種類別の葬儀費用の相場とは?費用の内訳や安くする方法も解説!

最近では様々な種類の葬儀が行われていることをご存知でしょうか。今回、終活ねっとでは、種類別の葬儀費用の相場について、費用の内訳にも触れつつご紹介していきます。また、費用を安くする方法についても併せて解説していきます。

目次

  1. 種類別の葬儀の費用について
  2. 葬儀の種類別の費用相場について
  3. 葬儀費用の内訳の費用相場
  4. 葬儀費用を安くする方法
  5. 種類別の葬儀費用についてまとめ

種類別の葬儀の費用について

お金

皆さんの葬儀に対するイメージとしては、通夜や告別式、火葬などの儀式をしっかり行う葬儀をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

近年のニーズの多様化によって、実際に執り行われる葬儀にも様々な種類があり、盛大に執り行う葬儀だけではなくなってきています。

どのような内容で葬儀を実施し、どのくらいの参列者をお呼びするのか、葬儀の種類によって葬儀費用も異なってきます。

今回、終活ねっとでは、種類別の葬儀の費用について、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 葬儀の種類別の費用相場はどのようになっているのか
  • 葬儀費用の内訳はどのようになっており、それぞれどのくらいの費用相場となっているのか。
  • 葬儀費用を安くする方法についてご紹介

今回の記事を参考に、葬儀の種類別の費用相場どのくらいなのか、葬儀費用の内訳ごとの相場と葬儀を安くする方法について確認してみてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀の種類別の費用相場について

葬儀

葬儀はどのような内容で実施して、どれくらいの参列者をお呼びするかによって、費用が大きく違ってきます。

葬儀というと、たくさんの方をお呼びして盛大に実施され、葬儀にかかる費用としては200万円前後が必要という考えが一般的でした。

しかし、最近では通夜や告別式を執り行わない葬儀や参列者を限定するような種類の葬儀などが実施される場合も増えてきており、費用相場もそれらの葬儀の種類によって違ってきています。

以下では、それぞれの葬儀の種類について解説しつつ、費用の相場についてもご紹介していきます。

直葬

直葬は、一般的にイメージされる葬儀とは一番かけ離れた葬儀の種類ではないでしょうか。
直葬では、通夜や告別式などの儀式は執り行わず、火葬のみを行う葬儀の種類となっています。

様々な儀式を執り行わないことから、葬儀費用としてかかるコストは火葬に必要な費用と僧侶に支払うお布施などが主なものとなります。

葬儀費用の相場としては、20万円〜40万円程度となっています。

なお、直葬についてもっと詳しく知りたいという方は、以下のリンクから直葬についての詳しい記事をご参照いただけます。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

一日葬

一日葬は、告別式と火葬のみを行う葬儀の種類です。
直葬では通夜や告別式といった、故人との別れの儀式は一切執り行いませんが、一日葬では告別式という形で、故人との別れの儀式を執り行います。

したがって、故人としっかり別れを惜しみつつ費用を抑えたいという方に選ばれている葬儀です。

一日葬の費用相場としては、約60万円程度が相場となっています。

終活ねっとでは、一日葬についても詳しい記事を用意しています。
以下のリンクから、一日葬についての詳細な記事をご参照ください。

こちらも読まれています

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

家族葬

参列者に大勢呼ぶのではなく、家族や親族、親しい友人のみをお呼びして小さいく葬儀を実施する形式が家族葬です。

家族葬では、参列者が限定的で人数も少ないため、気兼ねすることなく葬儀を粛々と執り行うことができる点が特徴です。

また、参列者の人数が少ない分、費用も比較的安く済ませることができます。
家族葬の費用は大体60万円〜150万円程度の範囲が相場となっています。

終活ねっとでは、家族葬について詳しく書いている記事も用意しています。
以下のリンクから、家族葬についての記事をご参照ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

一般葬

一般葬は、一般的にイメージされる葬儀の形式です。
家族や親族のみならず、友人・知人、会社の関係者などたくさんの参列者を招いて盛大に執り行われます。

一般葬の費用は、葬儀の内容や参列者の数によって費用は異なってきますが、一般的な費用の相場としては200万円程度となっています。

終活ねっとでは、葬儀に必要な費用はどのくらいか、葬儀にかかる費用の内訳や安くする方法について解説した記事を用意しております。
以下のリンクを参照いただき、葬儀費用の詳細について確認してみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀費用の内訳の費用相場

お金

上記では葬儀費用の相場感をみてきました。

では、葬儀費用として必要な費用にはどのようなものがあるのでしょうか。
また、それぞれ必要となる費用は、一般的にはどの程度の費用相場となっているのでしょうか。

葬儀費用は手軽に支払える金額ではありませんので、事前に葬儀内容を検討しつつ、費用を見積もる必要があります。
葬儀費用としてどのような項目にどの程度の費用が必要となるのか、相場を把握しておくことで事前の見積もりもスムーズに出せます。

以下で、葬儀費用の内訳とそれぞれの相場について把握してみてください。

葬儀一式の費用

葬儀一式の費用は、葬儀に関連する一連の儀式、すなわち、ご遺体の搬送から通夜や告別式に関連して発生する費用となります。

具体的には、葬儀実施前であればご遺体を一定期間保存するためのドライアイスの費用やご遺体のメイクにかかる費用、枕飾りに必要となる費用などがあります。

通夜や告別式においては、遺影の写真代や位牌を用意するために必要な費用、また、通夜や告別式を実施する葬儀社スタッフの人件費なども必要となってきます。

どのような葬儀の内容にするかによって費用は異なってきますが、葬儀一式の費用は120万円程度が相場となっています。

飲食接待の費用

通夜や告別式の後には、故人を偲んで会食が開かれることが通例です。
通夜の後の会食を「通夜振る舞い」、告別式の後の会食を「精進落とし」といいます。

これらの会食を開くために必要な食事代や飲み物代に必要な費用が飲食接待の費用となります。

飲食接待の費用は、「通夜振る舞い」と「精進落とし」で相場異なってきます。

一般的には「通夜振る舞い」に必要となる飲食代はお一人2,000円程度で、参列者の人数分を用意することとなります。
これに対し「精進落とし」では、お一人3,000円〜5,000円程度が相場となっています。

寺院費用

寺院費用は寺院に対して支払う費用で、お布施としての性格のある費用です。

具体的には、お経を読んでくれた僧侶に対して、感謝の意を込めて支払う「読経料」や故人の戒名を行っていただく際に必要となる「戒名料」などがあります。

お布施としての性格が強いため、どのくらいの費用が必要となるかは寺院や地域によって異なりますので、相場というものがありません。

一般的に支払われている金額としては15万円〜50万円の範囲となっています。
寺院費用についてどのくらいのお金が必要であるかは、事前に確認しておき準備すると良いでしょう。

車両の費用

葬儀に関連して必要となる車両としては、ご遺体を病院から搬送するための「寝台車」、ご遺体を火葬場に搬送するための「霊柩車」、参列者を送迎するためのマイクロバスなどがあります。

一部の地域では、送迎用のバスにご遺体を安置するスペースがあったりもしますが、一般的には上記のような車両が必要となります。
マイクロバスは一日貸切での費用となり、7万円〜10万円程度が相場となっています。

「寝台車」と「霊柩車」は、基本使用料に距離に応じた費用が加算される費用の体系となっています。

「寝台車」の基本料金は9,500円程度からが一般的です。
また「霊柩車」の基本料金は、霊柩車のタイプに応じて幅があり1万5千円〜5万円程度が相場となっています。

供花の費用

供花は、故人を偲んで贈られる花で、祭壇の周り飾られる花輪などを指します。

供花は2基をワンセットで贈ることが一般的です。
供花の費用としては、1基7,500円〜1万5千円程度となりますので、2基で1万5千円〜3万円程度となります。

ただし、最近では1基でお贈りする方も増えてきていますので、必ずしも2基でお贈りしなくても問題はありません。

式場利用料

葬儀における式場利用料として必要な費用は、告別式などの儀式を執り行う会場としての斎場に必要な斎場利用料とご遺体を火葬する火葬場の利用料となります。

斎場も火葬場もそれぞれ民営か公営か、また地域によっても費用相場は異なってきます。
以下では、一般的な費用相場について解説していきます。

斎場利用料

民営の斎場を利用するか公営の斎場を利用するかによって、斎場利用料は異なってきます。

民営の斎場の場合、20万円〜40万円程度が費用相場となっています。
これに対して公営の斎場の場合、5万円〜10万円程度が費用相場となっています。

公営の斎場の方が安く経済的ですが、その分公営の斎場を利用する方が多いため希望の日時で斎場を予約することが困難な場合があります。

地域によってはほとんど民営の斎場しかない地域もありますので、お住いの地域の状況を事前に調べておくと良いかもしれません。

火葬場利用料

火葬場にも民営の火葬場と公営の火葬場があります。

ただし、火葬場については建設するための法的な手続きがあり、民間による建設のハードルが高いなどの理由もあり、公営の火葬場がほとんどとなっているのが現状です。

火葬場利用料の費用相場は、公営の場合1万5千円程度となっており、民営の場合3万5千円程度が相場となっています。

民営の火葬場は費用が少し高いですが、斎場と隣り合わせで移動する手間が省けるというメリットがあります。

祭壇の費用

葬儀において、会場前面に遺影の写真を飾ったりお花を飾ったりして故人を供養する祭壇が設けられます。

祭壇の種類としては白木祭壇と生花祭壇に大きく分けられます。
それぞれの祭壇についての費用相場にも触れつつ解説していきます。

白木祭壇

白木祭壇は、仏式の葬儀においては伝統的な祭壇です。
白木祭壇を購入することもできますが、一般的には、斎場で用意されてある祭壇をレンタルする形式となります。

白木祭壇にも種類があり、祭壇の大きさやデザインなどによってレンタルに必要な費用が異なってきます。
安いもので10万円程度から高いもので100万円を超えるようなものもあります。

どのような葬儀にするか、ご自身の予算とも比較しつつ用意するようにしましょう。

生花祭壇

生花祭壇は最近増えてきている祭壇の種類で、生花だけで形作った祭壇です。

生花祭壇に必要な費用は、どのような種類の花を用意するかによっても費用は異なってきます。
また、生花は季節や時期などによっても市場価格が異なってきますので、生花を用意する費用が変動します。

一般的には20万円くらいからの費用で検討する場合が多いようですが、葬儀社と相談しつつ検討すると良いでしょう。

葬儀費用を安くする方法

お金

葬儀を実施することとなった場合、葬儀に必要な費用の経済的な負担は決して軽いものではありません。

安く抑える方法を知っていれば、実際に葬儀を執り行うこととなった場合でも、その方法を適用することで用意すべき金額も違ってきます。

葬儀費用を安く抑える方法を事前に把握しておき、活用できるようにしておくと良いでしょう。

葬儀の種類を見直す

葬儀の種類ごとに費用の相場が異なることは上の項目でご紹介しました。
すなわち、葬儀の種類を見直すだけで葬儀費用を大幅に抑えることが可能です。

最近では葬儀を小さく実施するニーズが高まっていますし、価値観も多様化していることから葬儀にあまりお金をかけないという方も増えてきています。

葬儀の種類については、多額の費用をかけて盛大に実施すべきなのか、小さい葬儀でも十分ではないか、一度見直してみる必要があるかもしれません。

分割払いにする

葬儀社が用意している葬儀ローンを利用して分割払いにし、一括での負担を軽減する方法もあります。

これまでは現金一括払いが主流でした。
しかし、昨今では一括での現金を用意できない場合や様々なサービスの分割払いの一般化などの流れから、葬儀社各社でも分割払いに対応している会社が増えてきています。

この場合に申し込む葬儀ローンは、クレジット会社が用意しているローンサービスとなりますので、分割払いによる金利が発生する点に注意が必要です。

葬儀費用の扶助を受ける

故人が国民健康保険や社会保険に加入している場合、事前に申請することで補助金の扶助を受けることができます。

国民健康保険と社会保険で補助金の内容が異なりますので、以下で解説していきます。

国民健康保険の葬祭費

故人が国民健康保険に加入していた場合、お住いの市区町村に申請することで葬祭費の扶助を受けることができます。

お住いの自治体によって金額は異なりますが、3万円〜7万円程度の扶助が一般的となっています。

扶助には申請が必要ですので、あらかじめ自治体に確認しておくと良いでしょう。

健康保険の埋葬費

故人が社会保険に加入していた場合、勤務先か社会保険事務所に申請することで埋葬費の扶助を受けることができます。

被扶養者が申請する場合には、埋葬料として施主が受け取ります。
被扶養者がいない場合など、埋葬料を受け取る方がいない場合には埋葬費として、実際に埋葬を行った方が受け取ります。

種類別の葬儀費用についてまとめ

お金

いかがだったでしょうか。
今回、終活ねっとは、種類別の葬儀費用についてまとめてきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀には直葬、一日葬、家族葬、一般葬などの種類があり、それぞれの種類に応じて費用相場が異なる。
  • 葬儀費用の内訳は、葬儀一式の費用、飲食接待の費用、寺院費用、車両の費用、供花の費用、式場利用料、祭壇の費用などに大きく分けられる。
    どのような葬儀の内容にするかによって費用は異なってくるので、葬儀内容に応じて予算を見積もると良い。
  • 葬儀費用を安くする方法としては、葬儀の種類を見直してみることや分割払いにする、葬祭費用の扶助を受けるなどの方法がある。
    事前に把握しておき、葬儀費用の見積もり段階で検討してみると良い。

今回の記事を参考に、葬儀の種類に応じた費用相場や葬儀費用の内訳、葬儀費用を安くする方法について整理してみてください。

「葬儀・費用・種類」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・種類」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の詳細とは?形式別の相場や費用詳細の項目ごとの相場を解説のサムネイル画像

葬儀費用の詳細とは?形式別の相場や費用詳細の項目ごとの相場を解説

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説のサムネイル画像

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説

葬儀費用の総額はいくら?形式ごとの費用や費用の内訳についても解説のサムネイル画像

葬儀費用の総額はいくら?形式ごとの費用や費用の内訳についても解説

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!のサムネイル画像

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!

葬儀費用をより安くする方法とは?葬儀ごとの費用やポイントを解説!のサムネイル画像

葬儀費用をより安くする方法とは?葬儀ごとの費用やポイントを解説!

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

一般的な葬儀にかかる費用はいくら?費用に含まれる内容や内訳を解説のサムネイル画像

一般的な葬儀にかかる費用はいくら?費用に含まれる内容や内訳を解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説のサムネイル画像

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・費用・種類」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の詳細とは?形式別の相場や費用詳細の項目ごとの相場を解説のサムネイル画像

葬儀費用の詳細とは?形式別の相場や費用詳細の項目ごとの相場を解説

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説のサムネイル画像

葬儀費用を形式別に比較!葬儀費用の内訳や費用を抑える方法を解説

葬儀費用の総額はいくら?形式ごとの費用や費用の内訳についても解説のサムネイル画像

葬儀費用の総額はいくら?形式ごとの費用や費用の内訳についても解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと