大阪天満宮の見どころは?人気の御朱印やご利益を紹介!

大阪天満宮は、大阪の中でも代表的な観光地のひとつです。学問の神様として崇められる菅原道真公の神社として知られていますが、境内の施設や見どころについてご存知でしょうか?この記事では大阪天満宮について、ポイントを押さえた回り方や周辺のお店の情報まで解説します。

目次

  1. 大阪天満宮について
  2. そもそも大阪天満宮って?
  3. 大阪天満宮に行く前に知っておきたいこと
  4. 大阪天満宮の見どころ・回り方
  5. 大阪天満宮の主な祈祷・イベント
  6. 大阪天満宮周辺のおすすめランチ
  7. 大阪天満宮周辺のおすすめホテル
  8. 大阪天満宮の近くにあるおすすめ神社
  9. 大阪天満宮についてのまとめ

大阪天満宮について

祭

大阪にある知名度の高い神社仏閣はと聞かれたら、大阪天満宮と答える方は多いでしょう。
行事の機会に参拝した経験のある方も多いでしょうが、由来や見どころについてさらに詳しく知っておくと、同行者と一緒により楽しめるようにもなります。

大阪天満宮には、何度も足を運びたくなる魅力がたくさんあります。
そこで今回終活ねっとでは、大阪天満宮について、以下の点を記事にまとめてみました。

  • 大阪天満宮とはどういう神社なのか?
  • 大阪天満宮について知っておきたい基礎情報
  • 大阪天満宮の見どころやおすすめの回り方について
  • 大阪天満宮で催されている行事やイベント
  • 大阪天満宮周辺のおすすめのランチ
  • 近くで利用できる宿泊施設
  • 神社めぐりにおすすめの近隣の神社

ルーツや歴史について知ることは、神社に住まわれている神様への崇敬にもつながります。
この記事で、ぜひ大阪天満宮について学んでいってください。

そもそも大阪天満宮って?

神社

まずは、大阪天満宮の歴史について簡単にご紹介します。

由緒

大阪天満宮の契機は奈良時代、孝徳天皇の頃に都の西北を守る神として大将軍社を同地に建立したことがはじまりとなっています。

大将軍とは九星占術発祥の方位神のことであり、後の平安時代に隆盛を迎える陰陽道の方違えの考え方につながっていくものです。
学者・文人として名高い菅原道真公が大宰府へ向かう途中でお参りになり、旅の無事を祈願しています。

道真公が大宰府でお亡くなりになった50年後、社の中に一夜にして7本の松が生え、夜ごとにその梢を光らせたという奇譚が起こりました。

この話を聞いた村上天皇は勅命を出し、道真公の御霊を厚く弔いました。
このときに、建立された社殿が、天満宮のもととなっています。

これらの経緯から、大阪天満宮は正統な経緯をもちつつ、主祭神に菅原道真公を祀っています。
地元では、天満の天神さんと呼ばれています。

どんなご利益がある?

主祭神は学問の神様として広く知られた方なので、合格祈願・学業成就のご利益がもっとも有名です。

数々の苦難を経験し、祟りや恵みの話も多く残る非常に力のある神様ですので、勉学に励む方々にとっても重要な存在です。

一方、他のご利益がある神様も合祀されていますので、厄除けや七五三詣といったメジャーなものや撰名の祈祷も行うことができます。

遍歴

主祭神を象徴するかのように、大阪天満宮自体も多数の災難を潜り抜けてきた遍歴をもっています。

江戸時代に残っている記録の上だけでも7回もの火災を経験しており、大阪市中を焼いた享保の大火や、大塩平八郎の乱にともなった火災では全焼の憂き目に遭っています。
豪華な装飾品などがあまり残っていないのも、大阪天満宮の過去を物語る要素となっています。

また、大東亜戦争の際にも被害に遭いましたが、氏子の方々が自宅より優先して守っており、全壊を免れています。
地元の人々の不屈の信仰と精神を感じ取れる、人情に溢れた一面があります。

大阪天満宮に行く前に知っておきたいこと

人々

次は、大阪天満宮の具体的な場所や拝観時間について見ていきましょう。
予定を立てるのにご活用ください。

場所・地図

大阪天満宮は、大阪城から大川を越えたところにあります。
大川に囲まれるように位置しており、淀川も近く地理的には港付近にある神社といえます。

所在地大阪府大阪市北区天神橋2-1-8

アクセス

大阪天満宮へのアクセスは優秀で、電車を使ってもバスを使っても目安となる地点からすぐのところにあります。
自分で足を用意する場合でも、公共交通を利用する場合でも困ることはないでしょう。

電車・バス

電車で行く方法は2つあり、JR東西線を利用して大阪天満宮駅で降りるか、地下鉄谷町線・堺筋線を利用して南森町駅で降りるかになります。
どちらも駅から徒歩2分以内という近さにあるので、バスやタクシーを経由する必要はありません。

バスを利用する場合、もっとも近いバス停は、堀川小学校前か大阪天満宮前となります。
他の路線バスのバス停もありますが、基本的に駅前の大阪天満宮前を選んで乗っておくと大丈夫です。
それほど変わらない所要時間の徒歩で、神社に向かうことができます。

自動車

自動車で行く場合は、阪神高速1号環状線の北浜出口からか、守口線の南森町出入口から向かうこととなります。
どちらも降りてから2分程度で到着してしまうので、地元の道路の中で迷う心配もほとんどありません。

行き方

電車で行く場合、JR東西線へ他の路線から乗り継ぐには、主に京橋駅・北新地駅・尼崎駅からとなります。
地下鉄は近くの観光スポットとの接続するには便利ですが、遠方から大阪天満宮に向かう方は特に考慮に入れる必要がないでしょう。

自動車の場合、神戸・奈良・京都などの各方面から阪神高速を経由していくことになります。
北浜出口や南森町出入口からはどちらも大差はありませんので、出発先から辿りやすいルートを選んでおいてください。

駐車場について

公式HPには小さく載っているだけですが、大阪天満宮には無料駐車場があります。
しかし20台分ほどしか駐められるスペースがなく、神社に用事のある業者の方も利用するので、参拝の多くなるシーズンでの利用は難しくなります。

周辺には観光客向けの有料駐車場が多くありますが、割高なところも少なくありません。
参拝の前にしっかり予定を立てて、利用料金を余分に払うことのないところを選んでおく必要があるでしょう。

拝観料

拝観自体は無料です。
人の出入りが多く運営も大変な神社ですが、参拝にお金はかかりませんので設備は丁寧に利用するようにしましょう。
祈祷を頼んだり、お守りの購入を考えている場合はその分を用意しておいてください。

拝観が可能な時間

神社なので基本的に立ち入り禁止になる時間はありませんが、御守授与所の受付時間を記しておきます。

受付 時間
開始 9:00
終了 17:00

祈祷の依頼は受付から1時間程度見積もっておく必要があるので、余裕をもったスケジュールにしておいてください。
休日は特に設けておらず、年中無休です。

混雑具合

混雑状況についても簡単に解説しておきます。

元旦・初詣

近畿を中心に多くの人が訪れるため、元旦の時期は非常に混雑します。
参拝客の合計は例年約50万人にものぼるため、空いている時間帯はまずないと考えておきましょう。

時期的な事情から、遠くから合格祈願を兼ねて訪れる受験生の姿もよく見られます。
参拝の際に人混みの中を行くことは避けられないので、ケガや事故にならないよう気をつけてください。

大型連休

ゴールデンウィークなどの大型連休のときにはお祭りが開催されるので、このときの混雑もかなりのものとなります。
神社特有の代表的行事ほどではありませんが、地元産業のお披露目も兼ねているので府外からの人も多くなります。

大阪天満宮は、大阪ならではの賑やかなお祭りの発信元にもなっています。
大型連休のときはそういった機会と重なることが多いので、通常の参拝を考えている方は留意して、公式HPで神社の予定を確認しておいてください。

大阪天満宮の見どころ・回り方

神社

それでは、大阪天満宮の見どころや回り方をご紹介していきます。
少し広めの境内をもっており、回っておきたい施設もたくさんあります。

境内の見どころ

表記の都合上ここでは割愛し、代表的なものだけを解説していきます。
おおよその見当をつけておき、実際の参拝では余った時間を使って興味の出てきた他の場所を回ってみてください。

表大門

まず、有名な観光スポットして挙がるのが表大門です。
天井に吊るされている方位盤は鮮やかながら古風な建築様式とマッチし、独特の存在感を放っています。

方角を示すのに干支が描かれていますが、酉のところだけ鳳凰に変更されています。
道真公が左遷されて道明寺でおばさまと別れるとき、鶏の鳴き声で別れが早まった故事に由来し、大阪天満宮ではトリを避けることになっています。

西登竜門・東登竜門

御本殿の両側にある西登竜門・東登竜門も、大阪天満宮の名所として知られています。
年に一度だけ通ることが許されるもので、鯉が滝を登って竜になる中国の故事から立身出世・試験合格の関門として祀られています。

西登竜門・東登竜門参拝には、合格お守りセットの購入(3000円)が必要です。
祈願用紙に記入を行い、神社から発表された予定表から都合の合う日にちを選び、後日正式に参拝し祈祷を受けてからくぐることとなります。

予約の必要はありませんがこのような手順となり、行った当日にそのまま参拝することは不可能であることに注意してください。

大将軍社

境内の西北に位置する大将軍社は、大阪天満宮の中でもっとも古い歴史をもつ社殿です。
上述の通り、道真公の信仰対象になった意義深い社です。

建立された当初は星辰の占いをもとに疫病退散などを願うものでしたが、大将軍はその後の陰陽道では魔王天王とも呼ばれるもっとも力のある星神となります。

孝徳天皇が勅命を出したことからも、道真公が祀られる前から非常に大きな力をもった神様が信仰されていた証拠であることがわかります。

御朱印・お守り

大阪天満宮ではもちろん御朱印やお守りも用意しています。
遠路はるばる参られる場合も多く、記念にいただく方が非常に多いです。

御朱印・御朱印帳

道真公が短歌でも自宅の庭でも愛でていた梅にちなんで、御朱印は赤い梅の柄が添えられたものとなっています。
社務所でお願いすると数分で書いていただけます。

御朱印帳は持参してもかまいませんが、社務所でも2種類ほど取り扱っています。
大阪天満宮ゆかりのものが欲しい場合は、実地での購入を検討してもいいでしょう。

お守り

大阪天満宮は、市井の評判から合格お守りが人気ですが、これを単体で購入することはできません。
合格お守りセットのひとつであるため、西登竜門・東登竜門の通り抜け参拝と一緒になります。
後日の参拝が厳しかったり、希望がある場合は、通り抜け鉛筆をいただくことができます。

一般的なお守りも取り扱っています。
良縁むすび守・安産守・病気平癒守などもありますし、通学安全守・おじいちゃんおばあちゃん守・幸鈴といったものまであります。

おすすめの回り方

大阪天満宮は中規模程度の広さがあり、見て回れる施設も少なくありません。
何も行われていない平日なら一通り回ることも可能ですが、お祭りのときには神職の方も忙しいため候補を絞っておく必要があります。

回り方

大阪天満宮の境内には他にも見どころがあります。
所要時間を考える前に、紹介しきれなかった候補を挙げておきます。

  • 白米社

    境内の北側には、稲荷大神を祀る白米社があります。
    大社の奥院と称されており、稲荷神社らしく連なっている小さな赤い鳥居が観られます。
    社殿の奥には勾玉や管玉を研ぐのに使われていた石が鎮座しています。

  • 参集殿

    本殿とつながっている参集殿は、貴重な建築様式を残している社殿です。
    書院造の決まりが厳格に守られたものは、この大阪天満宮の参集殿を除いては2つしか存在しないとされています。
    国の登録文化財にもなっているものですので、正式な書院造の趣の鑑賞にはぴったりといえます。現在は参拝客の休憩所としての役割も果たしています。

  • 梅花殿

    梅花殿も国の登録文化財となっている、書院造の社殿です。
    今は挙式の会場として使われており、伊勢神宮から古材を拝領しつつ畳などは新しくされているので、古風な雅と清潔さを両立した凛とした様になっています。

  • 神明社

    境内の北西には、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)と豊受皇大神(とようけすめおおかみ)を祀る神明社があります。伊勢神宮の分社にあたります。

  • 十二社

    本殿の奥には十二社という、12柱もの神様が合祀されている社殿があります。
    横長の建物であり、非業の死を遂げた方が多く、怒りや祟りを鎮めるために建てられた経緯があります。

  • 祖霊社

    境内を北に少し外れたところには、祖霊社が建てられています。
    大阪天満宮で尽力された社家や氏子崇敬者の祖霊を祀る社殿となっています。
    大阪天満宮の中でも他の社とは一味違う、落ち着いた風情をもっている末社です。

  • 蛭子遷殿

    境内の西側には、蛭子遷殿があります。
    天神祭の鉾流神事で鉾が流れついた場所に戎御社があり、そのことをきっかけに社を移したのがこの社殿となっています。

1日ですべてを回る場合は、日中のほとんどを境内で過ごせるくらいのスケジュールが望ましいでしょう。
ひとつひとつをじっくり観て回りたい場合は、参拝の日程を分けることにより短時間で済ませることができます。

拝観の所要時間の目安

大阪天満宮は全国的にも有名で突発的な団体客もくる神社ですので、祈祷の時間にも余裕をもっておきたいところです。

通常の参拝を行い、興味のある施設に立ち寄ってそのまま帰るだけなら、参拝時間を2時間以内に収めることも可能でしょう。
祈祷も行い、気になるところをすべて回るつもりで参拝するなら、3~5時間を見積もっておくのが無難です。

日帰りでの参拝は可能?

大阪天満宮への日帰り参拝は可能です。
そもそも、大阪天満宮は祈祷の予約を受け付けていないので、参拝した当日に手続きを行うことになります。

前述の通り、通り抜け参拝やお祭りなどは神社の日程に合わせる必要があることに注意してください。
遠方からお越しの方は、アパホテルや東横インといった宿泊施設の利用も視野に入ってきます。

神社の参拝方法

神社の参拝方法を簡単にご紹介しておきます。

手水舎

門で一礼した後境内に入ったら、まず手水舎で体を清めなければいけません。
人の社会には神域にふさわしくない穢れがあるため、神様の前に立つ前に取り除きます。

手水舎での流れは以下のようになります。
柄杓を使い、両手を片方ずつ洗い流した後、片手で水をすくって口をすすぎます。

口に含んだ水は、飲みこまずに吐き出してください。
口をすすぐのに使った手をもう一度流し、柄杓の柄を洗い流すとすべてのお清めが終了となります。

礼拝

御本殿への礼拝も、一般的とされている手順があります。

まずお辞儀を2回して、2回手を合わせます。
その後にお願いを心の中で行って、最後に1回お辞儀をして終わりとなります。
この一連の作法を、二礼二拍手一礼と呼んでいます。

以下の記事では、神社参拝の作法や参拝に適した時間についてさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

大阪天満宮の主な祈祷・イベント

祭

それでは、大阪天満宮で行われている祈祷や行事についてご紹介していきます。
尊崇を集めてきた神社としての風格を感じさせる祭事もあれば、現代的な要素を取り入れたイベントもあります。

祈祷

大阪天満宮では、通常の祈祷も広く受け付けています。
大々的な行事にとらわれず、神様のご利益を受ける機会としてぜひ検討してみてください。

厄除け

厄年に関する厄除けの祈祷を依頼することができます。
個別で依頼する場合は、初穂料が個人で6000円から、団体は30000円からとなります。

大阪天満宮では、節分の時期に厄除大祭という大規模な厄除けも行われています。
このときの初穂料は2000円(変動の可能性あり)で、他の参拝客と合同となりますが、一般的な厄除けと比べるとかなり格安で祈祷を行うことができます。

七五三詣

子供の健やかな成長を感謝し祈祷する、七五三詣に参る参拝客もよく見られます。
祈祷の性質上、やはり地元の方が多いようです。

文化人として名高い神様のご利益を受けますので、これからの学業成就を兼ねて祈祷を行うのもおすすめできます。
幼いお子さんの成長記録として残しておくと、ふとした機会に振り返ることのできるいい思い出にもなります。

お宮参り

赤ちゃんが無事生まれたことを報告して感謝し、恩寵にあずかるお宮参りも考えることができます。

古くからのしきたりでは男児は生後31~32日後、女児は32~33日後が良いとされてましたが、赤ちゃんの体調や天候などの事情もありますので、そこまでこだわらなくても配慮していただけます。

道真公は、健康な子だくさんの家系であったことでも知られています。
謙虚な気持ちで参拝すれば、福徳も期待できるでしょう。

行事・イベント

大阪天満宮が多数の観光客で賑わうポイントとして、独特の趣がある行事が挙げられます。
全国的に有名ですので、参加を考える際には混雑時の備えをしておいてください。

天神祭(ギャルみこし)

天神祭は大阪天満宮の誇る一大イベントで、ギャルみこしという女性の神輿もあるお祭りです。

正確には、采女(うねめ)と呼ばれる天神様に仕える女性のことを指しており、毎年参加者を募集しています。
数々の祭りが並行して行われる中の華として知られており、選出され神輿を担いだ女性たちは、ミス天神橋として他のイベントにも赴くこととなります。

天神祭は日本三大祭りのひとつとして数えられており、参加者の合計は約130万人にも及ぶ盛大なお祭りです。
市内繁栄を祝って陸路を巡行する陸渡御、水路を行く船渡御の勇壮で活気あふれる様は、一望するだけでもこちらまで楽しくなるものがあります。

また、神様に奉納する花火大会も行われます。
屋台も多数出店するので、子供と食べ歩きながら賑やかに楽しむこともできます。

えびす祭

えべっさんの名で親しまれる、七福神の蛭子様にちなんだえびす祭も催されています。

大阪天満宮では蛭子様の祭事はしばらく途絶えていましたが、戦後に上方落語の寄席・天満天神繁昌亭が開かれたのを契機に規模を拡大させていきました。
現在では、約20万人が訪れるお祭りとなっています。

神礼・福笹・吉兆・熊手・竹末広といった縁起物の授与も行われます。
蛭子様を象徴する姿として浸透している、御神酒笑姿の絵馬の拝受もえびす祭りの目玉となっています。

てんま天神梅まつり

参集殿を舞台として各種の銘木を展示する、てんま天神梅まつりもあります。
樹齢200年を超える古木や天満宮所蔵の宝物展示、同好会も協賛する盆石の展示もあります。

拝観料は大人500円、小学生以下の子供は300円、赤ちゃんは無料となっています。
拝観者は夜間に催される舞踊や神楽を鑑賞することもできます。

梅うどん・梅酒・おでん甘酒も出され、盆栽や水墨画といった伝統芸能からグルメまで楽しめる温かいお祭りとなっています。
陶器市や日本酒フェスも開かれるので、神社仏閣にあまり興味のない方を誘うのにもおすすめできます。

結婚式

大阪天満宮での挙式は、天満宮会館が執り行っています。
梅花殿で皆が集まり式の開催を宣言した後、渡殿を通り、立派な本殿で奉告参拝するという厳格で明媚な結婚式にすることができます。

最大90名までの列席が可能で、料理も和食・洋食・和洋折衷の3種類から選ぶことができます。
着付けや試食も折り込まれたブライダルフェアも開かれているので、神式や和装に不安のある方も安心できます。

天満宮会館ならではのサービスとして、人力車の乗車体験や落語家による落語を依頼することもできます。
花嫁衣装も和装洋装の両方に対応しており、装花も合ったものをそのまま頼むことができるので、式場としての用意は全く隙がなく、完備されているといえます。

大阪天満宮にちなんだ合格箸や梅花クッキーなどをお土産にしてもらえるのも魅力といえるでしょう。
駅からのアクセスの良さも、招待する際に心配のなくなる大きな利点となります。
現代的なホテルとは違った環境で、かつ格式高い式を滞りなく挙げたい方に、特におすすめです。

大阪天満宮周辺のおすすめランチ

料理

大阪天満宮に参拝するときに利用できる、お食事処も少しご紹介しておきます。
日頃から観光客が散見される場所ですので、下記のお店以外にも立ち寄れるところはたくさんあります。

中村屋

大阪天満宮周辺で食べ歩きを考えるなら、中村屋は外せないお店です。
天神橋筋商店街にある昔ながらの揚げ物屋さんですが、テレビで芸能人が幾度と紹介している有名店です。
串揚げ・コロッケ・フランクフルト・餃子などを非常に安い価格で楽しむことができます。

所在地大阪府大阪市北区天神橋2-3-21

営業時間9:00~18:30

利用料金70~550円

天神橋筋商店街の中

広東名菜 紅茶

広東料理・四川料理を取り扱っている広東名菜・紅茶(ほんちゃ)というお店もあります。
京阪神で活躍した実力派の店主が腕を鳴らすので、麻婆豆腐や担々麵といった本格的な中華料理を味わうことができます。
優秀なグルメスポットながら、外が見えるオシャレな店内なので女性人気も高いです。

所在地大阪府大阪市北区天満4-17-17 双園マンション1F

営業時間11:30~14:00(昼) 18:00~21:30(夜)

利用料金ランチは1000円、ディナーは3000円程度

マンションの1F

星合茶寮

星合茶寮は、祖霊社の境内にある小さな茶屋です。
ここでは切り込みが入っていてすべらない、名物のすべらんうどんを食べることができます。

近くの星合橋は、星合池と合わせて恋愛成就のスポットとしても有名です。
夏季限定の梅ジュースやカレーなどの各種うどんも楽しめますので、参拝の際にはぜひお立ち寄りください。

所在地大阪府大阪市北区天神橋2丁目5−21

営業時間10:00~

利用料金400円程度

星合橋のすぐ近く

大阪天満宮周辺のおすすめホテル

ホテル

遠方からお越しの方は、大阪観光も含めて宿泊するプランがおすすめです。
大阪天満宮の近辺で利用できるホテルもご紹介しておきます。

ダイワロイヤルホテル D-CITY

新梅田にあるダイワロイヤルホテル・D-CITYは、新しい設備を整えた近代的で綺麗なホテルです。
コインランドリーやビデオ貸し出し、1階のコンビニなどサービス環境が充実しているだけでなく、価格を抑えた一人宿泊プランなども揃えてあります。

所在地大阪府大阪市福島区福島6-16-6

営業時間チェックイン15:00~ チェックアウト11:00まで

利用料金大人2名の1泊 13000円程度から

大阪府大阪市福島区

ホテルイルグランデ梅田

イルグランデ梅田も、宿泊先としておすすめできるビジネスホテルです。
創作イタリアンのレストランを楽しめ、会議室などもあるので団体での利用にも向いています。
場所も大阪天満宮や商店街と非常に近いところにあります。

所在地大阪市北区西天満3丁目5-23

営業時間チェックイン15:00~ チェックアウト11:00まで

利用料金大人2名の1泊 14000円程度から

大阪天満宮駅から徒歩4分

ホステル淡海

ホステル淡海は、アメニティを最小限にしているタイプの格安なゲストハウスです。
コインロッカーやコインパーキングなどを利用し、身軽な準備で相部屋で同じ観光客との交流を楽しみたい方に向いています。

ゲストハウスといえども、英語対応可能なスタッフ・フリーwi-fi・露天風呂・コインランドリー・個室などピンポイントな要望にも応えることのできる設備ももっています。

所在地大阪府大阪市北区松ケ枝町6-23

営業時間チェックイン15:00~ チェックアウト11:00まで

利用料金大人2名の1泊 5000円~1万円程度

大阪天満宮駅を北西に徒歩4分

大阪天満宮の近くにあるおすすめ神社

神社

大阪天満宮の近くには、他にも見ておきたい神社がいくらかあります。
特に有力な候補をご紹介しておきます。

春日神社(大阪市)

春日を称する社殿は数多くありますが、福島区にある春日神社は歩いて回れる場所にあります。
奈良時代、平安時代にかけて権勢を誇った藤原氏の祖神が祀られています。
住宅地にたたずむ小さな神社ですが、野田藤が観られる安からなスポットとなっています。

所在地大阪市福島区玉川2丁目2-7

利用料金無料

天神社の西、弘法寺の近く

御霊神社(大阪市)

御霊神社は、豊臣秀吉公の栄華とともに人気が高まり、崇敬を集めていった神社です。
近松門左衛門の曽根崎心中に出てくる霊場や、戦火を耐え抜いた御神木のクスノキなど独特の見どころも多くもっていておすすめです。

所在地大阪市中央区淡路町4-4-3

営業時間6:00~17:30

地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅から徒歩5分

聖神社(和泉市)

和泉市にある聖神社は、五社大明神としても知られる和泉国三宮です。
社殿は、豊臣秀頼の命により再建されたもので、本殿は国の重要文化財です。
聖神社は陰陽道の信仰の厚い社であり、葛の葉の伝説にも当地がかかわっています。

所在地大阪府和泉市王子町919

利用料金無料

JR阪和線 北信太駅から徒歩数分

大阪天満宮についてのまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとは、大阪天満宮についてご紹介しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 大阪天満宮は、政治家・文化人の菅原道真公を祀る全国的にも有名な神社である。
    数々の火災を乗り越え、地元の人に支えられてきた歴史をもつ。
    道真公は、天満の天神さんという愛称で親しまれており、ルーツは道真公の大将軍信仰にさかのぼる。
  • 大阪天満宮は大阪城から大川を隔てたところに鎮座している。
    大阪天満宮駅があるため、電車からもバスからもアクセスできるルートは多く、徒歩で十分行くことができる。
    無料の駐車場があるが、台数が少なく行事のときはほぼ利用できないので、有料駐車場の検討をつけておきたい。
  • 拝観は無料、社務所の受付は9:00~17:00となっている。
    元旦や大型連休の際には参拝客も多く訪れるので、混雑への対処を考えておくこと。
  • 独特の方位盤が使われている表大門、通り抜け参拝の東登竜門・西登竜門、建立や道真公信仰の発端となった大将軍社などが主な見どころ。
    白米社・参集殿・梅花殿・神明社・十二社・祖霊社・蛭子遷殿など、他にも回れる施設を多くもっている。
  • 祈祷の所要時間は受け付けから60分以内が目安、参拝全体では場合により2~5時間ほど。祈祷の予約はできず、現地で行う必要がある。
  • 厄除け・七五三詣・お宮参りといった一般的な祈祷もすべて受け付けている。
    天神祭(ギャルみこし)・えびす祭・てんま天神梅まつりといった祭事も活発に行われており、非常に多くの人が集まる。
    地場産業の展覧や縁起物の拝受も例年盛況となっている。
  • 結婚式場としての評価も高く、御本殿と梅花殿を介して行われる。
    アクセスのいい場所にあるため、体の弱い方や年配の方を招待する場合も不安が少ない。
    和式・洋式・折衷と対応の幅も広く、装花や落語などのサービスも同時に依頼することができる。
  • 周辺の食べ処としては、中村屋・広東名菜 紅茶・星合茶寮がおすすめ。
    大阪天満宮の近くにはカフェやレストランが多くあるので、店探しに困ることはない。
  • 宿泊施設の候補としては、ダイワロイヤルホテル D-CITY・ホテルイルグランデ梅田・ホステル淡海などが挙げられる。
    遠方からの参拝や、周辺の観光を同時にしたい場合におすすめ。
  • 周辺で回っておきたい神社としては、春日神社・御霊神社・聖神社がおすすめ。

大阪天満宮には伝統的な祈祷や社殿・史跡以外にも、見て回りたいところがたくさんあります。
近場には商店街・寺院・カフェなどもあり、緊急時には徒歩で行けるコンビニで物資調達もできるので、1日を過ごす観光スポットとしても十分な環境にあります。

勉学に一念発起される方々にはぜひ大阪天満宮に参拝し、思索を深めていただきたいです。
イベントのある時期は割と繁盛していますので、大阪天満宮へお越しの際にはその賑やかさにも触れてリフレッシュしてみてください。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社のおみくじの歴史やマナーについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社に行ったらおみくじを引こう!意味合いや引く際のマナーを紹介!

年始に神社やお寺にお参りに行くと引きたくなるおみくじ。おみくじの歴史はどういったものでしょうか?またおみくじの見方や引き方のマナーなど知っているようで知らないことも多いと思います。今回記事では神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説します。

「大阪天満宮」に関連する記事

  • 北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?のサムネイル画像

    北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?

    学問の神様が祀られ、受験生に人気の北野天満宮。北野天満宮といえば牛ですよね。なぜ境内にはたくさんの牛の像があるのでしょうか?今回は、北野天満宮の牛に注目してみました。

  • 北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増!のサムネイル画像

    北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増!

    北野天満宮へ参拝するなら、見どころは抑えておかなくては。なぜって、見どころを知ると有難味倍増、評判上々。知って損する事はなし。一緒にお参りする友だちや家族にも目を輝かし、有難く、参拝してもらわねば。北野天満宮は全国約1万2千社の天満宮、天神社の総本社ですから。

  • 京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!のサムネイル画像

    京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!

    京都は歴史の深い寺社仏閣が多くあり、それぞれが様々な魅力があるのでどこに行ったらいいのか迷ってしまいますよね。今回、終活ねっとでは京都のおすすめ神社をいくつかのカテゴリーに分けてご紹介します。皆さんの目的にあった神社を見つけてみてください。

  • 神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!のサムネイル画像

    神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!

    御朱印集めなどで一日に何社もの神社をまわりたいと考える方は多くいらっしゃると思います。果たして、神社のはしごはしてもよいのでしょうか?また、神社とお寺の場合はどうなのでしょうか?今回終活ねっとでは、神社のはしごについて詳しく解説していきます。

  • 全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!のサムネイル画像

    全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!

    日本全国には8万社以上の神社があるといわれます。どこの神社をお参りしたらよいか迷いませんか?今回終活ねっとでは「全国のおすすめの神社」、「旅行でおすすめの神社」、「ご利益のある神社」、「御朱印で人気のある神社」などおすすめの神社を厳選してご紹介します。

  • 合格祈願で有名な神社ランキングTOP8!参拝マナーや手順も紹介!のサムネイル画像

    合格祈願で有名な神社ランキングTOP8!参拝マナーや手順も紹介!

    受験や資格試験の合格祈願のために神社をお参りする方も多いかと思います。大きな神社であれば学業のお守りも置いてありますが、やはりしっかりと学業にご利益のある神社を訪れたいものです。そこで今回は合格祈願にオススメの神社について詳しくご紹介します。

  • 大阪市設北霊園の区画・価格・アクセスをご紹介!無料で資料請求も可のサムネイル画像

    大阪市設北霊園の区画・価格・アクセスをご紹介!無料で資料請求も可

    今回終活ねっとでは大阪市の大阪市設北霊園についてご紹介します。霊園へのアクセスや、気になるお墓の区画と価格、特徴などを丁寧に解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。また大阪市設北霊園をはじめ、他の霊園資料を無料でお取り寄せできますので、ぜひご利用ください。

  • 神社に牛の像がある理由とは?牛の像がある有名な神社も紹介します!のサムネイル画像

    神社に牛の像がある理由とは?牛の像がある有名な神社も紹介します!

    神社に牛の像があるのを見たことありますか?狛犬なら見たことあるって方は多いと思います。実は神社にはいろいろな動物の像が飾られています。今回は動物の中でも、牛の像が神社にある理由と意味をご紹介します。また、併せて牛の像がある有名な神社もご紹介します。

  • 受験生必見!合格祈願や学問の神様で有名な関東・関西の神社を紹介!のサムネイル画像

    受験生必見!合格祈願や学問の神様で有名な関東・関西の神社を紹介!

    毎日頑張っている受験勉強が上手くいくように自分自身や子供、孫や親せき、友達や先輩後輩のために神社で合格祈願をしたい!少しでも支えられるように学問成就のお守りを渡したい!そんな方のために、今回は学問の神様で有名な神社を関東・関西に分けて紹介します。

  • ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

    ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説

    神社で祈願することは多岐にわたりますが、ギャンブル要素のあるお願いもしばしばあります。金運や学業成就の他に事業判断やスポーツの試合など、人生を左右する賭け事は意外と多いものです。今回の記事ではギャンブル運に強い神社16選と、参拝の注意点全般を解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「大阪天満宮」についてさらに知りたい方へ

北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?のサムネイル画像

北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?

北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増!のサムネイル画像

北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増!

京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!のサムネイル画像

京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!

神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!のサムネイル画像

神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!のサムネイル画像

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!

合格祈願で有名な神社ランキングTOP8!参拝マナーや手順も紹介!のサムネイル画像

合格祈願で有名な神社ランキングTOP8!参拝マナーや手順も紹介!

大阪市設北霊園の区画・価格・アクセスをご紹介!無料で資料請求も可のサムネイル画像

大阪市設北霊園の区画・価格・アクセスをご紹介!無料で資料請求も可

神社に牛の像がある理由とは?牛の像がある有名な神社も紹介します!のサムネイル画像

神社に牛の像がある理由とは?牛の像がある有名な神社も紹介します!

受験生必見!合格祈願や学問の神様で有名な関東・関西の神社を紹介!のサムネイル画像

受験生必見!合格祈願や学問の神様で有名な関東・関西の神社を紹介!

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説のサムネイル画像

ギャンブル運にご利益のある全国の神社16選!正しい参拝方法も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「大阪天満宮」についてさらに知りたい方へ

北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?のサムネイル画像

北野天満宮の牛をなでると病気が治る?牛の像がある理由とは?

北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増!のサムネイル画像

北野天満宮 見どころを知ればありがたさ倍増!

京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!のサムネイル画像

京都でおすすめの神社をご紹介!定番から風景がきれいな神社まで!

神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!のサムネイル画像

神社のはしごはよくないの?お寺とはいいの?詳しく紹介します!

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!のサムネイル画像

全国のおすすめ神社!旅先やご利益で人気の神社も紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと