葬儀にお供えする花の金額相場は?送り方やお礼の方法についても解説

葬儀のお供えに花は欠かせません。しかし、いざお葬式に花を贈ろうと思っても、いくらくらいのものをいつ送ってよいかわからないことはありませんか?そこで今回は葬儀のお供えの花の金額相場についてや、花を送るタイミングやマナーについてご紹介します。

目次

  1. 葬儀にお供えする花について
  2. 葬儀にお供えする花の種類
  3. 葬儀にお供えする花の金額相場
  4. 葬儀にお供えする花の送り方
  5. 葬儀での供花の飾る順番
  6. 葬儀に送られた花へのお返しマナー
  7. 葬儀にお供えする花のまとめ

葬儀にお供えする花について

葬儀

ほとんどの宗教でお葬式には花がお供えされています。
この花は故人の親族や近しい方が準備されるものです。
そのため、今まで幾度かお葬式の際に花をお供えしようと思われた方も多いのではないでしょうか?
しかし、とっさにどのくらいの金額で花を用意してよいのか迷いますよね。
そこで今回終活ねっとでは葬儀にお供えする花について

  • 葬儀にお供えする花の種類とは何か?
  • 葬儀にお供えする花の金額相場について
  • 葬儀に花をお供えする場合の送り方
  • 葬儀で花を飾る順番の決め方について
  • 葬儀に送られた花へのお返しのマナーとは?

以上について解説いたします。
葬儀に花を送りたい方にも、葬儀で花をいただいた方にも役立つ内容となっております。
どうぞ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にお供えする花の種類

葬儀

一口に葬儀でお供えする花といってもその種類はさまざまです。
例えば供花・枕花・献花などがありますが、弔問する人が用意する花は主に供花です。
故人との間柄によっては枕花も準備します。
こちらで、その花の種類についてより詳しくご説明します。

供花

供花とはお通夜やお葬式で、故人を弔うためにお供えする生花のことです。
形態としてはフラワーアレンジやスタンド花が一般的です。
一般の弔問客から送られたお供え物と同様に、祭壇付近に飾られます。

供花は仏式やキリスト教式、神式などほとんどのお葬式で供えられます。
しかし、宗教により飾るお花の花材などが違うため注意しましょう。

仏式では菊や百合、カーネーションなど和花・洋花問わず使われます。
色合いは白中心で差し色に紫や黄色が入ります。
神式においても、仏式とほぼ供花はありません。
ただし、色合いは白や黄色中心で、特に菊の花が好まれます。

キリスト教式では洋花中心となり、色合いは白や淡い色中心となります。
お花の形態は教会に持ち運びやすいよう、フラワーアレンジがよく使用されています。

枕花

枕花は、お通夜の前から故人の近くにお供えするお花です。
故人の枕元にお供えされることから、このように呼ばれます。
こちらは親族や故人とすごく近しい人から送られるのが一般的です。
送る側は、訃報を受けたら速やかに、ご遺体が安置してあるところへ届くように手配します。

枕花は、お通夜やお葬式会場にも持ち運びされるため、フラワーアレンジや背丈の低いスタンド花がほとんどです。
小ぶりなものであれば、鉢花も良いでしょう。

花輪

地域によってはお通夜やお葬式の際、玄関先に花輪を飾るところがあります。
ただし、花輪は造花で作られているため、キリスト教式のお葬式などでは飾られません。
花輪を送る人は個人ではなく、故人の勤めていた会社など法人・団体が一般的です。

献花

献花とは、キリスト教・カトリック式の葬儀告別式で出棺前に故人に捧げるお花です。
献花は、仏式のお葬式における焼香の代わりです。
方法としては、弔問に訪れた方々が一人ずつ献花台に花を置いていきます。
この時の花は、白色の菊の花もしくはカーネーションがよく用いられます。
キリスト教・プロテスタント式のお葬式では、告別式をせず、こちらの献花のみが行われることもあります。

神道の場合

仏式のお葬式の焼香の代わりに、神式では玉串奉奠(たまぐしほうてん)がなされます。
玉串とは、榊の枝に紙垂(しで)という紙片を下げたたものです。
弔問に訪れた方は一人ずつ、こちらの玉串を神官から受け取り、祭壇前に設置された台の上に置いていきます。

葬儀にお供えする花の金額相場

お金

供花の金額相場は、1万円~5万円です。
ただし、故人との付き合いや関係の深さにより異なるため個々に見ていきましょう。

親族や特に親しい方が供花をお供えする場合は、一基が1万円~3万円が相場です。
この中で最も選ばれやすい価格帯は1万5,000円~2万円となります。
花の形態はフラワーアレンジやスタンド花、鉢花など何でも良いです。
一対の場合は1万5000円~5万円が平均です。
この中で人気の価格帯は2~3万円です。
一対でお供えする場合は、フラワーアレンジやスタンド花が人気です。

知人や職場の方、ご近所の方などが花をお供えする場合は、一基であれば7000円~2万円が相場です。
このような間柄であれば、一対ではなく一基で送った方がご遺族に気を使わせ過ぎないでしょう。
また例えば一対2万円より一基で2万円の方が見映えも良いためおすすめです。

連名で送る場合は、1人あたり3000円~1万円負担する計算で、供花の総額が1万円~5万円になるものを選ばれる方が多いです。

例えば2人で花をお供えする場合は、一人が5000円、総額が1万円になるといったパターンです。
また人数が多い場合、一人あたりの負担金額が少なくても、総額が大きくなりがちです。
そうなった際は、一基ではなく一対で供花を贈っても良いでしょう。

葬儀にお供えする花の送り方

葬儀

お通夜やお葬式などは何かと慌ただしいものです。
そのような中で円滑に供花を手配するために必要なポイントをいくつかピックアップしました。
お通夜やお葬式に供花を贈る際の参考になさってください。

葬儀社に依頼する

仏式・神式のお通夜やお葬式の際には葬儀社にお花を依頼するほうが無難です。
なぜなら葬儀社によっては、祭壇との統一感を出す都合上、外部からの供花を一切受付てない場合があるからです。
また外部の生花店に供花を依頼する場合は、必ず葬儀社や会館に花を持ち込んで良いか相談した上で依頼するようにしましょう。

葬儀社に依頼した場合、供花の費用はいつ、誰に支払うかきちんと確認しましょう。
お通夜やお葬式の終了後に担当の方に渡すケースや、事務所へ行って支払うケース、銀行振込などさまざまな支払い方法があります。

宛名・宛先は?

宛名は喪主の名前にします。
同姓の方との混同を避けるため、必ず喪主のフルネームを記載するようにしましょう。
また宛先ですが、仏式と神式の場合はお通夜やお葬式の会場へ到着するように手配します。

キリスト教式では、原則として故人のご自宅へ届くようにします。
もしご遺族の希望などで教会に直接送る場合は、司祭や牧師へ花を送って良いかの確認の上で手配します。
また牧師や司祭が指定した花屋のもの供花しか受け付けないこともあります。
この場合はその生花店から教会へ配達してもらいます。

送るタイミング

供花を贈るタイミングも非常に大切です。
神式・仏式でお通夜と葬儀告別式が同じ場所で行われる場合は、お通夜に供花が届くようにしましょう。
その場合は、遅くてもお通夜の3~4時間前には届くようにしておきましょう。

お通夜と葬儀告別式が別の会場の場合は、お葬式の会場へ供花を届けます。
その際も、開始の3時間前には到着しておくのが望ましいです。
お通夜やお葬式の会場準備は何かと忙しいため、できるだけ早めに供花を届ける方が相手への負担になりません。

キリスト教式では故人のご自宅へ供花を送るのが原則とされています。
追悼ミサの前日にはご自宅へ届くように手配しましょう。

送る単位は一基?一対?

送る単位には一基または一対があります。
一基とは、フラワーアレンジやスタンド花なら1つのことです。
一対とは同じものが2つのことです。

一対であれば祭壇の左右に飾ることとなります。
一基と一対どちらで送るのが良いのかという明確な決まりごとはありません
予算にあわせて選ばれることをおすすめします。

名札の書き方

仏式や神式でお通夜やお葬式に供花を送る場合、名札を付けご遺族に分かりやすいようにします。
しかし、キリスト教式では基本的には付けません。
こちらで、仏式や神式のお葬式における名札の書き方をご説明します。

個人であれ連名であれ、名札の作成は葬儀会社や花屋がします。
このため、お花を注文する際は名前の漢字間違いや、連名の順番間違いがないように伝えましょう。

個人の場合

故人と親しかった人が個人で花を送る場合は、フルネームでも名字のみでも構いません

また、会社の経費で供花を出す場合は代表取締役の個人名で送るようにします。
その際は必ず社名も入れます。
社名は、略さず有限会社や株式会社などから入れましょう。
代表者名で送る場合の例ですが、「株式会社 ○○産業 代表取締役○○ ○○」となります。
会社名が長い場合は(株)や(有)としても問題ありません。

連名の場合

連名で送る場合は、必ず右側に目上の人や年上の人の名前がくるようにします。
また役職がつく場合は役職も名前の上に入れるようにします。
例えば、会社の上司二人が連名で花を贈る場合は「有限会社 ○○機器 営業部部長○○ ○○ 総務部部長□□ □□」となります。

連名でそれぞれの名前を入れる場合、2~4名までがバランスが良いでしょう。
それ以上の人数となると、「○○一同」とすると良いです。
例えば「○○サークル 友人一同」や「株式会社○○ □□支店営業部一同」などです。
この一同とした場合、全員の住所と名前を書いた紙を封筒に入れ、別にお葬式の受付などに渡します。

葬儀での供花の飾る順番

葬儀

葬儀での供花を飾る順番ですが、決まりがあります。
まず最優先なのは故人の親族で関係が深い方です。
故人に近い間柄の方の供花を、棺の近くから順番に左右に並べます。
そちらを終えたら、友人や会社関係の方からの供花も並べていきます。
こちらも付き合いの深い方から順番に並べていきます。

もし、友人や会社関係の方の付き合いの度合いが分からなければ、50音順で対応しても良いでしょう。

葬儀に送られた花へのお返しマナー

人々

葬儀で供花をいただいた場合の、お返しのマナーについてご説明します。
お香典と一緒に供花をいただいた場合は、相手に香典返しをします。
供花のみをいただいた場合は、お返しは不要とされていました。
しかし、近年では香典返しほどの品物ではなくても、心ばかりの品をつけてお礼状を出される方が増えています。
その際のマナーについて見ていきましょう。

品物の選び方

それでは、実際に供花をいただいた場合のお返しの金額や品物の選び方について解説します。

金額相場

まず、供花に対するお返しの金額についてご説明します。
お返しの金額は、お香典を一緒にいただいているか、いないかで違ってきます。
一緒にお香典をいただいている場合は、お香典の額に応じた品を少しグレードアップする方が多いです。
例えばお香典を1万円といただいている場合、お返しは3000円~5000円となります。
そちらにさらに供花を贈られた場合は、お返しの品を総額4000円~6000になるようにするといった対応です。

次に供花のみをいただいた場合ですが、花というものは金額が良く分かりません。
このため、2000円~5000の間で一律でお返しをされる方がほとんどです。

おすすめの品物

供花のお返しとして好適品として挙げられるのは、香典返しと同様のものです。
例えば、お茶や洗剤、石鹸、タオルセットなどです。
このような使ってなくなる「消えもの」や日用品などが供花のお返しにはふさわしいです。
また近年では、弔事用のカタログギフトも人気です。

お礼状の例文

最後にお返しの品につけるお礼状の例文をご紹介します。
品物と一緒にお礼状を送付するのは忌明け後であるため、仏式では忌明けの法要が済んだ挨拶が入ります。
神式では四十九日の法要ではなく五十日祭、キリスト教式では召天記念日が忌明けの目安となります。
宗教に合わせて忌明けの挨拶文面は変わります。

例文 仏式の場合のお礼状
謹啓 時下ますますご清祥のこととご拝察申し上げます
先般 父○○○○儀 永眠の際にはご多用中にもかかわらずご会葬くださり その上過分なるご厚志を賜りましたこと 厚く御礼申し上げます 
お陰様をもちまして本日 四十九日の法要を営みましたことをご報告申し上げます 
つきましては供養のしるしまでに 心ばかりの品をお届けいたします
どうぞお納めくださいますよう お願い申し上げます 
早速参上してお礼を申し上げるべきところ 失礼ながら略儀にて書状を持って謹んでご挨拶申し上げます 謹白

葬儀にお供えする花のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
葬儀にお供えする供花の金額についてや送り方、受け取った際のお返しについて解説してきました。
今回終活ねっとがお伝えした内容は以下のとおりです。

  • 葬儀にお供えする花には供花・枕花・花輪・献花・玉串奉奠がある
  • 葬儀にお供えする花の金額相場は1万円~5万円だが、故人との関係性によって変化する
  • 葬儀に花をお供えするには、葬儀社への依頼や相談が欠かせない
  • 神式・仏式ではお通夜やお葬式の会場に前もって届くように手配し、あて先は喪主である
  • 送る単位は一基でも一対でもどちらでも良い
  • 神式・仏式では贈った花に名札をたてご遺族に分かりやすいようにするのがマナーである
  • 葬儀において親族や近しい人の供花が棺の近くに飾られる
  • 供花をいただいた場合は、香典返し品に上乗せしてお返しすることが多い

以上となります。
こちらの記事が供花を贈りたい方やいただいた方の参考となれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、本記事以外にも葬儀についての記事をたくさんご用意しております。
どうぞ下記記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・お供え・花」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・お供え・花」についてさらに知りたい方へ

葬儀後の散骨費用はいくら?散骨の注意点や内訳についても解説!のサムネイル画像

葬儀後の散骨費用はいくら?散骨の注意点や内訳についても解説!

葬儀の会場の種類や選び方って?費用相場や選ぶ際の注意点をご紹介!のサムネイル画像

葬儀の会場の種類や選び方って?費用相場や選ぶ際の注意点をご紹介!

葬儀への花輪の手配方法は?花輪の金額相場や送るタイミングも解説!のサムネイル画像

葬儀への花輪の手配方法は?花輪の金額相場や送るタイミングも解説!

葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介のサムネイル画像

葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介

広島県の葬儀費用について解説!申請できる給付金についてもご紹介!のサムネイル画像

広島県の葬儀費用について解説!申請できる給付金についてもご紹介!

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

プロテスタントの葬儀の流れとは?葬儀の特徴や細かなマナーも解説のサムネイル画像

プロテスタントの葬儀の流れとは?葬儀の特徴や細かなマナーも解説

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説しますのサムネイル画像

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説します

葬儀の席順や席順が持つ意味は?家族葬の場合やマナーをご紹介!のサムネイル画像

葬儀の席順や席順が持つ意味は?家族葬の場合やマナーをご紹介!

会社関係の葬儀に参列するときの作法を解説!マナーや香典も紹介のサムネイル画像

会社関係の葬儀に参列するときの作法を解説!マナーや香典も紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・お供え・花」についてさらに知りたい方へ

葬儀の花の手配方法とは?供花の種類や金額から宗教による違いも解説のサムネイル画像

葬儀の花の手配方法とは?供花の種類や金額から宗教による違いも解説

葬儀の会場の種類や選び方って?費用相場や選ぶ際の注意点をご紹介!のサムネイル画像

葬儀の会場の種類や選び方って?費用相場や選ぶ際の注意点をご紹介!

葬儀で履く革靴の色は?男性と女性の革靴マナーについて解説します!のサムネイル画像

葬儀で履く革靴の色は?男性と女性の革靴マナーについて解説します!

孤独死の葬儀はどうなる?孤独死の原因から防ぐ方法も解説のサムネイル画像

孤独死の葬儀はどうなる?孤独死の原因から防ぐ方法も解説

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説のサムネイル画像

葬儀で贈るお花は何という?名前の書き方やお返しの仕方まで解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと