葬儀後に送る御礼状の書き方とは?送り方や例文、いつ送るべきか解説

葬儀後に御礼状を書く際に御礼状の書き方や送り方を忘れてしまい慌てて御礼状を送らなければならないというケースは多いです。正確にマナーを守った御礼状は相手へ感謝の気持ちを伝えやすく相手からの印象も良くなります。今回の記事は葬儀後に送る御礼状の書き方を解説します。

目次

  1. 葬儀後の御礼状について
  2. 葬儀後に御礼状は必ず送るべき?
  3. 葬儀後の御礼状の送り方
  4. 葬儀後の御礼状はいつまでに送る?
  5. 葬儀後の御礼状の書き方
  6. 葬儀後に送る御礼状の種類と例文
  7. 葬儀後の御礼状に関するまとめ

葬儀後の御礼状について

葬儀

葬儀に参列することが出来なかった遠方に住んでいる人からの香典や供物または弔電を頂いた場合、葬儀後に御礼状を書くのは葬儀後のマナーの1つです。
御礼状の書き方や葬儀後に御礼状を出すことが多くの方が理解しています。

しかしながら、御礼状を送る際、いつまでに御礼状を贈るのが最適なのでしょうか。
加えて、御礼状の細かい書き方を正確に理解している方は少ないです。
葬儀後のマナーを正確に理解することは、充実した葬儀を行うために必要なことです。

御礼状を1つ出すにしても、正確に書き方のマナーや御礼状を送る際のマナーを理解しておけば送り先の方も非常に気持ちが良いものです。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀後に送るお礼状について送り方や書き方、例文を踏まえて以下のポイントなどを解説します。

  • 葬儀後の御礼状は絶対に送るべきなのか
  • 葬儀後の御礼状はいつまでに送るのが最適なのか
  • 葬儀後の御礼状の細かいルールを確認した上での書き方
  • 葬儀後に送る御礼状の種類とその際によく使用される例文を紹介

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀後に御礼状は必ず送るべき?

葬儀

葬儀後の御礼状を必ず送らないかという疑問に対しての結論は、葬儀後のマナーとして御礼状を送る事をお勧めします。
弔意を示してくださった方に対しての感謝の気持ちを表わすものなので、葬儀後のマナーの常識の範囲として送るのが一般的です。

このことから、御礼状は必ず送るべきものではなく葬儀後のマナーの範囲として送るものなので、御礼状を送る方が充実した葬儀を行うことができます。

葬儀後の御礼状の送り方

葬儀

御礼状は単体で送るケースは少なく、香典返しなどに添えて御礼状を送るケースが多いです。
その際に、御礼状の送り方で2点のマナーに気を付けて頂きたいです。

まず1点目は手紙で送るのがマナーである、ということです。
2点目は、メールやハガキは避け、手書きで執筆した手紙を送るのがマナーということです。

以下で葬儀後の御礼状の送り方の詳しい内容を解説いたします。

手紙で送るのがマナー

御礼状は手紙で送るのが最も適した送り方です。
そもそも葬儀後のお礼などを伝える場合、直接会ってお礼を伝えるのが最適なお礼の伝え方です。

このことから、御礼状というのは略儀であるということです。

メールやハガキはできるだけ避ける

親しい間柄の方には、メールやハガキで御礼状を贈ってしまうという方がいらっしゃいます。
ハガキなどは手書きで書く御礼状がありますが、手紙で御礼状を書くより簡単であるためやや不向きということがわかります。
しかしながら、メールは手書きではなく相手への感謝の気持ちがわからないということと簡単にメールを送信することができるため、形式的である御礼状には不向きです。

このことから、御礼状はメールやハガキをできるだけ避け手紙で書くようにしましょう。

葬儀後の御礼状はいつまでに送る?

葬儀

御礼状を出す際にいつまでに送るのが良いのか、という疑問に対しての結論は葬儀後になるべく早く送るのが最適な時間です。
御礼状をいつまでに送らなければとマナー違反である、といった決まりはありません。
そのため、御礼状をいつまでに出さなければならないという明確な期間は存在しないです。

葬儀の後日には御礼状を出せるようにしておけば、葬儀が終わった後も慌てず御礼状を贈ることが可能になります。
それに加えて、葬儀後になるべく早くお礼状を贈るメリットの1つとして記憶が新しいので出し忘れや誰に送ったのかを忘れることがないということです。

このように、御礼状をいつまでに出さなければならないかという期限はありませんが、葬儀後になるべく早く出したほうが気持ちも伝わりやすく出し忘れなどを防げるといったメリットがあります。
そのため、御礼状は葬儀後に出来る限り早めに送るほうが良いとされています。

葬儀後の御礼状の書き方

葬儀

ここでは、葬儀後の御礼状の書き方の基本を具体的に3つのポイントに焦点を当て解説します。
御礼状の書き方を理解している方は多いです。
しかしながら、ここで解説する3つのポイントのうち1つ忘れていたり、勘違いをしてしまい間違った書き方を覚えている可能性もあります。

葬儀後は御礼状を贈る喪主側は精神的にも肉体的にも疲労しているため、間違った御礼状を書いてしまい再度書き直しお礼状を送るといった事態は避けなければなりません。

そのため、葬儀後に御礼状を書く際に慌てずしっかり基本的な要点を抑えた御礼状が書けるようにここで確認しておきましょう。

句読点は打たない

初めに御礼状の書き方のポイントとして句読点を使わないということです。
葬儀後の御礼状に句読点を使わない理由は多数存在しますが、最も主要な理由として挙げられるのは葬儀や法事がとどこおりなく流れますようにという意味が込められているからです。

句読点が用いられるのは読み手が読みやすいように文章が途切れるようにする際に句読点が用いられます。
しかしながら、葬儀は何事もなく流れることが望ましいです。
そのため、葬儀後の御礼状には葬儀がとどこうりなく流れるようにという意味をこめて句読点は使わないのが葬儀後の御礼状の基本的な書き方です。

宗教・宗派ごとの言葉を使う

葬儀後の御礼状の書き方の2つ目のポイントは、宗派・宗教ごとの言葉を使うということです。
宗教・宗派によってお礼状で使われる言葉や書き方が異なります。

仏教を例に挙げると、仏教において葬儀の際に故人が仏教の弟子として極楽浄土で往生出来るようにと戒名が授けられます。
この戒名は前文のお礼の言葉の後、前略の前に戒名を書くのが仏教においての御礼状の書き方です。

神教では、仏教用語である「ご愁傷様」や「供養」などの言葉を葬儀後の御礼状に使ってしまうとマナー違反となるので神教の方に御礼状を贈る際は仏教用語などを控えなければならないといった書き方があります。

御礼状を印刷するのはマナー違反?

葬儀後の御礼状の書き方の3つ目のポイントは、御礼状を印刷するのはマナー違反か違反ではないかという事です。
結論として御礼状を印刷するのはマナー違反ではありません

その理由として、御礼状を送る相手が多ければ手書きでは全員に送ることは不可能に近いからです。
そのため、自らが手書きで執筆した手紙を印刷し御礼状として送るのはマナー違反ではないということです。

しかしながら、親しい間柄の方には手書きの手紙などを送るといった方も多いです。
親しい間柄だからこそ、自らが執筆した手紙を送るほうが更に良好な関係を気づくことが出来る可能性があります。

葬儀後に送る御礼状の種類と例文

葬儀

ここでは、葬儀後に送る御礼状の種類と例文を紹介します。
葬儀後に送る御礼状の種類は多く分けて5つに分かれます。
その種類ごとによって御礼状で使われる言葉や文体は変わってきます。

そのため、その種類ごとで主に使われる言葉や文体や例文を用いて具体的に解説します。
御礼状の書き方を理解していても、御礼状の種類ごとによっての文体や例文を知らなければ正確な御礼状を書くことが出来ません。

葬儀後の御礼状で正確に感謝の気持ちを伝えるには、御礼状の書き方の例文や文体を把握しておかなければなりません。
ここで、正しい葬儀後の御礼状が書けるように御礼状の種類ごとの例文や文体を理解しておきましょう。

葬儀を手伝ってくれた方への御礼状

ここでは、葬儀を手伝ってくれた方への御礼状の例文を紹介します。
例文は次のようになります。

謹啓
先般祖母の葬儀の際に葬儀委員長をお願いいたしましたところご多用中にも関わらず快くお引き受けてくださいまして誠にありがとうございます
大切なお時間を割いていただき遺族一同深く感謝申し上げます
今後もわたしどものお導きをお願いいたします
末筆ながら、健康とご多幸をお祈り申し上げます
                                           敬白

葬儀に参列してくれた方への御礼状

ここでは葬儀に参列してくれた方への御礼状で使われる例文を紹介します。
例文は以下のようになります。

謹啓 
先般祖母の葬儀に際しましては、わざわざお越しくださりまた過分のご配慮を賜り御礼申し上げます。
祖母がお世話になりましたこと、祖母に代わりまして厚く御礼申し上げます。
また、母と大変親しくしてくださったこと心から感謝いたします。
末筆ながら健康とご多幸をお祈り申し上げます。                     敬白

香典への御礼状

香典を頂いた方に送る御礼状の例文は以下のようになります。

謹啓 
先般 祖母の葬儀の際しましてはご丁寧なる御行員を賜り厚く御礼申し上げます。
お手数を煩わせまして恐縮いたしておりまして有難くご厚意に甘えさせていただきました。
御厚意の程、ありがたく祖母の霊前に供えさせてい抱きました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
末筆ながら健康とご多幸をお祈り申し上げます。                     敬白

供物・供花への御礼状

供物や供花を頂いた方に御礼状を書く場合の例文は以下のようになります。

謹啓
先般 祖母の葬儀の際しましてはお供えを賜りましては誠にありがとうございます。
お手数を煩わせてまして恐縮いたしておりまして謹んでお受けいたし霊前に飾らせていただきました。
お陰様を持ちまして葬儀も届こう理なく終えさせていただきました。
今後ともご交誼賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら健康とご多幸をお祈り申し上げます。

弔電への御礼状

弔電を頂いた方への御礼状でよく使われる例文は以下のようになります。

謹啓
祖母の葬儀の際しましては、ご弔電を頂きまして誠にありがというございました。
ご弔意の御言葉をお受けいたしまして、霊前に供えさせていただきました。
お陰様を持ちまして、葬儀もとどこおりなく終えさせていただきました。
今後とも御交誼賜りますようお願いいたします。
末筆ながら御健康と御多幸を心からお祈り申し上げます。

葬儀後の御礼状に関するまとめ

葬儀

御礼状の書き方や送り方の基本的な知識を知っている方は多いです。
しかしながら、句読点を打たないなどの細かい御礼状の書き方のルールを知ってる方は少ない上に、知っている方でも御礼状は書く機会が少ないため忘れてしまいます。

そのため、御礼状を書く以前から御礼状の書き方や例文などを調べておくと葬儀後の挨拶や香典返しがスムーズに行うことが可能です。

この記事で改めて御礼状の書き方や送り方を確認したことにより、多くの方が御礼状を贈る際に慌てずに相手に感謝の気持ちが伝わる御礼状を書くことができれば幸いです。

今回、終活ねっとでは葬儀後の御礼状の書き方について以下のようにまとめてみました。

  • 御礼状を出すのは葬儀後のマナーの1つであるため葬儀後は御礼状を出すべき
  • 御礼状の送り方はメールやハガキを避け自らが執筆した手紙を使って御礼状を書くのがマナー
  • 御礼状はいつまでに送らなければならないという期限はないが葬儀後すぐに出した方が記憶が新しいため出し忘れなどを避けることができる
  • 葬儀後の御礼状を書く際には句読点を使わず、宗教によって使ってはいけない言葉があるためその点について気を付けなければならない
  • 葬儀後に送る御礼状の種類によって例文や文体が少々変わってくるため種類ごとに使われる例文を覚えておくと御礼状を書く際に役に立つ

葬儀後の御礼状を送るのは葬儀後のマナーの1つであり、香典や供物、弔電を頂い方へ感謝の気持ちを示すことが出来るので正確な御礼状を書くことで充実した葬儀を行うことが出来ます。
御礼状を書く際にこの記事の情報が多くの方の役に立てれれば幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

葬儀をする際に葬儀費用が気になる方や費用を安くされたい方はこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・御礼状」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・御礼状」についてさらに知りたい方へ

葬儀後の挨拶状の例文を紹介!香典返しの礼状や出す際のマナーも解説のサムネイル画像

葬儀後の挨拶状の例文を紹介!香典返しの礼状や出す際のマナーも解説

葬儀後に渡す御礼品の金額相場は?挨拶状の例文やのしの書き方も解説のサムネイル画像

葬儀後に渡す御礼品の金額相場は?挨拶状の例文やのしの書き方も解説

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

葬儀の御礼メールの文例って?書き方やマナーもご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の御礼メールの文例って?書き方やマナーもご紹介します!

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀で渡す会葬御礼品の選び方や金額相場って?挨拶状の例文も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す会葬御礼品の選び方や金額相場って?挨拶状の例文も解説!

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

喪主・参列者の葬儀後のマナーとは?香典や弔問、供花のマナーを解説のサムネイル画像

喪主・参列者の葬儀後のマナーとは?香典や弔問、供花のマナーを解説

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説のサムネイル画像

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・御礼状」についてさらに知りたい方へ

葬儀後の挨拶状の例文を紹介!香典返しの礼状や出す際のマナーも解説のサムネイル画像

葬儀後の挨拶状の例文を紹介!香典返しの礼状や出す際のマナーも解説

葬儀後に渡す御礼品の金額相場は?挨拶状の例文やのしの書き方も解説のサムネイル画像

葬儀後に渡す御礼品の金額相場は?挨拶状の例文やのしの書き方も解説

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

葬儀の御礼メールの文例って?書き方やマナーもご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の御礼メールの文例って?書き方やマナーもご紹介します!

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと