葬儀は何時から始まるの?通夜の開始時間や日時の決め方も解説します

訃報が入り、慌ただしく準備をして葬儀に出かけなくてはいけないという経験したことをある人は多いでしょう。葬儀の始まる時間は何時からと決まっているものなのでしょうか。ここでは、葬儀は何時から始まるのかを、お通夜の開始時間や日時の決め方と併せて解説していきます。

目次

  1. 葬儀は何時からについて
  2. 葬儀は何時から執り行う?
  3. 葬儀の開始時間の決め方
  4. 葬儀は全体で何時間かかる?
  5. 通夜は何時から執り行うべき?
  6. 通夜・葬儀の日程はどうやって決める?
  7. 葬儀は何時からに関するまとめ

葬儀は何時からについて

葬儀

訃報はいきなり入ってくるものです。
もちろん、予定などしてないので出かける準備は慌ただしくなります。

葬儀が行われる時間は、何となくいつも同じような時間になっているように思います。
葬儀の開始時刻に関する決まり事などはあるのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀は何時から始まるのかをお通夜の開始時間と日時の決め方と共に以下の項目を解説していきます。

  • 葬儀は何時から執り行うのか?

    開始時間と流れを解説します。

  • 葬儀の開始時間の決め方は?

    開始時間をどのような方法で決めるのかを解説します。

  • 葬儀は全体で何時間かかる?

    葬儀が行われる一般的に要する時間を解説します。

  • お通夜は何時から執り行うべきか?

    お通夜の開始時刻に関して解説します。

  • お通夜や葬儀の日程に決め方は?

    お通夜と葬儀の日程を決める方法を解説します。

葬儀は何時から始めるのかを詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧いただき、理解を深めていただければと思います。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀は何時から執り行う?

困った人々

葬儀に幾度か参列していると 多くの葬儀がほとんどが同じような時刻に開始されていることに気が付きます。
これは偶然なのでしょうか。
それとも、何か決まり事があって同じような時間に開始されているのでしょうか。

ここでは、葬儀は何時から執り行うのかを、葬儀の流れと共に解説をします。

12時開始が一般的

葬儀・告別式が行われた後は必ず火葬が行われます。
そのため、葬儀の開始時間は火葬場のスケジュールによって決まります。
火葬場の多くは10時から15時の間しか稼働していない場合が多く、その時間帯に火葬が出来るように葬儀のスケジュールが組まれることになるのです。

また、葬儀場のスケジュールも絡んできます。
午後も遅い時間になると、次のお通夜が控える可能性もあるからです。
これらのことを総じて葬儀の開始時刻を逆算していくと、昼の12時前後の時間帯である10時から13時頃までが葬儀の開始時間には適している時間と言えます。

12時から葬儀を行う場合の流れ

12時から葬儀が開始される場合、30分前の11時半頃には受付が始まります。
12時に葬儀が始まり、僧侶の読経が始まります。
20分後にはご焼香が始まり、12時40分頃には喪主の挨拶及び司会者による閉式の言葉があります。

その後、出棺となり火葬場へ向かうのが一般的な流れになります。

葬儀は夜にもできる?

葬儀は基本的に火葬場のスケジュールに沿って行わると理解したほうが良いでしょう。
葬儀の後は火葬まで行うのが一般的で、火葬場の稼働時間を考えると夜に葬儀を行うことは実質的に不可能になります。
そのため、葬儀はほとんどの場合が13時頃開始が最終で行われることになるのです。

ただし、地域によっては先に火葬が終わってから葬儀が行われる場合もあります。
そのような地域では夕方から葬儀が行われる場合もあります。

葬儀の開始時間の決め方

葬儀

葬儀の開始時間はお昼の12時前後が多いことがわかりました。
具体的に何時から開始するのかは、どのようにして決めるのでしょうか。

先述のように葬儀は火葬場のスケジュールによって開始時間は左右されます。

基本は火葬場の稼働時間内に火葬を終えることです。
さらに、火葬場の空き状況の兼ね合いもあります。
これらを総合して適切な葬儀の開始時間を絞っていくことになります。

早ければ9時から葬儀を行うこともスケジュール的には可能になりますが、あまり早い時間だと遠方の参列者の方だと間に合わない可能性が出てきます。
参列者の都合も考えて葬儀の開始時間は決めていくことも大切です。

また、僧侶や葬儀場の都合も加味しないといけません。
菩提寺の僧侶にお願いする際は、予め他の予定などが入っていることもあるのでスケジュールを確認してもらう必要があります。
火葬場の稼働時間ギリギリに合わせた葬儀開始時間ですと、お通夜が夕方から入っていて葬儀場の都合がつかないこともあります。

火葬場に参列者、僧侶や葬儀場の都合を見て総合的に判断して葬儀の開始時間は決めることになります。
火葬場や葬儀場の都合に関しては、基本的に葬儀場の担当者が段取り良く進めてくれるはずです。

葬儀は全体で何時間かかる?

葬儀

葬儀は司会者の開式の言葉で始まります。
僧侶の読経が始まり、20分後くらいにはご焼香が始まることになります。
参列者の数でご焼香にかかる時間は変わってきますが、10分から20分程度みておけばよいでしょう。

その後、閉式の言葉があり出棺まので時間が10分程度かかります。
トータルで1時間程度の時間がかかると思っておけばよいでしょう。
親族については、この後火葬場へと向かうことになります。

以下の記事では、葬儀にかかる時間やスケジュールについて詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀にかかる時間ってどのくらい?スケジュールについても解説します

葬儀の連絡は突然入ることが多く、親族なども予定を合わせるのが大変です。そこで葬儀にかかる時間について解説します。一般的な葬儀のスケジュールや形式別のかかる時間の目安もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

通夜は何時から執り行うべき?

葬儀

お通夜は葬儀の前日に執り行われます。
葬儀の日程とは違い、火葬場の空き状況などは関係してこないはずです。

何時から執り行なえばよいのでしょうか。
何か決めごとでもあるのでしょうか。

ここでは、お通夜は何時から執り行うべきかを解説します。

17時〜18時が一般的

お通夜は故人との最後の夜を共にする場になります。
葬儀の前日に行われ、僧侶により通夜式が行われます。
最近では、仕事の兼ね合いなどで葬儀よりもお通夜に参列する方のほうが多いようです。

お通夜は17時~18時頃に始まるのが一般的です。

17時から通夜をする場合の流れ

次に17時から通夜を執り行う場合の流れをご紹介します。

17時からお通夜式を開始する場合、開式の15分程度前に受付を始めます。
17時に開式の言葉があり僧侶が入場してきます。
僧侶による読経が30分ほど続き、ご焼香が始まります。

10分から20分程度でご焼香が終わり、読経が終わると僧侶から説法があります。
その後、僧侶が退場し、喪主による挨拶が行われお通夜式が終了します。
時間的にはトータルで1時間から1時間半程度になります。

お通夜式の後は、通夜振る舞いとして弔問客や手伝いをしてくださった方々へお酒や食事を振る舞います。

通夜の開始時間の決め方

お通夜は夕方から夜にかけて行われることになります。

あまりに早い時間からの開始にすると、遠方からの参列者などが間に合わないことにもなります。
遅すぎる開始時間だと、通夜振る舞いまでの時間を考えると帰宅時間に支障をきたす可能性もあります。
また、僧侶の都合もあります。

それらを総合して最も適している開始時間を決めていくことになります。

通夜・葬儀の日程はどうやって決める?

困った人々

一般的にお通夜はご逝去された翌日、その翌日に葬儀が行われるのが通常の流れです。
そのため、葬儀の日が決まればお通夜の日は必然的に決まることになります。

日程を決めるには確認しないといけないことが数多くあります。
まずは式場の空き具合を確認しながらどこでお通夜・葬儀を行うのかを決めます。
そのうえで火葬場の空き状況、菩提寺の僧侶の都合を確認して日程を決めていきます。

その際、友引の日は火葬場が休みであることが多いので葬儀の日程から除外する事が必要です。
また、遠方に故人と親しい親族がいる場合は、その人の到着時間なども加味して日程を決めていく必要性も出てきます。

これらを総合してお通夜・葬儀の日程を決めていくことになるので、ご逝去の翌日がお通夜になるとは限らないのです。

以下の記事では、葬儀・通夜の日程の決め方を葬儀の流やマナーと共に詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

葬儀は何時からに関するまとめ

葬儀

葬儀やお通夜は何時から始まるのか、日時の決め方に関して、おわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀は何時から始まるのかについて以下のことを解説してきました。

  • 葬儀は火葬場の稼働時間の関係で12時前後開始が一般的であるということ。
  • 葬儀の開始時間は火葬場の空き状況や参列者、僧侶や葬儀場の都合で総合的に判断して決めるということ。
  • 葬儀全体にかかる時間は1時間程度であるということ。
  • お通夜は17時~18時に開始されるのが一般的だということ。
  • お通夜や葬儀の日程を決めるには、式場や火葬場の空き状況、僧侶や遠方の親族などの都合を加味して友引の日を避けて決めるということ。

お通夜も葬儀も、遺族の希望だけでは日程や時間を決めることは難しいようです。
都心部では火葬場の空きの都合がなかなかつかず葬儀が伸びることもあるようです。
最終的には多くの人に故人を見送っていただくことを最重点にして、日程や時間を決めたいものです。

終活ねっとでは「葬儀は何時から始まるのか」に関する記事以外にも、葬儀に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

ぜひそちらの方もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では、葬儀の費用がどのくらいかかるのか、費用の内訳や安くする方法を詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・何時から」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・何時から」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用は香典で赤字を免れることができる?具体的に計算して解説のサムネイル画像

葬儀費用は香典で赤字を免れることができる?具体的に計算して解説

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

葬儀の受付がいない場合はどうする?受付の役割や注意点について紹介のサムネイル画像

葬儀の受付がいない場合はどうする?受付の役割や注意点について紹介

葬儀の受付での香典の受け取り方や言葉遣いって?参列者の渡し方までのサムネイル画像

葬儀の受付での香典の受け取り方や言葉遣いって?参列者の渡し方まで

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀に参加できない際の連絡や対応とは?後日弔問の際のマナーも紹介のサムネイル画像

葬儀に参加できない際の連絡や対応とは?後日弔問の際のマナーも紹介

葬儀でイヤリングは必要?葬儀でのアクセサリーや服装マナーを解説のサムネイル画像

葬儀でイヤリングは必要?葬儀でのアクセサリーや服装マナーを解説

葬儀で頂いた供花へのお返しの仕方は?金額相場や品物の選び方を解説のサムネイル画像

葬儀で頂いた供花へのお返しの仕方は?金額相場や品物の選び方を解説

葬儀の返礼品には何を渡す?お礼状の書き方や返礼品の金額相場を解説のサムネイル画像

葬儀の返礼品には何を渡す?お礼状の書き方や返礼品の金額相場を解説

葬儀とお葬式の違いって?それぞれの流れや通夜、告別式との関係までのサムネイル画像

葬儀とお葬式の違いって?それぞれの流れや通夜、告別式との関係まで

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・何時から」についてさらに知りたい方へ

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀は昔と今ではどう違う?時代ごとの葬儀や現代の葬儀の形をご紹介のサムネイル画像

葬儀は昔と今ではどう違う?時代ごとの葬儀や現代の葬儀の形をご紹介

葬儀の会食費用について解説!マナーや会食以外の費用についても紹介のサムネイル画像

葬儀の会食費用について解説!マナーや会食以外の費用についても紹介

葬儀を欠席するとき伝え方は?お詫びの連絡や手紙の送り方を解説!のサムネイル画像

葬儀を欠席するとき伝え方は?お詫びの連絡や手紙の送り方を解説!

インドの葬儀のマナーや流れとは?服装・香典や日本との違いをご紹介のサムネイル画像

インドの葬儀のマナーや流れとは?服装・香典や日本との違いをご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと