古代の葬儀形式であるもがりとは?もがりの流れについても解説!

天皇陛下が言及された「もがり」とはいったいどんな葬儀形式なのでしょうか?なぜ皇室では「もがり」を行っているのでしょうか?今回は、古代の葬儀形式である「もがり」が行われるようになった理由、歴史的な起源、歴史書に残る手順や皇室でのきまりなどを紹介します。

目次

  1. もがりという葬儀形式について
  2. 葬儀のもがりとは
  3. もがりは風葬の一種?
  4. 天皇以外のもがりは禁止されている?
  5. もがりという葬儀形式まとめ

もがりという葬儀形式について

神社

平成の天皇陛下がご退位のご意向を示された際、「もがり」という葬儀儀式について触れられました。

天皇陛下が言及された「もがり」とは、いったいどんな葬儀形式なのでしょうか?
なぜ皇室では「もがり」を行っているのでしょうか?

今回、終活ねっとでは古代の葬儀形式である「もがり」について、「もがり」が行われるようになった理由や起源、歴史書に残る手順をまとめました。

あわせて、現代に残る「もがり」について、皇室葬儀令に定められた「もがり」の方法や今の葬儀慣習との関係などについてまとめています。

  • 「もがり」とはそもそも何?なぜ行うのでしょうか?
  • 「もがり」はいつから行われていたのでしょうか?記録に残っているのでしょうか?
  • 「もがり」はどんなふうに行われたのでしょうか?
  • 皇室で実際に行われている「もがり」
  • 葬儀形式としての「もがり」、風葬との関係
  • 「もがり」の衰退、禁止された「もがり」

以上の項目に分けて解説していきます。

古代の葬儀形式である「もがり」について深く知ることで、葬儀というものの意味や価値を見直すきっかけにしていただけたらと思います。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀のもがりとは

山

もがりとは、お弔いの起源ともいえる、日本の最も古い葬儀の形です。
亡くなったあとのご遺体を火葬したり土に埋めず、長期にわたって特別な家に安置し続け、葬儀を行うまでさまざまな儀礼を行うことをいいます。

肉体から去ってしまった霊魂を呼び戻し甦りを願う招魂(たまふり)の側面と、亡くなった人を悪霊から守りつつ、その霊を慰める鎮魂(たましずめ)の側面があると考えられています。

もがりを行う家のことを殯屋(もがりや)、喪屋(もや)、霊屋(たまや)、阿古屋(あこや)などと呼びます。
殯宮(もがりのみや)という呼び方もありますが、主に貴人のもがりの際に、そう呼ばれたようです。

亡くなった人のご遺体は棺に入れられた状態で殯屋に安置され、時には白骨化するまでの長い時間、家族などによる儀礼を受けました。
もがりの期間は、時代や亡くなった人の身分などにより、数日から数年の幅がありました。
殯屋では、残された家族は外部との接触を断ち、愛する人の死を嘆き悲しみ、歌や舞などで亡骸を慰め、死者に食事を捧げて共に生活します。

ご遺体が無情に変化していく様子を見守ることで、遺族は愛する人の甦りを諦め、その死を確認し、受け入れました。

もがりの起源

現代の私たちは、もし愛する人が亡くなってしまったら嘆き悲しみ、ご遺体に対して、叶うことなら生き返ってほしいと願うでしょう。
その一方で、愛する人の魂が永遠に安らかであるよう、心から祈るでしょう。

もがりの起源は、ご遺体を大切にする日本人の死生観があらわれた葬儀儀礼といえるのではないでしょうか。

もがりには、家族がご遺体と添い寝をすることで、先祖からの霊力を受け継ぎ、加護を得るという意味もあったようです。
日常生活から死を隔離することは、病の感染を防ぎ、共同体を死の穢れから守ることにもなります。

「もがり」という言葉自体の起源は、明確にはわかっていませんが、「も(喪)あ(上)がり」から発生した言葉ともいわれています。
万葉集には、「もがり」よりも早く、「あらきのみや」という言葉が登場します。
「あらき」は「荒城」とも「殯」とも考えられますが、死者のために新たに作られた空間を表現していると考えられます。

「殯」という漢字自体も、“死者を客としてもてなす”という意味を形成しているとされています。

古事記や日本書紀にも、もがりを描写しているとされる記述が多くあります。
天椎彦(あめわかひこ)の死に際しては、ご遺体を喪屋に納め、8日間にわたり何人もの人が泣き叫んで悲しみました。
そして死者に食事を捧げて歌や舞踊で慰めた、と記されています。

天武天皇が亡くなった時は、2年以上にわたるもがりが行われたと考えられています。
殯宮に親族が集まり、祭壇には食べ物や飲み物、歌や舞がなされたと記されています。

もがりの流れ・手順

次にもがりの流れと手順についてご紹介します。
日本の古書・史書には、もがりの具体的な方法の記述がありませんが、中国・隋の時代の歴史書『隋書』には、比較的具体的な記述があります。

隋書によると、倭国(日本と考えられる)では、身分の高い人物が亡くなると、

  • ご遺体を棺におさめる
  • もがりの期間は3年間
  • 歌や舞をご遺体に捧げる
  • 死者の妻子や兄弟は白布の服を身に着けて過ごす
  • 3年経過後、吉日を占ってご遺体を埋葬する

と書かれています。

『隋書』は、倭国の他に朝鮮半島の高句麗で行われていたもがりについても記述しています。

  • ご遺体は家屋内でもがりを行う
  • もがりの期間は3年間
  • 吉日を選んで埋葬する
  • 死者の父母と伴侶は3年の間、喪に服す

天皇の遺体安置所としての殯宮(もがりのみや)

日本の古書・史書では、天皇のご遺体にもがりが行われていたことが記されています。

古代においては、天皇だけでなく、皇族のご遺体に対しても、もがりを行っていました。
天皇以外の皇族の場合、殯宮は必ず宮殿の外に設けられていましたが、天皇だけが、宮殿の中に殯宮を設けることとされていました。

明治・大正・昭和の歴代天皇が崩御された際に設けられた殯宮も、皇居宮殿の中につくられました。

1989年の昭和陛下のご崩御に際しては、ご遺体は昭和陛下のお住まいであった吹上御所で2週間ほど過ごされました。
ご遺体はその後、宮殿の松の間に設けられた殯宮へとお移りになり、棺に入られて安置されました。

ご遺体が殯宮に安置されたのちも、ご葬儀(大葬の礼)までの約1ヶ月にわたり、昭和陛下に近しい方々による付き添いが続きました。
これを殯宮祗候(ひんきゅうしこう)と呼びます。
暗闇の中、ご遺体のそば近くで故人を偲ぶことをいい、昭和陛下の殯宮では、毎日10人ほどが殯宮祗候を行ったそうです。

皇室葬儀令によると、殯宮での行事は以下のように定められています。

儀式名
死後13日目 殯宮移御の儀
以降毎日 殯宮日供の儀
殯宮移御後一日祭の儀
殯宮拝礼の儀
殯宮二十日の儀
殯宮三十日の儀
殯宮四十日の儀
斂葬前殯宮拝礼の儀
死後45日目前後 斂葬当日殯宮祭の儀

※「斂葬」とは、埋葬のことです。

もがりは風葬の一種?

null

もがりには、ご遺体を自然のままに任せる、という側面もあります。

ご遺体を人為的に埋葬せず、自然のままに任せる葬儀の形として、「風葬」というものがあります。
風葬はその名の通り、亡くなった人のご遺体を自然な環境の中で風にさらし、自然に朽ちていく(風化)に任せることです。
自然な崖や洞窟などを利用して行われ、世界の様々な地域や民俗で確認されています。

日本においても、樹上に棺を吊り下げたり、高い台の上に放置するなど、風葬と思われる方法が伝わっています。

沖縄や奄美では、風葬が比較的近年まで行われていました。
その方法は、ご遺体の棺を一定期間安置したあとに風化し白骨化したご遺体を親族が洗い(洗骨)、厨子に納める、というものです。

このような葬儀の風習は、もがりの形の一種と考えられています。

天皇以外のもがりは禁止されている?

神社

長期にわたる様々な儀礼を経て古墳など大規模な墳墓に埋葬することを、「厚葬」と呼びます。
もがりには、墳墓を築く間、埋葬を待つご遺体を慰める、という意味合いもあったと考えられます。

日本書紀によると、厚葬を禁じ、身分に応じた葬儀の簡略化や規模縮小を求めた「薄葬令」が、大化2年(646年)に出されています。
もがりも、厚葬の一部であると、一般には禁じられました

天皇の御陵においても、建設に費やしてよい日数を7日間と限定したため、前方後円墳のような巨大な規模の墳墓もつくられなくなります。
日本で広まっていた仏教の影響などもあって火葬が普及したことも、もがりを含む厚葬の衰退につながりました。

それでも、庶民の民俗に根付いていたもがりは、お通夜の習慣や地域ごとのしきたりとして、現在の日本に受け継がれています。

もがりという葬儀形式まとめ

光

いかがでしたか?

今回、終活ねっとでは、古代の葬儀形式である「もがり」について、以下のことを解説してきました。

  • 「もがり」とは、ご遺体を埋葬する前に長期間、殯屋(もがりや)に安置し、さまざまな儀礼を行うこと
  • 「もがり」の目的は、死者の魂を慰め、霊力を受け継ぎ、甦りを願うこと。
    一方で、日常生活から死を隔離するという意味合いもある
  • 「もがり」は日本人の死生観に根ざした習俗で、中国の隋書や古事記・日本書紀などの歴史書に記述がある
  • 「もがり」の具体的な方法の記録はほとんど無い。
    隋書によると期間は3年、殯屋に安置して悲しみ、歌舞を捧げたのち、埋葬する
  • 昭和天皇ご崩御の際、吹上御所での2週間の安置ののち、皇居宮殿松の間に殯宮(もがりのみや)が設けられ、約30日間のもがりが行われた
  • 「もがり」はご遺体を自然に任せる、という点で風葬と共通点が多く、沖縄などで見られる洗骨は「もがり」の一形態と考えられている
  • 「もがり」は636年に一般には禁止された

愛する人との永遠の別れは本当に辛く、悲しいものです。
遥か太古から続くこの悲しみは万国共通です。
人類の葬儀の歴史の出発点に「もがり」があった、といえるのかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「もがり・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「もがり・葬儀」についてさらに知りたい方へ

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。のサムネイル画像

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説のサムネイル画像

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!のサムネイル画像

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!

遺体の搬送を全て解説!自宅・病院からの搬送の流れや費用相場も紹介のサムネイル画像

遺体の搬送を全て解説!自宅・病院からの搬送の流れや費用相場も紹介

遺体の安置方法とは?安置する期間や安置所の種類・注意点を全て解説のサムネイル画像

遺体の安置方法とは?安置する期間や安置所の種類・注意点を全て解説

江戸時代は土葬が主流だった?当時の葬儀の流れやマナー、服装も解説のサムネイル画像

江戸時代は土葬が主流だった?当時の葬儀の流れやマナー、服装も解説

平安時代の葬儀のやり方とは?葬儀の流れやお墓、葬儀屋も解説のサムネイル画像

平安時代の葬儀のやり方とは?葬儀の流れやお墓、葬儀屋も解説

遺体の安置はどうする?管理や搬送の方法などの葬儀までの流れを解説のサムネイル画像

遺体の安置はどうする?管理や搬送の方法などの葬儀までの流れを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「もがり・葬儀」についてさらに知りたい方へ

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。のサムネイル画像

人はなぜ埋葬をするのでしょうか?その意味と事情を探ります。

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説のサムネイル画像

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!のサムネイル画像

日本の葬儀の種類や流れとは?葬儀の特徴や費用が高い理由も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと