友引の葬儀では人形を棺に入れる?葬儀と六曜の関係についても解説!

葬儀を行うにあたって、六曜が気になることはありませんか?特に「友引の日に葬儀をしてもいいの?」という疑問が多いのではないでしょうか。そんなときに「友引人形」を使うというのを知っていますか。ここでは、六曜と葬儀の関係、友引の葬儀と人形について解説します。

目次

  1. 友引の葬儀と人形について
  2. 六曜と葬儀の関係
  3. 友引の葬儀には人形を使う?
  4. 友引には火葬場が休みのことが多い?
  5. 友引の葬儀と人形についてまとめ

友引の葬儀と人形について

葬儀

冠婚葬祭を行うときに気になるのが「大安」や「友引」などの六曜ではないでしょうか。
葬儀を行うときは「友引」を避ける、と聞いたことはありませんか。
でも、どうしてもその日でないとダメなときもありますよね。
そんなときに「人形」を使うことがあるのを知っていますか。

今回終活ねっとでは、友引の意味や、なぜ人形を使うのかといったことなど、以下の項目を中心に解説します。

  • 六曜と葬儀の関係について
  • 友引の葬儀に人形を使うのはなぜ?
  • 友引の日は火葬場自体が休みのことが多い

葬儀を行う際に、六曜のことが気になったり、友引の日に葬儀をしなければならない場合などもあるでしょう。
どうぞ最後までお読みいただき、そんなときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

六曜と葬儀の関係

葬儀

六曜とは、一週間を7日とした七曜と同じ理由で、毎月1日を六曜の順番で機械的に割り振ったものです。
本来は六曜は仏教とは関係がありません。
仏教では占いを禁止していましたが、六曜は今でも民間信仰として根付いています。

元を辿れば現代とは全く違った意味となることもあります。
しかし現代の考え方が浸透してしまっているため、冠婚葬祭などの行事の時には気になってしまうというのも事実です。

ここで、それぞれの六曜の意味と、葬儀を行って良い日なのかどうか、といったことなどについて説明します。

友引

もともとは「共引」と書き、なにをしても勝ち負けがない日、「両者共に引き分けの日」とされていました。
朝晩は吉で、昼は凶とされています。

読みが似ていることから陰陽道の「友引」(凶禍が友人に及ぶ方角)と混同され、今では「友を引く」という意味としても捉えられています。
「この日に葬儀を行うと、亡くなった方が親しい人を連れて行ってしまう」という意味です。
そのため、一般的にはこの日に葬儀を行うことは避けられています。

先勝

「せんしょう」または「さきがち」などと読みます。
「先んずれば勝つ」という意味から急用や訴訟に良い日とされています。
午前中は吉、午後からは凶となります。
葬儀においては特に忌む日ではないとされています。

先負

「せんぶ」または「さきまけ」などと読みます。
「先んずれば負ける」という意味です。
争いごとや急用、公事は避けて、何事にも平静が吉とされています。
午前中は凶、午後は吉となります。

もともとは「小吉」「周吉」と呼ばれ吉日でした。
午後から動くなら良いという「小吉」という意味です。
そこから午前は凶、午後は吉という意味の「先負」という字が当てら、意味も変化しました。
先負も葬儀を行うことは特に避けられていません。

赤口

「しゃっこう」または「せきぐち」などと読みます。
陰陽道の「赤舌日」が由来です。
羅刹神(らせつしん)という鬼神が支配する凶日とされています。
六曜においては仏滅よりも悪い日とされています。

もしこの日に何かをするのであれば午の刻(午前11時から午後1時くらいまでの間)であれば吉とされています。
仏事に関しては問題ありません。

大安

一般的には「たいあん」と読みます。
何事をするにも最も良い日とされています。
そのため、結婚や旅立ち、開店や移転、車の納車日など「事始め」にこの日を選ぶ傾向があります。

慶事ごとがよく行われる日ではありますが、仏事をしてはいけないという決まりはありません。
葬儀も気にしなくてよいとされています。

仏滅

六曜では時代とともに名称や意味が元のものと変化したものが多いのですが、仏滅はその最たるものになります。
もともと「空亡(くうぼう)」または「虚亡」と言われていた日でした。
占いにおいては「天中殺」や「大殺界」などエネルギーを貯める冬の時期のような意味合いがあります。
その字面から「すべての物が滅する」と解釈され、「物滅」という字が当てられました。

さらに音が似ているため「仏滅」へと変化しました。
そのため現在では、何事においても凶日という意味で捉えられています。
ただし、葬儀や法事は例外となるので行ってもよいとされています。

友引の葬儀には人形を使う?

葬儀

仏事と六曜は関係がないとわかっていても、なんとなく気になる、あるいは気にされている方々もたくさんいらっしゃいます。
そのため、今も「友引」に葬儀を行うことは少ない傾向です。

しかし、どうしてもそんな友引に葬儀を行わなければならないときに、人形を使うことがあります。
その人形のことを「友引人形」と呼びます。

ここでは、その友引人形について説明します。

友引人形とは

友引の日に葬儀をする場合に棺に入れる人形のことです。
「友人形(ともにんぎょう)」とも呼ばれます。
関西でよく見られる風習になります。

友引人形を棺に入れる意味

友引に葬儀を行うと「亡くなった人が親しい人を連れて行く」ので、それを避けるために、身代わりの人形を棺に入れるという意味があります。

また、「友引人形」は友引の日の葬儀以外にも使われることがあります。
親族が忌明けをまたずに立て続けに亡くなった場合です。
親しい人がこれ以上、故人に引っ張られないように、との意味があります。

友引人形の種類・形

友引人形は特に決まったものはなく、いろいろな形や種類があります。
故人が大切にしていた人形があればそれを棺に入れるとよいでしょう。
なければオモチャの人形でも、木彫りの人形でも、顔を手書きで書いたものでも「人」を模したものなら大丈夫です。

友引には火葬場が休みのことが多い?

葬儀

友引に葬儀を行う人が少ないため、友引の日は火葬場がお休みのところが多い傾向です。

しかし、地域によっては友引であっても葬儀を行うところもあります。
また、六曜を気にしなくなってきた近年は、友引であっても葬儀を行うことが増えています。

葬儀が友引にあたる場合は、一日ずらして友引の日をお通夜にあてることが多いです。
お通夜は友引を気にしませんが、気になる方がいらっしゃる場合はやはり「友引人形」を棺に入れることがあります。

ただ、葬儀が友引にあたる場合は、親族や参列者の中には気にする方がいる可能性がありますので、前もって相談した方が無難でしょう。

友引の葬儀と人形についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀と友引の人形について以下のことについて解説してきました。

  • 六曜においては友引の日の葬儀は縁起が悪いと言われている。
  • 六曜は迷信であるが、友引の葬儀は気になるので身代わりの「友引人形」を棺に入れる。
  • 友引の日は火葬場が休みのところが多いが、近年は六曜を気にせずに葬儀を行うことが多くなっている。

六曜は長年にわたって、名称や意味が変わってきているのですね。
迷信ではあるけれど、日本においては今でも葬儀を行うときに気になる方もまだいらっしゃいます。
火葬場も休みだったり、葬儀を一日ずらしたりと避けることはできます。

しかし、どうしても友引の日に葬儀を行わなければならないこともありますよね。
そんなときは、身代わりの「友引人形」を使うという方法を使ってみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、他にも葬儀や法事などについての記事がありますので、よかったらご参考にしてみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「友引・葬儀・人形」に関連する記事

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「友引・葬儀・人形」についてさらに知りたい方へ

葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介のサムネイル画像

葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介

お墓参りに友引の日は避けるべき?詳しく説明いたします!のサムネイル画像

お墓参りに友引の日は避けるべき?詳しく説明いたします!

友引に葬儀をしてもいい?六曜と葬儀の関係や友引人形についても解説のサムネイル画像

友引に葬儀をしてもいい?六曜と葬儀の関係や友引人形についても解説

葬式の日程を決めるのにポイントになる友引とはのサムネイル画像

葬式の日程を決めるのにポイントになる友引とは

友引に火葬や葬儀をしない理由を解説!お通夜やペット葬の場合も解説のサムネイル画像

友引に火葬や葬儀をしない理由を解説!お通夜やペット葬の場合も解説

友引に通夜は避けるべき?通夜に役立つ情報についてまとめました!のサムネイル画像

友引に通夜は避けるべき?通夜に役立つ情報についてまとめました!

葬儀に贈る供花の相場はいくら?供花の贈り方や贈る際の注意点も解説のサムネイル画像

葬儀に贈る供花の相場はいくら?供花の贈り方や贈る際の注意点も解説

なぜ葬儀でろうそくを絶やしてはならない?線香の消し方なども解説のサムネイル画像

なぜ葬儀でろうそくを絶やしてはならない?線香の消し方なども解説

葬儀に髭を生やして行くのはNG?男性の髪型や服装のマナーを解説のサムネイル画像

葬儀に髭を生やして行くのはNG?男性の髪型や服装のマナーを解説

浄土真宗の葬儀の費用相場やお布施の金額って?葬儀の流れもご紹介!のサムネイル画像

浄土真宗の葬儀の費用相場やお布施の金額って?葬儀の流れもご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「友引・葬儀・人形」についてさらに知りたい方へ

葬式の日程を決めるのにポイントになる友引とはのサムネイル画像

葬式の日程を決めるのにポイントになる友引とは

葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介のサムネイル画像

葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介

友引に通夜は避けるべき?通夜に役立つ情報についてまとめました!のサムネイル画像

友引に通夜は避けるべき?通夜に役立つ情報についてまとめました!

友引に葬儀をしてもいい?六曜と葬儀の関係や友引人形についても解説のサムネイル画像

友引に葬儀をしてもいい?六曜と葬儀の関係や友引人形についても解説

友引に火葬や葬儀をしない理由を解説!お通夜やペット葬の場合も解説のサムネイル画像

友引に火葬や葬儀をしない理由を解説!お通夜やペット葬の場合も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと