ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

ウクレレ初心者に向けて、準備しておくことや良い練習方法や曲を紹介していきます。あくまで初心者に向けての記事なので、基礎的な内容になります。曲や練習方法も具体的に載せているわけではありませんが、ウクレレをこれから始める初心者にとってためになる記事だとおもいます。

目次

  1. ウクレレは楽しいし初心者向け
  2. ウクレレの初心者はこれを用意しろ!
  3. ウクレレ 初心者用練習曲 童謡
  4. ウクレレ初心者向け練習曲 弾き語り
  5. まとめ ウクレレ初心者の曲選び
  6. 終活の専門家に相談してみよう

ウクレレは楽しいし初心者向け

ウクレレ

今回は、ハワイアン楽器の代名詞である「ウクレレ」について書きたいと思います。ウクレレはギターに比べて、プレイヤーはさほど多くありませんが、大人の人が余暇を楽しむための趣味として、非常に親しみやすい楽器です。

ギターは難しいコードが抑えられず、断念する人は意外にたくさんいます。せっかく買った楽器が今となっては物置で埃を被っているという人も中にはいるはずです。その点、ウクレレは単純に小さく、ネック部分も簡単に握ることができるので、少なくともそのような理由で断念する人はいないでしょう。

ウクレレは趣味としてのプレイヤーでも数多くいます。ハワイアンの雰囲気を出せる弦楽器がウクレレを差し置いて他にないというのがポイントです。ギターは弦楽器のジャンルの中でも特に汎用性が高く、世界中で人気の楽器ではありますが、ハワイを彷彿させるような音がだせるかというとそうではありません。ハワイアンミュージックが好きな方であれば、間違いなくウクレレを選ぶでしょう。しかし、音楽というのは楽器だけではなく、あらかじめ用意するものが多々あります。ウクレレを弾くにあたって用意するものを次に紹介したいと思います。

ウクレレの初心者はこれを用意しろ!

ウクレレは弦楽器なので、もちろん弦は必須アイテムです。ここで初心者が迷うポイントが弦の太さ(ゲージ)です。弦は細ければ細いほど、指からの抵抗が少なく弾きやすくなります。弦は太いほうが、音の響きが印象的になります。上級者が太い弦ばかりを使っているわけではありません。単に好みで太さを選んでいます。まず最初はいろんな弦を試して好みの音を探してみてください。

弦楽器には、チューニングすることが必要です。それぞれの弦に合った音というのがあり、それを最初に合わせていくことが不可欠です。そこで用意するのがチューナーです。初心者ならば、まずはデジタル式を選びましょう。音叉でチューニングをする猛者もいますが、それは幼い頃から楽器を弾いていて人より優れた音感があるからこそできることです。まずは音を確実に合わせることが先決ですので、より簡単なデジタル式のチューナーがオススメです。

最近では、店舗でもネットショップでも初心者キットが多く出回っています。楽器の質はあまりよくないものが多いですが、とりあえず、初めて見るという人であれば、とりあえず一通り道具が手に入る初心者キットを買ってみるのもいいでしょう。

ウクレレ 初心者用練習曲 童謡

ウクレレ

初心者の方であれば、まずは耳に馴染んだ曲が一番いいです。特に自分がよく知っている曲を引けるというだけでも、モチベーションが上がります。しかし、最初からどんなものでも弾けるほど甘くはないです。なので、最初はみんな知っている童謡を練習する方がよいでしょう。

「かえるのうた」や「きらきらぼし」、「ハッピーバースデイ」のように誰でも知っているような曲を練習するところから始める方がよいでしょう。童謡というのはかなり簡単な作りになっていることが多く、初心者が弾いていても何を演奏しているかわかるので、聞いている人も上手く弾けていると感じます。

童謡は初心者向けの楽譜に必ず載っているといっても過言ではありません。素直にそれを練習して自分が聞いていて満足できるレベルになったら、次のステップへ行きましょう。やはりウクレレも弾き語りをしたいという人は多くいると思いますので、まずは簡単な曲で実績を出しつつ、弾き語り曲に取り掛かるというルートがいいです。

ウクレレ初心者向け練習曲 弾き語り

楽器を弾くのも十分楽しいですが、歌もあるとよりモチベーションが上がりますよね。弾くという行為に慣れてしまえば、弾きながら歌うというのもわりとすんなりこなせてしまいます。むしろギターよりも弾き語りをするのは簡単な楽器です。そこで、弾き語りをするのに打って付けの曲を紹介したいと思います。

一般的には「Let It Be」や「Stand By Me」なんかが初心者向けの曲として挙げられます。しかし、やはりここでも馴染みのある曲をおすすめします。自分の好きな曲を選ぶメリットはモチベーションを保つためにあります。初心者用の教則本で自分があまり好きでない曲が出てきたら、無理に練習せずに次々進んだほうが効率は良くなります。

下記のサイトでは楽譜を検索できるサービスがありますし、おすすめ局も紹介しています。その中で自分の好きな曲を選んで練習に臨んでください。

やってみたい曲はあったでしょうか?音楽は何といっても楽しまなければ意味がありません。好きな曲をひたすら練習するうちにあなたも上級者の仲間入りするのは間違いありません。

まとめ ウクレレ初心者の曲選び

ウクレレ

初心者はまず曲選びの段階で悩む必要はありません。弾けない曲に出会った時に、自分には何ができないか認識し、それを克服する練習をするというサイクルでやってみてください。

初心者にありがちなのが、ハードルを高く設定しすぎることです。背伸びをしないほうが、成功例も積み上げられテンションも上がるものです。自分を継続して演奏させるためには、好きな曲を選び、かつ簡単なものを選んで練習するのが良い練習方法です。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「ウクレレ・初心者・曲」に関連する記事

「ウクレレ・初心者・曲」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと