葬儀に送る電報の文例とは?関係性別の文例や注意点も解説!

葬儀に送る電報は故人との関係性によって、どのような内容にしたらいいのか迷うところで、文例があればとても参考になります。失礼に当たらないように表現にも気を付けなければなりません。葬儀に送る電報に関して、文例や注意点をご紹介しますのでぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 葬儀の電報の文例について
  2. 葬儀の電報・弔電とは
  3. 葬儀の電報の文例
  4. 葬儀の電報の注意点
  5. 葬儀への電報の送り方
  6. 葬儀の電報の料金相場
  7. 葬儀の電報の文例まとめ

葬儀の電報の文例について

葬儀

葬儀については決まりや分からないこともたくさんあって大変ですよね。
参列辞退の際に必要な葬儀の電報もマナーの一つで、葬儀の案内が来ても仕事などやむを得ない事情で参列できない場合は電報で弔意を伝えることになります。
今回終活ねっとでは、葬儀の電報の文例や注意点について以下の項目に沿って詳しくご紹介していきます。

  • 葬儀の電報・弔電とは
  • 葬儀の電報の文例
  • 葬儀の電報の注意点
  • 葬儀への電報の送り方
  • 葬儀の電報の料金相場

葬儀を辞退するのは仕方のないことです。
しかし弔電など何かしら弔意を表すものを送らないと後々の人間関係に響くかもしれません。
どのように弔電を送ったらいいか、文例、注意点、送り方や料金相場などの役に立つ情報をお届けしますのでぜひ最後までお読みいただき、役立てていただければ幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀の電報・弔電とは

葬儀

葬儀の電報は、一般的に弔電と呼ばれることも多いです。
弔電は通夜や葬儀に参列できない場合に、喪主に対して弔意を伝えるためのものです。
台紙なども価格はピンからキリまであり、その中から自由に選ぶことができます。
伝えたいメッセージを郵便局や通信系会社に依頼することで、喪主の元に届きます。

葬儀の電報の文例

葬儀

葬儀の電報は、宗派によっても様々な表現方法の決まりがあります。
日本の葬儀における主な葬儀は仏式、神式、キリスト教式の大きく三種類があります。
成仏・供養・往生・冥福などは仏式の言葉なので、他の宗派で行われる葬儀なら使わないようにしましょう。
神式では「御霊の安らかなることを」「故人の安らかなお眠りを」といった表現になります。
キリスト教式では、「神の御許に」「安らかな眠り」などの表現を使います。

その他にも、故人が血縁関係者なのか友人知人なのか、会社関係者なのかによっても送る内容が変わってきます。

正直に悲しみを伝えれば良いといっても、いざ書こうとするとどのような文面にしたらおかしくないのか、一般的な文面になるのか分からず自信が持てないこともあるでしょう。
そんな時に役立つよう、電報の文例をご紹介します。

故人が祖母・祖父の場合

故人が祖母や祖父という比較的身近な身内の場合は、少し砕けた文面でかまいません。
悲しみや故人への感謝などを素直に伝える内容が良いでしょう。
仏式の場合の文例は以下になります。

○○ ○○様
おばあ様のご訃報に接し、涙が止まりません。
ご家族様のお悲しみを思いますと胸が痛みます。
いつも優しいおばあ様でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。
○○ ○○

友人・知人の場合

友人・知人の場合は最後の差出人の隣に故人との関係を遺族に分かりやすいように書くと親切です。
大学時代の学友なのか、趣味の会からなのか分かるように書きましょう。
文例は以下になります。

○○ ○○様
突然の訃報に接し、信じられない思いです。
もうあの笑顔にお会いできないのかと思うと残念でなりません。
ご生前のご厚情に深謝し、心からご冥福をお祈り申し上げます。
○○ ○○(○○大学 ○○年卒 学友)

会社関係者の場合

会社関係者の場合はどのような注意点があるかを文例の前に確認していきましょう。
まず、差出人は、会社として送るのが一般的です。
その場合差出人には代表者名を書きます。
代表者の名前が珍しい苗字の場合はふりがなを入れるようにすると親切です。
葬儀で読み上げられる際に、読み方が分からず滞ってしまわないためです。

具体的な書き方は、○○株式会社 代表取締役社長 ○○○○
株式会社○○ ○○○○CEOのようになります。

会社同士の場合、弔電の宛名には相手の役職は書かないように、ただシンプルに○○○○様と書きましょう。
ご遺族へ送る場合は、喪主と故人の続柄を書きます。
父親が逝去した場合は「ご尊父様の逝去を悼み」のような書き出しになります。

以下は仏式で執り行う場合の文例になります。

【取引先の社長が逝去された場合】

○○社長様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
ご生前の数々のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

葬儀の電報の注意点

葬儀

葬儀の電報を送る際に注意点はあるのでしょうか。
忌み言葉といって、不幸に際して使ってはならない言葉があります。
また、故人や親族で「父」など続柄を表したい時に使う敬称についてもご紹介します。

忌み言葉と重ね言葉を使わない

忌み言葉には、主に「死を意識してしまう言葉」「身内の不幸が繰り返されてしまうことをイメージしてしまう言葉」があります。

具体的にどのような忌み言葉があるかといえば、「こんなに早く死んでしまうなんて」「もっとお元気で生きてほしかった」などの表現に見られる、「死」「生きる」というダイレクトな言葉があります。
これらの忌み言葉の代わりに「ご逝去」や「ご生前」などの表現を用いましょう。

そして、「まだまだお元気でいてほしかった」「生前のご厚誼に重ね重ねお礼を申し上げます」などの表現に見られる、「まだまだ」「重ね重ね」などの言葉は、同じ言葉を二度繰り返す重ね言葉です。
これも、葬儀の際に使ってはならないというのが一般的なマナーです。
これは不幸が再度訪れることを予感させ、遺族の精神を不安定にさせてはならないからでしょう。

これらの重ね言葉の代わりには「深く感謝申し上げます」という具合に「深く」などの言葉を使いましょう。

忌み言葉にはまだあります。
「追って」「続いて」「次に」などの故人の後を追うようなことを連想させる言葉も避けるのがマナーです。
これらの忌み言葉の代わりに「後ほど」「同様に」「新たに」などを使いましょう。

故人・親族の名前は敬称で

故人は名前で○○様や○○さんと書くときもありますが、「父」「母」「祖母」「祖父」「姉」「兄」「夫」「妻」「息子」「娘」など続柄を表現したい時もあるでしょう。

そのような時にはどのような敬称を使えばいいのかについて、以下の表にまとめました。

故人と受取人の続柄 敬称
「ご尊父様」、「お父様」
「ご母堂様」、「お母様」
義父 夫の父は「お舅様」、妻の父は「ご岳父様」、共通で「お父様」
義母 夫の母は「お姑様」妻の母は「ご岳母様」、共通は「お母様」
配偶者 夫なら「ご主人様」「旦那様」、妻なら「ご令室様」「ご令閨様」「奥様」
祖父母 「ご祖父様」「おじい様」、「ご祖母様」「おばあ様」
「ご令兄様」「お兄様」
「ご令姉様」「お姉様」
「ご令弟様」「弟様」
「ご令妹様」「妹様」
息子 「ご令息様」「ご子息様」
「ご令嬢様」「ご息女様」「お嬢様」
伯父・伯母 「伯父上様」「伯父様」「伯母上様」 「伯母様」
叔父・叔母 「叔父上様」「叔父様」「叔母上様」 「叔母様」

葬儀への電報の送り方

葬儀

葬儀へ弔電を送る時には、タイミングや宛名、宛先などについてはどのようなことに気を付けたらいいでしょうか。
文面が決まったら次は具体的に送り方について確認していきましょう。

送るタイミング

通夜や葬儀に間に合うように送るのがマナーです。
なので訃報を聞いたらいち早く弔電の準備を始めましょう。
しかし葬儀の開始時刻より早すぎると配達しても誰もいなくて届けられないかもしれません。
そしてもし間に合わないようなら、送らずに電話をして参列の辞退を伝え、後日弔問しに行くのが一般的です。

宛名・宛先は?

宛名は喪主のフルネームです。
なぜなら名字だけだと同じ葬儀場で同じ名字のご家族がいた場合、そちらに行ってしまうかもしれないからです。
また、喪主が分からない場合は故人の名前に「ご遺族」と書き足して送りましょう。

企業などが執り行う葬儀の場合は、葬儀責任者などに宛てて出します。
宛先は葬儀場へ直接送ります。
自宅で葬儀をする場合は自宅へ送ります。

葬儀の電報の料金相場

葬儀

弔電にはどのくらい費用が掛かるものなのか、相場についてご紹介します。

文字数で料金が決まる?

弔電にかかる料金は文字数によって変動します。
NTT東日本はメッセージと差出人を合計した文字数が41から45文字までで1,020円、46文字から50文字までで1,110円、51から55文字までが1,200円ほどです。
5文字ごとに90円増えていきます。

台紙の料金相場

台紙の料金相場は三千円から五千円ほどです。
実際には豪華な一万円ほどの台紙まであります。
一万円台だとブリザーブドフラワーや線香付きなので、供花や供物を送りたい場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

葬儀の電報の文例まとめ

葬儀

いかがでしたか。
今回終活ねっとでは葬儀の電報の文例について詳しくご紹介しました。

葬儀では弔電や訃報など文章を書かなければならないことも多く、普段はあまり書き慣れない内容なので非常識な文面にならないかと不安になりがちです。
文例を参考にしつつ、自分の言葉で遺族へ弔意を伝えましょう。

忌み言葉や送るタイミングなど気を付けないといけないポイントがたくさんあります。
改めて内容をまとめてみましょう。

  • 葬儀の電報・弔電とは

    葬儀に参列できない人が喪主へ送る電報

  • 葬儀の電報の文例

    お悔やみを述べ、遺族の心痛への心配りや故人への生前の感謝について伝え、最後に宗派によって違う「ご冥福をお祈りします」「安らかにお眠りください」などを伝える

  • 葬儀の電報の注意点

    忌み言葉は使わない、そして故人と親族敬称を要チェック

  • 葬儀への電報の送り方

    送るタイミングは訃報を聞いてすぐと宛名は喪主、または故人「○○○○様ご遺族」、宛先は葬儀場

  • 葬儀の電報の料金相場

    台紙で三千円から五千円程度、文字で千円程度が相場

葬儀の電報について分かりにくいポイントや文例を一通りご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。
終活ねっとでは葬儀についての情報を他にもたくさん発信しています。
以下の記事もぜひご参照ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・電報・文例」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・電報・文例」についてさらに知りたい方へ

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。

葬儀の電報の送り方とは?弔電のマナーや金額から送る例文も解説のサムネイル画像

葬儀の電報の送り方とは?弔電のマナーや金額から送る例文も解説

葬儀での喪主の母親の呼び方とは?他の続柄の敬称や弔電の例文も解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の母親の呼び方とは?他の続柄の敬称や弔電の例文も解説

葬儀場に飾るお花の送り方とは?金額相場やお花を飾る順番も解説!のサムネイル画像

葬儀場に飾るお花の送り方とは?金額相場やお花を飾る順番も解説!

葬儀に送るお花とは?お花の送り方や金額相場・お花の種類も解説!のサムネイル画像

葬儀に送るお花とは?お花の送り方や金額相場・お花の種類も解説!

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方のサムネイル画像

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!のサムネイル画像

葬儀へ送る生花の金額相場は?種類ごとの相場や送り方も解説します!

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!のサムネイル画像

火葬のみの葬儀の費用相場や内訳って?注意点・マナーもご紹介!

葬儀と法事の違いとは?日程の決め方や香典・お布施についても解説!のサムネイル画像

葬儀と法事の違いとは?日程の決め方や香典・お布施についても解説!

葬儀料金の相場を葬儀形式、宗教別に解説!費用を抑える方法もご紹介のサムネイル画像

葬儀料金の相場を葬儀形式、宗教別に解説!費用を抑える方法もご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「葬儀・電報・文例」についてさらに知りたい方へ

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。

葬儀の電報の送り方とは?弔電のマナーや金額から送る例文も解説のサムネイル画像

葬儀の電報の送り方とは?弔電のマナーや金額から送る例文も解説

葬儀での喪主の母親の呼び方とは?他の続柄の敬称や弔電の例文も解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の母親の呼び方とは?他の続柄の敬称や弔電の例文も解説

葬儀場に飾るお花の送り方とは?金額相場やお花を飾る順番も解説!のサムネイル画像

葬儀場に飾るお花の送り方とは?金額相場やお花を飾る順番も解説!

葬儀に送るお花とは?お花の送り方や金額相場・お花の種類も解説!のサムネイル画像

葬儀に送るお花とは?お花の送り方や金額相場・お花の種類も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと