活ねっとの家族葬は通夜式・告別式を近親者で行うプランです。人数規模は10名〜30名程度で、親しい人だけでゆっくりとお別れがしたい方や、少人数でも一般的な形に沿って行いたい方に最適です。事前相談・資料請求+アンケート回答で税抜価格445,000円から葬儀を行えます。 終活ねっとの一般葬は一般的な葬儀を低価格で行うプランです。人数規模は30名〜100名程度で、知人や友人も招き華やかな式にしたい方や、従来のなじみある形式で行いたい方に最適です。事前相談・資料請求+アンケート回答で税抜価格555,000円から葬儀を行えます。

お寺と付き合いがない方は
定額でお坊さん手配が可能

終活ねっとのお坊さんは、お坊さんを葬儀に手配するセットプランです。お坊さんとお付き合いが無い方や、お坊さんに渡す金額が不安という方に最適なプランです。定額で5万5千円から手配ができます。

無料で資料請求する

お葬式に関する詳しいパンフレットをお届け

電話アイコン

0120-641-026

無料通話

お電話による事前相談で5000円割引

サイト閲覧数日本最大級!

終活総合サイトNo.1

終活ねっとは、月間1000万回閲覧される、日本最大級の終活ポータルサイトです。

※閲覧数は、実際の利用者数とは異なります。

選ばれる理由を詳しくみる >

終活ねっと を利用された お客様の声 をご紹介します

  • 満足度 / 大変良い
    電話で困り事を相談老齢男性キャラクターの、胸像画像

    福岡市に転居して 知人が誰もいなくてものすごく困っていました。 その時、以前テレビを見たことや、友人が終活ねっとのことを話していたのを思い出して、 何も考えず電話 しました。 結果満足 でした。

  • 満足度 / 大変良い
    おすすめできます老齢女性キャラクターの、胸像画像

    他の人にもおすすめ と思っています。 初めてのことなので不安 もあったので、本当にお世話になりました。

  • 満足度 / 良い
    丁寧な対応に助けられました若い女性キャラクターの、胸像画像

    急なことでパニック状態でしたが、 丁寧な説明と対応 に助けられました。

  • 満足度 / 良い
    手配をすべてお任せ老齢女性キャラクターの、胸像画像

    葬儀、お坊さんの手配などすべてやっていただいたきました。 スムーズにできた ことが良かったです。

前橋市で葬儀をお考えの方へ

適正価格のセットプランをご用意

前橋市で葬儀をお考えの方は、終活ねっとのお葬式をご利用ください。
一般葬や家族葬、直葬など、豊富なセットプランをご用意させていただいております。

前橋市の平均費用と火葬場

群馬県での葬儀にかかる平均費用は約162万円となっておりますが、終活ねっとのお葬式ではこれよりも費用を抑えて執り行うことが可能です。
例えば、前橋市の前橋市ライムホールで家族葬を執り行う場合、終活ねっとのお葬式ならセットプラン455,000円〜(税抜)で行うことができます。
前橋市でよくご利用される斎場としては、前橋市ライムホール、前橋市千代田町会館、前橋市大友町会館などがあります。

お気軽にご相談ください

終活ねっとのお葬式なら、新前橋、前橋、前橋大島エリアを含め、前橋市全域で対応が可能です。
葬儀の流れや費用など、葬儀・お葬式に関してなにか疑問や不安、わからないことのある方は、いつでもご相談ください。
24時間365日対応しております。

前橋市の概況

前橋市は群馬県の県庁所在地で、群馬県庁や群馬フラワーパーク、重要文化財に指定されている臨江閣などの施設があります。

前橋市の面積は311.59㎢、人口は31万8068人で群馬県の中では高崎市の次に人口が多いです。
群馬県の死者数は、2010年が2万385人、2018年が2万2937人となっており増加傾向にあります。

65歳以上の人口も2010年は23.5%なのに対し、2015年には27.7%と増加傾向です。
死者数・高齢者数ともに増えているため、今後も葬儀の件数は増えていくと考えられます。

また、葬儀形式については核家族化や単身世帯の増加により、家族葬や一日葬といった比較的少人数で行う形式が増えていくでしょう。
都心の火葬場は混雑が予想されるため、早めに葬儀の手配を行うことが重要です。

群馬県の交通機関はとても発達しており、前橋から高崎にJR両毛線で移動し、高崎から東京まで上越新幹線で移動すると1時間前後で東京駅まで行くことができます。

また、群馬県は自動車の保有率が全国3位となっています。
公共交通機関が発達している一方で、自動車もよく利用されているという点が特徴的です。
葬儀の際は、道路の混雑も考えられます。
時間に余裕を持った葬儀のスケジュールを組むことをおすすめします。

前橋市の斎場・火葬場事情

前橋市は群馬県の県庁所在地であり高崎市の次に人口が多いため、斎場や火葬場も混雑が予想されます。
また、前橋市天川大島町には前橋市唯一の火葬場である「前橋市斎場」があり、前橋市民であれば安く利用することができます。

この火葬場は公営の葬儀場と併設されています。
民営の葬儀場を利用する際は火葬場への移動が必要になるため注意が必要です。
葬儀場を比較する際はプランや料金はもちろんですが、火葬場への移動手段・所要時間もあわせて確認できると安心です。

終活ねっとのお葬式では夜間に付き添いができる「前橋市家族葬 しらかわ」、広い駐車場を完備している「アモート冨士見」や会食ができる施設を完備した「ぐんかんアモート北代田」をはじめ、前橋市にある多数の提携斎場の中からお好きな斎場をお選びいただけます。

また、ご希望の葬儀の形式に沿ってわかりやすいセットプランでお葬式をご用意しています。
故人様のご移動の距離が50㎞以内であれば、その移送料金は終活ねっとのプラン料金に含まれますが、50kmを超えた場合、距離に応じて追加費用が発生するためご注意ください。

前橋市の葬儀の特徴・風習

葬儀を行う際、その地域の葬儀の特徴や風習をあらかじめ知っておくと安心です。
ここでは前橋市及び群馬県の葬儀の特徴・風習について紹介します。
葬儀を行う際の参考にしてください。

前橋市及び群馬県の葬儀は、「新生活」とよばれる香典の形が残っている地域がある点が特徴的です。
この香典の形は、戦後に広まった新生活運動の名残です。
全国的には廃れてしまっている地域が多いですが、群馬県には残っている地域があります。
また、頭陀袋に木を添えて入れるなどの風習も特徴的です。
前橋市及び群馬県の葬儀の特徴・風習は以下の通りです。
  • 「新生活」とよばれる香典の形がある

    戦後に始まった「新生活運動」のなごりで、葬儀の負担を軽減するのが目的です。そのため、香典を新生活でおくる場合は金額は少なめでおくり、香典返しは辞退するのが一般的です。地域によって相場が異なるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

  • 「位牌わけ」がある

    一般的に、位牌は喪主の家の仏壇にひとつ安置されます。群馬など一部の地域では、仏壇に祀る位牌を故人の子供の数だけ用意し安置するならわしがあります。

  • 撒き銭がある

    出棺をする際に遺族が参列した方にむけて撒くというものです。故人が長生きした場合に行われ、撒き銭を持ち帰った参列者は故人と同じように長生きできる、縁起の良いものと言われています。

  • 「ではの飯」「でがの飯」を回す

    群馬県の一部の農村部では、告別式が終わったあとに「ではの飯」「でがの飯」と呼ばれるご飯を膳として回します。

  • 頭陀袋に木の枝を添えていれる

    死装束のひとつである頭陀袋に、六文銭とともに桑の枝を折って入れる地域もあるそうです。

前橋市で利用できる葬儀に関する制度

国民健康保険加入者の方へ

国民健康保険に加入している方が死亡した場合、その被保険者の葬儀を行った人に対して葬祭費として一定額が支給される制度があります。
国民健康保険と後期高齢者保険加入者によって、定められた料金が違う場合があるので以下を参考にしてください。

葬祭費は「葬儀」に対する給付金であるため、加入者が亡くなられても葬儀を行っていない場合は支給されません。
また、他の健康保険等に加入しており、葬祭費に相当する支給を受けとる場合は給付金を受け取れません。
申請期間は2年間で、問い合わせ先は市・区役所の国民健康保険課となっています。
前橋市で受け取れる葬祭費は以下の通りです。
支給額
国民健康保険加入の場合 5万円
後期高齢者保険加入の場合 5万円

健康保険加入者の方へ

健康保険に加入している方及びその被扶養者が死亡した場合、埋葬料や埋葬費が支給される制度があります。
どちらも葬儀を行った方に支給されますが被保険者や被扶養者に支給されるのが埋葬料、それ以外の人に支給されるのが埋葬費となります。
名古屋市南区で受け取れる埋葬料・埋葬費は以下の通りです。
支給額
埋葬料 約5万円
埋葬費 ~約5万円(実費)

国家公務員共済組合加入の方へ

国家公務員共済組合に加入していた場合、その共済組合から葬祭費が支給されます。
該当する共済組合に請求する必要があり、期限は2年間となります。
また共済組合によって支給される料金が違う場合があるため各自で確認することをおすすめします。
支給額の目安は以下の通りです。
支給額
国家公務員共済組合加入の場合 5万円~27万円程度

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給している方は葬祭扶助制度を利用することができます。
葬祭扶助制度とは経済的に困窮している人を対象として自治体から葬儀費用が給付されるというものです。
葬祭扶助の中でできる葬儀が「福祉葬」「生活保護葬」「葬祭扶助葬」などと呼ばれています。
火葬など必要最低限の葬儀費用しか給付されないため注意が必要です。
制度の詳細や金額は自治体によって異なります。
前橋市で受け取れる支給額は以下の通りです。
支給額
大人 約20万円
小人 約16万円

前橋市在住の方へ

市民葬儀・区民葬儀
地域によっては市民葬・区民葬の制度があります。
市民葬・区民葬とは自治体が地元の葬儀社・斎場と提携して行う葬儀です。

前橋市では市民葬儀は行われていません。
費用
市民葬・区民葬 -
※自治体によっては金額が変更されている場合があります。
 現在の正確な金額については、各自治体のホームページをご確認ください。
市民料金
葬儀を行う地域によっては、市民料金で斎場もしくは火葬場を使用できる場合があります。
市民料金は通常よりも低価格であるため、費用を抑えることができます。

亡くなった方もしくは申請された方が前橋市にお住いの場合、市民料金で「前橋市斎場」を利用することができます。
区分 市内料金 市外料金
大人 無料 6万3000円
小人 無料 4万4000円
※自治体によっては金額が変更されている場合があります。
 現在の正確な金額については、各自治体のホームページをご確認ください。

前橋市の葬儀費用の相場

群馬県全体の葬儀費用の相場は162万円です。
前橋市全体では、100万円が相場となっています。

また、全国平均は135万円となっており、前橋市は全国平均より葬儀費用が安くなっています
全国的にライフスタイルの変化に伴って、小規模な家族葬や一日葬が増加しています。
家族葬は家族や親しい友人のみを呼んで行う葬儀で、近年人気が高まっています。

家族葬の費用相場は群馬県全体で135万円、前橋市では83万円となっています。
終活ねっとでは家族葬のプランを48万8000円からご用意しています。
前橋市の相場である100万円と比べて、費用面の負担を軽減できるのがおわかりいただけるのではないでしょうか?

葬儀費用の内訳は、葬儀一式にかかる費用・飲食接待費用・宗教者にかかる費用の3つが主となっています。
葬式費用の内訳はとても複雑です。
事前にプランの内容、追加オプションなどについてよく確認することが大切です。

「終活ねっとのお葬式」は、安心してご利用いただけるセットプランとなっております。
状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランをご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

葬儀費用の主な内訳

葬儀費用の主な内訳

葬儀アイコン葬儀一式にかかる費用

通夜・葬儀・告別式を執り行うために必要な費用

祭壇費
祭壇のレンタル費など
施設利用費
斎場や火葬場の利用にかかる費用
人件費
葬儀をサポートしてくれるスタッフ等の人件費
車両にかかる費用
棺、骨壷、仏衣、枕飾り、焼香具、供花、看板類、死亡届などの手続き

飲食接待費飲食接待費

通夜振る舞いや精進落としにかかる費用

通夜振舞い
オードブル、お酒など
精進落とし
懐石料理やお寿司。お酒など
返礼品にかかる費用
タオルやお茶、香典返しなど

寺院関連費用寺院関連費用

通夜振る舞いや精進落としにかかる費用

仏教の場合
お布施(読経料・戒名料・お車代・御膳料)
キリスト教の場合
献金
神道の場合
神饌料

葬儀費用を安く抑えるには?

葬儀費用を安く抑えるには

葬儀費用を抑える4つの方法

1.葬祭費給付金を利用する

国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入している場合は、自治体に申請することによって約1〜7万円(自治体によって異なる)の葬祭費給付金を受給できます。

2.費用を抑えられる葬儀形式を選ぶ

最近は費用が抑えられる葬儀形式も見受けられるようになってきました。
そのような葬儀形式を選択すると費用を大きく抑えることができます。詳しくは後述の(葬儀の種類とその費用・特徴)をご覧ください。

3.公営の斎場や火葬場を選ぶ

予約が取りづらい場合もありますが、民間の斎場・火葬場に比べて大きく費用を抑えることができます。

4.終活ねっとのお葬式で費用を抑える

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀費用についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

喪主・ご遺族のための基礎知識

ご逝去〜葬儀当日までにやること

葬儀費用を安く抑えるには

医師による臨終の診断

医師より死亡診断書を受け取り、臨終に立ち会った人で末期の水を取ります。そして湯灌(ゆかん)でご遺体を清め、死化粧をします。

病院へのご遺体の安置

病院で亡くなられた場合は霊安室にてご遺体を安置します。この間にご遺体の搬送先の決定、搬送の手配をします。

近親者への連絡

親族や親しい親戚、知人などには葬儀の日程が決まる前に死亡の連絡をします。連絡方法は電話やメールを使います。

ご遺体の搬送・退院

ご遺体を病院から搬送先に搬送し、北枕で安置して枕飾りを施します。

喪主を決める

喪主は個人と縁が深い方が務めることになります。一般的には法律上の相続人が喪主となることが多いようです。

葬儀社・お寺の手配

親族で葬儀の方針を決定し、葬儀社を手配します。菩提寺など縁のある寺院がある場合はそこにも連絡します。菩提寺がない場合は葬儀社に相談して手配してもらいます。

「死亡届」「火葬申請書の許可」

役所に死亡届・死亡診断書を提出します。その際、火葬許可申請書も同時に提出し、火葬の際に必要な火葬許可証を発行してもらいます。

忌引休暇の取得

葬儀の日程が決まったら、勤務先の忌引規定に従って忌引休暇を取得します。

葬儀後にやること

葬儀費用を安く抑えるには

遺品整理

手帳やパソコンにあるデータなど後日必要になる可能性のあるものは保管し、個人の愛用品などを形見分けします。遺品の処理や整理は専門の業者に以来するのも良いでしょう。

arrow_drop_down

弔問者への対応

何らかの事情で葬儀に参列できなかった方などが弔問に訪れる事があります。供物や供花、香典を頂いた場合は返礼品が必要になります。

arrow_drop_down

法事・法要

臨終から49日後に四十九日法要を執り行い忌明けとなります。その後お一周忌、三回忌など年忌法要を執り行います。

arrow_drop_down

香典返し

忌明けになったら、葬儀の際に香典を包んでくれた方に香典のお返しをします。頂いた香典の3分の1から半分ほどの金額の品物をお返しするのが目安です。

arrow_drop_down

葬儀後の手続き

世帯主の変更の手続きや国民健康保険の資格損失の提出、葬祭費の申請などを役所にて行うほか、税務手続きやガスや水道の契約変更も行います。

arrow_drop_down

相続

遺言書と法律に従い、相続を進めていきます。有価証券や借地権、著作権など相続できる財産は多岐にわたりますが、借金や住宅ローンなども相続する必要があります。また、個人宛ての香典や死亡退職金などは相続の対象となりません。

葬儀の種類とその費用・特徴

葬儀費用を安く抑えるには

各葬儀の特徴・相場

直葬・火葬式

直葬は、近親者のみで通夜や告別式は省略して火葬のみを行うシンプルな葬儀形式です。
お坊さんを呼ばずに式を執り行います。火葬式の場合は、お坊さんを呼びお経を挙げてもらう事が出来ます。

費用相場
一般的な費用相場:20-40万程度
終活ねっとの直葬:127,000円(税抜)
終活ねっとの火葬式:170,000円(税抜)
メリット
・時間や費用を抑えられる。
・心身的な負担を軽減できる。
デメリット
・菩提寺に納骨を断られることがある。
・周りの理解を得られない可能性がある。

一日葬

通夜を行わず、告別式と火葬を執り行う葬儀形式です。
費用を抑えつつ、最後のお別れをしっかりと行えます。

費用相場
一般的な費用相場:60万程度
終活ねっとの一日葬:305,000円(税抜)
メリット
・時間や費用を抑えられる。
・心身的な負担を軽減できる。
・葬送の儀式を行うことが出来る。
デメリット
・開始時間が午前中などの早い時間になってしまう場合がある。
・周りの理解を得られない可能性がある。

家族葬

ご家族やご親族のみで執り行う葬儀形式です。

費用相場
一般的な費用相場:60-150万程度
終活ねっとの家族葬:455,000円(税抜)
メリット
・一般葬に比べて香典返しや御礼品の費用が抑えられる。
・故人の最期にゆっくりと寄り添える。
・自由な形式で葬儀を執り行える。
デメリット
・葬儀後に弔問の対応に追われる可能性がある。
・周りの理解を得られない可能性がある。

一般葬

一般的に知られている、通夜・告別式から火葬まで、葬儀の儀式を一通り執り行う葬儀形式です。

費用相場
一般的な費用相場:200万程度
終活ねっとの一般葬:565,000円(税抜)
メリット
・葬儀後の弔問の対応を最小限に抑えることができる。
・菩提寺からの理解を得やすい。
・たくさんの人に会葬してもらうことが出来る。
デメリット
・他の葬儀形式に比べて費用がかかってしまう。
・心身的な負担が他の葬儀形式に比べて大きい。

葬儀の流れ

葬儀費用を安く抑えるには

逝去から通夜までの流れ

ご逝去

医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。
臨終に立ち会った人で末期の水をとり、湯灌でご遺体を清めます。

arrow_drop_down

お迎え・安置

法律により死後24時間は火葬できないため、ご遺体を安置します。
病院で亡くなられた場合は病院の霊安室で安置し、葬儀社が決まってから自宅や斎場の安置所に搬送します。

arrow_drop_down

葬儀の打ち合わせ・段取り

喪主などを決め、葬儀社と葬儀についての打ち合わせを行います。
また、「死届」や「火葬許可証」の手続きや訃報の連絡やその他手配などを行います。

arrow_drop_down

納棺

個人が好きだったものなどと一緒に納棺します。

葬儀費用を安く抑えるには

通夜の流れ

喪主・親族集合・準備

式の開始の2時間前には会場に入り、通夜の受付などの準備を行います。

arrow_drop_down

受付開始

開式に間に合うように受付を行います。
ご遺族は参列者に対して挨拶を行います。

arrow_drop_down

開式

一同着席してご僧侶の入場、黙礼で迎えます。

arrow_drop_down

読経・焼香

ご僧侶の読経の後、喪主・ご遺族・参列者の順に焼香を行います。

arrow_drop_down

閉式

喪主の挨拶が終わってご僧侶が退席すると、閉式となります。

arrow_drop_down

通夜振舞い

閉式後はそのまま通夜振る舞いを行います。
この際、喪主は開式と閉式の挨拶をし、お酌に回ります。

葬儀費用を安く抑えるには

葬儀・告別式の流れ

喪主・親族集合・準備

式の開始の1時間前には会場に入り、受付の準備などを行います。

arrow_drop_down

受付開始

開式に間に合うように受付を行います。

arrow_drop_down

読経・弔辞・弔電の奉読

一同着席してご僧侶の入場、黙礼で迎えます。

arrow_drop_down

読経・焼香

ご僧侶の読経の後、弔辞や弔電の紹介を行います。

arrow_drop_down

焼香

ご僧侶・喪主・ご遺族・参列者の順に焼香を行います。

arrow_drop_down

喪主の挨拶

主に参列に対するお礼を述べます。

arrow_drop_down

閉式・出棺

ご僧侶が退場して閉式となります。出棺の前にも喪主が一言挨拶をします。

arrow_drop_down

火葬

「納めの式」の後火葬を行います。火葬は約1〜2時間かかります。

arrow_drop_down

骨揚げ

足の方から順に箸で骨を拾い上げていき、骨壷に納めます。喪主から順に2人1組になって「橋渡し」を行います。

arrow_drop_down

繰り上げ初七日法要

斎場に戻り、繰り上げ初七日法要を行います。初七日法要はご臨終の七日後に行われる法要ですが、近年では繰り上げて火葬後に行われるのが一般的です。

arrow_drop_down

精進落とし

ご僧侶や参列者を招いて食事会を行います。

葬儀での身だしなみについて

葬儀費用を安く抑えるには

葬儀別の服装

一般葬

一日葬

通夜

準喪服もしくは正喪服を着用します。

葬儀・告別式

正喪服を着るのが習わしですが、近年では準喪服を着る人も増えてきています。

家族葬

基本的には一般葬と同じですが、親族で話し合って服装を自由に決めることもできます。

火葬式

直葬

個人に近い親族や近親者のみが参列するため、服装は親族で話し合って決めます。葬送の儀式を行わないため略喪服や寒色系の地味な服装であれば問題ない場合が多いです。

葬儀費用を安く抑えるには

喪服

男性

正喪服

モーニングコートにレギュラーカラーで白無地のシャツを着用します。ネクタイは黒無地の結び下げです。

準喪服

シングルまたはダブルのブラックスーツにレギュラーカラーの白無地のシャツを着用します。ネクタイは黒無地の結び下げです。

略喪服

黒のビジネススーツ、もしくは濃紺やダークグレーのスーツに白いシャツを着用します。ネクタイは寒色系の地味なもので構いません。

女性

洋装の正喪服

正式礼装に用いられる黒無地のワンピースかアンサンブルスーツに黒のブラウスを着用します。スカート丈はひざ下で、黒のストッキングを履きます。

和装の正喪服

シングルまたはダブルのブラックスーツにレギュラーカラーの白無地のシャツを着用します。ネクタイは黒無地の結び下げです。

略喪服

黒や濃紺、ダークグレーなどの地味でシンプルなワンピースに地味な色合いのブラウスを着用します。パンツスーツでも構いません。

子供

子供は幼稚園や小学校の制服を着用します。制服がない時は黒や紺などの地味な色合いの服装にします。

葬儀費用を安く抑えるには

小物やアクセサリー

男性は黒のプレーントゥの革靴を履き、女性は黒のパンプスを履きます。いずれも金具のないものを履きます。

ベルト

黒の革製で金具がシンプルなものを着用します。

アクセサリー類は基本外す

ネクタイピンやカフスボタンなども外し、結婚指輪のみとします。

腕時計

華美なものでなければ身に付けていても問題はありませんが、外していくのが無難です。

真珠のアクセサリー

真珠は涙を表すとされ、女性の場合は一連の真珠のネックレスや一粒のピアスを身につける事ができます。

葬儀費用を安く抑えるには

髪型

男性

清潔感のある髪型を心がけ、前髪は顔にかからないようにします。ワックスなどの整髪料は使っても構いませんが、使いすぎないようにします。長髪の場合は後ろで束ねます。

女性

髪が長い場合は耳より下の位置で一つに束ねます。また、ショートヘアやボブなどの場合は髪の毛を耳にかけ耳を出します。ヘアゴムやヘアアクセサリーは黒でシンプルなものを使います。

髪色

髪色については男女ともに明るい色は避けます。

葬儀費用を安く抑えるには

基本的な持ち物

ハンカチ

無地の白いハンカチを用意するのが望ましいです。

お布施

ご僧侶へのお布施を用意します。相場20〜30万円で袱紗に包んで持参します。

数珠

宗派に合わせた数珠を用意しますが、どの宗派でも使える略式数珠が便利です。また、数珠の貸し借りはマナー違反となってしまうので忘れないようにしましょう。

バッグ・カバン

黒無地のシンプルなものを選びましょう。革製やエナメル製のバッグはマナー違反となってしまいます。

香典返しについて

葬儀費用を安く抑えるには

香典返しに適した品物

品物の金額の目安

頂いた香典の金額の3分の1から半分が目安とされています。

後に残らないものが多い

「不幸を後に残さない」という意味合いで、食べ物や飲み物など後に残らない「消え物」が良いとされています。

香典返しに適さない品物

肉や魚など「四つ足生臭もの」と言われる品物は香典返しではマナー違反とされています。また、お酒も祝い事を意味するため基本的には香典返しには適しません。

葬儀アイコン主な香典返しの例

日用品
タオルや洗剤などの日用品も良く選ばれます。タオルには「悲しみを拭い、不幸を残さない」という意味があると言われています。
商品券やクオカード
近年では、香典返しとして百貨店の商品券やクオカードが贈られるケースも増えています。ただし、年配の方や目上の人に対してはマナー違反になってしまうこともあるので注意が必要です。
カタログギフト
カタログギフトは受け取った側が自由に商品を選べるため、近年香典返しとしても人気が高まっています。

香典返しをする時期

忌明け

香典返しの時期として一般的なのが49日を過ぎた忌明け後になります。

当日返し

葬儀当日に香典を頂いた方にお返しする当日返しも近年増えてきています。高額な香典を頂いた場合は後日追加でお返しをします。

香典返しの送り方

手渡し

直接会って手渡しするのが基本となります。当日返しの場合は手渡しとなります。

郵送

忌明けに送る場合など、なかなか直接会って渡すのは難しいです。そのため、近年では郵送するのが一般的です。

のし紙について

香典返しに用いるのし紙は弔事用の熨斗飾りのついていないのし紙で、掛け紙と言います。表書きには「志」「満中陰志」「粗供養」などが使われます。

3つの品質

スタッフのアイコン

厳しい基準を満たした葬儀スタッフ

終活ねっと独自の厳しい基準を満たしたスタッフのみが、葬儀の施行にあたります。

また客様からいただいた声を元に、定期的にスタッフの評価を行っており、評価の良いスタッフのみが葬儀の施行にあたれるようにしています。

女性オペレーターのイラスト

サービスの品質を常に改善

お客様アンケートから、常にサービスの品質を改善し、全ての客様が最高のお葬式を執り行うことができるように尽力をしています。

日本地図

全国各自に提携斎場

終活ねっとのお葬式は、全国各地の葬式場と提携しているので、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。

また全国どこでも同じ品質の葬儀ができるように努めています。

葬儀費用のお支払い方法

よくある質問

お葬式に必要とされる基本的な道具やサービスは、各プランに含まれております。
ただし、プランで設定された安置日数を超える場合やご希望される斎場、オプションの追加などによっては、別途費用が発生する場合がございます。

  • 火葬料金は別途お客様負担となります。

含まれておりません。
付き合いのあるお寺がある方は、直接お寺にご連絡ください。
もし、付き合いのあるお寺がない場合には、定額で終活ねっとにてご手配いただけます。

24時間365日いつでも、お葬式のプロが対応いたします。
お気軽にお電話ください。

お断りしても問題ありません。
急いで葬儀社を決めて高額な葬儀費用を請求されるケースもございますので、葬儀社は慎重にお選びいただくことをおすすめします。

各プランごとに目安の参列者数を想定しており、式場の大きさもプランによって変わってきます。
そのため、目安の参列者数を大幅に超えた場合、参列者の方々にご不便をおかけするだけでなく、スタッフの人件費が追加になる場合もあります。
参列者の人数が不明確な場合などは、コールセンターにご相談ください。最適なプランをご案内いたします。

運営会社

会社名
株式会社 終活ねっと
住所
〒106-6224
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 24F
設立日
2016年9月2日
資本金
1000万円
代表取締役
島津 勇一

前橋市の斎場/火葬場一覧

《アクセス数No.1》前橋市で斎場/火葬場(葬儀・家族葬)をお探しの方は【終活ねっとのお葬式】前橋市の費用相場よりも安く、直葬や一日葬、家族葬などが行える斎場/葬儀場/火葬場をご案内します。24時間365日いつでも、お気軽にご連絡ください。

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料