葬儀は死後何日に行う?日程の決め方や葬儀までの流れを解説!

葬儀は死後何日までに行うと決められているのでしょうか。家族が他県にいる場合などは葬儀を遅くしたいということもありますよね。今回終活ねっとでは死後何日で葬儀をするか、日程の決め方や葬儀までの行うべき作業についてご紹介しますのでぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 葬儀は死後何日後に行う?
  2. 葬儀は死後何日に行うか決まりはある?
  3. 葬儀の日程の決め方
  4. 逝去から葬儀までの流れ
  5. 死後何日まで遺体は安置できるの?
  6. 葬儀は死後何日に行うかのまとめ

葬儀は死後何日後に行う?

葬儀

近年、少子高齢化により葬儀をすぐに行うのも難しくなっていますね。
そもそも、故人が亡くなってから死後何日までに行う必要があるのでしょうか。
あまり遅くなると遺体を不適切に扱ったとして法的に罰せられるのではないかと不安がある人も少なくないでしょう。
しかし何らかの事情により葬儀が遅くなってしまうこともあります。
葬儀は死後何日後に行うのか、今回終活ねっとでは以下の項目について確認していきます。

  • 葬儀は死後何日までに行わなければならないか
  • 葬儀の日程は死後どのように決めたらいいか
  • 逝去してから葬儀を執り行うまでにすべき作業
  • 死後何日までなら遺体を安置していいか

ご遺体をなるべく保存状態が良く長持ちさせる方法についてもご紹介します。
また、逝去してからご遺体が火葬されるまでの間にどのような儀式があるのか、ご遺族が手配すべきことなどについても理解できる内容になっています。
葬儀の日程や流れについての疑問がある方は、ぜひ最後までお読みいただいて参考にしてください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀は死後何日に行うか決まりはある?

葬儀

葬儀の期限については死後何日と、特に決まりはありません
しかし逝去したことに気付いた日から一週間以内に死亡診断書などの書類を貰い、死亡届けを出すことは法律で決められています。
ただし海外は死亡が知らされるまでに時間がかかるので、一週間が三ヶ月までに期限が長引きます。
火葬には、その地域の市長から許可をもらう必要があり、死亡が確認されてから24時間は火葬または土葬をしてはいけません。
死後長期間ご遺体を火葬や埋葬せずに家などに安置しておくことは死体遺棄罪になる場合があります。

死後にエンバーミングを行ったご遺体でも何日でもいいわけではなくて50日までという制限があります。
エンバーミングというのは腐敗しないように防腐処理を行うサービスで、これによりご遺体を何日も良い状態で保ちやすいです。

特別な事情がない限り、死後から葬儀までは平均で何日かといえば4日、5日ほどです。
しかし、場合によっては7日以上空けることもあります。
宗教者や斎場、火葬場の都合が悪かったり、葬儀に参列してほしい家族や親戚が駆け付ける時間を考慮してのことです。

葬儀の日程の決め方

葬儀

葬儀の日程について確認していきましょう。
葬儀は、年末年始などと時期が被る事により遅らせることがあります。
地域によっても違いますが元旦から関東では7日、関西では15日までは控えておきたいという人も少なくありません。
ドライアイスや、エンバーミングでの保存が必須となります。

葬儀の開始時間帯

10時から午後1時が最も一般的です。
10時から始めた場合は、16時頃には終わるので次の日の仕事にも支障がないでしょう。
葬儀の開始時間は特に定められてはいません。
人の死は予測不可能ですから、混雑や都合に合わせて多少は変わります。
そのようなことは良くありますが受付の時間も考えなければならないので少し早めに葬儀場へ行きましょう。

そこでお悔やみを言ったり香典を渡したりするわけですが、お通夜にも参列しているならその旨を伝えて香典はお通夜で既に受け取ってもらったので葬儀では無しということになります。
地域によって細かな決まりが全く違うことも考えられるので引っ越しした場合にはその土地のマナーをリサーチして場違いにならないようにしておきましょう。

親族の予定と合わせる

親族が遠方にいる場合など、集まるのに時間がかかることがあります。
どの程度遅れさせることができるかといえば、季節やご遺体の保存状況にもよります。
腐敗してしまう問題さえなければ半月くらいも遅れさせることができます。
エンバーミングはご遺体の血液を抜き取り、体液などを管から吸引し防腐剤を注入することで腐敗を防ぐと同時に顔色の調整などもすることができ、安らかに眠っているように見せることができます。
必要ならエンバーマーに依頼しましょう。

費用は20万円くらいしますが、葬儀が大幅に遅れそうなら依頼を検討してみてはいかがでしょうか。
しかし地域によっては必ずしも対応できないこともあります。
葬儀社の設備、資格を持った人が多くないからです。
素早い火葬により、ドライアイスでの保管で間に合うことが一般的だからという理由もあります。

六曜とは関係ある?

六曜という中国由来の思想があります。
葬儀は、友引を避けて行われるのが一般的です。
葬儀場自体が休日にしている場合もあります
休み明けはその分予約がたくさんあり混雑することが一般的です。
仏事が推奨されている仏滅をあえて選ぶ人もいるかもしれません。

赤口は法事に限り、良いと言われています。
逆に祝い事をする日としては最悪の大凶で刃物や火に注意する日としても認識されています。
先勝は午前中が吉とされていて先負は午前中が凶です。
仏滅は全体的に凶で祝い事はこの日を避けるのが一般的です。
大安は何につけても良い日です。

火葬場の空き状況

葬儀は混雑して困るご遺族も多くいます。
少子高齢化により、年々増加している状況です。
亡くなってからすぐに火葬ができる状態ではなく、しばらく待たなければならないことも多々あります。
関東の都市部では3日程度予約が遅れるのはよくあることです。
長ければ7日から10日は待たされます。
民間の施設は公営より費用が掛かりますが、その分利用者が少なく予約を取りやすいといえます。

逝去から葬儀までの流れ

葬儀

葬儀までの流れを確認してみましょう。

末期の水をとる

逝去したら、その場にいた人たちで末期の水を行います。
故人に水を含ませることで安らかな眠りに旅立てるようにという願いを込めたものです。

その由来は仏教から来ています。
昔は死に際に生き返ってほしいという願いを込めて死に際に行われていましたが、今では完全に死亡が確認されてから行うものです。
今より医学が発達しておらず死亡確認が不確かであった時代、水を飲み込む音がしなくなれば亡くなったということで、死亡を判断する材料の1つでもあったのでしょう。

最期を迎えたのが自宅ではなく病院だった場合、ご遺族が用意しなくても病院側がちゃんと準備してくれますし指導してくれますので、それに倣って末期の水を行いましょう。
ここでも簡単にご説明します。

  • 道具を用意する

    未使用の割り箸に脱脂綿を括り付け、水を含ませます。
    鳥の羽や筆を使うこともあると言われています。

  • 脱脂綿を故人の口に当てる

    左の端から右の端へ移動させ、唇の上、次に下唇の順番で行います。
    閉じている口に無理に水を流し込もうとしないで、表面を湿らす程度にするのがマナーです。

  • 顔を拭く

    最後に顔を拭いて終わりになります。

臨終してすぐか、自宅に安置して家族が揃ってから行う場合もあります。
故人の最期に立ち会った方々で、配偶者から始まり、より血の繋がりが濃い人から与えます。
全員で行う儀式とはいえ幼い子どもは控えた方が良いかもしれません。
その点については全然無理させなくて良いですから覚えておきましょう。
ご遺体の安置の前に消毒液か湯で拭き清め、鼻や肛門、口に脱脂綿を詰めるという作業が病院側によってなされます。

遺体の搬送・安置

死後なるべく早く家や安置するところまで運ぶ必要があります。
まずは搬送する車を手配しなければなりません。
終活をしておらず、葬儀社を選んでいなかった場合は慌ただしくなるかもしれません。
病院から早く搬送をと催促されているなら、病院の紹介する葬儀社に依頼しても良いでしょうが、葬儀もそこで頼むのか、別の葬儀社を検討するのかを明確に言わなければ認識の違いが生じてしまいますので注意してください。

また、基本ですが死亡診断書を医師に書いてもらわないと外へ搬送できませんから用意しましょう。
葬儀社にご遺体を運び込む住所を伝えます。
家の場合もありますがスペースがないとかマンションの階を上がるのが大変だからなどの理由で別の場所を借りる人が増えています。
葬儀場のご遺体を安置するスペースや保冷庫などです。
棺に納めずまずは布団に安置します。

頭の方向は北にして枕飾りを用意してあげます。
白木の台と香炉、線香、燭台、枕飯、枕団子、1輪の花を飾った花立を置きます。
ご遺体の枕元に守り刀を配置したり逆にした屏風を置くこともあります。
たくさん道具が必要ですがご遺族で準備をしなければならないということは少なく葬儀社にお任せして大丈夫であることがほとんどです。
僧侶に依頼して枕経を読んでもらいましょう。
故人はいつもの服装で大丈夫です。
しかし最近では昔に比べて枕経を行うことは減ってきています。

葬儀社を決める

病院で葬儀社について紹介があるかもしれませんが、費用が高いとか葬儀の種類が限られてしまっている場合が想定されます
葬儀社の社員が病院に控えていてご遺族に葬儀の説明をする場合があります。
まだ葬儀社をどこにするか決定していなければ話を聞いて検討しましょう。
また、病院が近くの葬儀社などをいくつかリストにして提示する事があり、ご遺族がその一覧から選択して電話するという場合もあります。

しかし、費用や葬儀の内容などが理想的ではないということで断ることもできます。
その場合は、既に葬儀社を決めているので、あるいはまだこれから比較検討したいのでということではっきり意思を伝えましょう。
しかし病院もご遺体を長時間置かせてはくれません。
搬送を急かされることもあります。

その場合は、ひとまずどこの葬儀社でも良いので搬送のみを頼めばいいのですが、その後の火葬までを執り行う葬儀社についてもなるべく早く決めなければなりません。
ご遺体が腐敗しないうちに葬儀を終わらせたいですからね。
しかし、なるべくなら複数の葬儀社で見積もりをしておいた方が費用や社員の対応の違いも見えてきてより合う葬儀社を見つけられるでしょう。

納棺

納棺の前に湯灌を行います。
清拭を病院で済ませたので省略する場合も多いです。
湯灌は、葬儀社に頼めば給水や排水も整った設備を使ってご遺体を洗ってくれます。
そして死に装束を着せられて、納棺となります。
昔は三角布などでしたが今ではあまり使われず故人の普段着から死に装束を選ぶ場合もあります。
ご遺族によって納棺し、合掌したら副葬品を棺に入れて蓋を閉めましょう。

通夜

通夜というのは会社や近所の人なども一般的には参列する1時間くらいの儀式です。
近年では一般の弔問客の参列を辞退する家族葬も増えています。
どのような流れで通夜が行われるか確認していきましょう。
棺を安置して供花の並べ方を考え、参列者への返礼品に不備はないか、案内などをする受付の人が不足していないかを最終チェックしましょう。
当日は通夜が始まる30分前から受付開始で世話役はそれぞれの役割に付き、後方には会計係が控えます。

一同が席に着いたら葬儀社の案内によって僧侶が入場し通夜が開始されます。
席の決め方は祭壇に向かって左に仕事関係や知人など血縁者以外、右に親族が座る場合が多いです。
30分の読経の間に葬儀社から促されて焼香があります。
喪主、ご遺族、参列者の順番で焼香をします。
それらの儀式が終わったら僧侶から法話を聞きます。

僧侶が退場しますのでご遺族は礼をして見送ります。
参列者へ喪主から挨拶をし、通夜ぶるまいに案内しましょう。
頃合いになったら挨拶で締めくくります。
参列者が退出したら、ご遺族のみになって灯りと線香を絶やさずに棺の近くで見守ります。
次の日は葬儀もありますから気力と体力のあるご遺族が担当し、疲れている人は無理せずに明日に備えましょう。

葬儀

喪主は葬儀社や世話役と良く相談して支度をしましょう。
葬儀の日の受付も30分前から世話役が役割に付きます。
会計係は親族などが担当し、後ほど喪主に記帳と一緒に差し出しましょう。
通夜のように右にご遺族、左に血縁以外の一同が着席したら僧侶が葬儀社の人に案内されて入場しますから参列者一同手を合わせ礼をして迎えます。

葬儀社の人により開式の挨拶がされて僧侶が40分から1時間の間お経を読み上げます。
次に弔辞が述べられますが故人の上司などに喪主から頼んでおきましょう。
葬儀社によって弔電が何通か読まれ祭壇に備えられます。
僧侶がお経を再開し焼香のタイミングを知らされたら参列者一同、焼香を行います。
順番は喪主、ご遺族、親戚、その他弔問客となります。

葬儀と告別式は同じ日に行いますが、どこからが告別式かといえばこの焼香で一般の弔問客の番が回ってきた時からです。
焼香が済んだら僧侶は立ち去ります。
手を合わせ黙礼をし見送ります。
葬儀の人が挨拶をして、閉式となり一般の弔問客は葬儀場から退場し出棺まで待機します。

出棺・火葬

ご遺族や親友などは最後のお別れをするために残ります。
棺桶を囲んで花でご遺体を飾り、手紙など贈りたければそれも棺の中に入れて蓋を釘で打って閉じます。
何人かで棺を霊柩車あるいはストレッチャーまで運び入れて、喪主と遺族が遺影などを持ちその後に続きます。
出棺の前に喪主から参列者へのお礼や故人との関係などの挨拶を行い、出棺となります。
火葬場まで距離があり霊柩車を使う場合はクラクションを長く鳴らしてから火葬場へ向かいます。

火葬の際には役所でもらってきた死体火葬許可証が必要になりますから忘れずに持参しましょう。
火葬が終わると今度は印を押してもらって埋葬許可証に変化しますからそれをお墓に納骨する時に使いましょう。
火葬の前に儀式を執り行います。

位牌と遺影を祭壇の机に置き、僧侶によるお経に合わせて喪主から順番に焼香を済ませたら手を合わせ合掌礼拝をします。
僧侶は葬儀までで同行しない場合もありますが、その場合は焼香のみです。
火葬は1時間以上掛かる場合もありますがその間控え室で待っていましょう。
参列者をもてなすよう喪主は気配りを忘れないようにします。
静かに故人について語らいながら骨上げまで時間を潰しましょう。

骨上げ

係の人から呼ばれたら参列者一同、収骨室へ行き喪主は遺灰の頭の方に立ちます。
作法は喪主からご遺族、より縁の近い血縁者から、ご遺骨の足から頭へ順番に骨を拾っていきます
喉仏は避けてそれ以外を収めたら最後に最も故人に近しい人が喉仏を拾い骨壷へ入れて終了となります。

しかし地域によって骨上げの細かいマナーは違うので火葬場の人の指導に従いましょう。
箸は竹と木製の1本ずつを使いますがその作法がどのような理由で決められたのかは明らかになっていません。
おそらく、普段使わないようなお箸の組み合わせで行うことにより葬儀を非日常のこととして扱っているのではないかという説もあります。
竹には接ぎ木が不可能な性質があり故人との別れを確かなものとするためという考えもあります。

骨壷に収めたら箱に入れ布で火葬場から去りましょう。
位牌は今度はご遺族の誰かが抱え、喪主は遺骨を持ちます。
遺骨を安置したら読経や焼香があり葬儀が終わりです。
後飾り壇は49日が終わるまで置いておきます。

死後何日まで遺体は安置できるの?

葬儀

逝去してから何日で葬儀をするのかは具体的に決まっていませんがドライアイスで保存しても腐敗は進んでいきますから、常識的に考えてご遺体がなるべく変わらないうちに葬儀を行えば良いということになります。
1週間くらい待つことは少なくありません
エンバーミングができない場合は葬儀社の保冷庫を使うと良いでしょう。
死後に慌てないように、そしてスムーズに葬儀が執り行えるように生前から終活を心掛ける事を推奨します。

葬儀は死後何日に行うかのまとめ

葬儀

今回、終活ねっとでは葬儀の日程について決まりはあるのか、そして適切なご遺体の保存方法などについて一通りご紹介してきました。
改めて内容を振り返ってみましょう。

  • 葬儀は死後何日に行うか

    葬儀場が混んでいて都合が付かなくても手続きを滞りなく行えば1週間くらいで葬儀ができます。
    やはりご遺体の変化が少ないうちに終わらせるのが良いでしょう。

  • 葬儀の日を決める方法

    親族の集まるのを待つということもあります。
    六曜で悪い日や年末年始は葬儀社も休みであることが多いのでそれが明けてからにしましょう。

  • 逝去から葬儀までの流れ

    末期の水などのご遺体を清める儀式と、搬送などの手続き、葬儀の予約などが必要になります。

  • 死後何日くらいまでご遺体を安置していいか

    エンバーミングを行えばかなり長く保存状態か良く保てますが、やはりなるべくなら腐敗しないうちに葬儀を執り行えるように計らいましょう。

逝去から火葬までは作業がたくさんあります。
独特の作法など普段は慣れないことも多いですが読んでいただいて、日程の決め方から通夜、葬儀、骨上げまでを具体的にイメージすることに役立てていただけたでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・死後・何日」に関連する記事

  • お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

    お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせたお葬式をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。 故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。 でも聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。 葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないためわかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも見ていきます。

  • 葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

  • 葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

    葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

    訃報は突然訪れるものです。実際に葬儀に参列したことはあっても、葬儀を行うにはどんなことを準備すればいいのか分からず不安になりますよね。この記事では、葬儀の準備の流れを詳しくご紹介します。ぜひ一緒に確認し、いざというときに焦らないよう準備しましょう。

  • 葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説のサムネイル画像

    葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説

    身近な方が亡くなるとまず葬儀のことを考えなければいけません。葬儀というものはそんなに何度も経験するものではないので、段取りが良くわからないという方も多いでしょう。そこで、今回は葬儀までの段取りをわかりやすく解説いたします。

  • 一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像

    一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

    葬儀を行うことになると、一般葬か家族葬かで悩まれると思います。さらに葬儀の手順はどうなっているのか、あらためて考えると分からないこともあるでしょう。そこで今回の記事では、一般葬や家族葬を行う際の手順について詳しく解説していきます。宗教別や国別でもご紹介します。

  • 葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

    葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

    人生の中では参列する側としての葬儀だけでなく、喪主側としての葬儀を経験する日が来ることもあるかもしれません。そんなとき、一体どんな準備をすれば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか?今回はそんな葬儀の準備や流れ、また服装マナーについても解説していきます。

  • 通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

    通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

    身近な方が亡くなり、通夜や葬儀を行うということはあまり経験する事柄ではありませんよね。通夜や葬儀などの一連の流れを前もって知っておけば、後悔の無い良いお葬式を行いやすくなるかもしれません。そこで一般的な通夜と葬儀の流れを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説のサムネイル画像

    逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説

    大切な人が亡くなった後、遺族の方は葬儀の準備や手続きなどに追われることになります。 ですが、逝去されてから葬儀までどのように進みどれくらいの日数がかかるのかなどわからないことが多くあります。今回、終活ねっとでは葬儀に要する日数について解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・死後・何日」についてさらに知りたい方へ

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説のサムネイル画像

葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説のサムネイル画像

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・死後・何日」についてさらに知りたい方へ

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説のサムネイル画像

葬儀までの準備の流れとは?葬儀直前の準備や準備のポイントを解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと