曹洞宗や臨済宗などの禅宗の葬儀の特徴とは?香典やお布施も解説!

禅宗五家と呼ばれる5つの宗派の中で曹洞宗と臨済宗は信者数の多い宗派です。今回はこの曹洞宗と臨済宗について葬儀の特徴を詳しく解説します。知っておきたいご香典の表書きや気になるお布施の額もわかる、禅宗の葬儀についての知識です。

目次

  1. 禅宗の葬儀について
  2. 禅宗とは?
  3. 禅宗と他宗派の葬儀の違い
  4. それぞれの禅宗の葬儀の特徴
  5. それぞれの禅宗の葬儀費用
  6. それぞれの禅宗の焼香の作法
  7. 禅宗の葬儀で渡す香典の表書き
  8. 禅宗の葬儀のお布施の金額相場
  9. 禅宗の葬儀に関するまとめ

禅宗の葬儀について

葬儀

時代の変化にともない、自由な形の葬儀が増えていますが、葬儀全体のうち約9割が、現在も仏教の形式で行われています。
葬儀の進め方は、仏教の宗派ごとに若干の違いがあります。
宗派ごとの葬儀の違いを知っておくことは、喪主側としても参列する側としても、大いに役立ちます。

そこで今回の終活ねっとでは、信者数の多い曹洞宗と臨済宗に代表される禅宗での葬儀について解説いたします。
今回の記事は次の項目にそってご説明いたします。

  • 禅宗とは?
  • 禅宗と他の宗派の葬儀の違い
  • 禅宗の葬儀の特徴
    曹洞宗・臨済宗・潙仰宗・雲門宗・法眼宗
  • それぞれの禅宗の葬儀費用
  • それぞれの禅宗のご焼香の作法
  • 禅宗の葬儀で渡すご香典の表書き
  • 禅宗の葬儀のお布施の金額相場

曹洞宗と臨済宗がある禅宗は、特に東北から関東地方にかけて信者が多い宗派です。
今回の記事をぜひ最後までお読みいただき、皆様の終活に役立てていただければと思います。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

禅宗とは?

null

禅宗とはいくつかの宗派の総称です。
禅宗の各宗派は、各々の心の中にある仏性を磨くために座禅による修行をすることで知られています。
禅宗には主に5つの宗派があります。
それらをまとめて禅宗五家と呼ばれています。

  • 曹洞宗

    道元によって鎌倉時代に中国から伝えられました。福井県の永平寺と横浜市の総持寺が本山です。只管打坐(しかんだざ)という言葉のとおり座禅の修行に重きを置き、座禅による学びが日常生活に役立つという禅戒一如(ぜんかいいちにょ)の思想があります。

  • 臨済宗

    栄西によって鎌倉時代に中国から伝えられました。座禅によって悟りを開く自力の思想が鎌倉時代の武士に広まったとされています。臨済宗はさらに14の宗派に分かれています。臨済宗の座禅は師匠と弟子が対話する看話禅が特徴です。

  • 潙仰宗(いぎょうしゅう)

    中国で成立した禅宗の宗派です。潙山の霊祐と仰山の慧寂によって開かれたので潙仰宗の名が付きました。方円黙契を是とする宗派でしたが、10世紀の宋の時代には信者が減り臨済宗に同化した経緯があります。

  • 雲門宗(うんもんしゅう)

    雲門山に住んでいた文偃(ぶんえん)が開きました。中国10世紀の宋の時代には臨済宗と並んで栄えましたが、その後は信者が減り13世紀には消滅した経緯があります。

  • 法眼宗(ほうげんしゅう)

    中国9世紀頃の唐の時代に大法眼禅師文益が開きました。100年間ほど隆盛しましたが宋の時代に途絶えたとされています。

以上の5つのうち日本の禅宗では、曹洞宗と臨済宗の信者数が多く、また有名です。
文化庁の平成10年版「宗教年鑑」によると、曹洞宗の信者数は約150万人、臨済宗は約70万人となっています。

禅宗と他宗派の葬儀の違い

葬儀

禅宗では、座禅を通して修行をして悟りを開くことを目指します。
禅宗の特徴を一言で表すと、只管打座というとおり座禅の修行に対する謹厳な姿勢です。
この姿勢は、禅宗の葬儀の特徴にも表れています。

禅宗(曹洞宗と臨済宗)の葬儀は、お坊さんの入場の後、次のような流れで行われます。

  • 剃髪(ていはつ)

    故人が仏の修行に入る印として、お坊さんが故人の髪を剃る真似をします。
    お坊さんはカミソリを持った手を上から下に振ります。

  • 授戒(じゅかい)

    生前の罪を反省する懺悔文(さんげもん)、続いて三帰戒文(さんきかいもん)と三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)を唱えます。お坊さんが故人に法性水をかけます。
    血脈(けちみゃく)というお釈迦様から故人までつながる系図を祭壇に供えます。

  • 読経と焼香

    大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)や十仏名(じゅうぶつみょう)などを唱えた後で、引導法語となります。引導では生前の故人について漢詩を唱えます。

  • 出棺

    山頭念誦(さんとうねんじゅ)というお祈りをした後に、打楽器を鳴らしながら出棺をします。

禅宗の宗派は、日本では曹洞宗と臨済宗が最も多い信者数となっています。
次の項目では、曹洞宗と臨済宗の葬儀について詳しく見ていきましょう。

それぞれの禅宗の葬儀の特徴

葬儀

現代は葬儀のほとんどが仏教の形式で行われます。
宗派別の特徴を知って参列すれば、より意義深いものになります。
禅宗五家のうち、日本での葬儀があるのは曹洞宗と臨済宗です。

曹洞宗の葬儀

曹洞宗の葬儀は、故人がお釈迦様の弟子となる儀式にあたります。

葬儀では、初めに剃髪の儀式があります。
また仏門に入る証しとなる戒名とお釈迦様が定めた戒法を故人に授ける、授戒(じゅかい)を行います。
故人が悟りを開くためにあの世に旅立つ時に渡されるのが、引導(いんどう)です。
引導では、お坊さんが「喝」と大声で叫びます。
葬儀の途中で、鐘やシンバルのような打楽器を鳴らすのも曹洞宗の葬儀の特徴です。
参列者全員のご焼香の後、出棺となります。

終活ねっとでは、曹洞宗での葬儀についてさらに詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

曹洞宗の葬儀の特徴とは?葬儀の流れやマナーから必要な費用まで解説

曹洞宗は座禅で知られる宗派ですが、葬儀の特徴や流れ、作法や葬儀費用などが気になりませんか?そんな疑問をお持ちの方に、曹洞宗の歴史にも触れながら一つ一つ解説いたします。 その時のための予備知識として、早めに準備しておけば安心です。 ぜひ役立ててください!

臨済宗の葬儀

臨済宗の葬儀も、曹洞宗と同じく剃髪の儀式から始まります。
本当に故人の髪を切るのではなく、お坊さんがカミソリで頭髪を剃る真似をします。
続いて授戒の儀式で故人に戒名が付けられ、故人が正式にお釈迦様の弟子になったことを示します。
生前の行いを反省する懺悔文(ざんげもん)を唱えるのも、曹洞宗と同じです。

故人があの世いわば仏の世界へ旅立つ時には、引導法語を行います。
故人が成仏できるように唱える山頭念誦(さんとうねんじゅ)では、太鼓やシンバルに似た楽器を鳴らすのが特徴です。
その後で参列者全員のご焼香をして出棺となります。

臨済宗と曹洞宗の葬儀では、出棺の際にも太鼓などの楽器を打ち鳴らして見送ります。
ちなみに禅宗の葬儀で用いられるシンバルに似た打楽器を鈸(ばつ)と呼びます。

潙仰宗の葬儀

潙仰宗(いぎょうしゅう)は中国で宋の時代には消滅してしまった宗派です。
実際に現在の日本では、潙仰宗での葬儀は行われることはありません。

雲門宗の葬儀

雲門宗は中国で200年間に近い隆盛を誇ったものの、宋の後の元の時代には消滅してしまった宗派です。
現在の日本では、雲門宗での葬儀は行われることはありません。

なお、雲門宗は開祖である雲門文偃(ぶんえん)禅師の語録が知られています。
現在の日本でもよく使われる日々是好日という言葉も、雲門文偃禅師が考案して使った言葉です。

法眼宗の葬儀

法眼宗は中国で宋の時代の終わり頃には消滅してしまった宗派です。
実際に現在の日本では、法眼宗での葬儀は行われることはありません。

それぞれの禅宗の葬儀費用

葬儀

喪主側の立場として気になるのが、禅宗での葬儀にかかる費用の目安です。
葬儀費用は、葬儀の規模と参列者数によって決まりますが、宗派によって費用の詳細が変わることはほとんどありません。
したがって、一般的な葬儀費用の相場が禅宗での葬儀の場合にも当てはまります

葬儀費用は全国平均で総額196万円となっています。
これは、祭壇や棺などの一式・飲食・お寺へのお布施をすべて合わせた金額です。
このほかに近年増えている家族葬の形式の場合、約60万円から110万円が目安です。

曹洞宗と臨済宗での葬儀の場合も、葬儀一般の場合の費用が参考となります。

なお終活ねっとでは、葬儀費用についてさらに詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参考にしていただければと思います。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

それぞれの禅宗の焼香の作法

葬儀

ご焼香は宗派によって正しいしきたりがあります。
日本で行われる曹洞宗と臨済宗の葬儀では、次のような手順でご焼香をします。

  • 焼香台の前に進み出て一礼して、数珠を両手にかけて合掌する
  • お香を右手の三本指(親指・人差し指・中指)でつまんで、額の前で軽くささげてから香炉に静かに落とす
  • 2回目は、お香をつまんだらそのまま香炉に静かに落とす
  • 数珠を両手にかけて合掌する
  • 祭壇に一礼してから自分の席に戻る

禅宗の葬儀でのご焼香の回数は、通常は2回です。
1回目は主香、2回目は従香と呼ばれます。
なお特に参列者が多い葬儀では、ご焼香の回数を1回とする場合もあるようです。
焼香台まで歩く時は、数珠を左手に持つのがマナーです。

禅宗の葬儀で渡す香典の表書き

葬儀

葬儀に参列する際は、ご香典を持参して受付の方にお渡しします。
ご香典の表書きですが、特に禅宗の葬儀だけのしきたりはありません
通常のご香典の表書きのしきたりに沿って書くようにします。

表書きは「御霊前」が最も一般的で、「御香典」「御香料」と書くこともできます。
薄い墨で筆で書き、香典袋の水引は白黒または双銀の結び切りにします。

香典の書き方についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回はその中で香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの事を中心に解説していきます。

禅宗の葬儀のお布施の金額相場

葬儀

禅宗に限らず仏教の葬儀では、お坊さんに会場に来ていただいて読経をしてもらいます。
読経とご供養のお礼としてお寺にお渡しするのがお布施です。

お布施の金額は統一された決まりはありませんが、相場では、東日本の場合で20万円から30万円、西日本の場合で20万円となっています。

曹洞宗と臨済宗の葬儀も、ほとんどの場合この相場が目安となります。
ただし、お布施の額は、地域によってまたはお寺との関係によって多少異なります。
お布施の額で心配な場合は、お坊さんにお布施の目安を尋ねてみても失礼にはあたりません。
その場合、「ほかの檀家の方はどれくらいのお布施でしょうか」と質問するとよいでしょう。

禅宗の葬儀に関するまとめ

葬儀

禅宗での葬儀について解説してきました。
いかがでしたでしょうか。

今回の記事は次の点がポイントでした。

  • 座禅による修行で知られる禅宗には、禅宗五家といって5つの宗派(曹洞宗・臨済宗・潙仰宗・雲門宗・法眼宗)がある
  • 只管打座というとおり謹厳な姿勢が禅宗の葬儀の特徴である
    日本では禅宗のうち曹洞宗と臨済宗が最も多い信者数である
  • 曹洞宗と臨済宗の葬儀は、故人がお釈迦様の弟子となる儀式にあたる
    剃髪・授戒・引導が大きな特徴である、引導ではお坊さんが「喝」と叫ぶ
    葬儀の途中と出棺では、太鼓やシンバルに似た楽器を打ち鳴らす
  • 禅宗の葬儀費用は、一般的な葬儀費用の相場と同じである
    全国平均で総額196万円、家族葬の場合は約60万円から110万円
  • 禅宗の葬儀でのご焼香は、主香と従香の計2回行う
  • 禅宗の葬儀でのご香典の表書きは「御霊前」とする
    「御香典」「御香料」と書いてもよい、薄い墨で筆書き、水引は白黒または双銀の結び切りにする
  • 禅宗の葬儀でのお布施の相場は、東日本の場合で20万円から30万円、西日本の場合で20万円
    金額がわからない場合はお坊さんに質問してもよい

禅宗での葬儀の特徴を知っておくことで、喪主側の立場としてはもちろん、葬儀に参列する時の心がまえができます。
今回の記事を皆様の終活に役立てていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「禅宗・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「禅宗・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の翌日にやることとは?翌日に弔問・仕事していいのか解説しますのサムネイル画像

葬儀の翌日にやることとは?翌日に弔問・仕事していいのか解説します

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!のサムネイル画像

葬儀案内状の文例をご紹介!案内状の内容やfaxで送る文例も解説!

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!のサムネイル画像

葬儀で喪主が着るべき服装は?喪主の妻やご遺族の服装も解説します!

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説のサムネイル画像

葬儀を夜にしても大丈夫?夜に葬儀をしない理由や通夜について解説

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説のサムネイル画像

JAを利用した葬儀の費用はいくらになる?低額になる理由などを解説

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説しますのサムネイル画像

葬儀中の遺族の対応とは?受付や参列者・取引先への対応も解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「禅宗・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の翌日にやることとは?翌日に弔問・仕事していいのか解説しますのサムネイル画像

葬儀の翌日にやることとは?翌日に弔問・仕事していいのか解説します

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行うべき?葬儀の流れや日程の決め方、始める時間も解説

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!のサムネイル画像

曹洞宗の葬儀費用やお布施・戒名の費用って?葬儀の特徴もご紹介!

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介のサムネイル画像

キリスト教の葬儀の流れや費用って?献花作法や香典袋の書き方も紹介

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介のサムネイル画像

お寺での葬儀の流れや費用は?葬儀の依頼方法や供花の送り方をご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと